くろしろ王国

2017年06月

スタッフさんから頂いた写真

まん中がモテ男!?の秀(ひで)

左が小梅

右がでんちゃん


3匹とも里親さん募集中です〜

よろしくお願い致します!





☆今宵も脱線話☆

今日はエアコンを取り付ける業者さんを
2時間みっちり見つめていました

丁寧で的確で

その作業に見惚れました

人当たりもよくって。

これが職人ってやつだよな、と。


たぶん今まで出会った電気工事士の中で
いちばんの腕と謙虚さじゃないかな。


もう会うことはないかもですが
こういう出会いはものすごく嬉しい。


仕事に取り組む姿が
めちゃくちゃかっこいい御二方でした。


すばらしいシゴトっぷりに心から感謝

感服致しました。

床で熟睡




テーブルの上で熟睡




口を開けてまで…





果ては神棚でも。

まあ神棚といってもまだ何も飾っていないのでいまはただの猫棚ですね



こんなに寝まくって
よっぽど疲れたんだろうなあ〜






最終的に

洗った直後の食器を入れとく水切りの中でリラックス。


でも1ミリも注意はしませんけどね。

退院直後だからこういう普段しない行動をしてるんだろうなと推測してるので。


早く背中の傷がくっつきますように。

かゆいみたいで時々かいてます。

寝方がすごい



光はご満悦だが僕は腰がツライ

ベッドと壁の間に15センチほどの隙間があるのですが
その溝に落ちないようにバランスを取っているので右腰が大変

壁にベッドを押しやればいいだろうと思われそうですが

壁とベッドの間に大事な大事な換気穴があるので押しやれないのです



久しぶりの雨降りだなあ〜

小春退院

傷保護テープを取ってみたらば傷跡は大きかった



帰り道、
手術と入院生活に疲れた様子で目をつむっていました



縫いあとを後ろ足で掻かないように術後服



そばには健康優良児の光

病人(小春)との温度差すごい





片目が潰れてしまい摘出した正宗

抜糸に行って来ました

抜糸はできたけど固まり具合がもうちょいなのでもうしばらくカラー生活





熊本からやってきたきょうだい猫


キジトラ男子がかー君

アビシニアンみたいなほうが
ふーちゃん


里親さん募集していきます




週二回水中リハビリ中の宝

ここまで水を嫌がらない猫も珍しいのでは?





秋音(しゅうと)




ポスト潤一?!

このカゴはペットシートを入れてトイレ掃除の時に持ち歩くもの。

いつも部屋に置いてあるわけじゃなく、
掃除してたら無理やり中に入ってました

なんだか佇まいに潤一を思い出したよ〜









小春の入院中、ぼくの隣を占領していました

このように人間と寝るの大好きなので
初心者さんにもおすすめです。






窓越しの六太(むった)

人間だいすき甘えっ子です
猫には時に当たりが強い。
なので先住さんがいないほうが間違いないかと。

里親さん募集中です〜




保護部屋にて血尿事件勃発



可能性のある仁くん、紫園、絹ちゃんを病院へ連れて行き採尿してもらうと

光の母である絹ちゃんからだということが分かりました

血液検査は優秀でしたが
血尿が落ち着くまで点滴もしてもらうので入院させてもらいました




朋と仁くん




そして本日のおすすめにゃんこは

小雪です



だれにでも懐っこいし

目の前でローリングするように甘えまくります

こんなに距離感近い三毛猫も珍しいかなと。

初心者さんにもおすすめで
先住さんがいてもうまく立ち回れると思います。






話が脱線するのですが
夜、ベランダから外を見ていると蛍を発見しました

うちの目の前は道路なんですが
その向こうに中規模の池があります

池の一部には緑が生い茂っていて
その茂みの中にポ〜っと蛍の明かりが灯っていました

肉眼で2匹発見

あんなきれいでもない池にもいるんだなと。


よいものを観れました。

世代交代をしながら未来永劫
存在しててくださいね蛍さん。






紫園
絹ちゃんのおしっこ



猫うじゃうじゃ

毎日毛まみれ。




甘えん坊丸福

カラーも取れて
毛づくろい中〜。








『みなさん、おはようございます!
おれ、ハナオです』

ねこまもりさんからの預かり猫ハナオ

茶トラ男子には珍しく気が強い
(怖がり故と思いますが)

ゴロスリって訳ではないですが
こんな姿をスタッフさんに見せてくれるくらいなんで里子には行けると思います

よき御縁がありますように。




手術をした小春の傷跡はこのように思いのほか小さめでした

早く良くなりますように。





昨日は高速道路を走っているとものすごい睡魔に襲われ

命からがらパーキングエリアに逃げ込みました

そして少し仮眠

無理して事故をおこしたら意味ないので最近は無理をしません

それにしても眠い時に限ってパーキングエリアが遠く、

それが例え10キロ先という大した距離じゃなくても
時間にすると10分はかかるので
ものすごい眠いときの10分は果てし無く感じられます。


数ヶ月に一度の頻度で起こるパーキングエリアに命からがら逃げるというこのイベント

気をつけなければ。

↑このページのトップヘ