テレビ番組などで、ボブ・ディランがノーベル文学賞を受賞したというニュースが良く流れていますが、そもそもノーベル文学賞とは何なのかを番組内で説明していないことが多いのでは、今回はノーベル文学賞とは何なのかを最近のニュースと併せて解説させていただきます。


まず、ノーベル文学賞というのは1つの賞の名前であり、複数存在するノーベル賞の一部門なのです。ノーベル賞は全部で6部門ありますが、これは世界に貢献した人を各分野に分別して賞するという狙いで存在しています。


なので、6部門のどれかで賞されたことがある人物については、歴史的貢献の高い人物として評価されているもの・・・と見て問題ありません。近年では、ノーベル化学賞の影響もあり、知的な人物の知的な活動、及び研究開発などが評価されている、もしくは奨励として賞が送られるという見方が強まっています。


ですが、ノーベル賞には文学も存在しますし、社会的貢献の度合いそのものを選定する方法も存在するのです。なので、2016年のボブ・ディラン以外にも、各分野においてノーベル賞のどれかをいただいている人は多く存在します。


人によっては、なぜノーベル文学賞のような賞も存在するのか?と思ってしまいますが、これはノーベル賞の存在意義につながっているため、各分野の著名人たちの中から特定の人物に賞を送っていると、理解するだけで問題ありません。


ノーベル賞で有名なアルフレッド・ノーベルは研究開発などで有名な人物として知られていますが、それとは別に文学についても関心を持っていた人物なのです。つまり、人の行うあらゆる研究、もしくは活動を後押しする賞こそノーベル賞なのだと理解してください。


そのため、ノーベル化学賞、ノーベル文学賞といった畑違いの賞が存在しているのです。


補足となりますが、アルフレッド・ノーベルは「母国語のスウェーデン語」だけでなく、「英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロシア語」に対しても堪能であったのです。勉強に対する情熱であり、社会貢献に対する意欲の高さ・・・というのが、アルフレッド・ノーベルの活動だけでも良く理解できます。


そのような意思も反映されているため、ノーベル賞では「世界平和」のような独特な意思、活動についても高い評価を行っていることが有名です。


最後に、ノーベル賞というのは「本人の意志で辞退することも可能」となっています。今回、ノーベル文学賞をボブ・ディランは辞退するのではないか?と言われていますが、歴史的にも2人(ボリス・パステルナーク、サルトル)が受賞を辞退しているので、この噂は噂だけで終わらない可能性はありえます。


ボブ・ディランは、現在も精力的に活動を行っている人物として有名ですが、その中にライブツアーといった活動が含まれます。先ほどの受賞の辞退というのは、そういった活動を重んじるあまり・・・結果的に受賞を辞退するのではないか?という疑問でもあるのです。


1.同人音楽サークルFree As Birds
興味のなかった音楽に対する興味がわきそうなサイトです。

2.音楽CD愛好家「沖縄島唄くらぶ」
沖縄に関する特徴が詳しく載っていそうです。

3.ヴォーカル・スクール ヴィーナス 横浜北校
このサイトを見れば新たな挑戦をしてみようと思えるはずです。

4.I like music! ~Dorothy's Room~
このサイトを見れば手作りに挑戦してみようと思えるはずです。

5.インディーズバンドSILENCE
特定のバンドに対する情報が詳しく載っていそうなサイトです。

6.作曲通信教育講座「わくわく作曲先生♪」
このサイトには作曲に関する情報が詳しく載っていそうです。

7.れみぼいす
これから挑戦しようとしている方に役立ちそうなサイトです。

8.コード進行 ギター編!
音楽をやっている方に役立ちそうなサイトです。