ナッシュヴィル・スカイラインはアルバム・チャートで1位というように、ランキングばかりが良く評価されています。ですが、それ以前にボブ・ディランという人物の変化、そしてボブ・ディランの真実などが解明されていくことが多かった時期にリリースされたスタジオ・アルバムでもあるので、今回はランキングだけでなく、ボブ・ディランの変化なども追っていこうと思います。

まずランキングからとなりますが、ナッシュヴィル・スカイラインは1969年にリリースされたスタジオ・アルバムとして、ボブ・ディランの9作目に該当します。

ナッシュヴィル・スカイラインは、ビルボード・トップLP'sチャートでは3位、全英アルバム・チャートでは1位を記録し、そして、ナッシュヴィル・スカイラインはRIAAから、プラチナ・ディスクの認定を受けているスタジオ・アルバムなのです。簡単にまとめてしまうと、ボブ・ディランが世間的に認められていることを証明するスタジオ・アルバムでもあります。

この頃から、シンガーソングライターとしてだけでなく、フォーク・ロックにおいても話題の人物として扱われるようになり、ボブ・ディランは、テレビや雑誌のインタビューを多く受けるようになります。つまり、この頃からボブ・ディランという人物の人物像が明確なものへと変わっていくのです。

今までのボブ・ディランは不思議な人物、捉えることの難しい雲のような存在でした。ですが、抽象的な歌ばかりでなく、純粋なカントリー・アルバムをリリースしたので、純朴な人物でもある・・・という評価を、ボブ・ディランは多くの人から得られるようになっていきます。

これまでは、世間的に注目されることが多い人であり、もしくはお騒がせな人物として見られていました。テレビでも自分の音楽性を強く主張するようなタイプだったので、場合によっては音楽性1つで騒動になることもある・・・、それがボブ・ディラン流であり、ボブ・ディランの秘めているロックそのものだったのです。

つまり、音楽性についても荒々しさが見え隠れしている人物なので、世間の人はボブ・ディランは怖い人物なのでは?という思いもありました。しかし、ナッシュヴィル・スカイラインのリリース後は、音楽性が明確になっただけでなく、数多くの賞を受賞しているので世間的にも高評価な人物である、という良い印象を獲得するようになるのです。

作風についても、しわがれた声(ダミ声)からシャープでキレイな声を出すようになったのですが、ボブ・ディランはこのことを「タバコをやめてからこうなった」と答えています。ただ、完全にダミ声が出せなくなったのではなく、上手に使い分けることも可能なため、ダミ声、シャープでキレイな声を使い分けるようになっていきます。

そして、純粋なカントリー・アルバムにより成功を得てからは、「カントリー・ロック」という言葉も生み出し、カントリー・ロックというとボブ・ディランのような、カントリー・ロックの代名詞的存在にまで昇華していくのです。