ボブ・ディラン代表作として有名なだけでなく、ライク・ア・ローリング・ストーンはロック変革期を表す曲としても有名です。

補足となりますが、そもそもボブ・ディランはシンガーソングライターとして活動をしていた人物です。そのため、良くボブ・ディランがロックアーティストとして評価されるのはなぜ?と思ってしまうことがあります。

なぜ、ボブ・ディランはロックアーティストとしても評価されているのか?というと、それはボブ・ディランの歌はフォークソングだけでなく、部分的にロックを意識して作られているという特殊なフォークソングだからです。なので、ロック界の大物ボブ・ディラン・・・といった評価が存在します。

次に、ライク・ア・ローリング・ストーンについて案内させていただきますが、ライク・ア・ローリング・ストーンは多くのロックアーティストに影響を与えた名曲です。

前述のとおり、ボブ・ディランと言う人物が、ロックアーティストとしても知られるようになった曲でもあるのですが、ライク・ア・ローリング・ストーンの中には、ロックの荒々しさだけでなく、生きること、考え悩むことそのものに対する訴えもまとめられているため、多くの人の心を掴んだ名曲となったのです。

ライク・ア・ローリング・ストーンでは、「虚飾に満ちた世の中」を歌っています。言い方を変えれば、時代の変化により色々なものを受け入れている世の中を歌っているので、明るい歌のように勘違いしてしまうフレーズが数多く存在します。

しかし、「きれいに着飾ってたときもあった」、「宿無しに銭をくれてやったこともあった」といったフレーズが最初にあるため、そのような時代の一面を皮肉っているという曲でもあるのです。つまり、ライク・ア・ローリング・ストーンを通じて、確かにこのような時代もあったよね・・・と遠回しに訴えられているのです。

虚飾に満ちている世の中では、施しのような精神も確かに存在するけど、その気持ちだけでは世の中は変わっていかない、もっと虚飾に満ちたような世の中へと変わっていくという心の声でもあるので、その時代を生きている人の何だかスッキリしない気持ちに応えている曲でもあります。

本来のロックであれば、そんな世の中をぶち壊せと言わんばかりのフレーズが多く込められているものです。しかし、時代において必要とされているものは荒々しさ・・・ではなく、多くの人の心を理解し癒やすようなフレーズだったのです。

つまり、今までとは別の気持ちで作られた・・・、ボブ・ディランでなければ構成できないようなフレーズが多いため、ライク・ア・ローリング・ストーンは名曲となったのです。

そのような背景もあるので、「ボブ・ディランと言えばライク・ア・ローリング・ストーン」というように、ライク・ア・ローリング・ストーンはボブ・ディランの代表作の1つとして有名です。なにより実績についても残しているので、ライク・ア・ローリング・ストーンが名曲というのは事実なのです。

ライク・ア・ローリング・ストーンは、「アルバム(追憶のハイウェイ61)」に収録されているのですが、ボブ・ディランの曲では最高のヒットを記録していますし、歴史上でも「ロック変革期(60年代)を象徴する曲」としても知られています。また、ライク・ア・ローリング・ストーンは6分も歌い続ける内容となっているので、当時の曲と比較しても長過ぎる曲として話題を集めました。