ボブ・ディランは、シンガーソングライターとして知られている人物ですが、華やかな生活よりも、独特の生活であり、有名なアーティストと関係を結んでいる人物として有名です。

また、そのような逸話の中には伝説として語り継がれているものもあります。それが、「アメリカにも飢えている農民たちがいる」という訴えです。どこの国であっても飢えている人、もしくは貧しい人はいます。なので、チャリティーライブのようなものも音楽の世界には存在するのですが、古くから行われているチャリティーライブで有名な人物に、ボブ・ディランが含まれているのです。

前述の訴えについても、実際にどのような生活を送っているのかを楽曲に込めているので、ボブ・ディランの訴えは多くの人に知られるようになっていきます。また、この話は訴えによりボブ・ディランが有名になり、伝説的な人物になった・・・というわけではありません。

正確には、有名なスターとボブ・ディランが共演することになったので、伝説となった話なのです。

どのような人物たちが伝説を作ったのかというと、「ボブ・ディラン、キース・リチャーズ、ロン・ウッド」たちが共演することにより、伝説が生まれました。この時のことは「伝説の夜」と言われているのですが、このような有名な人物もボブ・ディランの声により集められ、そしてライブが開催されたのです。

これは、1985年7月13日の夜に起きた出来事です。ライブは「エチオピア難民救済コンサート、ライブ・エイド」となっているのですが、ライブの通りでエチオピア難民救済を目的としています。

キース、ロンという人物は、「ローリング・ストーンズのキース、ロン」のことですが、ボブ・ディランはこの時に「BalladOfHollisBrown」を歌っています。

この曲により、「社会の歪み」とはなんなのか?を多くの人が知るようになります。楽曲の歌詞についても、生活が厳しくなっている農夫であり、その家族を歌っているという内容になっています。

また、このような訴えを重視している曲のことを「プロテストソング」と言います。ボブ・ディランは詩人のような人物であると言われていますが、プロテストソングを作り出すことに長けているので、このような評価が存在しているのでしょう。

楽曲の中には、BalladOfHollisBrownより悲痛さ、悲哀さを歌っているものが存在しますので、全体的に見るとボブ・ディランが作曲したものには、暗い内容の楽曲が多いです。しかし、染み染みと情景を思い浮かべてしまうような歌詞となっているので、BalladOfHollisBrown同様で、聴いている人にとっては体験している気持ちになる楽曲も多く存在するのです。

これがボブ・ディランの凄いところでしょう。ボブ・ディランは、このような音楽を多く世に放っているのですが、このような音楽はすべてで数十曲も存在するので、今でも語り継がれている音楽がボブ・ディラン作曲のものには多く存在するのです。