目のマッサージですが、新旧の目のマッサージ方法が存在するので、今回は新旧のマッサージ方法にどのような違いがあるのか、または、古い情報を頼りにしてしまうと、上手に目のマッサージを行えないことを案内させていただきます。

まず、古くから行われている目のマッサージには、「遠いところを見る」という目のマッサージが存在します。目というのは、複雑な情報を目に入れている時ほどストレスが溜まってしまい、これにより神経に熱がこもってしまう・・・というトラブルが発生します。

近年では、「ピント調節機能」として知られるようになりましたが、人の目もカメラの目と同じで、ピントがぼやけていると調節をしないとキレイにものを見ることができない・・・、という問題が発生してしまうのです。なので、このような問題を解決したい際は、なるべく遠く(山、海などの景色)を見るようにすると良いでしょう。

情報が多くありませんし、そもそも景色などはほとんど動くことがありません。これにより、目で物体の陰影を視認できるようになり、遠くにあるものがどの程度離れたところにあるのか認識しやすくなります。実際に、山で生活している人の多くは視力が高いとされているのですが、山を見る、遠くを見るという生活習慣の影響で視力が良いとされているのです。

また、このような行動は時間に余裕がある人であれば楽に行えますが、このような行動は難しい・・・という場合は、新しい目のマッサージを試してみると良いでしょう。その方法ですが、「1日に数回で目薬を使用する」というものです。

1回30秒以内に終わる目のマッサージ方法なので、誰でも簡単に行えます。また、目薬をドラッグストアで購入してみるとわかりますが、「ピント調節機能に効果的な目薬」というものが、今では市販されていて当然の状況となっています。

つまり、新しい目のマッサージ方法というのは、「ピント調節機能を改善してくれる目薬を使用する」、「目薬は1日に数回使用する」という、簡易的な視力の改善方法なのです。目薬は1ヶ月分で2000円前後しかしませんので、目の疲れ、目のピント調節機能を改善したいという場合にオススメできます。

最後に、目のマッサージ方法の中で、誤っているとされている方法を案内させていただきます。

その方法ですが、「目を良く揉む」、もしくは「目を氷で冷やす」という行為は良くありません。一時的に良くなることがあるため、目のマッサージ方法なのでは?と思われているだけで、実際は視力が低下してしまったという報告も存在するのです。

目は精密機器同様で、「衝撃、温度の変化」に弱いということを覚えておきましょう。目を良く揉んだとしても、眼の奥にある神経の緊張はほぐれませんし、目を氷で冷やしたとしても目の周りに存在する筋肉を、少しだけしか冷やせないという結果になります。

つまり、無理に目に対して間違ったマッサージを行ってしまうと、かえって目を悪くしてしまうことがあるのです。