最近では、プロテインを飲んで健康的にダイエットしている人、もしくは年齢以上に体力を得ようとしている、もしくは健康維持をはかっている人がいます。

また、プロテインはダイエットにも効果的という考え方が存在します。ですが、「カロリー計算」を行った場合は、確かにプロテインで健康的にダイエットというのは悪くありません。

というのも、プロテインで得られるたんぱく質と同等の効果を、食材から得ようとすると、当初のダイエット計画に支障をきたす恐れがあるからです。例えば、プロテインで得られるたんぱく質を食材から得ようとした場合は、カロリー量が倍以上になってしまうこともあります。

そのため、1食600Kcal以下にしたい・・・と考えていても、たんぱく質が多く含まれている食べ物(肉類など)を食べ過ぎてしまい、人によっては消化不良に悩まされる状態になってしまうのです。このような生活を送っていると、上手く消化できなかった分が「脂肪になってしまう恐れがある」ので、プロテインはダイエット、健康と相性が良いと考えられるようになりました。

プロテインはカロリー量そのものが大きくありません。1日に必要なたんぱく質も、コップ1杯分(約180ml)で得られる計算になっておりますし、なにより科学的に計算された栄養の配分となっておりますので、脂質を無駄に摂取してしまう恐れが少ないのです。ただし、コップ2杯分、3杯分と無駄に多く摂取してしまうと、たんぱく質を上手に摂れないこともある・・・と指摘されています。

プロテインで健康的にダイエットをしたいという場合は、このことを良く理解しておきましょう。

他にも、プロテインには次のような利点も存在します。プロテインの利点では、「牛肉といった大量の脂肪」を摂取しなくて良いというところです。

人によっては、牛肉のような脂身が多い食べ物を嫌がる人もいますし、単純に肉類を焼いて食べるのが嫌・・・という人もいるのです。しかし、プロテインは無味無臭に等しいプロテインもありますし、チョコ味、バニラ味、ヨーグルト味というふうに、万人受けする味わいのプロテインが存在します。

プロテインの粉は水に溶かしても良いですし、牛乳に溶かして飲んでも問題ありません。このように、気楽に飲めるというところもプロテインの魅力です。

それだけでなく、プロテインはコストパフォーマンスも良いです。プロテインの缶詰は1缶で3000円~5000円で売られているのですが、ちょうど1ヶ月分もあるので、1ヶ月分が5000円以内で済むという計算になっています。肉類の場合、1食分で200円前後かかってしまうこともありますし、たんぱく質の豊富な牛肉では1食500円以上になってしまうことまであるのです。

このような問題も存在するため、今ではコストパフォーマンスでも優れていると言われるようになりました。プロテインのデメリットは、缶が大きいので管理する際に置き場に困ることがある・・・、といったデメリットくらいしか発生しません。