今では多くの人が知るようになりましたが、まったく運動していない人よりも、運動されている人のほうが「高い健康維持が可能な体」になりやすいです。

なぜこのような違いが発生するのか?というと、運動されている人のほうが筋繊維が丈夫になるからです。筋繊維というのは筋肉そのものなのですが、筋繊維が上手に発熱できる人ほど、脂肪を無駄に溜め込まないようになります。脂肪というのは、長く放置されているものであればあるほど、脂肪燃焼が上手に行えなくなってしまいます。

まったく運動していない人は、このような脂肪を溜め込んでしまうため、そのことを知ってから運動をされても、中々、脂肪燃焼を行うことができないため、脂肪そのものが邪魔をして美容、健康を損ねてしまうことがあるのです。ただ、まったく運動していない人であっても、プロテインの力で健康維持をはかることはできます。

というのも、何気ない日常生活を送っていく中で、人の体は少しずつですが筋繊維が弱っていくからです。プロテインには、このような筋繊維を丈夫にしてくれる作用があります。

プロテインというと、「筋力増強剤(ステロイド)」と思われていることがありますが、ただ摂取しているだけでは脂肪を多くしてしまうことがあるので、そのことに注意して摂取するようにしてください。例えば、ホエイプロテイン、カゼインプロテインでは、カゼインプロテインのほうが健康維持に高い効果を発揮します。

カゼインプロテインは、「ゆっくりと吸収できる」という利点が存在し、胃腸の調子が良くない人、それほど健康的ではない人であっても、ゆっくりとたんぱく質を体に摂り込むことができるのです。このようにカゼインプロテインを摂取していると、体のすみずみに「たんぱく質を送れる」ようになりますので、疲れている体を、筋肉があまり付いていない体を克服できることもあるのです。

プロテインはトレーニングを行ってから飲むもの・・・というのは、今では古い考え方でしかありません。健康効果を期待して飲むということも、プロテインであれば可能となっているからです。

それと、プロテインは1日にコップ1杯分だけ飲むようにしましょう。それほど、激しく体力を使われていない人であれば、分量的にはコップ1杯分が丁度良いとされているからです。

補足となりますが、プロテインを飲み続けると筋肉隆々となるわけではありません。前述の筋繊維が補修される形でたんぱく質が使われるだけなので、健康維持以上の高い効果を期待されても意味がありません。

もし、プロテインを飲み続けて筋肉隆々になりたい・・・という場合は、ハードトレーニングのプログラム(計画表)を、トレーニング施設の人にお願いして作ってもらったほうが良いです。筋肉がつくと脂肪が燃えやすくなってしまうため、体格が盛り上がっていく(大きくなっていく)というケースは少なく、且つ、全体的に細まっていくことのほうが多いのです。

つまり、筋肉隆々になりたい場合は、プログラムを守ってハードトレーニング、そして大量の食事を嫌がらずに行い、健康的な体(脂肪も適度についている体)を手に入れることが大事です。