プロテインで健康を改善できる人についてですが、以下に該当する人物であれば、プロテインで健康を改善できるかも知れません。

プロテインで健康を改善できる可能性を持っている人その1ですが、「虚弱体質」の人はプロテインと相性が良いとされています。虚弱体質というと、運動をあまりしていない、もしくは病気に悩まされている人が多い・・・というイメージですが、最近では栄養の摂取量、栄養のバランスに問題があると指摘されています。

というのも、「偏食の影響で虚弱体質になる」こともあるからです。例えば、脂っこい食べ物を良く食べていると、脂肪がつきやすくなってしまいます。

脂肪というと、筋肉量が多い人ほど基礎代謝量が高いため、良く脂肪を燃やせるようになる・・・と思われていることがあります。ですが、虚弱体質の人は「たんぱく質の摂取量が少ない」ため、基礎代謝量が少ないというデータも存在するのです。

つまり、運動だけで虚弱体質になっている、偏食だけで虚弱体質になっている・・・というわけではなく、体に対して重要な栄養素を送っていないので、結果的に虚弱体質になるのでは?という見方が強まっているのです。

たんぱく質というと「筋肉をつけたい際に必要」と思われていますが、健康維持にも必要な栄養素です。筋肉以外では、骨、血管、神経に対しても高い健康効果を与えます。

ですが、たんぱく質のみでは高い健康効果を与えないこともあり、他にも野菜類を摂取して「ミネラル分も多く摂り込む」ようにしたほうが、より健康的な体を手に入れられるのです。

例えば、プロテインで健康を改善していくと、たんぱく質だけでなく、「カルシウムも多く摂取できる」ので、ミネラル分(カルシウム)の摂取量も段々と安定していくようになります。ミネラル分を正しく摂取していると、それだけで自律神経の失調などを招きづらくなり、睡眠時間などの改善、他にも集中力の低下が減るという良い結果が出ることもあります。

カルシウムというと、古い情報では「骨を作るのに必要な栄養素」とされていますが、たんぱく質と結びつくことで骨だけでなく、健康的な体を手に入れることもできる栄養素になるのです。

プロテインで健康を改善できる可能性を持っている人その2ですが、「骨が弱っている高齢者」もプロテインと相性が良い人です。

骨が弱ってくると、体全体の動きが怪しくなるということもあります。ですが、筋肉量の低下により骨を支える力が弱まってしまい、骨の負担が多くなると、結果的に骨も弱まってしまいやすくなるのです。

また、高齢者は「小食に悩まされている」人が多いという特徴もあります。しかし、プロテインは約300ml前後のドリンクを摂取するだけで、体内に必要な「たんぱく質、カルシウム、亜鉛(血のめぐりを改善してくれる栄養素)」を摂取することができます。

このような栄養管理を行っていると、血の巡りが良くなることもありますし、骨などの傷みが補修されやすくなり、これが元で健康を改善できるケースもあるのです。