水溶性食物繊維ですが、今では体内に必要な栄養素として知られている栄養素の1種です。

なぜ、水溶性食物繊維が健康に良いのか?というと、以下のような理由で大きな健康効果を得られるからです。

まず、水溶性食物繊維には「水に溶けることでゼリー状になる」という特性があります。不溶性食物繊維の場合、「水に溶けない」という特性があるので、このような特性で分類されている栄養素でもあります。

また、水溶性食物繊維を多く摂取していると、「体内に存在する水分」が良く利用されるようになり、便の軟便化をはかれると言われています。便が硬質化してしまうと、排便の際に力を入れないと出なくなり、これにより痛みが発生することもあります。

それだけでなく、切れ痔が発生することもありますので、今では水溶性食物繊維の健康効果に注目している人が多くいるのです。便が気持ち良く排出されるようになると、体内に無駄に溜まっている便が存在しなくなります。

すると、胃腸の動きが活発化するということも、今では良く知られるようになりました。便が減ることで気持ち良くお腹が減る・・・だけでなく、このような生活を続けていると「ストレスが溜まりにくくなる」という利点も存在します。

それと、テレビでは健康に良い水溶性食物繊維・・・と案内していることが多いため、「不溶性食物繊維は体に悪いのでは?」と思っている人もいます。ですが、体内には不溶性食物繊維も必要とされており、不溶性食物繊維が2、水溶性食物繊維が1といった割合で栄養を摂取している人のほうが、胃腸の問題が発生するリスクが小さいそうです。

つまり、不溶性食物繊維を多く摂取するのは良くないが、だからと言って少なすぎるのも問題・・・と考えるようにしたほうが良いのです。

最後に、水溶性食物繊維を多く含んでいる食材を案内させていただきます。水溶性食物繊維を多く含んでいるのは、「アボガド、トマト、海藻、サニーレタス、オクラ、納豆、長芋」とされていますが、だからと言って、これら全てを毎日食べる必要はありません。

最近では、アボガドをサラダにかけてドレッシングをかけて、水溶性食物繊維を摂取している人も増えています。なので、「自分が美味しい」と感じる食材を優先して食べるようにしましょう。

トマトの場合、海藻サラダに乗せてフレンチドレッシングをかけて食べるのも良いです。また、血液をサラサラにしてくれる「ごま油ドレッシング」をかけてみるのも良いでしょう。

レタスをサニーレタスに変える、ご飯を食べる際は納豆をかける・・・というのも、上手に水溶性食物繊維を摂取する方法です。また、長芋のトロロを作っておき、その中に細切りにしたオクラを入れてみるのも良いでしょう。

水溶性食物繊維は、不溶性食物繊維と比較して健康効果が出やすいです。お通じ改善についても、1日~3日で効果を実感している人もいますので、素早くお通じ改善するというところも、水溶性食物繊維の魅力と言えます。