バランスの良い食事についてですが、今では、昔に比べてバランスの良い食事とはなんなのかが正確にわかってきました。

というのも、昔のように「肉は健康に悪い、野菜は健康に良い」という考えが否定されているからです。例えば、肉は「たんぱく質やビタミンの補給、疲労回復」で、欠かせない食べ物であることがわかってきましたし、野菜についても「食べ過ぎると体に悪い栄養素」が判明している状況です。

そのため、バランスの良い食事というのは「肉も野菜も丁度良いくらいで食べること」なのです。例えば、肉類はすべて体に悪い・・・のではなく、「ばら肉といった脂肪分が多い肉」は食べ過ぎ注意と考えるだけで問題ありません。

肉類というと豚肉、牛肉を食べている人が多いのですが、バランスの良い食事を考慮しているのであれば、「ヒレ、ももといった赤身肉」を良く食べるようにしましょう。部位によって硬さが違ってくるのですが、ヒレ、ももには多くのたんぱく質が含まれていますので、子どもにとっては重要な栄養素となります。

子どもの頃は、「たんぱく質、カルシウム、アミノ酸」をしっかりと摂取していないと、「骨、血管、神経」に対して良い影響を与えないからです。骨に良い影響を与えた場合は身長が伸びる、骨太になり健康的な毎日を送れるようになるとされています。

他にも、ビタミン群が肉類には多く含まれていますので、定期的に食べるようにすると「ビタミン群の影響で免疫力を強化」できるようになります。これは牛肉にも言えることなので、定期的に食べるようにして、健康的な毎日を送れるよう努力したほうが賢明でしょう。

また、最近では「皮を除いた鶏肉」の評価が高まっています。昔であれば、「カロリー量が多い肉」という扱いを受けていましたが、カロリーが溜まっている場所は鶏皮です。

そのため、こちらをしっかりと取り除いて食べるようにするだけで、「低カロリーで体内に良い影響を与える肉」となります。鶏肉は肉類の中でも栄養バランスがよく、「低カロリー、高たんぱく質」という利点まで存在します。

最後に、野菜について案内させていただきますが、野菜には多くの「ビタミン群、食物繊維が含まれている」ので、肉類を食べる際には野菜も食べたほうが良いでしょう。また、野菜がどうしても苦手という人は、「マルチビタミンのサプリメント」を用意しておき、野菜を少しだけ食べて、マルチビタミンのサプリメント(1錠)を飲むと良いです。

野菜を食べることによって得られる栄養(ビタミンA、ビタミンB1)というのは、免疫力だけでなく内臓を丈夫にしてくれる働き、粘膜を改善してくれる働きがあるので、肉類だけでは得られないビタミンも摂取したいという場合、野菜類も食べたほうが良いのです。

また、野菜類を良く食べていると「ミネラル、食物繊維」の影響で、便秘、下痢といったトラブルに悩まされる可能性が小さくなります。このように、肉類、野菜類には、健康を改善してくれる独特な効果もあるので、バランス良く食べることこそ健康につながるのです。