アルコールが含まれている飲料を飲むと、過去では「体調を悪化させる、健康被害が発生する」と考えられていました。

しかし、今では「健康に良い飲み方、アルコール飲料」も存在するという考えに切り替わっています。というのも、赤ワインのように健康に良いアルコール飲料も存在するからです。

また、どうして健康に良いというだけでアルコール飲料の評価が変わったのか?というと、それは「高血圧を予防してくれる」からです。アルコール飲料というと、むしろ高血圧になってしまう飲み物・・・と思ってしまいますが、赤ワインには「ポリフェノールが多く含まれている」ので、近年では、多くの人が健康に良いアルコール飲料であることを理解しています。

ポリフェノールの健康効果ですが、主に「高血圧の予防、動脈硬化の抑制」といった効果があります。赤ワインを良く飲んでいる人は血管が丈夫になり、且つ血液の循環が改善していくとされているのです。

そのため、血管によって圧力が違うといった、高血圧特有の問題が中々発生しなくなります。しかも、動脈硬化を抑制する効果まであるので、血管が活き活きとした状態のままでいられるのです。

他にも、赤ワインには「多くの栄養素が含まれている」ため、健康ドリンクのように「血液中の脂質を減らしてくれる、酸化を防いでくれる」という評価も存在します。アルコール飲料を飲んでいるだけで、これほど健康になれるもの?と思ってしまう人もおられるでしょうが、赤ワイン以外では同等の効果を得ることが難しいので注意してください。

また、1日に赤ワインをどの程度飲むと健康になるのか?というと、「1日にグラス1杯分で飲む」ようにすると健康に良いとされています。容量的には180ml程度を意識して飲むようにしましょう。

赤ワインは、「アルコールの力で適度なリラックス」を発生してくれるため、眠気を得たい時にも役立ってくれるアルコール飲料です。なので、体調不良による睡眠不足に悩まされている・・・という人は、赤ワインを飲んで健康的な生活を得てみるのも良いでしょう。

それと、赤ワインを飲み過ぎても「健康効果は高まりません」。医薬品も用法用量を守って正しく飲まないと効果が無いように、赤ワインも飲み過ぎると、「アルコールを分解する肝臓に負担がかかる」だけ・・・なのです。

赤ワインはアルコール度数も高くありませんので、ついつい飲み過ぎてしまうということもあるでしょう。ですが、健康を考慮に入れて赤ワインを飲む・・・という場合は、1日に多くてもグラス2杯分で我慢したほうが良いです。

また、赤ワインには高血圧の予防以外にも高い健康効果があります。例えば、「カリウムの量が多い」という特徴もあります。

カリウムというのは、体内に存在する「不要なナトリウム」と結合し、尿中に多くのナトリウムを含めるような形で、体外に不要なナトリウムが排出されるのです。これにより、血圧が安定するだけでなく、血管の動きが活性化されやすくなるため、老化現象などを防いでくれる(疲れや冷えに強くなる)こともあると言われています。