2006年08月16日

お祭りわっしょい

今徳島最大級の夏FES、阿波踊りの真っ最中。


12日に今年は二年ぶりに学科の連で踊ってきました。

二回くらいしか練習行ってないのに、今年は太鼓も叩かせてもらって、調子に乗ってきました。


教授とかもいる前で、未成年の一年生たちも含む学生達がガンガン一気するのはどうなのかとちょっと思ったけど、阿波踊り期間中は徳島では何をやってもOKっぽい。

お酒と熱気でまさにトランス状態でした。
気持ち良すぎて踊ってる最中何回かドーパミン出ました。


みんなで同じ一つのことを一生懸命やるのはやっぱりすごく楽しくて、感動できること。
阿波DANCEはそれを僕に思い出させてくれました☆


次の日は、他の連をゆっくり見に行きました。

自分の踊りが結構うまいんちゃうかと思ってた僕の心は完全に打ち砕かれ、激しくてかっこいい多くの連をみて、またドーパミン出ました。


ほんまに今年はこのFESを満喫できました!
若干筋肉痛です。


あと、小さい子の着るはっぴはほんまにかわいい☆
自分の子供ができたら、毎日はっぴ着せようと思いました。


今日が4日間の阿波踊りの最終日。
明日から、この熱気も一気に冷めてしまって、いつもの徳島に戻ります。


明日は高校の同窓会。
久しぶりにみんなに会えるのが楽しみでっす。

kurts at 03:10|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2006年06月30日

近況

ダラダラ生活から抜け出すため、二週間くらい前に思い立っていきなりダメもとで、長年の小さな夢だったツタヤに電話してみたら、次の日に履歴書持って来てくださいとのことだった。


ツタヤは音楽と映画に囲まれて仕事が出来る華やかなイメージがあったのと、大学を卒業するまでに、どうしても大学生っぽく『いらっしゃいませ』って言えるバイトがしたかった。


久しぶりの面接は、変に緊張した。

まず大学名と名前を言って、一礼をした。
就活で鍛え上げられた面接のマナー★☆

でも、
『ここのツタヤを選んだのは、品揃えとかが素晴らしくて』

と、聞かれてもないのに就活のなごりで志望動機を長々と喋ってしまい、店長に『うん、それは別にええんやけど』みたいに言われてしまった。

持っていった履歴書に貼った写真も就活中に使った、ばっちりスーツで本気の顔した写真。


俺ツタヤに就職する気まんまんの人やん


でも何とか採用のお電話を貰い、

そして今日、初出勤へ行って参りました★


出勤って言っても、今日は制服を合わせて、いろいろ規則みたいなことを教えてもらっただけ。


帰りに邦画を二本借りて帰りました。



目指せカリスマツタヤ店員!!



とりあえずはじめの目標はかつぜつのわるさと敬語ができないのを克服することです。


kurts at 16:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年06月03日

中途半端な人

おととい、徳島ジッターバグにthe band apartのライブを見に行ってきました。


ライブ始まる前に近くのサンクスの前を通ってたら、なんとバンアパのボーカルの荒井さんとドラムの人が普通に買い物して出てきて、びっくり。

あまりにも普通で、声かけることもできませんでした。

徳島って狭くてこういうハプニングがあるからいい。


一緒に出てたwrong scaleって全然知らんかったんやけど、もうちょい聞き込みたいって思った。

ライブはやっぱり超ファンキーでカッコよくって、幸せでした。ほんと上手い。
ベースの原さんはやっぱり笑顔でした。ほんまにベースを気持ちよさそうに弾きます。
見てるこっちも気持ちよかった。

『Eric,W』。最高ー。


もっとライブみたい!
徳島にoasisとか来んかな。
絶対こんわ。


そして昨日は、徳島で2007年にMRになる人たちが集まって飲みました。

全員内定先がそれぞれ違ってて、いろんな話が飛び交って楽しい飲み会でした。


なぜか中途半端ってめちゃめちゃ言われました。イェイ。


ニコラシカっていうお酒、初めて飲んで、食道が熱くなりました。

三次会まで行って、帰って今日起きたら、まだお酒が残ってて気分が悪かった。みなさんなかなか強かったです。


今日は引退したサークルの一日合宿にちょっと顔出してきます。イェイ。



意外としんどくて、しんどくて、しんどいときほど表には出さないタイプみたい。

頑張れ。おれ。



kurts at 21:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年05月17日

引退

おとといの5月14日は、われら徳島大学マンドリンクラブの定期演奏会だった。


定演はマンドリンクラブの一年の中で最も大きな演奏会。

そしてこれをもって最高学年の4年生は引退となる。


この一ヶ月毎日練習して迎えたおとといの定演は、俺にとっては三回目やったけど、一番感動した。


指揮者の杏ちゃん、まーくん、ほんまにお疲れ。


三年間、このマンドリンクラブで大学生活の多くを費やせて、俺はほんまに幸せでした。


そして今日、いままで毎日練習してていきなり時間が空いたから、何をしたらいいかわからなくなって、ついサークルで同じパートやった友達に連絡して、ごはんを食べに行った。


なんかぽっかり穴が空いてしまった気がする。


定演終わった瞬間は達成感に満ち溢れて、引退の実感なんてなかったけど、二日たってじわじわと湧いてきた。



今週の終わりに最後の打ち上げがある。

このクラブに忘れ物をしないように、大事な一日にしたい。



kurts at 02:22|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2006年04月23日

ゴッドチャイルド

今日サークルに行ったら、二年前に引退した二個上の先輩がお子さんを連れてサークルに遊びに来てくれていた。


駐輪所に自転車をとめて、学館に向かう途中、何か大学生にしては小さい子がいるなぁと思ったら、今日で1歳と1ヶ月のコウキくんだった。


土を食べて、ママに怒られていました。

ちなみにそのママも三年前引退した同じサークルの先輩。


コウキくんを抱っこする先輩は、もう完全に父親で、カッコよかった。

思えば、パパの方の先輩が今の自分くらいの歳で結婚を決めて、次の年にパパになったんやと思うと、改めて凄いというか
しっかりした人たちやと思った。


コウキくんに顔を近づけてじっと見た。


無垢な表情に心が洗われるよう。


うん、男前になる顔や。
『コウ〜』って名前の子はみんな男前や。





とにかく、昨日の激しい新歓の飲み明けの気持ち悪い感じも、かわいくてスッキリさせてくれるようなような、ソルマックみたいな存在のコウキくんでした。


kurts at 01:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年04月18日

サクラ

この前、製薬会社の最終試験を東京に受けに行き、おととい内定を頂きました。


その日は東京で5:30から面接。

首都東京の町にビビって早めに向かい、1時に東京駅に着き、ゆっくり本社のビルを探そうと思ったら、案外簡単に見つかり4時間の暇が出来てしまった。

ネットカフェは高いから、うろうろして見つけたスタバに入った。

周りに飛び交う標準語の中で、一人面接の練習をぶつぶつしながら、緊張を持て余して、結局、コーヒー一杯で3時間半の暇を潰した。


本社のビルはかなり大きなビルで、中もハイセンスな感じ。
いすが赤いし。

控え室に案内されて、入ると人事のWさんと、前の面接で一緒だった子もいて、少しほっとした。


面接は人事のボスっぽい人二人。


かなり突っ込まれたし、終始俺の話に興味なさそうな感じやったけど、一応質問にはしっかり答えた。

後は結果を待つのみ。


面接を終えて、先輩に連絡をして久しぶりの再会。

お好み焼きをご馳走してくれました。

ずっと東京に来る機会がなく、先輩と会うのも本当に久しぶりで、クラブのこととか就職のこととか、先輩のお仕事のこととか話は尽きなかった。
先輩は全然変わってなくて嬉しかった。
また行きまーす☆


次の日は、東京にきたついでに僕の、生まれて幼稚園まで過ごした町である横浜にぶらり一人旅をした。

大学一年の夏に、クラブの友達三人で東京観光をしたときにはゆっくり横浜を見ることができなかったので、今回は一人で昔を懐かしもうと決めていた。

親に電話で住所を聞いて、ちょっと迷いながらも昔住んでいたマンションを見つけたときは超懐かしくて鳥肌がたった。

記憶の中ではめっちゃ大きいと思ってたマンションの門も、砂場も今見たらかなり小さくてビックリした。

思い出は美化されるようです。


それから幼稚園にも行った。
4月の『みたけ台幼稚園』は園児で賑わっていた。

門の外で昔の自分の手形を見つけて、それに手を当てたり、可愛い子供達をみていたら、中の一人の先生に『何か御用ですか?』と声をかけられた。

確かに真昼間にスーツを着て幼稚園の前でニヤニヤしている男は完全に不審者だった。


『いえ、僕ここの卒園生なんですよ。』
『あ、そうなんですか。』
『○○先生ってもういらっしゃらないですよね??』
『知らないですねぇ。』

みたいな会話をして、先生は中に戻っていった。
先生はたぶん最後まで俺に心を開いてくれなかった。

あと、よく連れてってもらった公園に行って、横浜を後にし、東京から徳島行きの夜行バスで徳島に戻った。

なかなか満喫できた二日間だった。




おととい、その日受けた会社から内定のお電話を頂きました。

まだ正式に返事は出してないけど、ゆっくり考えて結論を出したいと思っています。


kurts at 11:25|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2006年04月08日

東京ラブストーリー

来週、今のところ第一希望の製薬会社の最終面接がある。


就活は恋愛に似てるらしい。


そこまで気になる存在でもでもなかった時期は、上手く自分を出せて、気軽に喋ることができていた子でも、だんだんマジになってくると、途端に緊張して、変に意識してしまいますよねー。


この会社もはじめはそこまで気になる存在ではなかった。


そしていざ最終面接を前にした今、超緊張。


最終面接は単なる意思確認で、ほぼ通ったようなものみたいな会社もあるみたいやけど、ここの会社は最終もバリバリ選考されて、しかも結構落とされるらしい。


しかも、『最終面接』は生まれて初めて。



初恋は実らんらしいし…



いや、頑張る!
ばっちり告白決めて、絶対、メロメロにさせてきます。



来週は、その面接ついでに東京の先輩の家に泊まって、満喫して帰ってくる予定です。





kurts at 20:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年04月01日

タロウ

昨日、結構志望の高い製薬会社の三次選考に行ってきた。


13:30からのグループ面接の予定だったのが、バスが大幅に遅れて、到着したのが13:45分。


会場のホテルに入り、『面接控室』っていうとこに駆け込むと、今まで受けて来た面接の控室のような、ピリピリした雰囲気はなく、一人の人事の方と、面接が終わった人達と、これから面接を受ける人達でワイワイ盛り上がっていた。


とりあえず、遅れて申し訳ありませんと謝ると、事前に一応電話をして事情を話していたので、『聞いてるから大丈夫ですよ。2時からに変更しておきましたから』と人事の方が言ってくれた。

席につくと、この控室で、面接で何を聞かれたかというのを、既に面接を済ませた人達から聞いて下さいと言われ、教えてもらった。

地元の自慢、趣味や特技の一分間プレゼン、自分の短所。などなど。


そして2時に、3人が別室に呼ばれた。


阪神の矢野そっくりの人と、アタック21の人の二人が面接官。


ちょっと目が怖かったー

けど、志望動機は?とか自己PRして?とかそういうベタな質問ではなくて、人間の中味というか、個性を見てくれているような面接だった。

手応えとかはよくわからんけど、俺の雰囲気は伝わったかと思う。


控室に戻ると、さっきのように、みんなでワイワイやっていた。


そこに面接を終えた3人も加わり、名前も知らない8人で雑談。


その内容も、就活とかと全く関係ない、自分がSかMかの話と、地元の話と、SかMかの話だった。
人事のWさんも超のってきてくれた。一部の女の子は若干ひいてました。


2:30に面接を終えて、控室を出たのは4時すぎ。

『よし、飲みにいこうか』
という声が上がり、面接を受けたメンバーで飲みに行くことに。

人事のWさんはさすがに来てくれなかった。残念。


8人で、梅田でいきなり行って飲めるところが少なくて、ちょっと焦ったけど、何とか入れる居酒屋が見つかって、入った。席は4、4やったけど。


スーツで生。


入社したらこんな感じなんやろうなぁ。


飲みは超楽しかったー。
これも何かの縁。出会いはどこに転がっているかわからんもんです。




帰り、姫路で降りるところをすっかり寝過ごして、網干まで行ってしまった。


kurts at 00:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2006年03月23日

朝日新聞

お久しぶりです。

最後の合宿から帰ってきました。


八泊九日の合宿、就活の関係で行ったり来たりになってしまって、ベースパートのみんなには申し訳なかった。

そういうこともあってか、とても短く感じた。
最後の合宿やっていう思いに耽る時間もなく、あっという間に最終日を迎えた。


はだかにマジックで色々書いたり書かれたり、合宿ならではの無茶苦茶な飲み会も楽しかったー。


一年生のときからお世話になった『弘陽荘』のおばちゃんと握手。
就職決まったら報告くるねー。



日和佐から帰ってきて、昨日また大阪で面接を受けてきた。


グループディスカッションと面接。

見事ボロボロになって帰ってきました。

今までの選考の中で間違いなく最悪の出来だった。


GDは、周りのガツガツした雰囲気に飲み込まれ、あまり自分を出せずに終わり、

面接では、『ここ二週間くらいの社会での出来事で気になったことは?あ、野球以外で。』

という質問に、『すいません、新聞読みます。』と、明らかに物知らずの自分をアピールしてしまい、焦ってしまって、そのあとの質問にも訳のわからんことを喋ってしまった。


とにかく最悪だった。


帰りのバスの中で、新聞を買って読んだ。


新聞って色々書いてるんやな。



ふーん。白夜行最終回か。



今日の失敗を次に活かそう。



明日は卒業式と、最後のバイト。

何となく物悲しい一日になりそうです。










kurts at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年03月13日

カエルの研究

研究室が決まりました。


何とか第一希望のところへ行くことが出来て一段落。

『酵素』の研究をしているところ。

化学のなかでもかなり生物寄りの研究。

高校で生物とってないけど大丈夫かな。


先生はカエルみたいな人。

まさか俺がこの先生の研究室に行くとは、一年の頃では考えられんかったなぁ。



研究室決めはかなりもめたみたいだった。

人気があるとこ、ないとこ。

金払って大学来てるんやから、みんな行きたいとこ行かせてあげたらええのに。


そうもいかんみたい。



最近あったかくなってきたと思ったら、今日は雪が降った。



明日は朝大阪で筆記試験を受けて、夕方徳島に戻って来て、研究室に顔出しして、日和佐の合宿に合流。


ハードスケヂュールやけど、両立させてみせます。



阿南くらいで力尽きてたら助けてね。





kurts at 23:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)