ぶっちゃけ覚えなくても良い。基本的な説明は省くので去年のエントリーもどうぞ。

【MIX】

MIXはヲタ芸かどうかは微妙なんだが、モモーイは「(MIXを)打つ」と言う表現をした事もあったのでした。ちなみに海外で雑談した経験から言うと、あの女はMIX出来ない。「ナントカカントカ、ジャージャー」とか言ってたのでした(笑)。正式には「タイガー、ファイヤー、サイバー、ファイバー、ダイバー、バイバー、ジャージャー」って、、、

あり、これで順番良かったっけ?

自分もしばらくちゃんとやってないから忘れてしまってるかも。2007年くらいまではモモーイ現場では、一部の打ち師がやっているという何処の現場でも見られる光景だったのだが、2008年くらいからいわゆる「はるこMIX」が生まれてから、それまでは「意味不明だからやらないよ」と言ってた層もやるようになり、今では立派なコール化。

・投入箇所

基本的にはAメロ前だけでそれ以外は入れない。たまにモモーイが後奏とかにいれたら不承不承付き合う感じ。こういうノリになった理由は良くわかんないけど、曲ごとにコールとかあるからかな?MIX入れまくったら色々潰れちゃうしね。例外があるとしたらディアステとの対バンくらいで、ディアステ系の客は様々な箇所に片っ端からMIXを入れてくるので、それはそれでたまには良いかと。

・投入曲

モモーイ現場では最初は「アキハバラブ」だけで、この頃は「せいや!」って叫んでるだけでした。その次が「God knws...」、「LOVE.EXE」の順かな。あとは「天空のスプライト」や「自演乙ソング」、カバーの「ハピマテ」くらい。変わったところでは「夢冒険」なのだが、これは2008年の名古屋公演でモモーイが「この曲のアレンジしてる時にMIX入るな~、と思いながらアレンジしてました」とかMCしたせいである。ついでにMIX厨なのも判明。

・適さない曲

昔なら一部が勝手にすれば良かったのだが、最近はコール化した影響もあって、うかつに「よっしゃ行くぞ~!!」と叫ぶと「これは入れる曲なんだ」と勘違いして追随する普通のモモイストが続出しかねないので要注意だ。

こんな心配するのはうちの現場くらいだな。

過去には「もっと、夢、見よう!」でモモーイがマイクでMIXを入れた時は相当に顰蹙。基本的にはお祭りソングが適していて、メッセージ性の高い曲には控えた方が良い。ちなみにモモーイは「楽しかったから」と言う事らしいので、ステージ上で楽しそうな顔をすると余計な心配をするようになってしまった。「天プラ」の場合は初披露でぶっこんだらそのまま定着してしてしまって、

ホントすみませんでした。

他にくるくるが怒られたパターンは、「さいごのろっく」でアニデラのDJがこの曲にMIXを入れてたのがカッコ良かったので、入れてもらったら「この曲はジャンプする曲だからMIXは合わない!!」と多数のモモイストに怒られました。そうしたら、その次のTOgetherでモモーイがマイクで入れ始めたらしくさらに針のムシロ。

ホントすみませんでした。

後は、コールが定着してる曲とかに入れると古参を中心に顰蹙を買う可能性が大。それでも「この曲にMIX入れるのが僕の夢だったんです!!」と言う人がいるなら止めないので自己責任で頑張って下さい。ペーパーとかに熱い想いを書いて配布したらいけるかもよ?

【ヲタ芸史?】

「ヲタ芸」と言う単語が生まれたのはハロプロ界隈。2003年末くらいの動画を見たらOADやマワリ主体でまだロマンスは少数派。モモーイ界隈にロマンスが入ってきたのが、自分の記憶だと2005年の夏くらいなので、そんなにタイムラグがあったわけではない。



上の動画はアキバの女王的な方に教えて頂きました。ヲタ芸イベントには結構行ったけど、「ロマモー」は流れるけど「ペルセウス」は聴いた事ないんだよね。DJさん達は過去の動画とかもチェックされた方がいいのではないかと。で、女王様はこういうノリが大好きらしく、

・観客が明るく悪ノリ
・盛り上げてくれるから演者も嬉しそう

と言うのがポイントの様子。モモーイ現場の打ち師もそういうノリに近いのがモモーイがヲタ芸好きな理由のひとつなんじゃないかな、と推測しています。

最初の頃のヲタ芸は、ハロ系は出演者が多いので、どうも推しじゃないターンでテンションを高めるためにやっていたらしい。そういう意味もあるので「ヲタ芸は失礼」と言う考え方もある。で、おそらくやってるうちに楽しくなってきたんだと思うんだけど、モモーイ現場に入って来た頃には、盛り上がる曲でやるように変化してしまった。

モモーイ現場も最初の頃はヲタ芸批判とか論争とか結構あったのだが、2006年の秋くらいからからモモーイがステージ上でロマンスしていたので、反対派は諦めた模様。それでも2008年のAXのDVDには打ってる人なんてほとんどいない。見慣れたモモイストが最前でロマンスしてるのがチラっと映ってたくらいだ。

状況が変わってきたのは2009年くらいからで、ビキニでサンダースネーク動画とかあげたものだから影響は絶大。地下系のイベントなどの出演も増えた関係もあるのか、モモーイ=ヲタ芸、って変なイメージが定着したのではないかと。挙句にモモーイや事務所に「ヲタ芸しないとダメなんですか?」と言う問い合わせが来るようになったところで、はじめてツアー直前に「ヲタ芸推奨派ではない」宣言が跳び出すわけである。

数日後に「ヲタ芸好きです。」とか言ってて台無しだが。

現場的にはたぶんピークは2009年のツアーで、こないだのツアーでは落ち着いたと言うかエンドレスで盛大に打ってる集団はあきらかにいなくなった気がする。打つ人が増えたのは2007年くらいからなんだけど、そのへんの人がそろそろ飽きてきたのではないかと言うのがくるくるの推測。

とか思ってたんだけど、こないだのみるくらりあっとでは新しい打ち師が増え始めたようにも見える。NHKのアニソン番組とかアニサマあたりでアニソン界隈に入ってきた新規のファンの中でヲタ芸に興味をしめした層が生まれ始めてるのかもしれない。そんなわけでステラがどうなるのかサッパリわかりません。

【CSO】

2010年の新技がこれかと。芸と言うよりも掛け声に近い。Aメロの真ん中まで打たないでおいて「チェックセットオープン!」と叫んでからOADを開始するバーニング芸。歳のせいかスタミナが落ちたので重宝してます。やや早口気味なのだが「チェック・セット・お~・オープン!!」と言う長めに猶予をとるやり方もあってこっちの方も流行ってる。通称モラトリアム式。本来はみのりんの「Final moratorium」専用CSOでした。

【ヲタ芸に適した曲】

ハロプロの流れからから考えると、ヲタ芸=OAD、と言っても良いかも知れない。ロマンスやPPPHは相当昔からアイドル現場にあったわけでした。だからイントロにOADが入れやすい曲が代表的な打ち曲になるわけだけど、アニソン現場ではイントロはジャンプするのが伝統だったためOADはAメロに限定されてしまう。そんなわけで、イントロはジャンプ、AメロはOAD、BメロはPPPH、サビ前半はマワリかサンダースネーク、サビ後半はロマンス、と言うアニソンヲタ芸の基本的なパターンが誕生するわけだが、ハロヲタに聞くと「アニソンのヲタ芸は型にはまり過ぎてる」という感想になる。

モモーイ現場ではゆっくりした曲のイントロにOADが入る場合がある。「ロマンスの神様」と「真・.com子ちゃんのテーマ」だが、どっちもカバーやん。ちなみにモモーイと海外で雑談した時に「私はアウトロでOADだなぁ」とか言ったのを聞いたんだけど、この台詞をよく考えたら、

ハロ現場で打ってたんか?

・打ち曲が少なかったモモーイ現場

今でこそ、モモーイ=ヲタ芸、と思い込んででもいるのか、テンポの速いアンセブ曲とかでも打ってる人をみかけるのだが、OADやロマンスに適した曲が少なくてせいぜい「LOVE.EXE」くらいだった。「ワンモモ」でも打ってるけど、あれは実はテンポが早くてややキツい。打ち曲が少なかったから無理矢理打ち曲にした感も無くもない気が。

・サンダースネークは秋葉系ヲタ芸

スネークはハロ系ではなく秋葉界隈から生まれたらしいが詳しい事は不明。ただ、この芸はテンポが速い曲の方がやりやすいし映える。これはアニソン現場が電波ソングブームの影響を受けてテンポが速い曲が好まれた影響なのかもしれない。

そう言うわけでアニソン現場でヲタ芸に適した曲と言うと、中間クラスのテンポの曲という事になる。「LOVE.EXE」や「天空のスプライト」などがそうなのだが、「天プラ」は曲調的にヲタ芸で大騒ぎする曲って感じじゃないんだけど立派なヲタ芸曲になってしまった。初披露の時に「今のモモーイが打てない曲を作るはずがない」とか思ってガチ打ちしてしまった。後で歌詞の内容に気付いて打つのを止めようかと思っていたらあの女が、

「この曲では打って欲しい」

ホントすみませんでした。

・Thunder Shot

歌うかどうか微妙だが、ミニ四駆がモモーイに与えた影響を考えると歌ってもおかしくはない、、、かな?テンポが速いので打ちづらいのだが、歌詞が熱いのでついつい打ってしまう。テンポが速いけどタカまるので打ってしまう曲と言うと「残光のガイア」とかかな。

モモーイ現場のヲタ芸の特色のひとつにコールを取り入れると言うのもある。トンドル系の曲の場合はAメロで打っててもサビにロマンスを入れない事が多い。「Thunder shot」の場合はロマンスへの掛け声がデフォルトのコールを潰すので工夫してこの曲専用のヲタ芸を開発している。いわゆるサンダーモモーイなんだが、サンダースネークのコマネチ部分にロザリオを1発入れて2発目にいくモーションからスローイン気味にサンダーショット的なものをぶっ放すモーションをして予備動作抜きでロマンスへ。ロマンスも1セット入れたらサンダースネークの連続突き動作に切り替えて、最後は前半部分と同じくロザリオからスローイン。ちなみにファイヤーモモーイもあるんだが、あの曲は歌わんとみた(笑)。

・Sunday eary morning

2年以上歌われていない不遇の曲だけど「初のオリジナルフルアルバム」(実質はシングルry)のアルバムタイトル曲だから歌ってもおかしくはない。Aメロは行進って言うかスキップ気味なんだけど、Aメロの途中の間奏に「うりゃおい!」とコールしながらのOADが入る。普通はジャンプだと思うんだが、やり始めたのはステージの上のあの女。

・IVY

テンポが速いので全弾サンダースネークをぶっこんでますが、サビ部分のバンド演奏が静かなので「はるこに捧げる~」等の掛け声は入れない人が多い。似たパターンとして「アドレッセンス」とか「ゆめのばとん」で手持ち無沙汰だからロマンスを入れたりすることもあるんだけど、基本的に聴き曲でロマンスを入れる時は掛け声は入れない方が良いかと。

・へんしつ

おそらくは歌うと思うけど、これも速いよね、と言う訳でくるくるは打ったり打たなかったり。最近はヘドバンしてますが、最後のサビだけ入れたりしてます。周りを見ても結構バラバラな感じ。

・適さない曲

このへんは各個人の好みにもなるのだが、アンセブ以前の曲はテンポが速かったり、Aメロにコールが入ったりしてるのでくるくるは基本的に打たない。新しいアルバムの曲だと「Sweet candy」とかがそう。比較的若い子は全曲打ってたりして、自分もあんな頃あったなぁ、とか思いながら眺めてます。アドヴァイスするとしたら、ずっと打ってたら飽きるのが早くなったり、せっかくの打ち曲にタカまらなかったりするので、コールなども覚えるのをオススメしときます。

くるくる☆UP DATE