1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/03(水) 00:17:43.399 ID:PRxUqegy0.net
コナン「丁度よかったぜ!最近LANとのデート代がかさばって金欠だったんだよ」

博士「売買できるものは腎臓、肺、肝臓、眼球や心臓に至るまでなんでもOKじゃ」

コナン「じゃあ借りてくぜ博士!」

博士「くれぐれも悪用するんじゃないぞ~」


2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/03(水) 00:18:16.343 ID:iuK16bAK0.net
悪用の定義とは


3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/03(水) 00:19:24.682 ID:PRxUqegy0.net
コナン「さて、とりあえず前回LANとのデートで消えちまった5万円を取り戻すとするか……」

コナン「5万円なら、だいたい血液1リットルに満たないってとこか……人間の血液欠如による致死量は血液総量の三分の一と言われてるから、1リットルくらい問題ないだろ」ポチッ

コナン「おっ、手元に5万円が出てきた!これはなかなかいい発明じゃねえか」


4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/03(水) 00:20:21.953 ID:HgJ5ZGc6d.net
もはやドラえもんレベル


5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/03(水) 00:23:38.626 ID:PRxUqegy0.net
次の日

歩美「おはよう!」

灰原「あら、おはよう」

ゲン太「鰻」

コナン「おうおはよう」

光彦「お……おは、ようございます……」

灰原「光彦君、一体どうしたの?顔が真っ青じゃない!」

光彦「心配してくれてありがとうございます……。実は昨夜から目眩がして、食欲もないんですよ……」


6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/03(水) 00:24:34.257 ID:iuK16bAK0.net
ゆっくりならともかく一気にそんな量の血失ったらショックで死ぬわ


7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/03(水) 00:26:36.417 ID:16ldVgpG0.net
もっとくるしめろ


8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/03(水) 00:28:34.166 ID:PRxUqegy0.net
コナン「それはまずいぜ光彦!早く家に帰って休養を取った方がいいぜ」

光彦「それはダメです……ここで帰宅してしまうと僕の皆勤賞がなくなって先生の評価も下がっちゃいます……」

コナン「…………」


9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/03(水) 00:31:07.820 ID:+BJVvDu5p.net
成人60kgで2Lが致死量らしいぞ
半分の1Lに耐えるには30kg必要、小一の平均体重は22kgらしいので、まして痩せ型の光彦はもう…


10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/03(水) 00:32:37.688 ID:PRxUqegy0.net
学校

光彦「うう……気分が悪くて授業に集中できません……」

コナン「光彦、お前やっぱりやべえよ!早退した方がいいって」

光彦「ありがとうございますコナン君……でも大丈夫です……大丈夫ですから……」

コナン(まずいな……このままじゃ光彦がぶっ倒れちまう。どうにかして早退させないと……そうだ!)


11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/03(水) 00:33:09.726 ID:QGpjr4I10.net
新鮮なうちに交換しないと価値が


12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/03(水) 00:37:35.401 ID:PRxUqegy0.net
光彦「あぎゃァァァァァぐぉはないとあォォヴヴォォォ」

コナン「先生!光彦が突然苦しみながら奇声を上げだしました!」

先生「円谷君、どうしたんだ!?とりあえず保健室に行きなさい」

光彦「くぁwせdrftgyふじこlp」

コナン(とっさに光彦の腎臓を片方売ったおかげで光彦が早退しそうだ。これであいつもゆっくり休める)


13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/03(水) 00:40:37.994 ID:iuK16bAK0.net
ひでえwwww


14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/03(水) 00:43:16.564 ID:PRxUqegy0.net
歩美「光彦のやつ、突然奇声を上げて気持ち悪い。氏ねばいいのに」

源太「鰻重」

コナン「まあもういなくなったしいいだろ」

灰原「ちょっと工藤君、その手元にある札束は何なの?一体どこからそんな大金を……」

コナン「いや、別に何か悪いことをして手に入れたわけじゃないぜ?ちょっと光彦の血液と腎臓を売っただけだ」

灰原「円谷君の様子がおかしいのはまたあなたの仕業だったのね!」

コナン「やべっ」

灰原「円谷君の臓器を売買するスイッチ?あなた何て事をしたの!?」

コナン「待て灰原、これには深い訳がある!」


15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/03(水) 00:47:40.498 ID:PRxUqegy0.net
コナン「この世界は不幸に満ちている!」

灰原「?」

コナン「世の中には貧困で飢えに苦しむもの、生まれつきや不慮の事故で不自由な生活を余儀なくされる人も大勢いる」

コナン「俺は光彦の臓器を世界の不幸な人々に提供する。さらにそれで手に入れたお金を貧困で苦しんでいる地域に寄付するんだ!それがこのスイッチを託された俺の使命!」

灰原「工藤君……」マンコジュワー


16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/03(水) 00:48:02.543 ID:iuK16bAK0.net
なぜなのか


17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/03(水) 00:53:08.438 ID:PRxUqegy0.net
灰原「……ハッ!いえいえ、おかしいわ!円谷君の命を何だと思ってるのよ!」

コナン「じゃあお前は光彦の命を何だと思ってるんだよ」

灰原「え?な、何を訳のわからない事を……」

コナン「だから、光彦の命に何の価値があるのかって聞いてんだよ!!」

灰原「!!!!!!」


コナン「みんな平等、一人一人に価値がある、残念ながらそんなのものはまやかしだ」

コナン「光彦一人の命で多くの人が幸せになれるなら、俺は喜んで悪魔になるぜ」

灰原「そこまでの覚悟があったなんて……」


18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/03(水) 00:58:33.118 ID:PRxUqegy0.net
歩美「やっとお昼ご飯の時間よ!」

源太「鰻重!鰻重!」

歩美「ちっ、うるせえなこのイベリコ豚 (もう~、源太君そればっかり!)」

光彦「た、ただいま戻りました……」

コナン「み、光彦!?なぜ早退していないんだ!?」

光彦「痛みはもうおさまりました。心配してくれてありがとうございます……」

コナン「バーロー!そんなヤワなことじゃねえだろ!腎臓がなくなってるのに、早く早退しなきゃ良くなんねえだろ!」

光彦「え、腎臓?どういうことですか?」


19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/03(水) 00:59:40.226 ID:9qfidrCk0.net
しまった!


20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/03(水) 01:08:12.984 ID:PRxUqegy0.net
コナン「あっ、いや、だからさ、そんなに体調が悪いとあれだろ?頻尿なんじゃないかな~って」

光彦「そうなんです。あの激痛のあと、頻繁にトイレに行きたくなるんですよ」

源太「うなうなうなうなうなうなうなうなうなうな」

灰原「今日の給食は鰻重じゃないわよ!トムヤンクンよ!」

光彦「トムヤンクンは僕の大好物です!これを食べればきっと元気になりますよ!」

コナン(早退して休めばいいだろ……)


21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/03(水) 01:15:15.480 ID:PRxUqegy0.net
先生「さあみんな一緒に!せーのっ」

一同「「「うな「いただきまーす!」」」」

歩美「トムヤンクンおいしい!刺激的な辛味が舌を蹂躙していくわ!」

灰原「これは水無しじゃ完食できないわね……」

源太「鰻重鰻重鰻重鰻重鰻重鰻重」

光彦「よーし!僕も食べますよー!」

コナン(このままじゃ光彦が……!そうだ!)ポチッ


22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/03(水) 01:21:59.499 ID:PRxUqegy0.net
光彦「いただきまーーす」ドボボボボ

光彦「ひぎゃァァァァァオォゲェェォォァァァーーーーくぁwせdrftgyh」

灰原「工藤君?!今度は一体何を……」

コナン「すまない、危うく光彦がトムヤンクンを食べるところだったから胃袋を売っちまった」

灰原「何ですって!?あまりにも酷い仕打ちよ!」

コナン「大丈夫だ。今のでポリオワクチン3000万本分の金を稼いだ」

コナン「それより先生!早く光彦を早退させてあげてくれ!」

先生「円谷君、とりあえず保健室に行きなさい」


23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/03(水) 01:26:13.958 ID:PRxUqegy0.net
歩美「トムヤンクン食べた後の体育はきついわ吐きそう」

灰原「そうね。しかもよりにもよって持久走だなんて……」

源太「八目鰻」

コナン「俺は瞬発力増強シューズを履いてるから楽々なんだけどな!」

光彦「頑張ります……よ……」

コナン「!?」


24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/03(水) 01:31:09.341 ID:PRxUqegy0.net
コナン「お前何で早退してないんだよ!早く胃袋のドナー見つけないと一生点滴生活だぞ!?」

光彦「?よく分かりませんがこの授業は落とせません……持久走の成績はかなり響きますから……」

コナン「……分かった。ただし、絶対無理はするなよ」

光彦「分かってますよ……」

コナン(光彦、俺は何が何でもお前を早退させてやる!)ポチッ


26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/03(水) 01:43:20.055 ID:PRxUqegy0.net
光彦 「」コヒューコヒュー

灰原「円谷君、随分苦しそうだけど、大丈夫かしら」

コナン「まあ血液1リットル抜いてる上に片側の肺も摘出してるからな」

灰原「!?そんな状態で持久走なんてしたら……!」

コナン「ああ、間違いなくぶっ倒れちまう」

コナン(けど、そうなったらあいつは早退せざるをえないはずだ)


28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/03(水) 02:07:04.006 ID:LXvT9Pcq0.net
見てるぞ
おもしろいから続きはよ


29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/03(水) 02:08:54.968 ID:PRxUqegy0.net
ありがとう


30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/03(水) 02:12:51.758 ID:PRxUqegy0.net
光彦「3000m……走り……ヘッ、切った……」

灰原「11分ジャスト、アベレージ44秒。信じられない速さね……」

コナン「おい光彦!しっかりしろ!もう早退したほうがいい!」

先生「今日の授業はこれで終わりだ。それでは、解散!」

コナン「」


31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/03(水) 02:21:21.596 ID:PRxUqegy0.net
その後もコナンは光彦の臓器を売り続けた。世界中の子供達を救うために。そしてついに……。


コナン「光彦、聞こえるか」

光彦「どうして……こん…な……」

コナン「今まで隠していたけど、俺はお前に黙って両目、片肺、腎臓、肝臓、血液、髄液、頭蓋骨を売ってしまった」

コナン「だけど安心してくれ。俺は1円たりともお前の命を無駄なことに使ったりしてないぜ」

コナン「今回お前にこのことを打ち明けたのには理由がある」


33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/03(水) 02:25:39.117 ID:PRxUqegy0.net
コナン「これ以上お前の臓器を売ってしまうとお前の生命維持が本格的に無理になってしまう」

コナン「これ以上お前を苦しめることになるのは不本意だ。今まですまなかった……ありがとう」

光彦「じゃあ……ぼくはやっと……解放されるんですね……」

コナン「そう、お前はもう苦しまずに済む。魂は肉体から解放される」

光彦「……え?」


34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/03(水) 02:31:38.308 ID:PRxUqegy0.net
コナン「今回このことをお前に打ち明けた訳は他でもない……光彦、心臓を売ってくれ」

光彦「な、なにいってるんですか……コナン君……?」

コナン「若い子供の心臓は特に高値で取引されてるんだ。でもそれを取り出すと光彦は間違いなく死ぬ」

コナン「その弱った体じゃ人工心臓でも永くは持たない……光彦、世界のために死んでくれ」

光彦「ふ、ふざけないでください……」


35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/03(水) 02:40:01.590 ID:PRxUqegy0.net
光彦「僕が今までどれだけ苦しんできたかコナン君にわかりますか……?
トムヤンクンで体内を灼かれ、光を、酸素を、健康を奪われ……毎日が地獄でした。内臓が摘出される度に、僕は内側から何十本もの針を突き刺されるような痛みを味わってきたんです……僕に一体何のうらm」ポチッ

光彦「ゴボッゴボボボボ」

光彦「」

コナン「光彦、お前はすげえよ。最後まで独りで頑張った。来世は健康な体に生まれ変われよ……またな!」


36: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/03(水) 02:48:17.285 ID:PRxUqegy0.net
LAN「新一、いいの?こんな高そうなダイヤの指輪なんて」

コナン「バーロー、金なら掃いて捨てるほどあるから気にしなくていいんだよ、LAN!」

コナン「それにしても、こんな大金使い切れる気がしないぜ。光彦様々だな」

灰原「あなた、円谷君の臓器売買金は寄付するじゃなかったの?」

コナン「バーロー!寄付するとは言ったけど全額寄付なんて一言も言ってないぜ。
それに光彦に金はやましいことには1円も使ってないとは言ったが、確かにあの時までは使ってなかったから嘘ではないぜ?」

灰原「……あなた、最低ね」

コナン「そんなこと言ってお前もその金で散々いい思いしてきただろ?同罪だぜ?」

灰原「…………っ」


37: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/03(水) 02:49:51.781 ID:PRxUqegy0.net
光彦の臓器は世界中の人々に移植された。光彦は今も人々の身体に宿り、魂は生き続けるだろう。


少年「……コナンクン」


おわり
https://www.kango-roo.com/sn/a/view/1308


38: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/03(水) 03:11:59.999 ID:16ldVgpG0.net


引用元: 博士「できたぞ新一!光彦君の臓器を遠隔売買できるスイッチじゃ!」

  • mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
今話題の記事をピックアップ
おすすめ記事紹介
サイト内

おすすめサイト新着