ca563457




1
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/07(日) 19:29:15.22 ID:FgfoFfQq0
ある男が弁護士に離婚の相談をした。
「どうして結婚されたのですか?
「一人で洗濯したり食事したりするのに飽きたからです」
「ではどうして離婚するのですな?」
「さっきの理由と全く同じです」


2以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/07(日) 19:30:25.61 ID:FgfoFfQq0
裁判で弁護士が証人を責めたてた。
「あの夜、確かに犯罪を目撃したと言っていたが、あなたは夜の暗がりでどの位見えるんです?」
「月まで何キロあります?そこまではみえます」


3以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/07(日) 19:32:17.73 ID:FgfoFfQq0
「ウソ発見器を知ってるかい?嘘をつくとたちまち分かってしまうらしい」
「知ってるかって?おれはそういうのと結婚して毎晩一緒に寝かされてるよ」


7以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/07(日) 19:36:14.99 ID:FgfoFfQq0
行き遅れの年増女が言った
「私の若い頃を思い出すだけで腹が立つわ」
「何かあったの?」
「何もなかったのよ」


8以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/07(日) 19:36:22.46 ID:x4CfKRkp0
良いお知らせがありますミセスなんちゃら
失礼ですけど私はミスなんちゃらです
でしたら悪いおしらせがあります


15以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/07(日) 19:41:59.08 ID:ORf5jd8uO
>>8
これ面白いな


34以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2012/10/07(日) 19:56:26.92 ID:9rozNeaxi
>>8
頭のいい人意味教えて


35以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/07(日) 19:57:40.47 ID:6nCom3lL0
>>34
妊娠


9以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/07(日) 19:37:28.92 ID:FgfoFfQq0
メアリーは母親に嬉しそうに言った
「今日ね、男の子が木にボールが引っかかったから取ってって言われたの。
私、木登り上手だから取ってあげたの。
男子ったら口をあけて見上げるだけでなにもできなかったのよ!」
母親は言った
「いいこと、メアリー。男の子はあなたの下着を覗いてたのよ。
もうそんな事やっちゃいけませんからね」

次の日にまたメアリーが嬉しそうに言った。
「また男の子のボールを取ってあげたわ!」
「まぁ!あなた、また下着を覗かれたわよ!」
「そうだろうと思って今日は下着をはいてなかったのよ!」


14以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/07(日) 19:41:16.92 ID:AZKO73Za0
おもしろいなもっと貼って


18以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/07(日) 19:42:49.98 ID:FgfoFfQq0
「どうしたの?考え事?」

「いや、ちょっとさ」

「ふーん…話し変わるけどさ、髪薄くなった?」

「話変わってねーよ」


25以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/07(日) 19:48:56.26 ID:FgfoFfQq0
「うわぁ!熊だ!!逃げろ!!」
「待ってくれ、まだ靴を履いてないんだ」
「お前アホか!?靴なんか履いても熊にかけっこじゃ勝てないぞ」
「ああ、だけど君には勝てるだろうさ」


29以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/07(日) 19:52:16.48 ID:FHL0+ceS0
飛行機で隣にたまたま座ったイギリス人とインド人
インド人は疲れていたので眠りたかったがイギリス人は相手が自分より愚かなのではないか、
とみくびって、あるゲームを持ちかけた。

英「僕が君に問題を出す。君が答えられなかったら僕に5ドル払う。」
インド人はちらりとイギリス人を一瞥し、シートを倒して毛布をひきあげた。
英「オーケー、オーケー。じゃあこうしよう。君も僕に問題を出す。
僕が答えられなかったら君に50ドル払う。」
インド人は渋々肯いた。
英「じゃあ僕から。地球から月までの距離は?」
インド人はイギリス人に5ドル渡した。
今度はインド人の番だ。
印度「山に登るときは3本足。降りるときは4本足の動物は?」
イギリス人は2時間ほど考えて悔しさと怒りに打ち震えながらインド人に50ドル渡した。
英「で、答えはいったい何なんだ?」


インド人は黙って5ドルを渡した。 .


33以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/07(日) 19:55:40.72 ID:FgfoFfQq0
ボブは念願の独立を果たし、事務所を構えた。
初日、自分の机でにんまりしていると、初めての客が来るのが見えた。
ボブははったりをかまそうと、電話で商談をしているフリをした。

「かしこまりました。では500万ドルは前金として早速振り込みます。
 商品が届きましたら残りの500万ドルを。では失礼」

ボブはうやうやしく受話器を置くと、客に向かって言った。
「お待たせしました。ご用件は?」
すると客が言った。

「電話の開通工事に来ました」


37以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/07(日) 19:59:52.02 ID:FgfoFfQq0
真面目な警官ボブは、猛スピードで走り抜けようとしたスポーツカーを停止させた。
中からでてきたのは、車同様真っ赤なドレスに身を包んだタカビーな感じのブロンド
「免許証をお見せください」
「まあ!ロサンゼルス市警ってなんていいかげんなの!
大体、やってることに一貫性がなさすぎるわよ。
昨日は免許証を取り上げたくせに、今日は免許証見せろだなんて!」


39以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/07(日) 20:01:30.64 ID:FgfoFfQq0
男たちは、4人の女性ダンサーを招いた。
1人目のダンサーがステージに立ち、そのままひと踊りすると、
男たちは喜んで5分間ほど拍手した。
次に2人目のダンサーがステージに立ち、服を脱いで下着姿で踊ると、
男たちは大喜びで10分間ほど拍手した。
更に3人目のダンサーがステージに立ち、パンツ一丁のトップレスで踊ると、
男たちは熱狂的に拍手し、当分の間収拾がつかなかった。
最後に4人目のダンサーがステージに立ち、素っ裸で踊ったが、
男たちはまったく静かで拍手はひとつもなかった。

4人目のダンサー:「ちょっと!どうして拍手しないのよ?」
男たち:「片手じゃできないよ」


49以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/07(日) 20:11:37.36 ID:FgfoFfQq0
「残念だがいいニュースと悪いニュースがある。まず、お前の奥さんが交通事故で亡くなった」
「本当か!じゃあ悪いニュースってなんだ!?」


52ゴッドエックス ◆GODXuUe.0A []:2012/10/07(日) 20:12:30.17 ID:R1OVyZn80
>>49
いいニュースなのかよ…


53以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/07(日) 20:13:21.80 ID:FgfoFfQq0
ジョージ・ブッシュが死んで天国の門番のところにやってきたそうだ。
そこで、門番にこう言われた。
「お前は本物のジョージ・ブッシュか?ならば、証拠を見せよ。
アインシュタインがここにやって来たときは、相対性理論について語ってくれた。
ベートーベンが来たときには、ここで運命を演奏してくれた。さて、キミは何をする?」
ブッシュはしばらく考えてこう言った、
「ええっと、アインシュタインとベートーベンっていったい誰ですか?」
すると門番は言った、
「確かにキミはジョージ・ブッシュだ!疑って悪かったな。さあ、ここを通れ。」


62以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/07(日) 20:19:10.44 ID:B/6ZTHEi0
ジョン「やぁボブいいニュースと悪いニュースがあるんだがどっちを先に聞く?」
ボブ「なんだいジョンあらたまって。そうだなじゃあいいニュースから聞こうか」
ジョン「OK君から借りた自動車のエアバック壊れてなかったよ」


89以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/07(日) 20:37:16.74 ID:M4sgc8VJ0
>>62
これ好き
http://amazon.co.jp/o/ASIN/4772704191/


64以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/07(日) 20:20:21.39 ID:WpmCXozD0
「ようやくワイフと別れることが出来たよ」
「HAHAHA、あの強情な女、ようやく判を押したのかい?」
「いや、背中を押してあげたのさ」


72以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/07(日) 20:25:43.58 ID:FgfoFfQq0
教会での結婚式に参列していた小さな男の子が小さな声でママに訪ねた。
「ママ。あの女の人ドレスはどうして白いの? 」
「白いウェディングドレスは,幸福の色なのよ。 人生で一番幸せな日に着るのよ 」
「フーン 」
男の子はしばらく考えて,また聞いた。

「じゃ,ママ。なんで隣の男の人は黒い服を着てるの? 」


80以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/07(日) 20:29:20.19 ID:FgfoFfQq0
トニー・ブレアとジャック・シラクとジョージ・ブッシュがある研究所に集められ
ウソ発見器にかけられることになった。研究者が3人に言った。
「この椅子に座って日頃から考えていることを自由に喋ってください。
もしそれが嘘だったら、ビーッと音が鳴ります」

まず初めにブレアが装置を頭に付け、椅子に座った。
ブレアは言った。
「私はいつも考えています。イラクに真の平和が訪れればいいなと」
「ビーッビーッ」

次にシラクが座って喋り始めた。
「私はいつも考えています。イラクが豊かな国になって繁栄すればいいなと」
「ビーッビーッ」



最後にブッシュが椅子に座って喋り始めた。
「私はいつも考えています」
「ビーッビーッ」


88以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/07(日) 20:36:27.37 ID:FgfoFfQq0
運悪くミケノビッチは10キロオーバーで検問につかまってしまった。
警官がミケノビッチに違反切符を切ろうとした時
後部座席の女性がカン高い声でわめきだした。
「いわないことじゃない。まったくアンタったら!
ブレーキは遅い。曲がるところを曲がり忘れる。
ノロノロ運転してアタシがさんざん急げって言ったら
今度はスピード違反でつかまるなんて。
あんなに気をつけろって言ったでしょ!ええ?聞かなかったの!」

「このご婦人はどなたですか」警官は聞いた。
「私の家内です」観念したミケノビッチは答えた。

「なるほど。よろしい。もう行って結構です」警官は言った。
「これ以上 罰を受ける必要はないでしょうから」


99以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/07(日) 20:45:04.58 ID:w+AosszM0
どれも好きなやつばっかだ
続けたまえ


102以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/07(日) 20:46:16.95 ID:FgfoFfQq0
とある男がハエに芸を仕込んだ。
そのハエは賢く、ありとあらゆる芸を覚え、一攫千金も確実と思われた。
男はハエを見せるために、とある酒場へ向かい、マスターの前でハエの芸を見せる事にした。

「おい、マスター。このハエをみな」
マスターはハエを見ると
「おっと、すみませんね旦那」とたたきつぶした。


103以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/07(日) 20:47:09.64 ID:FgfoFfQq0
息子「お父さん。酔っぱらうってどういうこ となの?」

父親「うーん、説明しづらいんだけど、例えばそこにグラスが2つあるだろう。 それが4つに見えたら酔っぱらっているということだ」

息子「でもお父さん。グラスは1つしかないよ?」


104以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/07(日) 20:47:43.80 ID:39wUQxvb0
この手のサイトはいくらでもあるだろうが、>>1が選抜センスは最高だな
全部おもろいわ







元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1349605755/
  • mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
今話題の記事をピックアップ
おすすめ記事紹介
サイト内

おすすめサイト新着