イベントレポート】
メンタルトレーナー・久瑠あさ美  ×コクヨ 
なりたい自分になる! 手帳術ワークショップ

 

・・・扶桑社 取材記事より・・・

 

人気メンタルトレーナー・久瑠あさ美さんの最新刊『未来を動かす手帳術』発売を記念して、
老舗大手文具会社コクヨが提案するライフスタイルショップ&カフェ
THINK OF THINGS(シンクオブシングス)」にて、
同書で紹介している手帳術を体感できるワークショップが開催されました。

 
DSC00334
 

コクヨといえば、毎年の手帳ラインナップでも人気の商品
「キャンパスセパレートダイアリー」で久瑠あさ美さんとコラボレーションしていることでも話題です。

 

普段は久瑠あさ美さんのセミナーに参加しなければ学ぶことができない、
「1年後の自分を変える」セルフ・メンタルトレーニングメソッドを体感したいと、
会場いっぱいに参加者が集まりました。

 

 DSC00361

 

ワークショップはまず、「潜在意識」とは何か?というレクチャーからスタート。

久瑠さんいわく、「今の自分を変えたいのに変えられない」原因は、
人の心の
90%以上を占める「潜在意識」を変えられていないことだそう。

 

この潜在意識にアプローチし、行動変革を起こしてしまうのが久瑠式メンタルトレーニング、というわけです。

 

 

では、手帳を使ってどのように自分の潜在意識にアプローチしていくのでしょうか?

 今回、手帳術ワークショップで取り上げられたのは、「マンスリーページの書き方」。

 
DSC00451

多くの人の手帳は、
「予定=やらなければならないこと(
have to)」で埋められているのではないでしょうか。

 

しかし、「〜しなければならない」と頭で考えながら行動していても、
10%未満の「顕在意識」の範囲を超えられず、大きな成果を出すことが難しくなります。

それどころか、予定が近づくにつれて「うまくいかないかもしれない」
などネガティブな感情も生まれ、
90%の潜在能力を発揮することなど夢のまた夢。

 DSC00388

このように、手帳の上で予定に縛られることで、
自分の潜在能力も縛ってしまっている人がほとんどなのです。

 

久瑠式手帳術の大きな特徴は、
「やらなければならないこと」を黒字で書き込んだら、
その下に「未来の感情記憶」も一緒に書き込むという点。


 DSC00404

 

たとえば、プレゼンの予定があるなら、その下に赤字で「聴く人を感動させ、
チームメンバー全員から感謝され、達成感で満たされる」など。

 

妄想でもOK!「未来の自分が、こうありたい」
というイマジネーションを強く働かせ、
その感情を紙に落とし込むのです。

 

毎日、予定の多さにゲンナリしてしまっていた手帳も、
未来の感情記憶を書き込むことで、
開くたびにワクワクするものに変わります。

 

そして、予定から逆算して事前準備にも
前向きに取り組めるようになればしめたもの。

 

成功するイメージトレーニングがばっちりできている状態で当日に臨めるので、
本当にプレゼンがうまくいく、ということが実際に起きてしまいます。

 これこそが、「手帳を使って潜在能力を発揮する」ということなのです。

 

DSC00445

 参加した人からは、
「長い間婚活をしていたが、久瑠式手帳術を実践してみたら、
1か月でとんとん拍子にうまくいった」という実体験が飛び出しました。
「未来を動かす手帳術」にも登場されている塾生さんの方々は、
実際、そういったことは日常的に自ら起こせるようになれる!と断言されていたことと重なって、
本当に起こることなのだと改めて感動!しました。
DSC00496


久瑠先生のマインド塾生さんたちは、
「起業に向けて準備を進めているが、感情記憶を書き込むことで、
 うまくいくイメージを体感として摑むことができた。
それにより未来を動かすという感覚を習得できている」
といった感想も聞かれました。
 DSC00399

 
「実践するだけで変わるなら今日から始めていきます!」
「書いていくと不思議とブロックが外れていました」
「今日はじっくり自分のマインドと向き合えました」
と参加者の皆様の笑顔がとても印象的でした! 


今回の盛況を受けて、
来年
2月、6月にもフォローアップセミナーが予定されているとのことなので、
気になる人はぜひチェックしてみては。

 

手帳のマンスリーページだけでなく、
ウィークリーページやフリースペースも駆使したメソッドや体験談と、
成功実例が満載の『未来を動かす手帳術』は、

扶桑社から好評発売中です。

 


 
『未来を動かす手帳術』扶桑社