ごきげんよう!(挨拶)

先週は超~………久しぶりに高熱を出して寝込んでました。
体は動かないわ食欲は出ないわで散々でした。健康のありがたさを改めて実感…。
熱は1日で下がったのでよかったです。これからは体調管理にも気を配らねばっ!


【第3話の感想をちょっとだけ】
先週はトッキュウジャーの感想をだらだら書いてたので、Goプリ第3話の感想をちらっと。
まぁ、あれです。あれが一番印象的でした。

3  3
 ▽
ハルカチャーン


↑ゆいちゃんがメガネ外した時の顔www
なんやねんその顔!可愛いからいいけど!!


【天ノ川さん可愛い( *´艸`)】
小学校の時からモデルとして活躍してるきらら。
とても中学生の風貌とは思えないです。大人っぽい!
彼女が表紙を飾っている雑誌には、はるか達が必死に探していたパフュームが写っていました。

パフューム自体が可愛いフォルムをしているので、アクセントに添えるのもいいですねー(*´ω`)

雑誌のきららちゃんのページをよく見てみると、「fairy drop」の文字が…
あの店は全国展開してるのかな??


【本人に直接聞いてみよう】
はるかはきららが同じ中学に在籍していることを知らなかった様子。
入学式で名前の点呼の時に気付きそうだけどなーと思ったんですが、はるかは入学式に遅刻してたんだった…。

パフュームについて本人に確かめるべく、きららに話しかけるみなみ先輩。
しかしそんなみなみ先輩にきららは

しつこいんだけど

ま さ か の 失 言 ! ! ! 

きららの発言にざわつくクラスメイト達。
みなみ先輩、さすがに激昂するかな?と思われましたが、大人の対応してましたね。
これがかれん先輩だったら「ちょっと、先輩に対してその態度はないんじゃない!?」とキレてるところだった(*´з`)

放課後にまた来るね~と約束したはるか達。
放課後になりきららのクラスに行きましたが、彼女はすでに帰宅済み。
どうやら学校が終わったら夢ヶ浜の街に出かけているようです。

な、なんという自由人…。
自分の時間を邪魔する人には辛辣な言葉を投げつけ、
約束したにも関わらずそれを破りどこかへ行ってしまう…。
こういうキャラ、プリキュアでは結構珍しいです。というか、見たことないです。
いいじゃないですか…(*´ω`*)
というか、私もはるかのことをはるはるって呼んでもいいですか(^◇^)


【ついでに街を探検してみよう】
夢ヶ浜の街には初めて行くはるか。
ここでのポイントはドーナツですよ!ドーナツ!
マジ美味しそう…(*´Д`)ジュルリ
ちょっとミスドに行きたくなりました。

ドーナツを食べたことがないみなみ先輩。
ドーナツを食べた時のみなみ先輩の表情がとても良いです!
家では伊勢海老とか高級食材とかしか食べてなさそうだもんな~。


【きららちゃんがいた】
そんなこんなで夢ヶ浜を満喫していたら、きららを発見しました。
モデルのお仕事中のようです。

小学生や中学生の時から働く人を見ると、単純ですが「凄いな~」と感心してしまいます。
自分が中学生の時に仕事なんて…とてもできる気がしません。

そんな中、連敗街道まっしぐらのクローズさんが登場。
3人目のプリキュアを誕生させるわけにはいかないと、ゼツボーグを出して襲い掛かってきます。

クローズさん、まさか第1話の時から敵基地に帰ってないのかな…。
顔は怖いですが、愛嬌があって好きです。
なんか彼の声、ゲーセンでよく見かけるゲームのナレーション?の声に似てる…。
赤緑青の3つのボタンを連打するやつ…(名前がわからない)


【とりあえず敵はさくっとやっつけました】
プリキュア状態ではありますが、やっときららと話すチャンスができた2人。
パフュームはどうやら楽屋に置いてあったようです。

砂浜に落ちていたパフュームがどうやって楽屋にたどり着いたのか…

予想▼
①パフュームが自らの意思(?)でプリキュアの資格がある人の元に飛んでった
②カナタ王子がこっそり楽屋に置いてった
③ジョー岡田がこっそり楽屋に置いてった
④神がこっそり楽屋に置いてった

個人的には③を推したいです。

パフュームを持ってると危険な目にあうならいらないと、フローラにパフュームを手渡すきらら。
なかなかこの娘は手ごわいぜ…!


【夜はファッションショーに出るよ】
無事に3つ目のパフュームははるか達の手に戻ったわけですが、きららがプリキュアに違いないと断言するはるか。
もう一度彼女と話をするべく、彼女が出演するファッションショーに行ってみることに。

夜の外出許可をもらう、というのがいかにも寮生っぽい…!
プリキュアでこういうシーンが出るのは新鮮。やばいGoプリまじで面白い…!

一方きららはメイク中。
メイクボックスに視線を移すと、そこには黄色のドレスアップキーがありました。

ふ、不意…!
何でそんなところにあるんだ!?
みなみ先輩が海辺でドレスアップキーを拾ったので、きららは星空の下で拾うのかなーとか思ってたんですが、
普通のメイクボックスの中に入っていてちょっと興ざめでした。

ファッションショーに出演するきららがこれまたカッコ可愛い(*'ω'*)

15分の休憩が入り、きららにドーナツの差し入れを渡すはるか。
ドーナツを見て目を輝かせるきららがめっちゃ可愛かったです(小並感)
さり気にお茶を買ってはるかに渡すきらら。大人の対応ですな~。
というか、あの鞄の中によくドーナツの箱が入ったな…。自分だったら箱の角とか潰しそう。


【わたしの夢】
モデルとして大成するのがきららの夢。
学校でそっけない態度をしていたのも、今日のファッションショーについて考えていたため。

話してみると、意外に親しみやすい印象のきらら。
別にあえて人を避けてるわけではなさそうです。こうしてると普通に可愛い女の子だ|д゚)

ここのシーンでちょっといいな~と思ったのが、はるかがきららに自分の夢を伝えようとしたシーン。
最初は恥ずかしくて言えなかったのに、堂々と「プリンセスになること!」と言えるようになった姿に感動しました。
まだ4話目ですが、はるかも随分成長したもんだ…(感涙)


【なんか出た!】
絶賛4連敗中のクローズさんが再び登場。
何度負けても立ち向かう彼のポジティブシンキングが地味に好きですw
ゼツボーグの出現で、ファッションショーはめちゃくちゃに。
それに怒ったきららが生身でゼツボーグに立ち向かいます。

きららがクレーン車を操縦してゼツボーグに布をかぶせるシーンに脱帽。
おそらく今まで触ったとこのない乗り物をいとも簡単に操るとは…。
みなみ先輩は努力の塊に見えましたが、きららは反対に才能の塊に見えます。(きららも相応の努力はしてると思いますが)
この両極端な感じ、いいですね(何が)

夢を熱く語るきららに反応し、ドレスアップキーが光り輝く!
ファッションショーの邪魔をしたゼツボーグに一泡吹かせるため、きららが満を持してキュアトゥインクルに変身!

お…おおぅ…おおおぅ…
さすが安定と信頼の黄色バンク、あざとい!とてもあざとい!
でも可愛い!!!
足をトントントンとリズムよくステップするところとか、髪の毛がふぁさって伸びてから振り向くところとか、
一つ一つのシーンがとても可愛らしいです(*´Д`)

お覚悟はよろしくて?の時に一瞬見せるジト目も癖になります(え)
トゥインクルに睨まれたい(重症)


【星空の元、戦闘開始!】
華麗の一言ですなー!
ちょっと必殺技がえぐかったような気もしますが(汗)
普通なら敵を真っ二つにする技だよね、あれ…。
もうちょっと戦闘は派手でもよかったかな。


【きらら@がんばらない】
これで3人のプリンセスプリキュアが揃った!
俺たちの戦いはこれからだ!

と思いきや…

き ら ら が ま さ か の パ フ ュ ー ム 返 上 

おま、変身までしておいてパフューム返上とか…
本当に彼女は今までのプリキュア達と比べると変化球すぎて、行動が読めません。

モデルの仕事が忙しすぎて、プリキュアやってる暇なんてないよ!とのことです。
きららは一度、うららやまこぴーとお話するべきだと思うんだ。
はっ!今文字にしてみて気づきましたが、きららとうらら、名前が似てますね!(どうでもいい)


【次回はお仕事体験】
モデルがどれだけ忙しいのか体験してみればいい!
ということで、はるか達がきららの仕事を体験するようです。
あぁあれか、クマの着ぐるみ来てポーズとかとるのかな…(多分違う)

オールスターズの映画の宣伝も流れてました。
今回は歌中心のようなので、ストーリーはそんなに凝ってはいないのかな。
NS3まだ見れてないや、ハピプリの劇場版のDVDを見る前に見とこうかな……


【個人的に気になる人】
OPで出てたバイオリン弾いてる人、あの人が気になります!
なんかカッコ良いじゃないですか!
ハピプリのファントムポジションなのかな?
早く本編で動いたりしゃべったりするところを見てみたいです(*ノωノ)
とはいえ、まだ3幹部も全員登場していないので、出番はもう少し先ですかね……


それではみなさん、ごきげんよう!





【おまけ:ニンニンジャーの感想をちょっとだけ】
つかみは中々良かったんじゃないでしょうか(小並感)

赤と白の人の演技が少々棒だったのが気になりましたが、それは今後成長するから大丈夫…でしょう!
あとは、赤の人が騎乗するロボットみたいなやつが小走りするウルトラマンに見えて爆笑してましたw
青の人のドラゴンとかは普通にかっこいいのに、赤だけ妙にカッコ悪くて可哀想…。

EDのダンスは結構好きです。
視聴者のダンスムービー募集とかするのかな。




それではみなさん、今度こそごきげんよう!