少し前のアオさんのブログ・・・・
そして先日のちょびさんのブログで、心無い大人の発言の事が書いてあった。

特にちょびさんのブログに書かれてた人の発言には閉口した

世の中には色んな人がいる・・・・
それと同じように色んな犬もいる・・・・

何が言いたいのか・・・
タイトルと、内容が合ってないと思うでしょ??
言いたい事は、1つ

もしかしたら・・・・
将来クルミもこういった心無い人に、心無い事を言われることがあるかもしれないから・・・

なので、そうなる前にクルミの事を書かせていただきます。。。

話しはクルミが産まれた直後の事・・・・・

―――――――――――――――――――――――――――――――――

当時、私は昼と夜が反対の運行スケジュールでした。
クルミままの産後は、お昼頃に起きて病院へ行き、そのあと仕事へ・・・
といった感じ!!

普通であれば、産後1日ほどで赤ちゃんは母親と同室・・・
となるはずが、クルミは体温が上がらず保育器の中!
でも、特に心配もせず
『そのうち、同室になれるよ』
と、2人で話していました。

img0181















産後3日目!!
午前中にクルミままから携帯へ電話が・・・・
「今すぐに病院へ来て!!先生が話しがあるんだって・・・」
と言われ、急いで支度をして病院へ
先生の元へ行くと
「ミルクも飲まず、体温も上がらない・・・
 明らかに様子がおかしいので、大きな病院へ搬送させます。」
との事・・・・・

救急車が呼ばれ、市民病院へ・・・・
当然、産後すぐのクルミままが付き添えるはずもなく私が・・・・
市民病院へ着くとCTやらMRIやら撮影!!
1、2時間ほど待たされた後、看護師さんに呼ばれ先生のところへ案内される。
中に入ると3人もの医師が・・・・・
小児科の医師が1人
脳外科の医師が2人・・・

開口1番
『脳の中で出血しています。』

・・・・・え???????

『ここに見える黒い影・・・・・これがそうです。』

CTの画像を見るとかなりの広範囲!!

『頭蓋骨の固まっていない新生児だから、まだ生きていられる・・・
 成人ならとっくに亡くなっています』
と言われる。

「手術すれば助かるんですか?」
の問いに
『何とも言えません・・・・』
『仮に成功したとしても、かなりの確率で障害が出る事も考えられます。』

「では、このままなら??」
と聞くと、

『何日持つか・・・と言ったトコロでしょう!』

『奥様と相談して、早急に決めてください』
と言われ、急いでクルミままのいる病院へ戻る・・・・

医師から言われた事をそのまま伝え、出した結論は・・・

『できるだけのことはやってみよう!』

手術して助からなくても、それがこの子の運命!
障害児となっても、クルミはクルミ・・・
(この時はまだ、クルミ・・・と名前は決まってなかったけど)

産婦人科の先生にも事情を伝えると、
『安産だったのになぜ???』
と言いながら、
『心配だろうから、子供のところへ・・・
 体調が悪くなったら、すぐにそこの産婦人科医に言うように』
と言われ、産後すぐのクルミままの外出を許可してくれた。

市民病院へ戻り、先生に手術をして欲しい旨を伝えると
『ウチの病院よりも、A病院の方が症例数も多く
 ドクターの腕も確か・・・』
と言われたので、
『では、その病院で』
とお願いし、すぐに連絡を取ってくれ、医師の付き添いで再び救急車で搬送!!

A病院の医師に手術の内容、危険性などを説明され
同意書を書くとそのまま手術へ・・・(一刻を争うので・・・)

内容
手術で脳の外側の出血を取り除き、脳内の圧迫を無くしてあげること!
内部の出血は手が出せないのでそのまま・・・

内部の出血は体内に吸収されるかも・・・とのこと

危険性
術中に死亡する可能性があること!
成功しても、障害が残るかもしれないこと!


ただ、障害に関しては
新生児である為、もしかしたら脳の他の部位が補ってくれることもあるらしい・・・
(成長してみないとなんとも言えない・・・)

そして、4時間もの手術を終え、先生に呼ばれると
『手術は成功しました!!
 ただ、脳の一部が壊死していたため、切除しました』
とのこと・・・・
『術後の合併症の危険もありますが、ひとまずは安心です。』

ほっと、安堵の息・・・・
面会が許されたので、まだ名前も決まっていない我が子と面会!!
img0261















鼻からチューブを通され、頭の頭巾が痛々しい・・・・


img0271
















時々、ゆがめる顔が・・・・
img0351
















できるなら、代わってあげたかった。。。


でもその後は、順調に回復!!
何日かすると大きな頭巾は取られていた・・・
img0371















img0401
















↓ このあたりで、デジカメを購入!!
img0531

















もちろん、いつどうなるか分からないクルミの写真を
沢山残す為に・・・・・


術後3日目!!
だいぶしっかりと私たちを見つめてくれます。↓
img0591















img0711

















↓ さらに日にちが経つと、小さなテープのみに・・・
img0981

















その後、いったん発熱してしまい保育器の中へ戻ってしまったが、
大きな問題も無く順調に回復してくれた。。。

1ヶ月の入院でようやくクルミは自宅へ・・・

img2011
















退院後は、ほぼ問題なく成長!!
執刀してくれた先生もビックリするほど・・・・

今のところは、障害らしい障害も無く(気持ち、左目の動きが気になる程度)
スクスクと育ってくれている。

といっても、まだ1歳8ヶ月のクルミ!!
これから先、障害が出ない・・・とも言えないので、覚悟だけはしています。


生後間もなくで大きな手術を経験し、
正直、今もいつ何があるか分からないクルミ・・・

だからなのか、アオさん&ちょびさんのブログに書いてあったような
心無い、常識知らずな人には、異常に腹が立つ・・・・・

その立場にならなければ分からない・・・・
とも言えるけど、大人なんだから相手の事を考えた発言だってできるハズ。

将来クルミが、そういった事を言われる子供になってしまったとしても
私は気にしない・・・・
クルミはクルミだから・・・

『可哀想に・・・・』
なんて言われても、私は可哀想なんて思わない・・・
親として、クルミを愛しているから・・・・
一生懸命生きてるクルミを見ているから・・・・

だから・・・・・
将来、クルミがそうなったとしても
皆さん何も言わないで欲しい・・・・

『頑張って・・・・』
なんて言葉もいらない!
生きてくれてるだけで十分だから・・・

手術直前の・・・・・あの時の不安と比べたら
将来何があっても耐えられる・・・・・きっと・・・・・


ただ願わくば・・・・・
このまま何事も無く成長してほしい・・・・

いや・・・・・贅沢かな・・・・
だから・・・・・・
生きてくれてるだけで十分です




神様・・・・

今日もクルミは元気です。



姫瑠美 0091