最近は夜中にラーメン以外に、冷凍うどんを作ったりしています。

なんとなく安上がりで健康そう?と思いましたが値段はラーメンとそんなに変わらない感じ。

ただ冷凍うどんはレンチンで完成するので鍋を洗う手間が省ける当たりがgoodですヽ(´ー`)ノ



さて、今回はパッチのベルクロ加工。

ベルクロっていうのはマジックテープのことです。

商標登録の違いでアメリカだとベルクロ、日本だとマジックテープになるらしいですね。

私の場合ミリタリーパッチはベルクロ付きの鞄とかに貼って、一目で自分の物とわかるようにしてるんです。


ですがパッチにも種類がありまして、

ベルクロ加工がされた物、アイロン加工がされた物、無加工の物。

と大体こんな感じ。


前2つは簡単にベルクロ加工できるんですが、パッチだけのものにベルクロを付けるとなると一手間掛かる...

と言っても大した作業でもなく15分程あれば出来るんですけどね。

今回私はミシンとか裁縫道具を持っていなかったので、アイロンでの接着シートを使うことにしました。



では今回用意した材料はこちら。

・お好きなパッチ
・100均で買ったマジックテープ
・強力熱接着補修シート

DSC_1043DSC_1042DSC_1041


1番手っ取り早いのは裏にアイロンの接着シートがついたマジックテープを買うことだと思うのですが。

調べてたらどうも割高だったり強度が心配だったので今回はこちらのパターンで行きました。

なにもこれがベストってわけでもないので状況に合わせて選択して下さい。



DSC_1045

マジックテープのオス(チクチクしてる方)をパッチの形に切り取ります。

この時接着剤が少しはみ出すことを考えてマジックテープを少し小さめにしておきます。


DSC_1046DSC_1047

次にマジックテープと同じ大きさにシートを切り出します。


DSC_1048DSC_1051

それらを合わせてマジックテープの裏側とシートの何も書いてない側を合わせてアイロンをドライで約3秒あてます。

私はマジックテープを下にして、シート側の上からあて布をして熱しました。

この時はまだガチガチに引っ付いている必要は無いので外れないくらいにしとけばおkかと。

下手に力を入れてマジックテープとシートがずれないように気をつけましょう...(‥;)


そしたら、両面テープを剥がすようにシートを剥がします。

その際にシートの端が浮くようならば端だけもう一度熱してやって下さい。


DSC_1052DSC_1054

それではパッチと接着して行きます。

先ほどと同じように、マジックテープの接着面とパッチの裏側を合わせて、

マジックテープが下、パッチが上になるようにおいて、その上からあて布をしてアイロンをドライで約15秒あてます。

この時にアイロンを少し強めに押し当てるようにしながら熱すると綺麗に圧着できると思います。

くれぐれもずれないように...

今回も端が浮いているようなら再度アイロンで熱します。

以上で作業は終了です。(^o^)


DSC_1055

こんな感じに端まで綺麗に接着できてます。

指でめくろうとしてもめくれないくらいにはしっかり付いてます。


DSC_1056DSC_1057


そういう訳で何枚か作ってみましたが、特に失敗とかはなく簡単に出来ました。

やっぱり自分の好きなデザインのパッチを使うとその物に愛着が湧きますね!((o(´∀`)o))



ではでは~ノシ



【追記_2016/11/08】

半年程作ったものを使用していたところ、パッチとシートが剥がれてしまいました...(´Д`; )

リュックの表に貼っていたのですが、端から剥がれてきたので完全に剥がれる前に自分で外しました。

折り曲げとか角の接触が原因だとは思いますが、接着方法が糊なので仕方ないでしょう。

今後は糊で仮止めした後に外縁を手縫いするとかして対処したいと思います。

この記事を参考にされる方は、以上の点にお気をつけ下さいませ…