March 30, 2009

お知らせ.

ブログが以下のアドレスへ移転しました。

ブックマークして頂けると幸いです。




「http://kusakissa.jugem.jp/」



kusacafe at 00:44|PermalinkTrackBack(0)KUSA. 喫茶 

March 27, 2009

ダブル・サイレンス.

個人的に、「noiject」以来の
勅使川原三郎さんの舞台。



ノイズとパルス音、クラシカルミュージック。
相変わらずのcoolで無機質な舞台装置。
黒い舞い。
もちろん、美しい。

しかし、この作品の圧巻は、疑いようもなく、
佐東利穂子さんのダンスだ。
空気を切る。切る。切り刻んでいく!



肉体を使って表現するアーティストは、
自分の身体能力と闘い、自分の表現力の限界と闘う。
役者もストリートダンサーも、パントマイマーも。
そして、舞踏家は、それに加えて「空気」とも
格闘することになる。
空気と向き合い、激しく戦い、格闘せねばならないのだ。
その、偉大な痕跡が佐東利穂子の踊りには刻印されている。
だから、動きにしか気を留めない人には
ピンと来ないかもしれない。
が、彼女と空気との境界線を見やる者にとっては、
鼓動を止められそうになる瞬間が訪れる。(はずだ。)




劇場を去り、今後、佐東さんのソロを見逃したくない、
と心に思う。

若者たちのけたたましい喧騒が、スモッグまみれの空気に
吸い込まれていく(20年前から変っていない光景!)
渋谷の雑踏で。







「KUSA.Blogの応援clickです.」




kusacafe at 23:54|PermalinkTrackBack(0)ART ? and SHOP? 

March 24, 2009

03.24. 雑記.

最近は、仕事や子育ての他にも色々しなくてはならない事が
山積みで、本業以外の誘いやプライベートには、
どうも意欲が湧かないというか、気持ちの余裕がないのだが、
思わぬところから、思わぬ仕事のオファーがあって、
何となく自分にとって大事なことである気がして、
前向きに検討していたら、気持ちがシャキンとしてしまった。




大切なのは、大切な人と、きちんと「心」を
共有しておくこと。


結局、人との繋がり、縁、コミュニケーション、
誰かにコミットすることは、取り残された私達の、
至上命題であり、試練でもあるのだ。





日が陰ってきて、木窓が、カタカタ音をたててる。
3月の終わりの寒のぶり返しのひと日なのに、
ああもう春の風なのだな、とおぼろげに思う。





「KUSA.Blogの応援clickです.」

kusacafe at 20:28|PermalinkTrackBack(0)日々のこと 

March 20, 2009

退屈などない.

大阪へ、珈琲豆無事出荷。
明日21日(土)の大阪「Oogi」さんの「おいしいもの市」では
かのオカズデザインさんに、KUSA.の豆をドリップして
頂けるらしく、遠い場所から想像するだけで楽しみだ。

水曜に行われた恒例の「kibi cafe」も、盛況だったらしい。
次の「kibi cafe」は、春の盛りにオープンするようです!
また、kibiさんのお菓子、親しい友達たちと
ワイワイ食べたいなぁ。


f84f03f5.jpg









ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

立て続けに古い夢を見る。
もう、忘れかけてた人達の。
いとうせいこうさんのこととか(いきなり?)、
肉体労働してた頃の先輩たちとか、
学生時代の隣りの席の子のこととか。


そして、実に、何度も言い古された当たり前のことに、
三たび気づいてしまう。
そうなのだ、今の私の半分以上は、幾千もの、記憶の底に
埋もれてしまった事柄から成り立っていたのだ。
例えば、今日、オーダーを受けて、エチオピア深煎りを
ドリップして、珈琲の説明をした男の人のことを、
10年後にはすっかり忘れてしまうのだろうし、夕刻どき、
ライブ盤のヒュー・ラマポーロ・マセケラのトランペットが、
窓越し一面の太陽に重なり、鳥肌立ってしまったことさえ
忘れてしまうし、早朝、焙煎ミスをして、まだ日も昇らぬうち
からピッキングに追われることになって、ちぇっと思った事も
10年後には全然覚えていないだろう。


でも、そのお客さんや今日の夕焼けや、今日の仕事が無ければ
10年後の自分は何万分の一くらいは違った人間になっている、
ということ。


そんなこんなで、嬉しかったり、悲しかったり、
魂、ペシャンコ。






「KUSA.Blogの応援clickです.」



kusacafe at 20:27|PermalinkTrackBack(0)日々のこと 

March 16, 2009

イベントのこと.

房総地方、晴天。
あっという間に、ガーデンの雪ヤナギも満開へ一目散。


yukiyanagi











さて、今週は、2つの大切なイベントへ、
KUSA.の珈琲豆、出品です。
神奈川、大阪方面の方は、是非!です。


最初は、パティシエkibiさんの恒例の一日cafe、『kibi cafe』
彼女は、超一流パティスリーやブーランジェリーで、
経験に経験を積み重ねている、大層美味しいお菓子の作り手。
今回は、平塚のアンティークショップ「menu」さんにて、
一日限定CAFEです。
初春の、香しく優しい一日が過ごせそうで何とも心躍ります。
友人氏「kurosawa」の革製品、「simmon sato」さんのアクセサリー、
KUSA. 喫茶の珈琲豆、出品です。
3月18日(水)12:00〜19:00



もう一つ、長年お世話になっている、大阪は境市、
「Oogi」さんのこちらも恒例『おいしいもの市』。
何度か、ブログでも触れておりますが、オーナーである彼女の
セレクト眼は、お世辞抜きに素晴らしく、実は、何年もの間、
メールのやりとりのみで、一度もお会いしたことがないという
のに、そのお人柄もあって、私にとっては、
心より愛おしく感じられる数少ない人なのです。
3月21日(土)11:00〜17:00

こちらは、KUSA. 喫茶の珈琲豆とラムフルーツケーキが店頭に!







ああ、何だか、全ての頑張っている人、心から応援したい、
抱きしめてみたい、分かち合いたい、通わせたい。
普段、邪念に満ち満ちた自分にとって、
今日はそんな、貴重で希有な一日。






「KUSA.Blogの応援clickです.」
















kusacafe at 21:07|PermalinkTrackBack(0)ART ? and SHOP? 

March 13, 2009

夕月とか.

恋をテーマにした映画や音楽、小説というのは、
気分でないときには、全くピンとこないものだが、
どうかすると、しっくりくるときもある。

今日は、沁みてきた日。

例えば、こんな古き歌が。

『 世の中の明るさのみを吸ふごとき
  黒き瞳の
  今も目にあり 』







ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日は、終日、仕込みとギフト発送に追われた日。
明日は、ホワイトデー。
全てのカップルや夫婦に、沢山の幸せが訪れますように。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「憂いのないあなたの眼差しが、
 今もまぶたに焼き付いているのです」
上の詩歌は、こんなニュアンス、だろうね。。





「KUSA.Blogの応援clickです.」

kusacafe at 20:43|PermalinkTrackBack(0)日々のこと 

March 10, 2009

03.10. 雑記.

最近、その手の映画を立て続けに観たからという訳でもないの
だが、ナチズムとか、陰系イジメとか、虐待だとか、
人が人をいたぶる姿というのは、見ているだけで、
ひどく嫌な気持ちにさせられて、一日で何とこさ見つけた
ささやかな喜びも、一瞬でパアになってしまうくらい、
うんざりした気分になる。


しかし、それに似た感触を、自由掲示板とかSNSなんかにも
感じることがあり、特に自由掲示板は、何かを調べようとして
ググっていると、大概ヒットする羽目になり、それで止むなく
上から下までスクロールすることになって、
「なるほどそういうことだったのか」と自分の問題が解決する
こともままあるにせよ、崩壊しているスレはとことん崩壊して
おり、昨日も「弱者は辺境にでも住んでろ」とか
「下流は権利を主張するな」「貧乏人は自己責任なんだから
 救う必要などなし、野ざらしで良い」だとか目にして、
人の劣悪な潜在意識に触れてしまい、末恐ろしいというか、
げんなりしてしまう。



そうなると、そもそも、そんなに「自由な」掲示板などという
ものが必要なのだろうか、とネットの根幹に関わることを
考えてしまい、「完璧な自由」というのは、どこかで人間の
性善に準拠しないと成り立たないものだろうし、人間という
ものは、たがが外れると、しばしば↑のような発言をしでかす
もので、多分、100年前から、人の本質というか中身は進化
などしていない。
そんな人間どもに(私も含めて)、たかだかネットの中の自由
など、そこまで保証しなくてはならないのだろうか。
そんなに優先順位が高くなくてはならないのだろうか。


と、ここまで書くと、あれあれ、自分のポリティカルスタンス
とはだいぶ異なってきてしまうので、今一度、考えを
整理しようと思うが、
んー、珈琲もう一杯、という感じ。。だね。



「KUSA.Blogの応援clickです.」

kusacafe at 20:46|PermalinkTrackBack(0)日々のこと 

March 07, 2009

幸福の光景.

KUSA.の珈琲豆は、店頭と通販だけでなく、お店への業務用の
卸し、各地へのイベント、出産祝いや内祝いのリクエスト...
などなど、様々な場所へ、旅立っていく。
そっと気持ちに花を添えるには、新鮮なほわほわの珈琲豆は、
意外と良い品なのだ。



今週は、初めて、披露宴の引き出物のオーダー。
ホワイトデーの詰め合わせの空いた時間を見つけては、
そのオリジナルブレンドの最終カッピングを
繰り返す。

もちろん、披露宴の主役は、花嫁さんと花婿さん。
引き立て役の珈琲は、主張が強すぎず、でも、
新郎新婦さんのお好みを反映しながら、
老若男女のお客様に、喜ばれる香味に仕上げるために。



cupping












そして、10年とか20年経ったある日、出席者のある人が
ふと想い出すかもしれない。
幸せそうな二人の、笑顔に包まれた挙式のことを。
彼らの結婚式には、そう言えば、仄かに珈琲の薫りが
漂っていたなぁと。
そうであれば、心から幸いに思う。



今日は、早春の、西よりの風。
おぼろ月が浮かぶ、夕べ。







「KUSA.Blogの応援clickです.」









kusacafe at 19:53|PermalinkTrackBack(0)日々のこと 

March 03, 2009

white.

朝早く、陶芸家のwakaさんからTEL。
細口「シロ」が焼き上がったとのこと。

これは、私達もプライベートで、コップやぐい飲み、
そして一輪挿しにと、フル活用で愛用しているのだ。
どこに置いても、何に使っても、目を惹き過ぎず、
それでいて、その場の空気を文字通り「白」にしてしまう。



かれこれ、10年近く前、栃木へ行ったとき、
さほど陶芸に造形も深くない我々が、
当時唯一興味を抱いていた、一軒の真っ白なアトリエ目指し、
益子の山中に寄り道した。
その敷地には、今や大きな邸宅も鎮座しているが、
当時はぽっつりと、木造の美しきwaka-studioだけが
建っていた。
そのとき見た、この「シロ」が何とも愛おしく感じられ、
作家の石川若彦さんとも、それ以来のお付き合いになる。
最近、この細口を焼いていないとおっしゃるので、
お願いしていたのだ。


たくさん、作ってもらったが、その一部をホワイトデーに、
KUSA.ブレンドと組み合わせて、ギフト詰めすることに。。
宜しかったら、是非ご利用下さい。


c2052b7c.jpg











KUSA 喫茶。
夕刻どきに、雪の気配とともに、見慣れぬ黄緑色の野鳥が、
庭に舞い降りる。
私には、幸運の兆しみたいな感じがする。
そうだ、きっと、そうに違いないのだ。






「KUSA.Blogの応援clickです.」



kusacafe at 21:56|PermalinkTrackBack(0)日々のこと 

February 28, 2009

何となく果て.

病み上がり後の頭、クラクラ。
ピッキングに次ぐピッキング。
溜まってしまったメールでストレス多め、、なんてことを
古くからある近所の、ほとんどDVDも揃っていない、
でも行きつけの小さなビデオ屋の、
通な女主人に話していたら、
すすめてくれた一本。

タランティーノ『デス・プルーフ』。
痛快爽快、無稽の荒唐。
そもそも映画に意味なんてないぜ、
気持ちいいから撮ってんだとでも言うような
白痴的な世界で繰り広げられるカーアクションの快感。
キルビル以降はどうも、、だけど、レザボアドックス、
パルプフィクションは!! という方には、
是非感想を聞いてみたくなる映画。
好きだな、このダサイケな感じ。



それなら、ということで、
そのまま真夜中のシーツにくるまりながら、ちょい爆音。
SOIL&"PIMP"SESSIONS 『PIMPOINT』。
やや飛ばし気味なホーンセクション、ソリッドなピアノ、
決して主張はしないのに、ぶっとく重いリズム隊が、
渾然一体になって、腹の底から、澱みきったパワーを
わし掴んでくる。'07ジャムアルバムの傑作だが、
コスタリカ片手にハイになっていたら、
この世の、ありとあらゆるもの全て、
罪もお金も悪さも人も、
全てを許してあげたくなる気分になる。
しかし、それには、恥じてから。
まずは、自分の弱さを恥じてからだ。






「KUSA.Blogの応援clickです.」



kusacafe at 20:46|PermalinkTrackBack(0)ART ? and SHOP? 
profile of the coffeeshop with a little of bread.
KUSA.喫茶        自家焙煎coffee+pan.
公式ホームページはこちら.

この、通りすがりの珈琲屋に、
『海辺の修道院』のような魂が
宿ることを願って.