毎日のお楽しみ。

作品作りと正しい日本語マスターになるために。とかなんとか_

今年の大河はクドカン大河なので、順調に楽しんでます。
割と面白いと思った最近の大河は、群像劇的作品が多い。特に清盛ですが(笑
1年を通して展開するので、自ずとそうなる作品になることは多いはずなんですが、去年のとか幕末なんだからもっと掘り下げられたはずなのに、如何せん大人数を動かすのに慣れてない感じで微妙でしたね。
直虎は群像ってほどの群像じゃないけどあまりない資料から、当時の小国事情を取り入れたおかげで、大きな流れにミニマムな人たちが巻き込まれる展開でむしろ丁寧なつくりだったと思います。
真田丸もね。三谷幸喜も群像劇の人ですから、面白くないはずがないんですよね。

で、今年の「いだてん」。
もともとクドカンは好きなんですが、1年スパンの作品は流石になかったので、群像劇の面白さがよく出てる作品なんじゃないかと。特に1部完結した先週の、全てが繋がった感じはとても見ていて気持ちよかったです。もっと群像劇もの作って欲しいな〜
何で落語パートあるんだろう?と1回目は思っていましたが、ちゃんと回を追うごとに意味を帯びてきて、繋がり始めたあたりは鳥肌ものでした。
1回目は登場人物多すぎて、何を中心に見たらいいか分からなかった。あそこでついてこれなくなった人もいたんでしょうね〜。こういうところが、長い作品の難しいところでもあるのかな。
でも感心するのは、毎回見所がちゃんとあるし、ダレるところが一つもない。
そして、ちゃんと批判するところ、スポーツの問題点、オリンピックの問題点とかをきっちり入れてる。男女の問題とかもね。この辺、スポーツを見ない、オリンピックに興味ないクドカンだからこそでしょうね。勢いだけ立ち上げた体協の問題点(借金だらけ)の組織に、2部の主人公、水泳は好きだけど体が弱くて出来なくなった田所政治の手腕が活かされる。束になってもお金を集められなかったのに、ポンと政治家からお金を引きださせるって凄いんだけど。
それと、要所要所にいいキャスティングがくるところ。
松尾スズキの橘家圓喬、イッセー尾形の永田秀次郎なんかもう!出てくるだけで場面が引き締まるし、ため息出ちゃう(笑。松尾スズキの落語シーンとか本当に素晴らしくて、本編と別軸というのもあるけど、空気が違う。
それと、人見絹枝役の菅原小春。最初誰なのか分からなくて、何だこのかっこいい女の人!演技はそうでもないのに、目力と存在感が半端ないなと思ってたら、ダンサーの菅原小春だった。



体感がしっかりしてるから、拙い演技でも運動能力高そうなのが見た目でわかる。いいキャスティングです。

2部になってそれまでの体協と、主人公側の問題点をきっちり突きつけてくる作りも凄い面白い。田所が忙しなさすぎるけど(笑。残り半分もこのまま楽しめて見られそう〜



最近漫画で映画レビューもの増えて来た気がする。
1ページものとか、イラストでレビューとかは今までもあったけど、映画のレビューをストーリーに入れ込んだ漫画が増えた理由は何かあるんですかね?楽しいんでいいんですけど。
さわださんに借りた「おやすみシェヘラザード」篠房六郎作も、映画ネタもの。
レビュー漫画なんだけど、恐ろしいほどに説明の下手な美人高校生、箆里詩慧(へらざとしえ)先輩が主人公二都麻鳥(にとあさと)に映画を解説する話。説明がうまくないから、あさとはいつの間にか寝落ちする。ちなみに全寮制女子校なので、主人公は先輩の部屋でベットに一緒に寝ながら聞いている。こりゃ寝るわ〜しかもそもそもあまり映画を見ていない子にですからね。
それで最初に解説するのが「裏切りのサーカス」なんですよね。
バイオレンスは無理というあさとの要望で「サーカス」になったんだけど、説明下手なくせに全部事細かに覚えてるってところは、スゴイ。しかし、そもそも「サーカス」ってかなり静かな作品ですからね。あれを16歳の子に面白さを伝えるって普通でも難しいんじゃないかな(笑
何でこうなる?いや、確かに間違ってないんだけどな?と知ってても読んでて分からなくなる(笑。

下手に説明するのを、あえてストーリーとして考えるのもなかなかなもんじゃないかと思うんですよね。しかし、篠房六郎さんはかなり多ジャンルで映画見てるな〜と感心します。スピーシーズがあんなにシリーズあるとは思わなかった。

1.2巻は知ってる作品が出て来ても、「確かにそうなんだけど読むのも疲れる!」な解説が多かったけど、3巻では主人公の友達が説明うまかったり、上映会したりとしえ先輩の解説だけじゃなくなった分内容がわかりやすくなった話が増えました(笑。
バーフバリ上映会とかすごく面白そうで、見たくなったのに近所でDVD借りら続けてて全然見られないというね〜笑。
「私の頭の中の消しゴム」と「イレイザーヘッド」を間違えるとかな。どうやって間違えるかなあれ、泣ける映画の意味が違う(笑
あと「ベニスに死す」。私も内容を大して覚えていないんですけど(笑。
腐女子や夢女子の推しに例えるのは、かなりうまくハマった説明だったなと。見直したくなりました。
「アベンジャーズ」シリーズのあるあるとか、「レオン」のタイトルが出てこなくて、ジャン・レノをジョン・レノンと間違えるとか。ナタリー・ポートマンの名前はナポリタンとかカルボナーラとかパスタで間違えまくるし(笑。絶妙な勘違い具合だよな。

あと、レビュー漫画じゃないけど、主人公がサブカル・映画好きの「アレンとドラン」


タイトルの「アレン」はウッディ・アレン。「ドラン」はグザビエ・ドラン。
サブカル女子設定とはいえ、ドランか〜と関心しました。
内容は映画好きじゃない人、リア充男子を好きになってしまってどうする?って感じの話です。



日本公開は2013年、本国では2009年公開作品。
見るまで気がつかなかったけど、170分もあった!
何ですかね、最近インド映画もダンスと歌が減って来たと聞いていたので、そういう作品かと勘違いしてた。もちろんコメディ作品だとは思ってましたけど(笑。
予告改めて見たらちゃんと歌って踊ってますね(笑。
しっかり歌と踊りが突然始まる、とてもインドらしい作品でした。
そして笑えるんだけど、大学生の自殺者が多いとか、仲良し3人組の1人が家の問題を抱えてるとか。
どこでも問題はあるものですが、そういう暗い面もちゃんと描いていてコメディとの落差のさじ加減が良かった。
主人公の設定もちょっと謎になっていたりしてね。
後、ヒロインの顔が小雪に似てて、小雪にしか途中から見えなくなってまいりました(笑。

ただ、ちょっとこれはと思ったのは、主人公のイタズラが過ぎるところ。笑えなかったわ〜
本人がわからないからと、スピーチの言葉を意図していない言葉に変えてそれを見て笑うという。
たとえ嫌な人間相手でも、それはないんじゃないかと思う。
日本の作品にも昔はこういうの良くあった。そういうシーンだと分かるとテレビなら回しちゃう。ああいう本人が分かってないことを笑い者にするって思考、本当に分からない。

最近見終わってなんだかモヤモヤする作品が増えた気がする。
今まで見てなかっただけで、見る機会が増えただけかな?
ちなみに、ミヒャエル・ハネケ作は『ファニーゲームU.S.A』を最初に見たせいか、この作品よりモヤモヤするのが今の所ない(笑。
『聖なる鹿殺し』


なぜそうなる?としか言えない内容でした。
これ誰か説明してくれ!

『 ザ・スクエア』


スクエアもね〜まだ鹿殺しよりは、風刺的な皮肉もあるのでそこまでではないのですけど何だかモヤモヤする。
スッキリしないんですよ〜



去年見たのではこの2作が圧倒的にモヤモヤ。
そして評価されてる。何なの?みんなモヤモヤ好きなの?
後味が悪いというのとも違うかな。後味悪いのはそれでも結果だったりするので。
あ、『ファニーゲームU.S.A』はモヤモヤというより後味が悪いんだ。^^;

----------------------------
今更ですが(今年すでに5ヶ月経ってるのに〜笑)、ついでに去年の映画ベスト10を。

1.カメラを止めるな!
2.ビューティフルデイ
3.万引き家族
4.君の名前で僕を呼んで
5.ボヘミアンラプソディ
6.犬ヶ島
7.ブエナビスタソシアルクラブ アディオス
8.希望のかなた
9.スリービルボード
10.ウィンストン・チャーチル

カメラを止めるな!を見るまでは、『ビューティフルデイ』が最高でした。



セリフが少ないのに目が離せない。絶望しかない。それでも最高なのです。
相当重い作品なので、重いのでも大丈夫な人にしか勧められなくて苦しい。
重いの覚悟で誰か見て!ホアキンの演技が、ずば抜けていいのが最大の理由かな。
絶望感の伝わり方が半端ない。
あと音楽。
予告でも流れてますが、微妙に耳障りで邪魔はしないがちょっと引っかかるちょうどいいところをついてくる。
ホアキン・フェニックスの出演作、最近ハズレがない印象です。
今年は『ドント・ウォーリー』と『ジョーカー』が楽しみです。



ホアキンといえば、最近はリバーの弟ってことは忘れるぐらいになったかな?と思っていたのに。
1月に会ったシス子さん、キタハラさんたちとの会話で全く名前が出てこない現象が次々と起こって(笑)「リバーの弟」と言わないと出てこない状態になりましたよ^^;

去年の前半に見た作品でよかったのが、ほとんど重〜い作品ばかりでちょっと楽しいのでいいのないの?と絶望しかけてました。前半に書いたみたいなモヤモヤ映画も多かったし。
だから、カメラを〜を見たとき、去年のうちに見といてよかったとつくづく思いましたよ〜笑
よく練られた作品で、最高に笑える楽しい映画をありがとうという気持ち^^
カメラ〜だけ去年作の中でも異質ですね。というか、こういうインディーズ作で抜きん出てくるのが久しぶりだった。

平成が終わったことで、平成作品で良かったもの的なタグがTwitterにあふれていましたが、
私にとっては『レザボアドックス』で始まって『カメラを止めるな!』で終わったんだなと。
どちらも低予算、監督若い、脚本、編集面白い、うまい!作ってる人みんな楽しんでる!
というね。自分が好きなのは、やっぱりこういう作品なんだなと、しみじみ(笑
その前に、映画自体にのめり込むきっかけになった『T2』も、もちろんありますが〜^^;。
重厚なのももちろん。でなけりゃ『ビューティフルデイ』がいいとは思わないので。

どうでもいいことなのですが、令和になって嬉しいのは、上皇様がいる時代を体現できることです。
源平モノとかでしか聞いたことのなかった上皇様が〜!



年明け早々、『斬、』と同じ日に観てきた「メアリーの総て」。
やっとまとまったかな?笑

フランケンシュタインの原作者、メアリー・シェリーがなぜこの物語を作ったのか、その誕生まで。
メアリー・シェリーの名前は知っていましたが、これを18歳(19かな?)という若さで作り上げたのは知りませんでした。
観た後に本を読みましたが、博士がとにかく酷い男で、怪物がひたすら気の毒な話ですね。
見る前に読んでたらちょっと感想違ったかな? いや、やっぱり「博士がひどい!」という感想は変わらない気がする。

下記、ネタバレあり感想になります〜ほぼあらすじ書いてしまってる…

メアリーの母親はフェミニズムの創始者、先駆者とも呼ばれるメアリー・ウルストンクラフト。父親は無神論者でアナキズムの先駆者であるウィリアム・ゴドウィン。
母親はメアリーを出産後すぐに亡くなっていて、そのせいかメアリーはお墓で考え事をしたり執筆をしたりと、最初から死が常に隣にあるという印象づけられます。
そんな両親だったからか、メアリーは自然と本を読むのも執筆するのも好きになります。しかし、父親が再婚した継母はそんなメアリーが気に入らないのか、本を読むことすら嫌がります。
そんな中で出会ったのが詩人のパーシー・シェリー。この人となら理解しあえると思ったメアリーは、妻子ある人だと分かっても情熱のまま駆け落ちして外の世界へ飛び出します。
ところが、このパーシーがまたとんでもなくダメンズでした。貴族の息子ということもあり、酒に溺れるわ、豪遊しまくって借金を抱えていたり、「自由恋愛」と称してメアリーに友人の男をあてがおうとしたり、もうとにかく酷い。結局家から勘当され、援助が切れると夜逃げ同然のように借金取りから逃げる日々になる。もちろん浮気もしている。はっきりとは描いていませんが、メアリーの義理の妹(継母の連れ子で、メアリーの駆け落ちに自分も家を出たいとついてきた)クレアとも関係があったような描写がある。
挙句に生まれたばかりの子供が熱を出しているのに、借金取りがくると無理やり雨の中移動させ、そのせいで子供は生まれて数日で命を落としてしまう。
失意のメアリーは、クレアの勧めでバイロン卿の屋敷へシェリーと共に招かれます。

ここでの「ディオダディ荘の怪奇談義」がきっかけとなり「フランケンシュタイン」は創作されます。
ディオダディ荘にはバイロンと主治医のジョン・ポリドーリ(バイロンの同性愛の相手とされていますが、映画ではむしろメアリーと仲が良くなってます。ちなみに演じていたのはボヘミアンラプソディのロジャー役ベン・ハーディー!)、パーシーとメアリー、クレアの5人。
滞在中、雨ばかりで外に出ることができなかったことから、バイロンが「怪奇物を創作しようと!」と提案。メアリーは「フランケンシュタイン」を、ジョン・ポリドーリが「吸血鬼」を創作する。
ここで2つもモンスターの代表みたいなのが出来ていたとか、凄いエピソードなんですけど、掘り下げが少し足りなかったのが残念。
ポリドーリの「吸血鬼」は、いつの間にかバイロンがその発想を拝借してちゃっかり自分の名前で出版され、彼は25歳の若さで自殺してしまいます。映画ではそこまで出てきていませんが…
クレアはバイロンの子供を身ごもりますが、バイロンに遊びの1人としか思っていないと言われボロボロになります。

多くの絶望の経験からメアリーはその後「フランケンシュタイン」を完成させます。
生まれた怪物の正体は、メアリー自身。博士はシェリー及び女性を認めない男性社会であることがわかります。
しかし書いたのが女性、しかもまだ年若いという理由で出版を断られ、いくつもの出版社を訪ね、やっと匿名でしかも前書きにシェリーの言葉を入れる条件を出されてしまう。
メアリー自身の名前で出版されるようになったのは、3版目だったかな。
そしてシェリーには何度も絶望しているのに、別れたりしない。結局この男を選んだのは自分だからということなんだろうか…。この辺のメアリーの心情がうやむやなのがちょっと納得いかなかったです。もちろん、出版前の原稿を読んでシェリーは前書きを書いているので、メアリーの作品を認めて評価していますけどね。

「ディオダディ荘の怪奇談義」については、だいぶ前に調べた事があって、劇場で「このエピソード知ってる?なんで?」と思っていました。
繋がっていたのはティルダ・スウィントン主演『クローン・オブ・エイダ』。エイダはこの映画の中での時間だと多分生まれてないか、1歳かなのですが、のちにメアリーと親友になります。
そしてバイロン卿の娘で、メアリーと同じように女性であるがゆえになかなかその功績を認めてもらえなかった人でした。コンピューターのプログラム言語の元を作ったエイダ・ラブレスです。
今作と『クローン・オブ・エイダ』どちらも女性監督。
メアリーの母親がフェミニズムの創始者と、色々繋がっていて面白い。



「フランケンシュタイン」はゴシックホラーとしても有名ですが、今読んだからか、あまりホラー感は感じない。博士に感情移入できないからかな〜周りの人が次々と殺されるのは悲劇だし、子供が殺されたりするのはかわいそうなんだけど、その全てが博士のせいなのでね。
あと、読むまでわからなかったのですが、この怪物はかなり頭がいい。
だからこそ、怪物の怒りや悲しみの言葉が何も博士や人間に伝わらないのが辛い。この怪物の辛さがメアリー自身の叫びだと、映画を観た後だと良くわかります。

これ、映像化されたもののほとんどが知性が低くて凶暴設定なんだろう?単純に怖くするためかもしれないけど、頭いい方が怖いけどな。単に昔の表現できる限界か。
見てないけど、ケネスブラナーのフランケンシュタインは原作に忠実と聞いてるので、頭いいんですかね?デニーロだしな。今度みよう。

↑このページのトップヘ