January 29, 2013

えぇっ!?
半年もblogを放置してましたね。

最近はなにをやっているかというと、年末にビエンナーレが終わり、一月はその片付けに忙殺されてました。
注文品もいくつかあり、仕上げに手間取りなかなかハードでした。
一月は新年二日には紐を染めてましたよ。まあ、これは後日UPしましょう。

写真は注文品のひとつ、結婚式の名披露目品のテーブルセンターです。
新婦さんがイラストを描き、もうすぐ仕上げに自ら顔入れにやってきます。
なかなかおもしろい企画です。



kusakizomekobo_shikarikusakizomekobo_shikari at 22:01│コメント(0)トラックバック(0)

July 01, 2012



烏梅と書いてウバイと言います。
昨日から煤をまぶして黒くなった梅を燻製しています。だいぶ乾燥が進んでシワシワになってきました。また煙の
酢酸成分で防虫効果も高まり、長く保存ができます。


梅はよく熟しているものをお隣からいただきました。
煤は冬に使う薪ストーブの煙突にたまったものをとってあります。


で、自家製燻製装置?にセットしてどんどん薪をくべます。

このウバイは、紅花染めに使います。

kusakizomekobo_shikarikusakizomekobo_shikari at 14:12│コメント(0)トラックバック(0)

June 23, 2012



あいにくの台風だったのですが晴れ間を見て2日に一回花を摘んでいます。
去年鹿に全てを食べられ、全滅はしましたが、いや正確には100粒ぐらいはなんとか収種。で、昔種をわけた生徒さんに聞いたら、あるということで2000粒譲り受けました。こういうときのために分けておくのがいいですね。

で、2000粒といっても大した量ではないので、一時間半ほど摘むと終わります。


その後はゴミをとりのぞき、洗いながら黄色をだしきります。しかりの井戸水で洗います、この時期は水が冷たく感じます。

数日間水をかけながらぐちゃっと赤くなるのを待ち、とうとう煎餅状にします。

kusakizomekobo_shikarikusakizomekobo_shikari at 07:49│コメント(0)トラックバック(0)

June 19, 2012



紅花の花摘みの初摘みです。毎年試行錯誤をしています。育てかた、とりかた、道具、いいなと思っていてもまた次の年に変更したり…

今日は花を咲き揃えるために摘んだだけでしたが意外に量がたくさんあったので花餅にすることにしました。

さあ、はじまりますよ、紅花の季節が!

と言っても染めるのは基本冬だったりします。

三河はまだ山形で紅花が栽培される前から、紅花の産地のひとつだったそうです。平安時代には既に納税記録があるので、もっともっと前から高貴な色として扱われてきたのでしょう。若い男は紅花を納税してました。といっても20匁=75グラムなので大したことないです。花餅が25個です。納税以外には商用だったわけで米の二倍の価格だったそうです。豊橋に紅久商店さんが今もありますが昔紅花の問屋さんだったそうです。

今年は岡町ギャラリー横の畑で花が見れますのでよければおでかけください。

藍もだいぶ大きくなってきました、よかったよかったね。

kusakizomekobo_shikarikusakizomekobo_shikari at 01:48│コメント(0)トラックバック(0)紅花畑 │

June 17, 2012



藍が建ちました。梅雨なのに大丈夫か?と思いきや一週間もたたずに建ちました。
多分ですが、すくも屋さんのお陰です、あと酒屋さん。
しかりの藍甕にいれる酒は、近くの柴田酒造場の孝の司という酒を使用しています。しかりの水も井戸水なので、同じ水脈から作られているであろう、超軟水の柔らかい水は藍に合う様で、灰から作る灰汁もあわせて、岡崎の藍になっています。岡崎の藍染めなのです。

岡崎市と豊田市は全国的に一番紺屋という地名が多いらしいです。
工房近くにも、紺屋という字名の場所があります。

染色に縁深い地域なのですね。




kusakizomekobo_shikarikusakizomekobo_shikari at 12:14│コメント(0)トラックバック(0)藍染め │

January 29, 2012

ae302fa8.jpgしかりではたまに木彫士さんから依頼があると木を染めます。これは帯留めになるんだそうです。

なんかいい。

布でも木でもなかなかうまく色がのらないことがあるけれど納得いくまでやりたいです。


kusakizomekobo_shikarikusakizomekobo_shikari at 23:38│コメント(0)トラックバック(0)

November 03, 2011

a1970ceb.jpg


kusakizomekobo_shikarikusakizomekobo_shikari at 12:00│コメント(0)トラックバック(0)
近所のおばあさんが山柿を干し柿にするために剥いています。

染料に使用すり柿は山柿が一番タンニンが多く適しています。

8月のまだ青いときに収穫して砕いて搾ってすぐに染めてもいいし、3ヶ月以上発酵させても使えます。

最近は柿渋染めははやっていますが、そもそもは染料というよりも塗料です。水をはじく性質があるので、渋紙に、漁網に、酒の搾り袋などに使われていました。韓国では、紙でできた軽い潜水服が作られていたそうです。柿は人々の生活に密着しています。

柿は柿酢も作れるし、利用価値が高いですね。酢も染色にはよく使うのです。

昔、呼んだ本で、中国では柿を食べないとか。韓国はどうなんでしょうか?食用の甘い柿があるのは日本だけでしょうか?渋柿を干して甘くするのは日本だけらしいですが…昔、フランスの市場に売っていたKAKIは、渋くて食べられたもんじゃありませんでした…


kusakizomekobo_shikarikusakizomekobo_shikari at 11:59│コメント(0)トラックバック(0)

October 27, 2011

aa0de87b.jpg今日はやっとできあがった藍の顔料を保存箱に入れました。

藍の葉に水入れて外で放置。石灰入れて、漉すのです。言葉にすると簡単ですが、なんだかんだで1週間かかります。

色差しに使ったり、これを加工して藍染めしたりもできます。
今回は300グラムの色素を得ることができました。まだもう一度やるのでまた同じぐらいの分量がとれると思います。もう藍もピンクの花が咲いて11月には種とりをします。

そしてまた春を待ち種をまいて、夏に収穫します。楽しみです。


kusakizomekobo_shikarikusakizomekobo_shikari at 10:35│コメント(0)トラックバック(0)

October 18, 2011

c181f7a0.jpg今年もそろそろマリーゴールド終わりかな〜。また花摘み女をやってます。花摘むだけで30分ぐらいかかります。でもまだ一回ぐらいは咲く可能性あるので、また1週間待とうと思います。霜がおりなければいけるかな。そしたら畑がすっきりするのですが…栽培計画は難しいと感じています。


kusakizomekobo_shikarikusakizomekobo_shikari at 14:31│コメント(0)トラックバック(0)

September 14, 2011

d5651dbf.jpg今日は午前中、五倍子採りに行っていました。月末にしかり展があるので、例年よりも早く採取に行きました。今年は去年と同じく量的に少なかったです。質は…染めてみないとわかりません。

しばらく乾燥させると一年間保存できます。
染めるときは1、2番液は木綿の下染め用に豆汁のかわりにとっておいて、3番から8番ぐらいまでを紫やグレー、黒染めに使います。とにかくこの9月、10月にしかヌルデの木にしかできない、しかもどの木にもできるわけじゃないので貴重です。しかも岡崎産なのです、貴重すぎてなかなか気軽に使えないのが悩みです…

岡崎はとても自然が豊かです。日々感謝しながら自然からの恵みをいただいて、そこから彩りをもらえることに、自然への畏怖を感じずにはいられません。


野山は秋が訪れています。どんぐり、あけび、山栗、山柿、萩の花…みなさん、山に行ってみましょう。


kusakizomekobo_shikarikusakizomekobo_shikari at 12:22│コメント(0)トラックバック(0)

September 05, 2011

2cbe5428.jpg今日は明日名古屋で使う桜葉を採ってきて煮出しています。採ってきたと言っても6年前に植えた庭の里桜の葉です。でも台風の残り雨?の中なのでびしょ濡れになりました…

染色には里桜の方のがソメイヨシノよりも適しています。で、紅葉前の葉から赤樺色をいただきます。枝ごと採るので枝は保存しておいてまたの機会にナタで細かくして煮出します。

桜葉は、煮出すと桜餅の香りが工房中に漂います。
おいしそう〜

世の中のほとんどのソメイヨシノは秋の訪れと共に、一番乗りで紅葉してきました。その次は、五倍子(ごばいし)が取れるヌルデの葉が紅葉してきます。
もうすぐ五倍子と矢車附子(やしゃぶし)の採取時期です、冬までに1年分を確保しに、また山に入らねば。


kusakizomekobo_shikarikusakizomekobo_shikari at 10:07│コメント(0)トラックバック(0)

August 14, 2011

16a58167.jpg
c5e05e59.jpg
金曜日の出張体験講座の様子。小中学生が自分の夏休みの工作に、おばあちゃんのお土産に、と夏の思い出を草木絵の具で彩りました。

基本的に塗り絵が得意な人は塗り方、配色が上手です。中学生ぐらいになるとかなりうまい!

子どもたちはうまいへた関係なく、自由奔放で、みんながみんな画伯になった気分で、ノリノリでした。

次はうちの先生がドイツで11月にやるらしいです。


kusakizomekobo_shikarikusakizomekobo_shikari at 10:06│コメント(0)トラックバック(0)

August 05, 2011

815e2581.jpg毎年作っているが今年もできあがってきた。草木染うちわ。なかなかいい出来上がりです。今年はわざわざこのうちわのために紙を型染めで染めた。片面紙、片面布です。しかしいつもいつもスタートが遅いのでうちわ屋さんに送ったのが6月。当然忙しい時期なので2ヶ月かかり昨日届きました…もう岡崎の花火大会がすぐなんですが…まあ、いいか!まだまだ夏は続く!


kusakizomekobo_shikarikusakizomekobo_shikari at 17:39│コメント(0)トラックバック(0)

July 21, 2011

cced171d.jpg藍がすべて建ち、藍染の季節となりました。みんな元気な花を咲かせています。そんなことしかりには200リットルの甕が3つ。手前の甕は泡がエメラルドブルー。奥のはまあ紺色。甕もそれぞれなので染まり具合も違います。今日は展示に使うシルクを入れて染めました。シルクのくせにかなり濃くなりました。


kusakizomekobo_shikarikusakizomekobo_shikari at 16:12│

July 15, 2011

2fde011f.jpg今日は生徒さんのお父さんとその近所のおじさんというお二人が1日藍染めをしにやってきました。型を置いたり、紐でしばったり、板でしめたりして多種多様な模様をつけて楽しんでいました。

そうそう、なんと昨日までダメだった藍が今日建ちました。よかったよかった。他の2つの甕も近日染まる様になります。よかったよかった。


kusakizomekobo_shikarikusakizomekobo_shikari at 17:08│

July 14, 2011

0e41017a.jpg烏色の梅。うばい、と言うものです。梅にすすをまぶして、燻蒸します。

紅花染めのときにクエン酸として使います。昔は漢方薬としても使われていたようです。今は、奈良県の月ケ瀬というところで1軒だけが作っています。梅干しよりも歴史が古いという話です。

はじめて作りましたが効果はいかほどに…冬になって紅花染めの季節になったら使います。


kusakizomekobo_shikarikusakizomekobo_shikari at 10:26│

July 13, 2011

dbca80c9.jpg工房からの風景。夏らしくなりましたね。山と空の境界線が大好きです。どんな季節でも大好きです。

朝からせみが泣いていますが、アブラゼミではないのでうるさくはないです。ジーって言ってます。アブラゼミのミーンミーンではないです。なんのセミでしょう?調べておきます。

工房では今、帯締め用の絹糸を染めています。最終的に30本の帯締めになる予定。楽しみです。

ネットショップがかなりおろそかになっていて、新商品のアップすらしばらくできていない…畑が忙しすぎます…やる気がないのが一番の理由かもしれないけど…でもがんばります。

型染めTシャツの研究がだいぶ進んで商品化まで後一歩です。既に夏に間に合ってないけど、仕方ありません。がんばります。

今年は紅花を全て鹿とネズミに食べられたので、紅花摘みはやれません。内心ホッとしてるけど、今年、来年は種を増やすことに専念します。まあ、でも残念です。山での活動はいろいろ制限ありますね。


kusakizomekobo_shikarikusakizomekobo_shikari at 09:58│

July 05, 2011

36b1dd6c.jpg
0894709b.jpg
6月4、5日の有松絞り祭りで、行われた草木染型染エコバッグ作り体験。25人ぐらいの人が草木絵の具で塗り絵を楽しみました。子どもたちは余白や裏にもたくさん書いて画伯の状態でした。みなさん、1週間後におうちで糊を洗って落とします。


kusakizomekobo_shikarikusakizomekobo_shikari at 13:42│

July 04, 2011

16927987.jpg今月の染料、葛をとってきました。アルカリにして煮出します。最終的に酸を加えて中性にします。夏だけの染料です。


kusakizomekobo_shikarikusakizomekobo_shikari at 11:01│

May 18, 2011

e9783f28.jpg去年もらって植えたクレマチスが一人で咲いている。ストーブの薪ボックスに何度も踏まれ、押されながらも春に葉が出てきてきちんと咲く。えらいな〜


kusakizomekobo_shikarikusakizomekobo_shikari at 14:24│

May 16, 2011

16aa10e3.jpg新しく借りた畑の上は荒れ放題だがわらびがいっぱい。今年最後のわらびをとりました。しかし食べ飽きたのでお知り合いにあげることにします


kusakizomekobo_shikarikusakizomekobo_shikari at 15:00│

May 12, 2011

feeb3ab2.jpg夏のうちわ用の紙を染めています。今日はふのりを塗りまくり。しかりの草木染うちわは片面が布、片面が紙です。本当は両面布にしたいところですが、一度やったらなんだか重くてベコベコしたので、こんな感じになりました。今は、この紙に型染めで模様を付けようか悩んでいる。


そういえば、昨日携帯の液晶が壊れて画面に筋や黒い模様が入り、使えないことはないけどいつか駄目になりそうな勢いです。まだ機種変の時期じゃあないし、考えました。で、とりあえず前の携帯を引っ張りだして使ってます。やはり前の携帯はとっておくべきですね。でも安心保証パックにも加入しているのでやはり修理しないと掛け損になってしまうので修理に出すことにしました。トホホ、多分3000円かかります。

あいにくの雨で畑は休みですがいろいろなものがすくすくと育っています。早く藍の畑を整備しないといけないのだが雨でなかなかできない。こんなことしてる間にも藍が成長していってしまう。紅花は芽がだいぶでてきましたよ。

玲甫先生は10日間のフランスの国際天然染色シンポジウムから帰ってきて一週間もたたずに中国長沙の師範大学の講座に旅立ちました。22日に帰国です。先生は70才なんですが、すぐにどこかへいきたがります。行きたがり病ですな。

タケノコはもう終盤、というか食べ飽きたので、長〜くなってしまったのは蹴り倒して竹にならない様に気をつけています。冬までにまだ竹を40本ぐらいは切らないといけなさそう、ふぃ〜


ニュースで上原美優さんが亡くなったと知りました。三月に岡崎の特集番組で来岡したばかり。岡崎城で岡崎のいろいろな人達の取材をしにきていた。おかざき匠の会のメンバーともお話しして、私も間近で見たので印象深かったです。まだ若かったのにな〜、残念です。田中実さんにもびっくりしたけど… 近頃、日本ではかなり自分で命を絶つ人が多いみたいだけど、真面目な人が多いのかな〜、やっぱ。 私は一度もそんなこと思ったから気持ちがわからないけど…思い通りにならない草木が相手だからかな?それともB型だからかな? いつも、「ま、いっか!」を連発してます。まあ、性格なんでしょうね〜。

上原さんのご冥福をお祈りします。


kusakizomekobo_shikarikusakizomekobo_shikari at 13:03│

May 02, 2011

3e4a06ce.jpg今日は少し少なめでしたが、掘るのも嫌になってきたので少ない&小さめで助かりました。

先生がフランスの国際シンポジウムから帰ってきました。旅話がおもしろすぎます。


kusakizomekobo_shikarikusakizomekobo_shikari at 15:03│

May 01, 2011

8486b7d3.jpgまた筍の季節ですね。出始めは猪にやられっぱなしでしたが、かれこれ1週間、2日に一回写真の量を取り続けています。大して広くもない竹林だけど陽当たりがいいし、今冬にかなり伐採したので今年はよく出てます。やはり陽当たりは大事!ご近所は出ない出ないとみんな言ってるけど、全然伐採しないからです、多分。
で、余りあるこの筍をどうにかしようと、なんと兄貴の思いつきで、イタリアンレストラン イルソーレでも筍使ったメニューが出されることになりました。アサリとオクラと筍のパスタだって、まあ、おいしいんでしょう。多分、GW中しか出ないので早めに食べに行ってください。

うちは昨日は、筍中華で、筍チャーハン、筍中華スープ、筍たくさん青椒肉絲でした。今日は筍カレーでした。毎日毎日配りまくって、更に毎日毎日消費してます。今日は雨降りだったので、明日はまたたくさん出てるんだろな〜

竹は食べれるし、炭になったり、農業資材になったりすごいな〜
今度、竹の食器作ろうかな〜


kusakizomekobo_shikarikusakizomekobo_shikari at 19:36│

April 25, 2011

c3048fa1.jpg新しく借りた畑に紅花の種をまきました。かなりネズミに食べられてしまったがなんとか去年と同じぐらいの面積にはまくことができました。雨が降ったりやんだりしてるけど種には具合がいいので人間が頑張って作業を続けています


kusakizomekobo_shikarikusakizomekobo_shikari at 14:22│

April 20, 2011

242635d4.jpgまた西洋茜がはえてきました。元気だな〜


kusakizomekobo_shikarikusakizomekobo_shikari at 09:30│

April 13, 2011

9f20279a.jpg新しく畑を借りました。昨日から大急ぎで草刈りしてます。今月中に紅花の種をまいて、ウコンを植えて、来月藍を植えかえします。草刈り機と耕運機があってよかった〜。猪が出没するところではあるけれど、少しぐらい荒らされるのは仕方ないかな〜。


kusakizomekobo_shikarikusakizomekobo_shikari at 12:27│

March 23, 2011

0ff4b3b6.jpg作品。うさぎ年が終わる前に仕上げたい帯だそうです。若い方の作品。はじめはベージュ、日曜日に矢車を引いて、鉄媒染してました。なかなかかわいいですね。9月のしかり展までに間に合わせるのは先生の仕事です。


kusakizomekobo_shikarikusakizomekobo_shikari at 09:50│

March 22, 2011

4297c4b0.jpg昨日の早朝に引き続き、今日も中京テレビの撮影がありました。
昨日は朝8時15分ぐらいにテレビの人がやってきて、30分ぐらい作品と制作風景をさっと撮影されていきました。少しだけ使いたいんだと思う。今日は、タレントの石塚英彦さんと上原美優さんが岡崎城にやってきて、岡崎人200人ぐらいかわ集まってわワーってやるものでした。おかざき匠の会のメンバーも集まりました。


kusakizomekobo_shikarikusakizomekobo_shikari at 15:51│