平和資料館・草の家 

〒780-0861 高知県高知市升形9−11  TEL:(088)875-1275 FAX:(088)821-0586 E-mail:GRH@ma1.seikyou.ne.jp

戦争だけではない核被害

今日は、神奈川県から湘南学園高校の先生と生徒さんが来館してくれました😀

「戦争だけではない核の被害」についての学習をということで、岡村啓佐副館長がお話をさせて頂きました。
広島原爆の1000倍の威力を持つ水爆実験に知らないうちに巻きこまれ被爆した漁師の方々がいること。
それは第五福竜丸だけではないこと。
それを掘り起こしていったのは高校生であったこと。
被災した漁師の方やその遺族の証言
「原子力の平和利用」からの3.11、そして福島の現状
もみ消された核被害には731部隊からの連鎖があること。

数々の核被害を受けているにもかかわらず核兵器禁止条約に批准しない日本。この状況に違和感を感じてもらえたと思います。
選挙権が18歳からになったので高校生にもしっかりと学習し大事な選択を慎重にしてもらいたいと訴えました。


岡村啓佐副館長は、もうすぐ、ビキニで被災された方や遺族の方々の証言と写真をまとめた写真集「NO NUKES−ビキニの海はわすれない−」を出版予定です📒
漁師の方々の船での暮らしやビキニから帰航した港での対応、その後の症状などリアルな証言が日本語と英訳で載せられていて、ビキニ核被災の真実を世界に訴える大きな意味のある写真集!多くの皆様に見ていただきたい1冊です!

DSC_2144

館長にインタビュー🎤

秋晴れが最高に気持ち良いですね🌞✨

今日は、附属中学校の生徒さんが館長にインタビューをしたいとのことで、生徒さん自ら電話でアポを取って来館してくれました!
きっと学校では教わらない、戦争の生々しい話を聞き、馴染みのある高知市内が空襲で焼けている写真を見て、本物の焼夷弾やガスマスクを実際に触ってもらいました。

命令に従わず「殺したくない」と言った者は見せしめに死刑にされ、残された家族への手当は無く、むしろ犯罪者の家族として暮らさなければならなかった。
『欲しがりません、勝つまでは』という有名な言葉、実際に長袖を着ているだけで贅沢だと言って袖を切られていた。
焼夷弾の重さ。こんなものが空からたくさん降って来て爆発する。
テレビドラマや映画の話ではない戦争。その恐ろしさを少しは感じてもらえたようでした。

iPadでたくさん写真も撮っていってくれました😊

最後に「自分達には関係ないと無関心にならないで欲しい」と館長が訴え、記念写真を撮りました📸

DSC_2081
DSC_2077
DSC_2078

日中不再戦碑建立26周年記念のつどい

日中不再戦碑建立26周年記念のつどい

2018年9月17日(月・祝)午前11時〜12時 
※小雨決行
高知市城西公園 日中不才戦碑前にて

1931年9月18日、日本は「満州事変」を起こし、翌年、「満州国」をつくり、中国全土への侵略戦争を進めていきました。その結果、1千万人以上の中国人民を殺傷、甚大な被害をもたらしました。
高知県では、侵略戦争を反省し、運動により日中不才戦碑が建立されました。
今年は、日本と中国の間で「平和友好条約」が結ばれてからちょうど40年になります。
日中両国の歴史をふりかえり、平和共存・友好交流を進めるため、ぜひご参加ください

SKMBT_22318090411050

講演会『槇村に学び 今を生きる』

槇村浩没後80周年記念講演会
「槇村に学び 今を生きる」
講師:三浦建治氏(詩人会議)
2018年9月2日(日)午後2時〜
@高知市立自由民権記念館 
資料代/500円(チケット制)
販売/平和資料館・草の家
   高知市升形9-11
   TEL 088-875-1275

高知の生んだ天才反戦詩人、槇村浩(本名 吉田豊道)の没後80周年を記念して記念講演会を開催します❗
北の小林多喜二、南の槇村浩と言える反戦活動家が高知にいました。

治安維持法の下で命を懸けて戦争に反対した若者。
その生き方を、没後80年の今年、もう一度学び、今の時代に生かすべく、開催したいと思います。
槇村浩はまだまだ知られた人物ではありません。たくさんの方に知って頂けたらと思います。

当日は、槇村浩の詩の朗読(劇団 the・創)や槇村に関する資料の配布もございます!午前中には墓前祭も行います。
チケットはまだまだございますので、宜しくお願い致しますm(__)m

槇村チラシ

写真展『槇村浩と高知の反戦活動家たち』

明日から、高知県で行われる『第64回日本母親大会』を前に、各地の母親運動連絡会の方々が草の家に見学に来てくれています😊

明日の槇村浩の劇の前に、槇村浩について知りたいとお出でてくれた方もいました。
槇村浩は、高知の生んだ反戦詩人。治安維持法の下、戦争反対を訴え続け、拷問の末に若干26歳にして病死しました。
今年で没後80年になります。

槇村浩没後80周年記念事業のひとつとして、
明日から高知市旭の男女共同参画センターソーレにて
『槇村浩と高知の反戦活動家たち』と題し、写真展を行います📷
会期:2018/8/25(日)12:00〜9/2(日)17:00
入場無料
貴重な資料や写真が展示されます。ぜひ、おいでくださいm(__)m

和歌山母連見学

新しい戦争遺跡を発見!!

高知市浅井病院敷地内に高知空襲で焼けた土壁を発見

本日、草の家にて記者会見と現地にて見学会を行いました📸

草の家の近所にあります、浅井病院さんが最近、改築のため取り壊しをされました。その際、所有者が浅井病院さんではないために残っていた西側の土壁が高知空襲で赤く変色しているのを草の家の常任理事で研究員でもある馴田正満さんが発見しました。
早速、所有者の方と浅井病院さんの許可を得て、当時の戦災の状況などから確認を取り、報道各社に連絡し記者会見と見学会を行いました!
ここにも戦争の被害がある。という事実を焼き付けられる貴重な戦争遺跡です!
本日、夕方のニュースで取り上げて頂けるようです

※見学を希望される際は必ず許可を取って頂けますようお願い致します。
草の家に事前にご連絡頂ければご案内致します!


DSC_1625

DSC_1621

DSC_1633

DSC_1630

イベント紹介 Part.1

2018ピースウェイブinこうち
✌️イベント紹介🎋

「第36回平和七夕まつり」
7月1日(日)〜7月31日(火)
県内の小・中学校や福祉施設、民主団体の方々や個人の方にもご協力いただき、平和への願いを込めた折り鶴の七夕飾りが京町・新京橋商店街を彩ります✨

折り鶴は6/28(木)の締め切りまで募集しています‼️

お子様やお孫さんと一緒に戦争と平和のお話をしながら鶴を折る。この折り鶴の意味を子どもたちに伝えていって欲しいと思います。

一羽から受け付けております!皆様もぜひご参加ください


完成!!

「2018ピースウェイブinこうち」
のチラシとポスターが完成しました👏

今年はカラーで🌈
川村圭三さんが素敵な絵を描いてくれました✨

たくさんの方の目に触れ、関心を持っていただければ嬉しいです

pw18 ポスター

pw18 チラシ(表)

pw18 チラシ(裏)

嬉しい訪問

今日は、朝倉中学校の生徒会の先生と生徒さんが訪問してくれました!

「学校の近くにある忠霊塔が何か分からない」をきっかけに
戦争と平和について考え直し勉強するために動き始めたそうです😊✨
まず今年は思いを形に、ということで折り鶴も折ってくれているそう♬
とても楽しみです

朝中生徒会訪問

朝中生徒会訪問2

2018.5.1メーデー

GWはどう過ごされましたか?
草の家のメンバーは5月1日、メーデーの集会に参加して来ました😃

「1日8時間働けばまともに暮らせる賃金を!」
働きたくないわけじゃない!
でも、働くためだけに生きているわけでもない!
しっかり働く、その上で、それなりの休暇『自分のための時間』を

この主張がゼイタクだと思わせる社会・政治を変えなければ😾

なかなか暑い日でしたが、800人が各々の旗やプラカードを持ってアーケードから電車通りをデモ行進しました!

DSC_1275

DSC_1282

DSC_1287

DSC_1288
DSC_1279

思いを形に!ご参加ください!

新緑🌿の眩しい季節となり、
夏の一大イベント、『ピースウェイブ in こうち』が今年も動き始めました

ピースウェイブ最初のイベント、平和七夕まつりは今年で36回目を迎えます!
毎年4月には、県内小中学校、福祉施設などに参加のご案内をお送りしていますが、残念ながら年々参加団体が減ってしまっています
小さい子どもたちからおじいちゃんおばあちゃんまで、みんなが参加でき、平和への思いを形にし作り上げる、年に1度のイベント!
たくさんの鶴が集まればとても美しい✨みんなの思いが目に見える大切なイベントです!

1羽からでもご参加頂けます‼️もちろん、遠方からのご参加も大歓迎です!
私たちと一緒にこのイベントを作り上げて頂ければ幸いです💖
お待ちしています

折り鶴

PW鶴折り方

草の家から発信する平和への願い

先週月曜日には、フラメンコ公演『いのち―忘れるな 高知大空襲の悲劇を―』(主催:SACHIKOフラメンコスタジオ)が草の家ホールでおこなわれました!

 世界で活躍されている歌手や演奏家の方々と「触れる展示品」である戦時中の水筒を下げ、兵士の格好をした堅田さんが観客に語りかけながら熱いフラメンコを披露してくれました💃
 生歌、生演奏とメンバー同士が時折掛け合うスペイン語が激シブでした💖

 資料館として、会議室として、イベント会場として!様々な分野から平和への思い、願いを発信する場として草の家をもっともっと活用して頂けたらと思います

20180326170857_p

20180326173437_p

20180326175136_p


フラメンコ公演、本日!!

Flamenco いのち
―忘れるな 高知大空襲の悲劇を―
本日、16:30〜💃
生歌、生演奏ソウルフルな舞台になることまちがいなしのリハーサルが行われています💓
ぜひぜひお越しください

※尚、本日フラメンコ公演により貸切の為、館内のご見学は頂けません。
 大変ご迷惑をお掛けし申し訳ございませんが、ご了承ください。

kochiflamencocircle

フラメンコチラシ

44連隊弾薬庫等の現地見学会開催

44連隊弾薬庫と講堂、保存へ✨

皆様にご支援、ご協力頂きながら進めてきた保存活動ですが、
1月25日に高知県文化財審議会は、これらの建物の歴史的重要性から県文化財に指定するよう答申しました👏
それを受けて高知県は保存に向けて検討を進めると発表🎉
保存への取り組みは新たな段階を迎えました!

これらの建物の歴史的価値と平和を伝えていく地域の財産としての活用方法などについても意見交換をしたいと思い、現地見学会を企画しました。

高知県が一番乗りで開花宣言が出されましたね🌸
講堂の裏にも桜が咲きます、見ごろの頃だと思います🎵
皆さん、お誘い合わせでお越しください!

2018年4月7日㊏ 午前10時〜
旧大蔵省印刷局(高知大西隣)現地にて

20180407見学会チラシ

草の家でフラメンコ

草の家でフラメンコ公演💃
『Flamenco いのち―忘れるな 高知大空襲の悲劇を―』


3月26日(月)@平和資料館・草の家
開場 午後4時/開演 午後4時30分


入場料:大人3500円/小人2500円(当日500円UP)
※5歳以下は入場できません。障害者割引あります。

主催:SACHIKO フラメンコスタジオ

チケット販売
■平和資料館・草の家(088-875-1275)
■高新プレイガイド(088-825-4335)
■SACHIKOフラメンコスタジオ(090-4833-4273/堅田)

3月は文化行事が続きます🎶
私たちの暮らすこの場所で起こった、高知大空襲の悲劇を忘れないために!語り継ぎ、決して繰り返さない!その思いを大迫力のフラメンコに込めて❗
チケット絶賛発売中です🙋‍♀️是非おこしくださいm(__)m

フラメンコチラシ

ご参加ありがとうございました!

3/10㊏『草の家・音楽の日』
3/11㊐『草の家と故太田紘志が問いかける、東アジアから見た「明治150年」』

両日とも大勢のみなさんにご参加頂き、大盛況のうちに終えることができました🤣
ありがとうございました🎶

金さんの力強い講演、安部さん・野さん・楠山さん・伊勢さんミゲルさん5人の音楽家の貴重な演奏、太田さんの活動をふり返り思い出を語り合い、皆さんの平和への思いに刺激を与えられた2日間になったと思います❗
ご協力頂きましたみなさんにも感謝申し上げます👏

まだまだ企画は続き、
■3月26日㊊16:30〜草の家にて!
『Flamenco いのち―忘れるな 高知大空襲の悲劇を―』
日本障害者フラメンコ普及協会立ち上げ公演💃
■4月7日㊏10:00〜@旧大蔵省印刷局🌸
『桜咲く旧44連隊弾薬庫等現地見学会』
を開催します!
※詳しくは後程UPします!

DSC_1635

DSC_1631

20180311160827_p

金英丸講演写真k

草の家・音楽の日

草の家・音楽の日🎻
明日、3月10日(土)@草の家
【時間】
公開リハーサル/14時〜
本公演/開場18時・開演18時30分〜
【参加費】
公開リハーサル/1000円
本公演/3000円
ご協賛金/1口3000円
広島で生まれ、ご両親が被爆、お姉さんを戦争で亡くされた安部慶子さんが草の家を訪ねて頂いたことから始まります。
広島を、戦争の犠牲を風化させてはならない。被爆三世四世たちにその自覚はあるのだろうかと懸念されていたそうです。
そんな時、草の家を訪れ高知も広島と同じように町の中心はすべて焼き払われたことを知ったのです。
驚き深い共感が生まれ、自分のできる音楽で思いを伝えたい。
それを感じた、この草の家で!コンサートを。
親しい音楽家の方たちがその思いに共感し遠くから集まってくれます!
様々な場所で精力的な活動を展開し高い評価を得ている音楽家の方々がこの日の為に草の家に集まります😀👏
小さな会場ですが、二度と聴けない!それ程豪華なメンバーの思いのこもった『一期一会のコンサート』ぜひお越しください

音楽の日写真

音楽の日チラシ(表)

音楽の日チラシ(裏)

【企画】東アジアから見た「明治150年」

草の家と故太田紘志が問いかける
東アジアから見た「明治150年」
【第一部】15:30〜金英丸氏講演会
【第二部】18:30〜太田紘志さんを偲ぶ会


3月11日(日)
@高知城ホール4F多目的ホール

参加費:第一部1000円/第二部5000円

キム・ヨンファン氏講演会後、草の家の創立以来役員として様々な分野で活躍された太田紘志さんを偲び、キム・ヨンファン氏も参加し皆さんと交流を深める機会としたいと思います。ご参加頂ける方は3月6日(火)までに平和資料館・草の家までお申し込みください

平和資料館・草の家
〒780-0861 高知市升形9-11
TEL:088-875-1275/FAX:088-821-0586
MAIL:GRH@ma1.seikyou.ne.jp

ご協力のお願い

私たちは2011年以来、旧歩兵44連隊の弾薬庫・講堂の保存に取組んでまいりました。
 昨年秋、高知県知事の英断もあって競争入札は一時中止となり私たちも安堵していました。その後、昨年12月と今年1月に開かれた県文化財保護審議委員会でも「文化財として保存の価値あり」という答申が示されました。
 しかしながら県教育委員会からは、保存に前向きな判断が出されないような状況続いています。競争入札中止の期間は2月末であり、このままでは入札が復活する可能性もあり大変危惧しています。
 保存会としては、県知事宛の保存要望署名を少しでも多く集め、副知事あるいは県教育長に再度保存要望を申し入れることにしました。交渉日は2月15日か16日になりそうです。
 つきましては、2月12日までに署名を集め申し入れに備えたいたいと思っております。お忙しいところまことに恐縮ではございますがご協力頂ければ幸いです。

オンライン署名👇
https://goo.gl/forms/edICpJSFqthQFQfp1
※こちらのページより署名用紙のプリントアウトも可能です

謹賀新年

遅くなりましたが…
あけましておめでとうございます🐶
2️⃣0️⃣1️⃣8️⃣🐕
本年もよろしくお願いいたします😸

♯puppy new year
こちらの画像は、実際に保護施設で里親を待つワンちゃんネコちゃんたちをモデルに、年賀状やSNSでのご挨拶用に作られました。
ホームページから誰でもダウンロードでき、ワンちゃんネコちゃんたちのプロフィールも見ることができます!
この子達や保護活動を多くの人に知ってもらう、時代に合った素晴らしいアイディアですよね👏
参考になります

d001-hd007-vd010-vd016-h
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ