2016年07月25日

夏期休館日について

当館のブログまで足を運んでくださってありがとうございます。

2016年8月12日(金)から8月17日(水)まで、夏期休館日とさせていただきます。
メールでのお問い合わせ、書籍等のご注文につきましては、8月18日(木)より対応させていただきます。ご了承ください。

平和資料館・草の家 事務局

kusanoie at 09:23|Permalink

2016年07月22日

旧陸軍歩兵第44連隊の弾薬庫と講堂を保存を求める署名運動

現在草の家では、旧陸軍歩兵第44連隊の弾薬庫と講堂を保存を求める署名運動(高知市長宛て)を行っています。内容は以下の通りです。
息の長い運動になるかと思います。草の家にも印刷した署名用紙をたくさん置いてありますので、ご協力いただける方はよろしくお願いします。


旧陸軍歩兵第44連隊の弾薬庫と講堂を保存してください

 高知市朝倉地区には、かつて旧歩兵第44連隊兵営などの施設がありました。戦後、その大部分は高知大学となり連隊由来の施設はなくなりましたが、西北部の財務省管理地(旧大蔵省印刷局)には弾薬庫と講堂が残っています。
 44連隊は1896年(明治29年)松山で編成され、翌年朝倉に移駐し、その後日露戦争、シベリヤ出兵、日中戦争からアジア・太平洋戦争へと出兵を繰り返しました。そして多くの若者が、ここから大陸や南方の戦場に送り出されて行ったのです。県民にとっては深く記憶に刻まれたところです。
 戦後71年が経過し戦争体験者が減少していく近年、戦争の悲惨さや実相を伝えるものとして戦争遺跡が重要視されるようになりました。弾薬庫と講堂は、まさに戦争の「生き証人」であり、地域と戦争の関わりを知るうえでもかけがえのない存在です。
 ところが財務省においては、この土地を売却する計画であると聞き大変憂慮しています。
 高知市は、2015年度に高知大学に依頼して弾薬庫と講堂の学術調査を実施しされ、詳細な報告書を出されました。報告書によると、両建物ともに歴史的価値の高い建築物であり、保存の必要性についても述べています。
 弾薬庫と講堂の歴史的重要性に鑑みて、以下のこと申し入れます。

 1 高知市は、財務省と話し合い弾薬庫と講堂の保存をして下さい。
 2 高知市は、周辺にある44連隊関連遺跡とともに文化財に指定し歴史資料や平和学習の教材として広く活用できるようにして下さい。

署名用紙は両面です。
画像はクリックで大きく表示されます↓
弾薬庫署名01

弾薬庫署名02


kusanoie at 16:47|Permalink

2016年07月21日

第10回掩体コンサート(8/21)

あなたと掩体から平和の音色を送りだそう♪

掩体とは…
戦時中につくられた飛行機の格納庫のことです。
現在南国市にある7基が史跡指定され、声なき平和の語りべとして残っています。

第10回掩体コンサート

日時 8月21日(日) 18:00〜20:00
会場 大湊小学校体育館(南国市)
入場無料
(カンパを募ります)
主催 掩体壕を文化財として守り育てる会、掩体コンサート実行委員会
連絡先 電話FAX088-863-6248(森本)

※当日、17:00よりガイドによる掩体見学会を開きます。同体育館前集合。

画像はクリックで大きく表示されます↓
160821掩体



kusanoie at 11:38|Permalink

【おしらせ】8・15戦争をかたりつぐつどい(8/15)

8・15戦争をかたりつぐつどい

日時 8月15日(月)9:50〜12:00(受付9:20〜)
場所 高知県人権啓発センター6階(本町4丁目)
参加費 500円
※保育の必要な方は事前に連絡を(8/5まで)

主催 8・15戦争をかたりつぐつどい実行委員会
連絡先 高知県教職員組合 088-822-4135

◆平和のうた 高知センター合唱団
◆平和の詩 朗読グループ 梨の会
◆戦争を語りつぐ取り組み 若者の取り組み

◆記念講演
歴史は鏡〜過去から学ばざるものは過ちを繰り返す〜
講師 岡村啓佐(平和資料館・草の家 副館長)

画像はクリックで大きく表示されます↓
160815つどい

kusanoie at 11:28|Permalink

第33回平和映画祭 「サクラ花―桜花最期の特攻―」(8/15)

第二次大戦末期、一つの兵器が生み出された。
プロペラも車輪もない、敵艦に向かって突撃するだけの小型特攻機「桜花(おうか)」。
一度乗れば、二度と生きて戻れず、”人間爆弾”と呼ばれた。

終戦直前の昭和20年初夏、一式陸攻機に搭載されて激戦地沖縄に向かった乗員8人の過酷な運命を描く。歌手の三山ひろしも出演。

「サクラ花―桜花最期の特攻―」
(松村克弥監督/2015年)

日時 8月15日(月)
    10:30 12:30 14:30 16:30 19:00
場所 高知県立美術館ホール
入場料 前売り1000円、当日1300円、中高校生は当日のみ800円
     ※草の家でも前売り券販売しています。

主催 映画「サクラ花―桜花最期の特攻―」高知実行委員会、高知平和映画祭実行委員会
連絡先 090-1576-3970(馴田)、090-2784-6588(大西)

画像はクリックで大きく表示されます↓
160815サクラ花01

160815サクラ花02

kusanoie at 11:19|Permalink

【おしらせ】「高知市平和の日」記念事業(8/6〜16)

「高知市平和の日」記念事業
生活の中から戦争を考える

期間 8月6日(土)〜16日(火) 9:30〜17:00
※月曜(8/8、8/12、8/15)は休館日
場所 高知市立自由民権記念館(桟橋通4-14-3)
入場無料

問い合わせ 高知市総務課国際平和係
        電話088-823-9955

◆8/6(土)〜8/16(火)常設展示
企画展・高知空襲展 「平和への思い」作品展
◆8/6(土)オープニングセレモニー、平和コンサート、戦争と平和を語るつどいほか
◆8/7(日)平和祈念上映会 2回上映
上映作品「野のなななのか」(大林宣彦監督/2014年/171分作品)
◆8/13(土)平和フィールドワーク
◆8/14(日)平和祈念講演会ほか
「ズッコケ三人組 平和を語る」 講師:那須正幹さん(作家)

画像はクリックで大きく表示されます↓
160806-16高知市01

160806-16高知市02


kusanoie at 11:05|Permalink

【講演会】ビキニ被災者の生活状態から見えてくるもの(7/31)

「ビキニ被災者の生活状態から見えてくるもの」
山下正寿さん講演会

山下正寿さんは高知県宿毛市生まれ、元県立高校教諭で太平洋核被災支援センター事務局長。
幡多高校生ゼミナールの顧問として、ビキニ被災船員の問題に長年取り組んできました。国は被災船員の被曝の実態を隠し、補償も行ってきませんでした。この間、明らかになった事実を含めて語っていただきます。
伊方原発運転差し止め訴訟の現状についての報告もあります。

日時 7月31日(日) 13:30〜16:00(13:00開場)
場所 高知大学朝倉キャンパス 共通教育1号館2階127教室
参加費(資料代) 500円 学生無料

主催 高知における平和学プロジェクト
共催 伊方原発をとめる高知県の会
問い合わせ 電話FAX088-822-4610(岩田)

画像はクリックで大きく表示されます↓
160731yaashita

kusanoie at 10:49|Permalink

【おしらせ】ドキュメンタリー映画「キューバップ」

二人の天才ミュージシャン。
一人はキューバへ残り、
一人は国交の無い
ニューヨークへと去っていった。
家族と仲間が待つ故郷へ放蕩息子が帰ってくるとき、
一回だけの感動のセッションがはじまる

Cu−Bop(キューバップ)
キューバ/ニューヨーク ミュージック・ドキュメンタリー
(2014年/日本・キューバ/110分作品)

日時 7月30日(土)、31日(日)
    13:00 16:00 18:30(開場は各30分前)
会場 喫茶メフィストフェレス2階シアター(帯屋町2-5-23)
入場料 1200円 小学生以下無料(座席40席)

問い合わせ 090-9803-9984(前田)
        boogieboogie4@gmail.com
※「ゴトゴトシネマ」ホームページ、FaceBook等で最新情報をご確認ください。

画像はクリックで大きく表示されます↓
cu-bop01

cu-bop02


kusanoie at 10:40|Permalink

2016年07月15日

【お詫び】資料展特別企画 7/17講演会の中止について

第38回戦争と平和を考える資料展で、7月17日(日)14時〜16時の特別企画・講演会「陸軍歩兵44連隊の弾薬庫と講堂の保存を」は中止になりました。
この経緯につきましては、主催者である平和資料館・草の家の全面的な責任です。
小幡尚様、また、自由民権記念館の関係者のみなさまには、大変なご迷惑をおかけしてしまいましたこと、この場をかりてお詫び申し上げます。
この講演会に足を運ぼうと予定を立てて下さっていた方にも、心よりお詫び申し上げます。

平和資料館・草の家 館長 岡村正弘


kusanoie at 16:37|Permalink

【おしらせ】戦争法を廃止させる19日行動(7/19)

戦争法を廃止させる19日行動

参院選後も野党は共闘!
憲法違反の戦争法は廃止させる

日時:7月19日(火)午後6時スタート
場所:中央公園北口付近


画像はクリックで大きく表示されます↓
20160719











主催 高知憲法アクション
連絡先 高知県平和運動センター(088-875-7274)
     高知県平和委員会 (088-823-8334)

kusanoie at 09:27|Permalink

2016年07月14日

【おしらせ】みんなで止めよう伊方原発07.24全国集会 高知からバスで参加しませんか

7月24日に、伊方原発再稼働阻止の現地集会が開かれます。
高知からバスで参加しませんか。
バス参加を希望される方は、原発をなくす会の連絡先へ直接接申し込むか、草の家に連絡いただいてもかまいません。
どなたもご参加ください。

◆みんなで止めよう伊方原発07.24全国集会
日時 7月24日(日) 13:30〜
集会 伊方町九町・伊方ビジターハウス前(道の駅きらら館)
抗議行動 伊方原発ゲート前


四国電力は7月に伊方原発再稼働する方針を発表しました。
熊本大地震で動いた中央構造線上には、河内原発と伊方原発が存在しています。熊本大地震時には、伊方も大きく揺れました。
さらに、海上保安庁などの研究チームは英科学誌「nature」で、南海トラフ地震を引き起こすひずみが、四国沖及び東海沖に多くたまっていると発表しました。
この状況下で再稼働を強行するのは、地域住民の生命を徹底的にないがしろにし、「(電気よりも)命が大事」と伊方原発再稼働反対の声をあげてきた市県民の声を踏みにじる行為です。
わたしたちは強い怒りを持って、伊方原発再稼働阻止現地行動を決行します。

画像はクリックで大きく表示されます↓
16072401

2016072402











◆バス参加申込詳細
集合時間 〜8:50(9:00に出発予定、途中PAで昼食休憩あり)
集合場所 高知県民文化ホール前
利用料 一般4000円、高校生・大学生2000円(中学生以下無料)
    ※集合場所で集金
申込み締め切り 7月15日(金)までに※期限厳守でお願いします
申し込み後の変更 7月22日(金)までに


【主催】原発をなくし、自然エネルギーを推進する高知県民連絡会
【申込み・連絡先】
高知県平和運動センター(電話088-875-7277、FAX088-875-7274)
高知県平和委員会(電話・FAX088-823-8334) 

2016072403

kusanoie at 10:40|Permalink

第38回戦争と平和を考える資料展 開催中です(7/13〜7/18)

◇高知市朝倉から出兵した郷土部隊、陸軍歩兵44連隊とはどんな役割の軍隊だったかに焦点をあてます。現在の高知大学(曙町)の辺りにあった44連隊の、当時の図面や写真、今に残る弾薬庫跡、陸軍墓地などを歩き再現します。44連隊兵舎への当時の青年たちによる反戦ビラ配布の事実も掘り起こします。
◇1945年7月4日未明、アメリカ軍の爆撃機B29が高知市を空襲しました。アメリカ軍が上空から撮影した空襲前の高知市の写真など貴重な資料も展示します。
意外と短い期間ですので、どうぞみなさんご来場ください。

第38回戦争と平和を考える資料展(高知空襲展)
 
 期間 7月13日(水)〜7月18日(月・祝)
 時間 9〜17時(最終日は16時まで)
 開場 自由民権記念館(高知市桟橋通4-14-3)





kusanoie at 09:20|Permalink

2016年07月05日

第33回反核平和コンサート(7/12) ごあんない

第33回反核平和コンサート

NO PASARAN!
戦争をとおしはしない

日時:7月12日(火)18時開場 18時半開演
場所:高知県民文化ホール(グリーン)
参加費 一般800円 小中高生500円 障がい者500円
     ※当日は200円アップ

主催:第33回反核平和コンサート2016実行委員会
事務局 高知市鴨部2-2-36(電話088-843-5787)

「みんなで平和を考え、みんなで作り上げるコンサート」を目指して。
多彩な歌声、ダンス、演奏に想いをのせて♪

幅広い年代が同じステージにつどい、参加者も一緒になって楽しめるイベントです。
どうぞお誘い合わせてご参加ください。

画像はクリックで大きく表示されます↓
2016pw反核平和コンサート

kusanoie at 13:27|Permalink

今日から、「第33回平和美術展」はじまりました(7/5〜7/10)

今年は「人間だけの地球じゃない」をテーマに、絵、書、写真、彫塑などの作品に思いを込めて表現しています。
関東大震災の記録写真、フクシマの現状写真の特別展示もあります。
また、7月6日(水)には、同主催で特別講演会もあります。(※別会場)
みなさん、どうぞお誘い合わせてご来場・ご参加ください。

「第33回平和美術展」平和の壁に花一輪を 9条の風になろう
期間 7月5日(火)〜7月10日(日)
時間 9〜17時(最終日は16時まで)
開場 高知県立美術館・県民ギャラリー(高須353-2)
入場無料

主催 高知平和美術会、美術家9条高知、高知県革新懇

◆特別講演会「歴史家が読んだ自民改憲案」
講師 公文豪さん(近代史研究家)
日時 7月6日(水)17:30から
場所 平和資料館・草の家(升形9-11)
参加費無料


画像はクリックで大きく表示されます↓
2016pw33美術展

kusanoie at 11:40|Permalink

2016年07月01日

【おしらせ】不思議なクニの憲法

様々な立場、経験を持った人々が語る「私にとっての憲法」

「意見」よりも日常に根ざした「人びとの声」に耳を傾ける映画です。
お時間のかまわない方は、ぜひ足をお運びください。

映画「不思議なクニの憲法」

日時 7月2日(土)午後6時半〜8時35分(午後6時開場)
場所 高知県立大学永国寺キャンパス教育研究棟1階A109教室

※駐車場がないため、公共交通機関の利用を
料金 一般1000円/高校生500円(中学生以下無料)

主催 同映画高知上映員会(佐藤、青木)
問い合わせ 840-3720(19-21時)

2016070201

2016070202

kusanoie at 17:18|Permalink

2016年06月30日

第34回平和七夕まつり 開催中です(6/25〜7/31)

6月25日、夕方6時頃から高知市新京橋商店街にて、平和七夕まつりの千羽鶴の吊り上げ作業を行いました。
商店街のみなさんのご協力の下、こうち生協、高知センター合唱団等諸団体・個人、郡部の先生方、そして草の家関係者で1時間程かけて無事吊り終わりました。
今年は全部で40連の千羽鶴が集まり、商店街アーケードを彩っています。例年は京橋商店街も開催しますが、数の関係で今年は新京橋商店街のみとなりました。
高知県内の小中学校、高校、福祉施設、生協、各民主団体、そして個人から寄せていただいた市民有志(高知市、南国市)の千羽鶴です。

画像はクリックで大きく表示されます↓
2016pw七夕01

2016pw06

2016pw七夕06











また、吊り上げ作業後、「ピースウエイブ・スタートのつどい」を開きました。
岡村正弘草の家館長の開会あいさつのあと、高知センター合唱団のみなさんの演奏と音頭で、「青い空は」「折り鶴」など数曲を参加者一同で合唱しました。芝村和天さんは手話で歌いました♪

2016pw七夕02

2016pw七夕手話









今年も力作揃いですので、ぜひ7月31日までの期間中にご覧ください。
お街を通られたら、ちょっと上を見上げてみてくださいね。


kusanoie at 13:58|Permalink

2016年06月07日

2016ピースウエイブinこうち 行事はこちら

今年もまた、暑い夏がめぐってきます。
私たちは、毎年6月から8月にかけて、「ピースウエイブinこうち」と題して、高知県内の各個人・団体が企画した人権・平和をテーマにしたさまざまな行事を行っています。草の家は事務局を担当しています。

「2016ピースウエイブinこうち」も盛りだくさんの内容となりました。
6月25日(土)から、今年34回目となる「平和七夕まつり」がスタートします。7月末までの約1か月、県内の小・中学校、福祉施設、そして個人等が一羽ずつ折った千羽鶴が、高知市京町・新京橋商店街のアーケードを鮮やかに彩ります。どなたも参加していただけますので、気になる方は草の家までお問い合わせください。
25日の夕方から、地元の関係者や郡部の先生たちと吊り上げたあと、「ピースウエイブ・スタートのつどい」を行います。これは、高知センター合唱団のみなさんの演奏にのせて、みなで歌う音楽のつどいです。
以下、ピースウエイブinこうちの行事(日程順)です。
多彩な行事がありますので、ぜひどなたもご参加ください。
また順次、写真などでも紹介していきます。

第34回平和七夕まつり
日時:6/25(土)〜7/31(日)
場所:京町・新京橋商店街
主催:平和資料館草の家

ピースウエイブスタートのつどい
日時:6/25(土)18:30〜 ※千羽鶴吊り上げ後
場所:京町・新京橋商店街路上

小夏の映画会 映画「人魚伝説」上映/木田節子講演と牧田寛対談
日時:6/26(日) 10:00 14:45 18:40 〈講演〉12:10 〈対談〉16:55
場所: 龍馬の生まれたまち記念館
入場料カンパ

第12回高知市平和祈念式追悼集会
日時:7/4(月) 10:00〜
場所: 「高知市平和祈念の碑」前(大原町龍馬スタジアム入口)
主催:高知市

第33回平和美術展 テーマ「人間だけの地球じゃない」
日時:7/5(火)〜7/10(日) 9:00〜17:00(最終日16:00迄)
場所:県立美術館・県民ギャラリー
入場無料
主催:高知平和美術会、美術家9条の会、高知県革新懇

第33回反核平和コンサート
日時:7/12(火) 18:30開演(18:00開場)
場所:県民文化ホール(グリーン)
入場料:一般800円、小中高校生500円、障がい者500円
主催:反核平和コンサート実行委員会

第38回戦争と平和を考える資料展
日時:7/13(水)〜7/18(月・祝) 9:30〜17:00(最終日16:00迄)
場所:自由民権記念館
入場無料
主催:平和資料館・草の家

灯ろう流し
日時:7/15(金)
場所:みどりの広場(鏡川河畔)  18:00〜 ※雨天時は7/16(土)に変更
参加費200円
主催:新日本婦人の会高知市支部

第20回ピースアクション・ユニセフのつどいinこうち
日時:7/16(土) 13:00〜15:00
場所:高知会館3階・飛鳥
主催:こうち生活協同組合

第33回平和映画祭 映画「サクラ花―桜花最期の特攻―」上映
日時:8/15(月) 10:30 12:30 14:30 16:30 19:00
場所:高知 県立美術館ホール
入場料:前売り1000円(当日1300円)、中高校生は当日のみ800円
主催:第33回平和映画祭実行委員会

第10回掩体コンサート
日時:8/21(日) 18:00〜 ※17:00よりガイドによる掩体壕見学会
場所:南国市大湊小学校体育館
入場無料
主催:掩体コンサート実行委員会

画像はクリックで大きく表示されます↓
2016pw01

2016pw02











また、チラシ・ポスターは草の家にまだたくさん残っていますのでご活用ください。

kusanoie at 10:35|Permalink草の家からのお知らせ 

2016年05月30日

藤原義一さんの書いた『槇村浩が歌っている』出版を祝う会

藤原義一さんの書いた
『槇村浩が歌っている
―そして高知が僕等の集中的舞台だったのだ!』
出版を祝う会


日時:6月1日(水) 18時から
場所:平和資料館・草の家
会費:3000円(本一冊贈呈)


「生ける銃架(じゅうか)」や「間島(かんとう)パルチザンの歌」など、豊かな表現力で多くの作品を残した高知の反戦詩人・槇村浩(まきむらこう、本名・吉田豊道、1912〜1938)、彼の生誕104年目にあたるこの日、平和資料館・草の家の学芸員・藤原義一さんがこれまでの研究成果をまとめて執筆した本『槇村浩が歌っている』の出版を祝う会を開きます。記念講演のほか、集ったみなさんと美味しいごはんなど食べながら、飲みながら、大いに語り合い、藤原さんをねぎらいたいと思います。
また、当日17時から、城西公園内にある槇村浩詩碑の前で碑前祭を行います。こちらもどうぞ。
どなたもご参加ください。

日時:6月1日(水)17時から
場所:城西公園 槇村浩詩碑前


クリックで大きく表示されます↓
160601






主催:平和資料館・草の家



kusanoie at 14:18|Permalink

2016年05月24日

【おしらせ】「ビキニ被災国家賠償請求訴訟」支援募金にご協力を

アメリカが1945年にビキニ環礁で行った6回の水爆実験による被ばく者は、政府によって被ばく資料が隠され、かつ、被災対策、援助はされないまま62年間、被災船員・遺族は放置されてきました。この事件は、ようやく一昨年秋に当時の厚生省や外務省などの資料を開示させ、マグロ漁船の放射能汚染の状況、船員の放射能汚染記録と漁船の航路記録が発見され、船員の被災状況も明らかになりました。
その間の日本政府の重大な違法行為が明らかとなり、政府の責任を追及する国家賠償請求訴訟を起こすことになりました。「裁判」の原告は、汚染マグロを放棄させられた漁船、船体汚染記録のある漁船、船舶、放射能汚染海水・雨・魚を利用したり食べたりなどによる内部被ばくによる影響を受けたとみられる船員・遺族の方です。

訴えの意義について
1.ビキニ被災の記録を公開せず、かつ被災者を放置した国の「不作為」責任をあきらかにする。
2.ビキニ被災船員や遺族に対する損害賠償を請求する。
3.ビキニ被災を教訓として、未来に継承し、福島原発被災に生かす。
4.アメリカはじめ核保有国の核実験の国際的責任を求める。

よびかけ人 梶原守光・和田忠明・桑野浩・太田紘志・小松茂弘・濱田郁夫・上岡橋平・山下正寿・畑山佳代
連絡先 高知県原水協 高知市丸の内2-1-10 TEL088-823-8334

【振込先】
ゆうちょ銀行
口座番号 01620-1-60346
加入者名 高知県原水協
通信欄には、「ビキニ被災国家賠償請求訴訟支援募金」とお書き添えください。

画像はクリックで大きく表示されます↓
bikini


kusanoie at 10:41|Permalink

【おしらせ】ドキュメンタリー映画「ザ・思いやり」

知ッテイマスカ?

日本の税金が在日米軍のために使われていることを

在日米軍家族のための住宅、小・中学校、教会、銀行、ゴルフ場、マクドナルドなどの施設に使われていることを

電気、水道、ガス料金は使い放題、遊びでも有料道路料金はすべてタダだということを

米軍による凶悪・暴行事件の賠償金にも使われていることを…

ドキュメンタリー映画
「ザ・思いやり」
(リラン・バクレー監督/2015年/88分作品)

日時:5月31日(火)
    10時30分 12時30分 14時30分 16時30分 19時
場所:高知県立美術館ホール
入場料:前売1000円 当日1200円(中高生は当日のみ500円)


アメリカとの条約においては一切義務付けられていない「思いやり予算」は、1978年から始まり、日本人が自ら働いて支払っている税金約6兆円が在日米軍へ投入されてきました。
米兵一人当たり年間1500万円という膨大な額は、ほとんどがアメリカ軍人の贅沢な生活を支援するために使われているのです。
この映画では、「思いやり予算」の不条理さと矛盾を様々な視点から鋭く、そしてユーモアたっぷりに日本人に問いかけていきます。
どなたもどうぞご参加ください。

画像はクリックで大きく表示されます↓
16053表

160531裏











連絡先:映画「ザ・思いやり」高知実行委員会
     090-6287-2228(胡摩崎)

kusanoie at 10:19|Permalink