2016年11月01日

記事タイトル今日から19年目が始まります

早朝までで雨も止み、曇りと青空とが混じったヒンヤリとした空気の中で11月1日を迎えた東大阪市東部です。

今日は、先代急逝により残った柳瀬製作所を鎖屋兄弟達が引き継ぎ再スタートさせた記念日になります。

TOPCHAIN柳瀬製作所正面
















引き継いだ1998年から丸18年が経ち、19年目の最初の日を迎えました。

取引規模は先代の時代よりは小さいですが、<お客様との距離が近い>お商売が出来るようになりました。

お使い頂く方の姿が見えたり、想像出来たりする事は、自分達のものづくりに対する責任感を意識する事になりますし、頂いたお声やお写真は励みになります。

人の手を介さず製造から包装まで行われた完成商品が出来上がる、フルオートメーションは日本が世界に誇る素晴らしい技術ですし、我々にはまだまだ導入出来るものではありません。
でも、昔から今も続く、自分の手を通して作り、袋詰めしたものを、待っていらっしゃる方が手にとって下さるモノづくりも素敵だ思います。
効率性という点では劣るかもしれませんが、そこには人の思いや温かみが込められている気がしてならないのです。

今までも、そしてこれからも、そんなものづくりを続けられる鎖屋兄弟達であるよう、努めてまいります。

今後ともTOP CHAIN 柳瀬製作所と鎖屋兄弟達を宜しくお願い致します。


追記、19年目を迎えるにあたり、良い景気を迎えられるよう、良い(美味しい)ケーキを買ってお祝いすることにしました。

19年目を祝う栗のミルフィーユ












鎖屋兄弟達と同じく1998年に洋菓子店を開業された<お菓子の工房 カランリーヌ>さんのマロンのミルフィーユに、無理を言ってプレートを付けて頂きました。
工場からすぐ近くのところにお店があり、2001年に鎖屋兄弟長男のウェディングケーキを作って頂いたことがご縁で親しくさせてもらって(本当は無理ばかり聞いてもらって)います。

最寄り駅などからは少し離れているので、交通の便はあまり良くないのですが、ケーキや焼き菓子の味は、在版のテレビや雑誌で紹介されたり、高級車のディーラーさんの来場者向けのお茶菓子として採用されていることからもご想像頂けるかと思います。
(繁盛しすぎると、忙しさから、私共の毎回の無理な注文を聞いて頂けなくかもしれないので・・・。でも、お土産でお渡しした先の方々には「美味しかった」と本当に喜んで頂けています。)

花園あいすどらいくん












カランリーヌさんからは、19年目のお祝いだからという事で、アイスどら焼きをプレゼントして頂きました。
(持ち帰り時間のための保冷の役目も果たしてくれ、何倍もの嬉しさです。)

これで19年目の景気が良いこと間違いなし!です。

頑張るぞー!!