2017年11月14日

フラットコーテッドレトリバー用に係留用チェーンをお作り致しました

11月も半ば近くとなり、大阪でも朝夕は上着が1枚欲しい気温になりました。

落ち葉の公園を散歩









お散歩中のワンコも落ち葉をカサコソさせて楽しそうです。

色づいた桜の葉










ベンチの落ち葉











周辺の木々も紅葉が進み、秋の訪れを感じます。

今回はフラットコーテッドレトリバーをお飼いの方からご相談のメールを頂きました。

『性格はよく動き回り何かに向かって突進していくタイプでかなりやんちゃです。
環境は土の上ですが、近くに岩の柵があるため岩が擦れてワイヤーはすぐに切れてしまっています。
4mくらい長さは欲しいです。』

ワンちゃんの年齢(3歳)と性格、地面の状況から、今回は線径4mmの太さのチェーンでご提案させて頂く事にしました。
この太さであれば複数年のご使用が可能かと思われます。

ただ、岩の棚部分に常時擦られる形になりますと、この部分だけがかなり早く摩耗してしまう事になってしまいます。
そこで、固定側もしくはワンちゃん側からみて、どれくらいの位置の部分が常時岩の棚に擦られているのかをお知らせ頂けるようにお願い致しました。

『4mのワイヤーの真ん中辺りが擦れ、数ヶ月から半年に1度買い換えているので、長持ちする物を探しています。』とのお返事が返ってきました。

今回のご提案では全長が4mありますので、真ん中付近にチェーンの捻じれ低減用の回転カンという金具を組み込んでいます。
この回転カンは5mmの太さがあります(チェーン太さが4mmなのでそれより1mm太いです)ので、岩で擦られてもすり切れるまでにはかなりの期間が掛かるかと思われます。
お問い合わせからは、どのように擦られているのかという<状態>が不明なのですが、ワイヤーのように半年で切れるほどまでには擦り減らないのではと推測されます。

また、ご使用になられる中で、回転カン部分だけが岩の影響で極端に擦り減り、チェーン部分など他の部分には大した擦り減りがないようでしたら、擦り減った回転カン部分だけを交換するお直し作業をお受けする事も可能です。
ステンレス製チェーンであれば柳瀬製作所内で全ての処理が可能だからこそ出来る、お客様への対応なのです。
この方法であれば、チェーンが無駄になりませんし、チェーンを再注文するよりも費用を抑えることにもなりますからね。

『ねじれの心配は本当にないでしょうか??
少なくとも複数年は持ち、擦れた部分のみをお直しできるということですよね。
安い買い物ではないので…何度も質問申し訳ないです。』

市販の係留用ワイヤー1本を購入する価格に比べるとステンレス製チェーンの価格は確かに高いです。
ですが、ワイヤーと同じ長さで作るのに必要とされるステンレスチェーンの重量や溶接などの加工箇所の数、そして最終的にはどれだけの期間使用可能かなどをトータルして頂ければ、価格に見合っている筈だし、それ以上の価値にしてお客様にお届けしたいとの思いで、鎖屋兄弟達は製作に取り組んでいます。

捻じれや実際の使用実績については以下のようにお返事させて頂きました。

『まず、チェーンの捻じれにつきまして。
回転カンはチェーンの捻じれを低減させる働きをしてくれますが、それでも徐々に捻じれは溜まって参ります。

回転カンが、常時、宙に浮いていれば、ワンちゃんが動くたびにきちんと回転してくれて、捻じれの溜まりは概ね解消されますが、実際のご使用時には地面に横たわっている状態が殆どかと思われますので、回転不足になることは否めません。
そのため、チェーンの捻じれが溜まって参ります。(組み込んでいないものよりはゆっくりと溜まってきます)

ただし、溜まった捻じれの解消時には、チェーン中央に組み込んだ回転カン部分を高く持ち上げてチェーンを動かして頂ければ、組み込んでいない場合に比べて、格段に早く捻じれを解消する事が出来ます。』

『次にチェーンの使用可能期間につきまして。
この部分につきましてはワンちゃんの係留環境と日頃のワンちゃんの動きによって大きく左右されてまいります。

最短では、土と石が混ざりあった地面で、一部コンクリートの箇所もあるという環境で、動物や動くものも見ると突進する癖のあるワンちゃんで、約2年半で部分的に擦り切れた報告がございます。

また、固定しておく側が花壇で、花壇の縁にある石に常時擦られていた状態では、1年弱で元の半分程度にまで擦り減ってしまっていた報告もございました。(2012年8月10日の鎖屋兄弟の奮闘記ブログに写真があります)

上記のお話を交えて2012年10月5日付で線径4个侶故瑛僖船А璽鵑鬚作りした記事を掲載しています。

今年(2017年)の7月21日付でのブログ記事では10年ご試用頂いたチェーンをお直しさせて頂いたお話を掲載しております。
実際のチェーンや金具の擦り減り状況の参考にして頂ければと思います。

メールにURLを記載したり、リンクを貼ったりすると迷惑メール扱いを受けてしまう場合があるようですので、今回は記載、リンクを致しておりません。
鎖屋兄弟の奮闘記と入力し検索して頂けますとブログが見つかるかと思います。

お直しについては、7/21付け記事の通り、実際に擦り減り状況を見せて頂いての判断となります点をご了承下さい。』

これらのやり取りの結果、両端ナスカンタイプで中央付近に回転カンを組み込んだ全長4mの係留用チェーンをお作りさせて頂く事となりました。

フラットコーテッドレトリバー用のステンレス製係留用チェーン







今回製作した係留用チェーンは次の通りです。
ステンレス製係留用チェーン STGMK-4.0 SW × 4m Wナス ¥15,600(消費税・送料別)(2017年秋時点での価格です)
全長4mの両端ナスカンタイプのステンレス製係留用チェーン














フラットコーテッドレトリバーは少し細身のレトリバー種なので、他のレトリバー種よりも長くお使い頂ける可能性が高いです。

鎖屋兄弟達も、係留用チェーンの使用経過報告が届くのを楽しみにしております。

お問い合わせは メール (お使いのメールソフトが立ち上がります)お問い合わせフォームお問い合わせフォームページ からどうぞ



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
前の記事次の記事