<中型犬用のチェーン> についての記事です

2020年03月24日

3月も残り一週間になりました。
全国的に、例年よりも少し早いスピードで春がやって来ています。

柳瀬製作所のある東大阪市周辺でも、ツクシはそろそろ終わりを迎えた様子。
傘が開き始めたツクシ達













週明けにはソメイヨシノ桜の開花宣言が出されましたので、今週末には満開に近い状態になってくれるかと思います。
咲き出し始めた大阪府東部のソメイヨシノ


















コロナウィルスの影響で、様々な分野で自粛ムードが広がっていますが、予防対策をきちんとして今年も春の雰囲気を感じに出掛けたいと思います。

さて、今回は生後6か月の若い柴犬をお飼いになっている方からご相談を頂きました。

地面2箇所に係留杭が打ってあり、全長3mのワイヤーを張って、そこに係留チェーンを通して使いたいとの事でした。
係留予定の地面には採石(カドがあるタイプ)が敷かれているそうでした。

ご希望内容を基に、PDFファイル形式にて図入りのお見積り表をお送りさせて頂きました。

杭の間にワイヤーを張る場合、ワイヤーが地面についてしまっていると、敷石が角ばり気味な事もあり、チェーンの動きが滑らかではなくなってしまうかと思われます。
今回は、ワイヤーを通す側に線径が5mmで内径が30mmの丸カンを使用する形でのご提案でしたので、「ワイヤーが一番弛んでしまう部分で、地面から5儖幣紊旅發気確保出来れば、概ね丸カンの動きはスムーズに保てるかと思います。」とお返事させて頂きました。

結果、ご提案させて頂いた形で製作する事になりました。
ワイヤーに通すためにお作りしたステンレス製係留用チェーン









今回の係留用チェーンの組み合わせは以下の通りです。
ステンレス製係留用チェーン(丸カンタイプ)
STGMK-3.0×2m M-5030 ¥6,800(消費税・送料別 2020年春時点での価格です)

これからが一番体格の成長していく時期です。
お散歩時だけでなく、係留時でも、より自由に身体を動かす事が出来る環境を作ってもらえ、本当に良かったですね。

春のお庭で元気に動き回って下さい。
(でも、イタズラはダメですよ!)

有難うございました。

お問い合わせは メール (お使いのメールソフトが立ち上がります)お問い合わせフォームお問い合わせフォームページお電話 にてどうぞ



2020年03月19日

3月も中旬、<暑さ寒さも彼岸まで>という通り、お彼岸期間に突入した途端、ぐんぐん気温が上昇し、一気に春めいてきました。

冬眠から覚めたカメたち













実際、今朝からは、川辺で日向ぼっこをする大小のミドリガメ(ミシシッピアカミミガメ)達、窓の外に目をやると、鳴き声をさせながら素早く飛び交うツバメの姿が見られるようになりました。

いよいよ、お外で過ごすのにピッタリなシーズンが到来してきたようです。

さて、今回は柴犬を外飼いされていらっしゃる方からお問い合わせを頂きました。

7歳のオスで『まあまあ元気で活発な犬です』との事でした。

現在は市販の線径3.0mmの鉄製係留用チェーンをお使いとの事でした。

メールでのやり取りを行う中で、全長は4m、固定側のT字型金具を通す丸カンの位置が端から40僂里箸海蹐砲弔い討い襪里如同じ場所に取り付けて欲しいという事になりました。

結果、ご希望の内容を基に次のような内容でステンレス製係留用チェーンをお作りさせて頂く事になりました。

黒柴用の4mの係留用チェーン










ステンレス製マンテルタイプ係留用チェーン(回転カン付き)
STGMK-3.0 SW× 4m T-M   ¥12,000

係留用チェーン発送後、柴犬君のお写真と近況をお送り下さいました。

お座りをする黒柴のアトム君

















ワンちゃんの名前はアトム君。
なかなかに凛々しい黒柴ちゃんです。

『前より少し長いのですが、本人は前と同じと思ってるようで前に届かなかったところへは、行ってません(笑)』

アトム君は慎重な性格の持ち主なのかもしれませんね。

いつから、もっと先まで行きだすようになるのか? ちょっと楽しみですね。

黒柴のアトム君

















換毛が始まったとの事で、暫くは飼い主さん、アトム君共に大変ですが、新調されて移動範囲が広くなった分、日中は、是非、気持ちの良い場所を見つけてのんびり日向ぼっこを楽しんで下さいね。

有難うございました。

お問い合わせは メール (お使いのメールソフトが立ち上がります)お問い合わせフォームお問い合わせフォームページお電話 にてどうぞ



2020年02月26日

犬種を問わず、お散歩になると嬉しくて興奮してしまったり、首元や肩先など顔に近い部分に人間の手が近づくのを嫌がるワンコが少なからずいます。

そんなワンコ達をお散歩に連れて行こうとして、持ったリードを首輪に取り付けようとすると、リードや手を『ガブリッ!』『ガシ、ガシ、ガシッ!』と噛んできてしまうトラブルに見舞われてしまう事も。
ワンコ達は決して悪気があってやっている事ではないのですが、噛まれてしまう人間側にとってはやっぱり辛くて嫌な事です。

そんな問題を解決するために生み出されたのがジョイントチェーン(弊社ではリード用チェーン金具と読んでいます)、首輪と係留用チェーンの間に組み込んで使う事で、お散歩時に、係留用チェーンから散歩用リードに繋ぎ変える際に、手やリードへの<噛み噛み攻撃>を低減させることが可能になる道具です。

今回は中型犬をお飼いの方から次のようなお問い合わせを頂きました。

『はじめまして。
ジョイントチェーンを探してまして、こちらのホームページを拝見しました。

我が家の犬ですがミックスのオスでだいたい15kgほど。外飼いで土とコンクリート半々の所に飼っております。

首元を触られるのが嫌いな時があり散歩から帰宅後、係留用チェーンに付ける時に手を噛まれる事があるのでジョイントチェーンを探しておりました。

線径ですが、オスなのでかなり力もあります。チェーン部分が細いと心配なのでそれなりの強度があるものがいいですが、散歩中あまり重すぎるのもなぁと思います。
ホームセンターで購入した係留用チェーンも何回か切れたことがあります。

長さですが、ナスカン・丸カンも含め70〜80cmが希望です。

お手数ですがご連絡のほど宜しくお願い致します。』

何度かのメールでのやり取りを通じ、ジョイントチェーンの線径は3.0mm、チェーンの両端にそれぞれ取り付けるナスカンから丸カンまでを含んだ全長は100cmで製作する事になりました。

また、ナスカン外れに伴う脱走トラブルを防ぐために予備のジョイント用として取り付ける、両端にナスカンが付いた全長30僂涼擦ぅ船А璽鵑發完様蠶困ました。

今回のステンレス製金具類のお代金は次のようになりました。
ステンレス製チェーン金具類
ステンレス製リード用チェーン金具
STGML-3.0×A-1m M-4525   ¥5,100(消費税・送料別 2020年春先時点での価格です)

両端ナスカン付きチェーン
STGML-3.0×A-30僉Wナスカン ¥6,200(消費税・送料別 2020年春先時点での価格です) 

リード金具とナスカン付きチェーン















この2種類の金具類を組み合わせてワンちゃんの噛み噛み攻撃と、ナスカン外れによる脱走事故が無くなってくれると私共も嬉しいです。

ただし、今回のジョイントチェーンにつきましては通常ご依頼をお受けするよりも、全長がかなり長めのものをご希望でしたので、地面との擦れによる係留用チェーンのナスカン部分からの外れトラブルにはご注意下さい。

有難うございました。

お問い合わせは メール (お使いのメールソフトが立ち上がります)お問い合わせフォームお問い合わせフォームページお電話 にてどうぞ



2020年02月20日

2月も後半になりました。

暖冬傾向で推移している今年の冬ですが、節分頃からは今季一番の寒さがやって来ました。
これが今季最初で最後の寒さとのお話だったのですが、17日から18日にかけて再び今季最大の寒気がやって来ました。
風も強くて我が家の柴ワンコも細い眼をさらに細めながらお散歩を頑張っていました。

今回は中型サイズのワンちゃんをお飼いの方からお問い合わせを頂きました。

『長い鎖を探していますが中々見つからずネットで拝見して早速メールさせていただきました。
我が家のワンちゃんは、柴犬よりは大きく、レトリバーよりは小さい雑種犬で10才で少々ボケてしまって強い動きはありませんがボケ特有だそうですが、同じ場所でゆっくりですがしょっちゅうぐるぐる回っています。
下はコンクリートで太いワイヤーを通してそこに鎖を繋いで自由に歩けるようにしてあります。   
雨の日は玄関脇の軒下で雨宿りしています。
5mの鎖を探しています 作成していただけますか?』

10歳ですのでボケはまだ早いと思います。年齢からみて、強い動きが無いのは、落ち着いた大人の犬になっているのだと思います。
同じ場所をグルグル歩き回るのは、縄張り確認の可能性もありますが、<係留>のマイナス部分が出てきているのかもしれません。

地面はコンクリート敷きですが、ワンちゃんの年齢や日頃の行動からチェーン線径は3.0mmでご提案させて頂きました。

結果、『今までの例だと、コンクリートの擦れで1年持たないので予備も含めご提案いただいた鎖を2本作成お願いします 』とのお返事を頂き、2本製作させて頂く事になりました。

今回ご依頼頂きましたステンレス製係留用チェーンの内容は次の通りです。
STGMK-3.0 SW× 5m T-M ¥13,000(消費税・送料は別途掛かって参ります。2020年春先時点での価格です)
ミックス犬用の4mの係留用チェーン










線径3.0mmのステンレス製チェーンですので、通常使用であれば1年以上は十分に使用可能かと思われます。
予備のチェーンもご準備頂きましたので、かなり長い期間安心して係留して頂けるかではないでしょうか。
ステンレス製係留用チェーン3mm×4mのアップ写真












間もなくやってくる春、気持ちの良い春風を感じながらお庭でのんびり日向ぼっこを楽しんでもらえれば嬉しいです。

有難うございました。

お問い合わせは メール (お使いのメールソフトが立ち上がります)お問い合わせフォームお問い合わせフォームページお電話 にてどうぞ



2020年02月14日

2月も中旬になりました。

今回は長年、弊社のステンレス製係留用チェーンをお使いの方からお問い合わせを頂きました。

2013年にアイスナップタイプのステンレス製係留用チェーンをご注文頂き、3年後の2016年にその係留用チェーンのチェックとお直し加工をお受け致しました。
この時は、ワンちゃんを繋ぐアイスナップナスカン部分と共にそこから回転カンまでの間のチェーンを交換する作業を行いました。

それからさらに3年が過ぎた今回、再びお問い合わせを頂きました。
『そろそろチェーンの摩擦が気になります。メンテナンス及び修理をお願いしたいのですが、発送時期等の連絡をお待ちしております。
前回同様前方側が磨り減りが酷いです。急いだ事ではございませんのでよろしくお願い致します。』

それから数日して係留用チェーンが送られてきました。
直ぐに状況をチェックしてみます。

まずは全体を確認させて頂きました。

長期使用と新品のアイスナップの比較













ナスカン部分は下部リング部分に若干の細身を感じますが、ぐらつきなどなく、使用する上では問題なさそうです。

チェーン部分に目を移しますと、擦り減りの進行が良く分かります。
地面に擦られて擦り減ったチェーンとスイベル













回転カン部分もかなり厚みがなくなってきています。

チェーンも擦り減りで輪が大きくなってきている分、捻じれた時に団子状態になりやすい傾向が見られます。
もう少し細くなってくると、捻じれた際にチェーン同士が噛み合ってしまう症状が出てくるかと思います。

さらに詳しく調べてみます。

チェーン部分については、チェーンの厚みは最大で3mmから2mmにまで擦り減っていました。
擦り減ったチェーンの厚みチェック













特に擦り減っているのは、ワンちゃん側からみて、チェーンが地面についた部分から後方に掛けて約半分位までの区間で、概ね2mm程度にまで厚みが減っていました。

また、回転カン(スイベル)を挟んで後ろ側部分についても、スイベル付近から後方に掛けての半分くらいの区間までで、こちらもチェーンの厚みが最大で2.1mmにまで擦り減っていました。
前回は厚みが2.5mm程度にまで擦り減っている箇所がありましたので、この3年間でさらに0.4mm擦り減ったことになります。
6年間で1mm弱の擦り減り、回転カンよりも後ろ部分のチェーンについては、なかなかの好成績のようです。
地面に擦られた部分と地面に触れていなかった部分の比較

















地面に触れていなかった固定側のチェーンとTカン













ただ、もう3年間となると、計算上ではチェーンの厚みが1.5mm程度にまで細くなってしまう事になり、中型犬サイズのワンちゃんには交換必須の状況です。

スイベル自体も厚みが13mmから11mmにまで擦り減ってしまっていました。
擦り減ったスイベルの厚みチェック














擦り減ったスイベルと新品のスイベルの比較













チェーン自体が擦り減ってきてしまっているため、 チェーンに捻じれが溜まってくると、チェーン同士が挟まって絡まりやすくなり、すぐに団子やコブ状になってしまいます。
こうなるとチェーン同士ががっちり噛み合ってしまい、外すのに大変苦労します。

今回はこの部分にも触れた上で、利用可能なパーツ類を再利用する形で、係留用チェーンを作り直す方法をご提案させて頂きました。

すると、『先日コブ状にもつれて大変だったのです!
ハンマーで少しづつ叩いていたら緩みました!実はその時磨り減りに驚いた訳です!!
安全性を考えて全て新調する方向でお願いしたいです!』とのお返事が返って参りました。

やはりチェーンが絡まってコブが発生してくる状況だったようです。

ご希望に添って、今回はパーツ類も含め全てを新調してステンレス製係留用チェーンをお作りさせて頂く事になりました。
アイスナップナスカン付きのステンレス製係留用チェーン










STGMK-3.0SW×3m T-M STPPN-Lナスカン使用 ¥11,400(消費税・送料別 2020年初春時点での価格です)
新しく製作したステンレス製係留用チェーン













先にお送り頂いた係留用チェーンも、パーツ類を含めて、限定的になりますが、使用可能な商品ですので、完成品に同梱して発送させて頂きました。

今までご使用頂いていた係留用チェーンを継続して安全にお使い頂くため、次のようなコメントをお送りさせて頂きました。

過去に販売していたアイスナップと現在販売中のアイスナップナスカン











使用されたチェーンと新品のチェーン












「チェーンの一番細くなってきた部分は厚みが約2mmになっていました。
切れるまでにはもう少し余裕がありますが、細くなった分、チェーンが団子になりやすい状態になってきています。

ホームセンターなどでビニールチューブを購入頂き、お魚のお腹を開く時のように、縦ににスッと切り込みを入れていき、その切れ込みからチェーンを入れてチェーンをチューブで包む状態にして、ビニールテープでチューブを丁寧に巻いていって頂けますと、チューブで補強されたチェーンが完成します。

チューブで包まれてしまった分、今までの様な自由なチェーンの動きは出来なくなってしまいますが、市販の係留用ワイヤーと比較しますとずっと滑らかに動きますし、折れ曲がり癖が付く事もありません。

長い距離がとれる場所でご使用頂けると、比較的ワンちゃんに苦が無いかと思います。

ナスカン下から、チェーンが確実に地面につく程度の長さ部分までについては、チューブで包まないようにしてあげられますと、チューブの弾力に伴う首への負荷が掛らずワンちゃんが楽かと思います。」

旧来品と新調した係留用チェーンを、係留場所に合わせて上手に使い分け、ワンちゃんの運動出来るエリアをを増やして頂ければ私共も嬉しいです。

有難うございました。


お問い合わせは メール (お使いのメールソフトが立ち上がります)お問い合わせフォームお問い合わせフォームページお電話 にてどうぞ



2020年02月07日

昨年12月から暖冬傾向が続いていますが、ここ暫くは平年並みの冬の寒さ(今季一番の寒さらしいです)がやって来ています。
肌に感じるピリッとした冷たさに、お散歩の飼い主、柴ワンコ共に、出かけたあくびが途中で止まってしまい、ちょっと笑ってしまいました。

さて、今回は犬用係留用チェーンをお探しの方からお問い合わせを頂きました。

ワンちゃんは5歳のオスの柴犬くん。
性格は活発な方で、来客者には突進して行くタイプだそうです。

飼育環境はコンクリート敷きの地面の上。

希望される係留用チェーンは、ワンちゃん側が通常タイプのナスカン、途中に回転カン(スイベル)を組み込み、固定側は丸カンで、全長が3mという内容でした。

ワンちゃんの年齢と係留する地面の状況を考慮し、使用するチェーンの線径は3mmと4mmの2種類の場合でご提案させて頂きました。

結果、線径4mmのマンテルタイプチェーンを使う形で製作を承りました。
柴犬用の3mステンレス製係留用チェーン










今回のお作りさせて頂いたステンレス製係留用チェーンは次の通りです。

STGMK-4.0 SW× 3m M-30  ¥12,200(消費税・送料別 2020年春先時点での価格です) 

線径4mmのチェーンですので、コンクリート敷きの地面を走り回っても長くお使い頂けるかと思います。
柴犬用の3mステンレス製係留用チェーンアップ













でももう5歳、お客様をビックリさせる猛ダッシュはそろそろ控えて下さいね。

有難うございました。

お問い合わせは メール (お使いのメールソフトが立ち上がります)お問い合わせフォームお問い合わせフォームページお電話 にてどうぞ



2020年01月29日

1月も間もなく終わります。

今年は例年になく暖かな1ヶ月で、最終週には台風並みの春の嵐のような風と雨が襲ってきました。
工場の玄関先にもどこからか飛ばされてきたブリキの板が落ちていて、もし扉を開けた瞬間にこれが飛んできていたらと思うと、ぞっとしました。

季節が進み過ぎている感のある年末からの天候、野生の生き物がのんびり暮らしている工場周辺の自然環境に悪影響が出ないと良いのですが。

さて、話をワンコ用グッズの製作に戻したいと思います。

今回は『個人ですので1本のみですが、チョークチェーンを製作お願い致したくお伺い致します。』の一言でお問い合わせを頂きました。

これだけでは何も情報が無いので、具体的な返事をお返しする事が出来ません。

そこで、
・チョークチェーンは輪に広げて鼻先から頭を通して装着するものなので、ワンちゃんの頭周りのサイズが重要になって来ます。

・顎下付近から耳の前後どちらかを通った頭周りぐるり1周が、一番大きくなる場所なので、この部分の長さを測って下さい。

・冬毛は夏毛に比べるとボリュームがありますので、ピッタリめに測定して下さい。

頭を通す際には、耳も、チョークチェーンを広げた輪の中に通していくことになります。

・現状では犬種や体格などワンちゃんの情報が不明なため、立ち耳か、たれ耳かなどお耳に関する情報を一緒に頂けますと助かります。
(ワンちゃんのお写真を送付頂けますと良く分かるかもしれませんね)

・首周りにつきましては、ワンちゃんの頭と首の付け根付近、この部分が一番細くなりますので、この部分のぐるり1周の長さもお教え下さい。
(しつけの際には、チェーンがこの付近にある状態で、チョークして指示を出します。
製作するチェーン長さを確定する際に、お耳を通す余裕を決める上での参考となりますので、この部分についてもお教え頂けますと助かります。
成長も考慮対象となりますので、ワンちゃんの年齢も分かるようでしたらお知らせ下さい。(大体の年齢で結構です))

・測定位置については弊社ブログ記事の写真などを参考にして頂ければと思います。

との旨を記載したお返事メールをお送りさせて頂きました。

暫くしてお返事を頂きました。

『・頭周り  34cm
・首回り  32cm
・犬種   柴犬  立ち耳
・年齢  9ヵ月半  
・体重  8kg弱

成長段階なのでまだ製作をお願いするには早いでしょうか?

併せてご回答頂けると幸いです。
宜しくお願い致します。』

チョークチェーンでのしつけトレーニングを開始するタイミングについては次のようにお答え致しました。

「チョークチェーンの使用開始については、9カ月であれば問題はありません。

ただ、成長段階ですので、ワンちゃんの個体差はありますが、2-3歳までは体格の変化が続く可能性はございます。

成長段階に合わせてピッタリサイズをご希望でしたら、体格が安定するまで1-2回買い替えるイメージを、
もしくは将来の体格を見据えて、少し長めのチョークを使用するかのどちらかになるかと思います。
(チョークチェーンの価格は弊社ブログの記事に記載されているものを参考として頂ければと思います)

ただし、チョークチェーンやチェーンカラーは躾の道具なので、ワンちゃんが躾を覚えてくれた時点で、付けておく必要はなくなります。
それ以降は首輪やハーネスでの生活になっていく事になります。
ですので、私共としましては、トレーニング期間中にピッタリサイズを使用されるのが適当ではないかと考えます。
この点につきましてもトレーナーさんにご相談されるのが良いかと思います。」

その後の数回のやり取りの結果、
頭周り 33
首周り 31僉

でサイズを確定し、ここにお耳を通す分の余裕を約3僂澆董▲船隋璽チェーンを輪に広げた際の内周が約36僂砲覆觀舛任作りさせて頂く事になりました。

今回のステンレス製チョークチェーンのお値段は次のようになりました。

ステンレス製チョークチェーン
STGMC-2.5×C-約36cm M-16
商品価格   ¥2,300(消費税・送料別  2020年1月時点での価格です)
消費税(10%)  ¥230
送料(スマートレター利用) ¥180
合計 ¥2,710 です。
黒柴用の輪にした内周約36僂離船隋璽チェーン

















商品発送後にお写真と感想をお送り下さいました。

黒柴のタマちゃん

















『早速装着して散歩に出掛けました。
ジャストサイズなので安心して引くことが出来ました。
まだまだやんちゃなのでお利口さんとはいきませんが
もう少しコマンドが入ってくれたらと思っています。

今回は製作にあたり個人の1本のみの依頼にもかかわらず
とても丁寧な説明と対応をして頂き有難く嬉しく思っています。
我が家のお転婆タマ10か月です。
チェーン装着の写真を少しですが添付致します。

10か月ですのでもう少し大きくなるか分かりませんが
チェーン製作があればまた是非宜しくお願い致します。
有難うございました。』

ジャストサイズだったとのコメントに安心致しました。

10カ月ですから、ヤンチャさんなのは普通だと思います。
好奇心が旺盛な分、覚える事(学習する事)にも旺盛な時期ですので、コマンドもきちんと覚えていってくれるかと思います。
焦らず、トレーナーさんとの三人四脚(?)でトレーニングを進めていって下さい。

タマちゃん、これからも近くの土手のお散歩コースで元気一杯に駆け回って楽しんでね。

有難うございました。


2020年01月27日

ワンちゃんを飼う上で必ず必要となってくるのが係留用の道具。
昔はチェーンやワイヤーなど金属製が当たり前でしたが、引っ張り強度の強い繊維が開発され、現在はロープタイプのリードを利用して係留される方も多くなってきています。

但し、ワンちゃんによる“噛み噛み攻撃”を受けた場合には、早晩、その箇所からの“ちぎれ”に繋がってきてしまいます。

特に生後3か月頃から2歳頃までの期間は、乳歯が生えてきたり、永久歯に生え変わりだしたり、好奇心旺盛でイタズラ大好きだったりで、係留用リードや家族の人の手への“噛み噛み攻撃”が発生しやすくなります。

我が家の歴代ワンコ達も、係留用リードの縫い目部分をカバーしてある布部分を剥がすのが大好きでした。

今回はワンちゃんのお写真と共に次のようなご相談を頂きました。

ミックス犬のサム君とララちゃん













『4ヶ月 5キロ 雑種(成犬時予想12,3キロ) ミニチュアプードルやコッカ―スパニエル風の雑種 添付写真右のホワイト&ブラックです。
 
リードを噛んでしまいます。
貴社のHPでジョイントチェーンを拝見しぜひ購入したい、と思いました。
 
成長していく過程でサイズアップが必要になるかもしれませんが
都度作り替えることも考えています。
 
2018年3月1日 JIN君のようなお品が希望です。
 
作成のご検討、ご相談、お見積りなどいただけましたらうれしいです。』

生後4か月のワンちゃん、乳歯もしっかりしてきて、噛み噛みしたくなる気持ちは良く分かります。
じゃれて飼い主さんの手を噛むのもこの頃ですね。(ダメ!という事を教えるのが重要な時期です)

そこで次のようにお返事させて頂きました。

「お写真とご依頼内容拝見致しました。
一緒に写っているワンちゃんのサイズと比較すると、今回お問い合わせ頂きましたJIN君用のジョイントチェーン(弊社ではリード用チェーン金具と呼んでおります)で大丈夫だと思われます。
チェーンの線径は2.5mmありますので、成犬になってもお使い頂けるかと思います。」

ナスカン部分については鉄鋳物製(メッキ処理品)の場合とステンレス製の場合の2種類でご提案させて頂きました。

ナスカン部分を2種類の材質にしたことについて次のようなご質問を頂きました。
『ご丁寧な返信、お見積りをありがとうございます。

サイズは大丈夫そうで安心しました。

質問ですが、ナスカンを「複合タイプ」ではなく
同等サイズの「ステンレス STPN-4」に変更するメリットはございますか?
色合いの違いについて承知いたしました。問題はございません。
その他にステンレス製に変更した場合(変更は可能でしょうか?)
犬に何か優しい仕様になるのかな?と。。。

鉄とステンレスの違いもわからない素人ですので
とても的違いな質問なのかも・・・すみません。

よろしくお願いいたします』

そこで、ステンレス製の場合のメリットとデメリットについて次のようにお返事させて頂きました。

「ナスカン部分をステンレス製にすることでは、ジョイントチェーン全体が錆びにくい性質になる事がメリットかと思います。

また、ステンレスは鉄に比べると粘り強さがあり、壊れるまでに掛かる時間が鉄より長いというデータがあります。

ただ、ステンレス製ナスカンはそれ自体が鋳物製のナスカンに比べるとかなり高価なものになります。
この点が、デメリットかと思います。
(鉄鋳物製のナスカンは表面のメッキに傷が付くと、そこから赤錆が発生しやすくなってくるというデメリットがあります)

犬に優しい仕様という部分では、ためらいなくジャンジャン洗って頂けるので、常に清潔に保つ事が出来るという点でしょうか。(チェーンは使用に伴い、見た目には分かりにくいのですが、徐々に汚れが溜まってきて、それが原因で被毛が黒ずんでくることがあります。腕時計の金属ベルトと同じイメージですね。)

ご不明な点などございましたらまたお気軽にお問い合わせ下さい。

それではご検討、お返事の程、宜しくお願い致します。」

結果、ナスカン部分もステンレス製にしたオールステンレス製のリード用チェーンを2本お作りさせて頂く事になりました。
(『普段使いと予備に1個は車に積んでおきたいと思います。』との事でした。)

今回お作りさせて頂いたリード用チェーン金具(ジョイントチェーン)は次の通りです。

ステンレス製リード用チェーン金具
STGML-2.5×全長 30cm STPN-4 STPM-3020 ¥3,800/本(消費税・送料別 2020年 冬時点での価格です)
リード用チェーン金具












ワンコの名前はららちゃんでした。
次のららちゃんの“噛み噛みマックス”は永久歯への生え変わりの時期かと思います。

それまでには、“チェーンは噛んでも歯が立たない”という事を学習して、あまり噛みついてこなくなってくれているかと思います。

先輩ワンコのさむ君と共に楽しいお散歩が出来ますように。

有難うございました。


2019年12月24日

早いもので、今年も、もうクリスマスイブになりました。

日曜日の22日が冬至だったのですが、たった2日とはいえ、日の入りが少し遅くなってきているのを感じます。
寒さはこれからですが、終業時間の窓辺に日の明るさがあるだけで気持ちが少しホッとさせられます。

今回は柴犬をお飼いの方からチョークチェーンの製作依頼をお受け致しました。

頭周りと首周りはご自身で測定され、頭周りが31センチ、首まわりが30センチとのご報告を頂きました。

普段ご依頼を受けている柴犬と比べると、頭周りと首周りの差が非常に小さく、ドーベルマンのような細身の顔つきのように思われました。

成犬で成長が止まっているのでしたら、耳を通す分の余裕を3-4cm程度見れば、頭を通して使用可能だと思われます。
そこで、今回は頭を通すための余裕を約3儻て、チョークチェーンを輪に広げた状態の内周が約34cmとなる形で製作した場合でご提案させて頂きました。

結果、提案した形での製作となりました。

今回のチョークチェーンは以下の通りです。

美濃柴犬用にお作りしたステンレス製チョークチェーン










ステンレス製チョークチェーン
STGMC-2.5×C-34cm M-3516  ¥2,200 (消費税・送料別 2019年初冬時点での価格となります)

チョークチェーン発送後、ワンちゃんのお写真とご感想を頂きました。

『使い勝手よく大変うれしく思います。 ありがとうございます。』

ワンちゃんは赤茶色の毛色で顔つきが普段見る柴犬とは異なっています。私達も初めて見る柴犬です。
美濃柴犬の諭吉君

















『我が家の柴犬は、岐阜県の地柴で、美濃柴です。』

なるほど、日本の柴犬には数種類のタイプがあると聞いていましたが、その中の一種類のワンちゃんだったのですね。

ちなみに、北から順に、信州柴、美濃柴、山陰柴、の3種類が地柴とされており、地柴扱いとなっていない縄文柴も存在します。

このうち、普段出会う柴犬の体型は信州柴がベースとなっているようです。

名前は諭吉君で1歳とのことでした。
美濃柴犬の諭吉君1歳
















地柴はいずれも、飼い主さん以外にはなかなか懐いてくれない旧来の和犬の性格を残しているワンコ(猟犬になってくれるワンコに多い性格)と聞いたことはありましたが、諭吉君の写真からは従順でお利口そうな印象が伝わってきます。
これからの成長が楽しみなワンちゃんですね。

有難うございました。


お問い合わせは メール (お使いのメールソフトが立ち上がります)お問い合わせフォームお問い合わせフォームページお電話 にてどうぞ



2019年12月16日

12月も中旬になりました。

もう暫くは、日暮れは早く、夜明けは遅くなる傾向が続くため、ワンコのお散歩にはちょっと辛い時期です。
川にやって来た渡り鳥達












一方、通勤途中の川には、日向ぼっこしていたカメに代わって、渡り鳥の姿が沢山見られるようになり、こちらはちょっと楽しい光景です。

渡り鳥に関連して、日本では11月から2月にかけての期間、狩猟が解禁されています。

この期間は、鳥類だけでなく、猪などの野生動物の狩猟も可能になっています。

狩りの際、猟師さんのサポート役として働くのが猟犬です。

獲物を追い立てたり、咥えて取ってきたりといった具合で、猟師さんと<二人三脚>で狩りを成功させてくれています。

今回は、ハンターさんから係留用チェーンの製作依頼を打診頂きました。

このハンターさんからは、定期的にステンレス製係留用チェーンの製作をご依頼を頂いており、今回は2頭分の製作をご依頼頂きました。

ワンちゃんはいずれも、イノシシ猟をサポートしてくれる“猪犬”です。

今回ご依頼頂いた係留用チェーンの構成は以下の通りです。

ステンレス製マンテルタイプ回転カン付き係留用チェーン

STGMK−4.0SW×1.8mT−L ¥11,200(消費税・送料別 2019年初冬時点での価格です)

猪犬用のステンレス製係留用チェーン










猪犬用のステンレス製係留用チェーン







製作依頼確定のお返事と共に猪犬のお写真とコメントを頂戴致しました。

お客様から頂いた猪犬の写真











全部で7頭いるうちの1頭の写真です。

猟犬という仕事柄、猟期には負傷する事もあったそうですが、7頭とも皆元気とのお返事を頂きました。

今季は基本的に2020年3月15日迄が猟期。
獲物を見つけたり追ったりと、ハンターさんのサポート役として危険を伴うお仕事に従事するワンコ達なので、今季は7頭ともケガなく終えられるようお祈り致します。

有難うございました

お問い合わせは メール (お使いのメールソフトが立ち上がります)お問い合わせフォームお問い合わせフォームページお電話 にてどうぞ