広島県尾道市因島で葬儀社をやっております、串畑と申します。 日々の日常を更新します。

2011年08月27日

新チーム


今日は、午前中は蒸し暑く嫌な天気でしたが、午後からはスカッとした青空が広がりました。


積乱雲があちこちで伸びる、久々に夏空となりました。


RIMG0517



そんな野球日和の中、本日、因島野球クラブは全軟地区予選(新人戦)に挑みました。


残念ながら、決勝戦で三原浮城ベースボールクラブに逆転負けを喫し、県大会出場への切符は逃してしまいました。


私は、仕事で第一試合が終わったところで帰ったので決勝戦は見ていませんが大体想像はつきます。


この敗戦が、選手一人一人これから何をすべきかを考える、絶好の機会になってくれていたらいいのですが。


新チームは、まだまだです。


経験もなければ野球も知らない・・・まだ自分のことを一生懸命行うことでいっぱいいっぱい(汗)


しかし、とても「可能性を秘めたチーム」だとも思っています。


今まで公式戦の出場機会に恵まれてこなかった選手が多い分、伸びしろは無限大?


彼ら一人一人の努力次第で、化ける可能性があります。


今、自分自身に何が足りないのか、どんな練習をしなくてはならないのか・・・


難しいとは思いますが、まずは自分自身でしっかりと考え自問自答することが成長するうえで最も大切なことだと思います。


やらなければいけないことは明らか。あとは、やるか、やらないか。


まだ、はじまったばかりです・・・


kushi94kushi at 22:24│Comments(2)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 元10番の父   2011年08月29日 11:29
新チームの全軟予選、あと一歩というところで残業でした。
確かに新チームにとってはまだこれからです。負けて自分達に足りなかった事を知り負けた悔しさを知る事ができたのです。この敗戦を必ず次に繋げて下さい
「運び屋」改めて元10番の父
2. Posted by 串畑佑樹   2011年08月29日 22:21
「運び屋」改めて元10番の父様、コメントありがとうございます。

おっしゃる通り、勝つことも経験であれば、負けることもまた経験です。この大会は選手たちにとって大きな意味を持つものになったはずです。
この敗戦の悔しさを忘れず、チームとしての課題、足りないもの、そして、ひとりひとり課題をみつけ、それにしっかり取り組んでいきたいと思います。
今後ともよろしくお願いします。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字