糞太郎のixaブログ

糞ixa日記でございます。なるべく面白く書いていきますので第1話からお読みください

2015年01月

昨日のハーデスで35000円勝ちをおさめた私はもちろん今日もスロットをうちます
愛車の糞セデスベンツ(軽自動車)に乗り、向かうは博多糞ザ!!

座るのはもちろんハーデスです!!
まずは1000円を入れ、コインが出てくるのを待ちます。
そして4回回したところで、

糞「さすがに2日連続でGODなんてひけないだろうなー。」

?「ブブブブブブブ。。。」

糞「(バイブ。。。?)」

1422619649019
ファーwwwwwwwww(投資12枚)

1422619657610
4万勝ちです^^
糞太郎最強です!!!!!糞太郎は神!!!!!






前置きはここまでにして本題です。
更新6回目にして初のixaに関係のある記事です()
っと言っても先日の合戦を振り返るだけです(暗黒微笑)

2日連続のGODでテンションMAXの私好きな歌と共に振り返ってみたいと思います。
(本来ならYouTubeの動画を貼るんでしょうが、糞太郎にそこまでのスキルは求めないで頂きたい)

角田信朗 【よっしゃあ漢唄】

ソーレソーレソレソーレソッ
ピクチャ 1

ソーレソーレソレソーレソッ
ピクチャ 2

ソーレソーレソレソーレソッ
ピクチャ 7

ヨッシャーーー!!! 



なにこれ・・・ 勢いで書いて後悔したわ(おもしろく書くって難しいです)

んで結果
戦功51位
同盟12位

たいした見どころもないけど佐竹1糞同盟と噂のThe糞(名前からして盟主の頭が腐ってますね^^;)が鈴木の筆頭同盟に特攻したのでその報告を少々。。
ピクチャ 4
ピクチャ 5
ピクチャ 6
くぅ〜〜惜しい!!あと2人いれば落とせましたね(ゲス顔)
なかなか同盟員の皆とタイミングが合わないので10合流が厳しいんです;;
このブログを始めたのも同盟員を集める目的もありました(笑)
ということで加入したい方よろしく哀愁^^


おわり

追伸 2日連続でスロット勝ったってことは禁断の課金クジを引けってことですかね?
課金クジ引けって思う方は右上のランキングバナークリックお願いします^^


 

皆さんこんばんは。ixa界の逆剥けペリペリ野郎こと糞太郎です。

今回は先日行われた合戦の報告をしようと思います。

が。。しかし報告書のまとめが終わらないので明日にします^^
(事態の先延ばし、、、これぞ糞太郎が糞である所以ッ!!!)



まぁ何も書かないのもあれなので昨日あった出来事を少し書きます

その日は朝から自販機の釣り銭漁り、空き缶拾いを行っていました。

いやー、さすがにニートの私でもお金が必要ですからね(笑)

これもプロイクサーとして生きる私の性(SAGA)でございやす。へへっ…


そんなこんなで貯めた3000円(約1週間分の給料)を私が何に使うか 知りたく有りませんか?

勘のいい人はわかると思いますが朝鮮回胴柄合せ糞賭博(通称パチスロットル)です。

普通は3000円ぽっちでは行かないないんですが、糞人間の私は行くかどうか迷った時点で
行くことが決定するんです(笑)
天下チケも普通は3枚貯めるんでしょうが、糞思考の私は我慢ができませんのですぐに引いちゃいます(爆)
我慢出来る精神力があったら就職してるっつーの(笑)

お後がよろしいようで^^




さて、博多駅附近にある博多糞ザに向かいます。

サンドにお金を入れます。

1422578676566

ふぅ~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!
(投資3000円)

1422578718803

激熱の糞太郎の右手カットイン(ケロット柄並の信頼度)

1422578728524

あとがペルさんが来て150乗った(写真撮り忘れ)

何事もなく終わり(裏ストックなし)

1422578736179

 +35,000円勝ち^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

スロット余裕やな^^



おわり 


追伸 次回はちゃんとixaの記事を書きます(笑)ランキングにも登録してみたので右側のバナーをクリックお願いします。現在ランキング1位は武将ジャパン()です。なんかブログを見るとすごい作り込んでてちょっと引くぐらいのブログなんですが、そんなすごいブログを糞が抜くというのもおもしろいかなーって思うので協力よろしくお願いします(笑)

くぅ~疲れましたw これにて完結です!
実は、右手と左手で一人ジャンケンをしていたら思いついたのがはじまりでした。
本当は話のネタなかったのですが←
ご厚意を無駄にするわけには行かないので流行りのネタで挑んでみた所存ですw
以下、糞達のみんなへのメッセジをどぞ

ゴキブリ「カサカサカサ・・・」

蛆虫「うねうね(不気味に動いている)」

コバエ「ぶ~ん(羽音)・・」

ゲジゲジ「ワシャワシャ・・」

ムカデ「・・・ノソノソ」チクリッ

では、

ゴキブリ、蛆虫、コバエ、ゲジゲジ、ムカデ、糞太郎「皆さんありがとうございました!」



ゴキブリ、蛆虫、コバエ、ゲジゲジ、ムカデ「・・・(糞がしゃべってる!?)」

本当の本当に終わり






追伸 これで糞太郎の人となりが皆さんにも分かってもらえたかな^^次回からは合戦報告(笑)や合成結果(笑)、くじ結果(笑)など書いていきます^^
あとコメントもらえると嬉しいです(返信するとは言ってない) 

【前回のつづき】

糞太郎は合わせて3枚の可児を落札した。


糞「んー、一番安いので250銅銭か……もう少し様子を見た方がよかったかな。」

焦りを隠せないのか、タバコ(もちろんシケモク)に火を着ける

Q.この後は合成を?

糞「そうですね、実は戦チケから黒田長政を引いたんですよ。無課金の私には馬攻一軍ですから(笑)。この可児を合成して鬼刺を付けます」

そう言って笑う 糞太郎の笑顔に、プロの面影が確かに見えた。

Q.合成結果はどうでしたか?

糞「あせらないでください(笑)実はここだけの話し12:15~17分の間が私の体感ですと一番合成が成功しやすい時間帯なんです。それまで待ちます。それに10時から合戦なので合成は後程おこないます」

そう言い放つ糞太郎の顔は少し痩せている。
睡眠、食事、この2つが満足に取れないこの仕事は非常に危険なのだ。 

糞「あっ!もうこんな時間ですね。急ぎましょう!」

束の間の休息も、もう終わりのようだ。

9時45分。
我々と糞太郎は急いで地図を開く

Q.少し時間が早いのでは?

糞「いえ、遅すぎるぐらいですね。他のライバル達がどこを攻撃するか、どの城主が弱くて戦功が高いか事前にチェックしておかないと。。朝一番が一番戦功稼げますから」

糞太郎は鼻息を荒げて、画面を見つめている。

10時。
遂に開戦である。

糞「さぁ、一気にいきますよ。ここが勝負どころです。」

感情が高ぶっているのか、声が震えていた。

事前にチェックしていた城主に向かい一軍の砲攻部隊、馬部隊、鎚部隊の3部隊(30コス)放つ

我々がよそ見をしていた隙に一連の作業を終えていた

Q.結果は?

糞「うまく倒せました(笑)。みんながソロ盟主に群がったお陰です、運が良かったです。」

この運の良さもまたプロには必用なのであると糞太郎は語る。
糞太郎の背中は他の人とは違うオーラを放っていた。  

Q.次の相手は?

糞「農民同盟の○○さんですかね、農民同盟って基本無血が多いのでおいしいです(笑)」

我々に説明しながら仕事をしている糞太郎の顔はとても自信に満ちていた。 

合戦場に次々煙が上がる。慌てた糞太郎は農民城に急いで3部隊(30コス)出した

糞「……壊滅です。3万の兵が全滅しました」

そう言って糞太郎は席を立った。

Q.どこかへ行くのですか?

糞「……あっ、いえ、冷静になろうと思って。顔洗ってきます。」

そう言うと糞太郎はトイレに入って行った。

5分後糞太郎が戻ってきた

糞「今回は終戦です、前回の合戦の時廃課金にやられて兵があまりいないんです。」

糞太郎の目は赤く潤んでいた。

スタッフが今回の仕事も終わりかと思ったが糞太郎は画面を見つめている。

Q.もう終戦ではないのですか?

糞「いえ、まだ敵襲があるかもしれませんので」

Q.兵がいないはずでは?

糞「兵1防御です。無課金でも廃課金の攻撃からポイントを奪える手段ですからね」

嬉しそうに語る糞太郎。
やはり知識も豊富である。
長いプロ生活のため、ixaの知識はあると豪語していた。

深夜2時。
糞太郎が画面から目を離した

糞「……10時20分の壊滅から今まで攻撃せずに待機していましたが敵襲ゼロです。」

そう言って背伸びをし、席を立った。

Q.今日はもう終わりですか?

糞「はい。正真正銘の終戦です。2日目もありますから英気を養わないと。」

席に戻った糞太郎はまたixaの画面を見ていた。

どうやら攻撃をしてくれそうな敵城主の情報を集めてるみたいだ。
仕事がうまくいかなくても、次の為のデータ収集を怠らない。
そこにも、彼がいかにプロであるかというのが伝わる。

糞「いやー、私が陣を貼っていない城主はアクティブだったみたいで、たくさん攻撃していましたね。彼らの本領に陣を貼っておけば攻撃が来ていたかも」

苦笑いしながら、我々に悟られないように唇を噛み締めているのが分かった。

プロはこういうのを何度も経験するという。

Q.これからのご予定は?

糞「んー、明日の取引に備えて今から格安武将がいないか取引所をチェックです。」

Q.それを毎日ですか?

糞「ほぼ毎日ですね。やっぱり武将が無いと勝てないですから。この仕事はデータ命です。」 
 
Q.毎日だと辛くはないのですか?

糞「そうですね……正直辛いですね。壊滅することもあるし、こんな仕事じゃ結婚もできない。就職も考えたこともありました。」

Q.では、なぜこの仕事を?

糞「やっぱり忘れられないんですよね。戦功10傑に入った時、戦チケから極が出たとき、これがあるからこの仕事をやめられないんですよね!」

そう語る糞太郎の目はとても輝いていた。 

深夜3時。
ベッドに入る糞太郎。
その道は決して楽な道ではない。

負けても、後ろを振り向かない。
勇敢に立ち向かうプロがそこにはいた。

プロイクサー糞太郎。
彼の明日はまた、早い。


終。  

福岡県某市。 
駅から徒歩30分ほど歩いた所にアパートがあった。 
プロイクサー糞太郎の自宅である。 

日本でも有数のプロイクサー。 
彼らの仕事は決して世間に知らされるものではない。 

我々は、プロイクサーの一日を追った。

Q.朝早いですね? 

糞「そうですね、朝8時の取引が終わるので誰よりも早く来なければいけなかったので。ただ、ちょっと早すぎましたね(笑)。」 

日が昇る前、人々が行動する前から糞太郎は動き出す。 

糞「まぁ早く起きて損はないので……ちょっとミルメークを作ってくるのでここで待っててくださいね。」 

そう言って駆け足で居間に行く糞太郎の目は輝いていた。
 

Q.これから仕事ですか? 

糞「そうですね、って言ってもまだ仕事まで4時間ぐらいありますが(笑)」 

時刻はもうすぐ6時になろうとしていた。 

糞「あっ、ミルメーク作ってきたので皆さんもどうぞ。」 

そう言って我々スタッフにミルメークを配る糞太郎。
冷たいミルメークを持つ糞太郎の手は、誰よりも熱い。 

朝7時半。 
糞太郎の下に一人の老婆が現れた。 

Q.お知り合いですか? 

糞太郎「母です。真面目に働けってうるさいんですよ(笑)。戦人(イクサンチュ)としての信念がありますので、
現実の仕事なんかしてられないんです。まぁ寝る場所とご飯を提供してくれるのはありがたいですが(笑)。」 


老婆は無言のまま、朝食を置いてどこかへ言ってしまった。 

Q.この朝食は? 

糞「ixaは体力勝負ですからね。しっかり食べないと深夜2時まで持たないんです(笑)」 

8時。 
取引所を凝視している

Qなにをしているのですか? 

糞「昨日お詫びが配布されたんですよ。その翌日はお詫びチケから引いた極や特が格安で出品される大チャンスです」 

糞太郎の顔に少し焦りが見えた。 

糞「いつもより即落がすくない……ちょっと厳しい戦いになりそうですね。」 

そう言って糞太郎はタバコ(外で拾ったシケモク)に火を着けた。 
焦りを悟られては行けない。 

勝負は前日から始まってると糞太郎は言う。 

8時15分。 
取引所が再開された 

Q.どれに入札するんですか? 

糞「今回は可児です。序から鬼刺がつけれる素晴らしいカードなんです。」 

Q.序ということはそんなに頑張らなくても手に入れることができるんじゃ? 

糞「無課金の私は常に銅銭に困っているのです。1銭でも安く強くなる為なら徹夜だってしますよ」 

糞太郎の顔は誇らしげだった

つづく 

↑このページのトップヘ