2014年10月24日

 2014年ドラフト会議が開催され、我らが埼玉西武ライオンズは以下の選手の交渉権を獲得しました

2014年ドラフト会議指名選手

1位  高橋 光成    前橋育英高    投  右投げ右打ち

2位  佐野 泰雄    平成国際大    投  左投げ左打ち

3位   外崎 修汰    富士大       内  右投げ右打ち

4位   玉村 祐典    敦賀気比高卒  投  右投げ右打ち

5位   山田 遥楓    佐賀工高     内  右投げ右打ち


育成ドラフト指名選手

1位   戸川 大輔    北海高       外  右投げ左打ち

http://www.seibulions.jp/news/detail/9472.html


 1位指名の高橋光成くんについては、球団が事前に1位指名を公言していたこともあり、他球団からの横槍が入ることなく無事に交渉権を獲得することが出来ました
昨夏の甲子園優勝投手であり、U-18野球W杯の日本代表メンバーにも選ばれた逸材です。
アマ球界に疎い俺ですら名前や映像を観たことのある投手ですね。

1位指名ということで当然ながら将来のエース候補として期待されているわけなので、同じように甲子園を沸かせ、後に西武のエースへと成長した松坂涌井を超えるような大エースに育っていってほしいものです
さらにはいつまでも一人前にならない菊池の尻にをつけてやってくれ(笑)



 2位では西武御用達の平成国際大から左腕・佐野泰雄くんを指名。
驚異的なスタミナで先発でも中継ぎでも連投を苦にしないタフネス左腕ということなので、先発・中継ぎ問わずに慢性的な左腕不足の西武にはうってつけの指名となったようですね
早い段階での活躍が期待されるので頑張ってほしいものです。



 3位では富士大の内野手である外崎修汰くんを指名。
大学リーグでは首位打者、打点王、盗塁王の獲得経験があるという走攻守が揃った万能プレーヤーということなので、どんぐりの背比べのような西武内野手陣に喰い込んでいってくれることを期待します

ちなみに3位指名直後は、野手よりも即戦力のリリーフのほうが良いような気がしていたんですが、ドラフト後に放送される例のTBSのお涙頂戴番組に登場し、生い立ちを知りました
単純な俺はそれにまんまと乗せられて外崎くんを応援することが決定しています



 4位以下の指名選手についてはよく知らないのでノーコメント
とにかく指名選手全員が無事に入団し、大きな怪我をすること無く頑張ってほしいです。



 ということで育成ドラフトも含めて投手・野手共に3人ずつの指名となりました。
1位、2位指名が確定した時点では大成功間違いなしのドラフトだと思ったんですが、西武の最大最悪の課題である投手陣の立て直しにおいて、いわゆる即戦力が期待できそうな投手が佐野くんだけというのはどうなんでしょうね・・・・
もちろん3位以下の指名選手が駄目だとかではないんですが、やはり不安にはなりますよ。

これが他球団であればFA市場メジャーからの出戻り組等の目処が立っているのかなと期待することも出来ますが、なんたって泣く子も黙る渋ちん球団埼玉西武ですからね・・・・
まさか武隈、宮田、岩尾、藤原とかの成長やトライアウト組で、今の投手陣がどうにかなるとかお目出度いことを考えてるんじゃないよなぁ・・・・。さすがにそれはないか。・・・・・ないよな?


 まあ一応、21日に契約金+複数年契約で獲得が決まった台湾代表の若き大学生エースである郭俊麟ドラフト上位指名したと考えることも出来ますけどね。
そうすると即戦力候補2人、数年後のエース候補1人、博打である隠し球の投手1人、内外野1人ずつという全体的弱点を補強したバランスの取れた指名にはなっているのかな?

あとは上記の武隈を始めとした4投手の成長、十亀の復活、菊池野上の尻を蹴りあげてローテの柱に据える。それに加えてサファテのときのような奇跡が起きてミコライオとかを獲得出来れば何とか戦えるようにはなるのかな。
まあ、不確定要素が多すぎて不安でいっぱいですけど

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
埼玉西武ブログ村

 何かの間違いで宮西平野、西村とかが西武にFA移籍してこないかな?
う〜ん、無いな

kusukusukua at 09:21│コメント(0)トラックバック(0)埼玉西武の話題 | ストーブリーグ

2014年05月10日



 難敵であるSBの攝津を撃破し、開幕2カード目のロッテ戦以来の2連勝
に勝ち星が付かなかったのは残念ですが、今はとにかく連勝できたことが嬉しいですね
ただここから再び連敗地獄に嵌ってしまっては意味が無いので、今回の連勝を無駄にしないためにも明日以降の試合でもしっかりと勝ちを拾っていってほしいものです

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ 
埼玉西武ブログ村

5月に入ってからは、一応勝ち越しているのかな
このまま復調してくれれば良いんですけど・・・。

kusukusukua at 02:24│コメント(0)トラックバック(0)

2014年05月03日






 QVCマリンで行われたロッテ戦に登板したが、9回無安打1四球無失点という素晴らしい投球で史上78人目となるノーヒットノーランを達成しました
西武では96年のオリックス戦で前監督の渡辺久信が達成して以来のノーヒットノーランです。
その内容としても初回に井口に四球を許したのみという準完全試合となっています。





 今日のは最初から最後まで直球がキレッキレでしたよね
ズバズバと力のある直球を投げ込んで見逃しや空振りストライクを奪い、バットに当たっても球威に力負けした勢いの無い打球で凡打の山を築き、さらにその直球の相乗効果でカーブやチェンジアップといった相手のタイミングを外す変化球も大いに生きてきていたわけですから手が付けられませんよ
ノーヒットノーランを達成してしまうのも納得ですね

また、ノーヒットノーランを抜きにしても成瀬とのエース対決を制してチームの連敗を止め、さらに3連戦の頭を取ることが出来たことも大きいです。
今日の岸はエースの責務を果たし、さらにノーヒットノーランまで達成してしまう素晴らしい投球でした。この調子で今後ともローテの柱としてチームを支えていってほしいものです



 チームはなかなか波に乗れずに最下位に低迷していますが、牧田2本柱は安定していますし、課題の打線も主砲の中村の復帰に加えて、なかなか期待できそうな新外国人野手のメヒアの獲得も決まりました
今のように1勝2敗ペースではいつまでも借金が増え続ける底なしの泥沼ですから、大型連勝をしろとは言わないまでもせめて3勝2敗ペースくらいに軌道修正出来れば良いんですけどね。
まずは明日の先発の菊池が、今日の岸の力投に発奮して好投してくれることを期待します


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ 
埼玉西武ブログ村

さすがにもう西口のノーヒットノーランは厳しいよなぁ・・・・

あと武山が中日に金銭トレードらしい。
まあ、銀仁朗以外が壊滅的な今の西武捕手陣で出番がない時点でお察しですね。
交換トレードではなく金銭トレードという点が不満ではありますが、武山で交換できるレベルの選手ではたかが知れていると思うので仕方がないでしょう。
中日に請われて移籍するわけなので頑張ってほしいものです

kusukusukua at 00:51│コメント(0)トラックバック(0)試合の感想 │

2014年04月29日

http://www.sanspo.com/baseball/news/20140428/lio14042805010002-n1.html?view=pc

 西武が米大リーグ、ブレーブス傘下の3Aグウィンネットでプレーしていたアーネスト・メヒア内野手(28)を獲得することが27日、分かった。ブレーブスの公式サイトが26日、西武へ移籍するためロースター(選手登録)から外したと報じたことを受け、西武の鈴木球団本部長は「方向性は決まっている。本人とこれから交渉する」と説明。正式契約を結び次第、発表の見通し。


 やっと待望の助っ人外国人野手獲得の一報が届きました
それはブレーブスのロースター40人枠に入っているアーネスト・メヒア内野手です。
まだ本人と契約の詳細を詰める工程が残っているので確定ではありませんが、所属球団のブレーブスが公式ページで西武への移籍云々を報じているので、ほぼ決定と思っていいでしょう。

ブレーブスには3年連続20本塁打以上の不動の1塁手がいるためにメジャー経験こそありませんが、昨年は3Aで打点王、今季は3Aで打率.354、7本塁打、24打点の好成績を記録している逸材のようです
どうせもっと中途半端な成績のお安い外国人打者やラミレスみたいな他球団の中古選手とかでお茶を濁すのだろうとばかり思っていたので、まさかメジャー球団の40人枠に入ってくるような選手を獲得するとは驚きました

下記がメヒアのものと思われる動画


打撃






守備



 なんというか冗談みたいな物凄いスイングをしていますね
バットにボールが当たればどこまでも吹っ飛んでいきそうな豪快な振りをしていますよ
その反面、三振も多いのかもしれませんが今の西武に足りないものは1にも2にも長打力です。
下手に巧打を期待してスピリーみたいな打率も長打力も中途半端な打者を獲得してしまっては目も当てられないので、メヒアのようにとにかくパワーに自信があるタイプの選手獲得は大歓迎ですよ。

このメヒアが6番に入り、3番から栗山−浅村−中村−メヒアといった打線を組めるのであれば、これは非常に面白い打線になってくるのではないでしょうか。
少なくとも開幕直後の吐き気のするような貧打線からはだいぶマシになりますね。


契約を済ませて来日、そして数試合2軍で調整した後に1軍合流となると思うので、実際にこの目で見れるのは5月中旬前後となるのかもしれませんが、今から非常に楽しみです。
最下位に沈むチームの救世主となってくれることを期待します


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ 
埼玉西武ブログ村

率は高いけど長打は期待できない打者、率は低いけど当たれば飛ぶ打者、率は低くて当たっても飛ばない打者。
ランサムはどれでしょうか・・・・。

kusukusukua at 01:44│コメント(3)トラックバック(0)埼玉西武の話題 │

2014年04月26日




 先発の8回2/3-7安打1失点の好投で今季2勝目を挙げました
完封を狙った最終回こそ疲れからか打ち込まれましたが、今日は終始安定した投球でSB打線を手玉に取り、摂津とのエース対決を制してチームの勝利に大きく貢献してくれました
うん、さすがです。今後ともよろしくお願いします。


また、やっとのことで1軍に合流した中村が、この試合から5番1塁で先発出場。
そして初回の2死1、2塁のチャンスで迎えた今季初打席で、あとひと伸びでスタンドインかという先制タイムリー2塁打を放ち、これが結果的に決勝打となるなど2打数1安打2打点2四球と存在感を見せ付けてくれました






 いや〜、復帰早々に大仕事をやってのけるとは、いやはや御見それしました
中村が休んでいた頃には散々文句を言ってきましたが、やはり中村が打線にいるといないとでは迫力期待感みたいなものが断然の違いですからね。
打った打たないに関係なく、打線にいるだけで相手投手に与える重圧が違いますよ
得点力不足に苦しむ西武打線の救世主となるべく今後とも打ちまくってほしいものです。



 ちなみにこの試合前日までの西武の5番打者が記録した総打点数は1打点です。
23試合を消化した時点で僅かに1打点、もう1度書きますが冗談抜きでたったの1打点です。
それも押し出し四球での1点なので、タイムリーは0本です・・・・

・・・・これじゃあ極度の得点力不足も納得、当然ながら勝てないわけだ・・・・。
う〜ん、書いていて頭痛と吐き気がしてきました。もう寝よう


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ 
埼玉西武ブログ村

ここのところ5番で起用されていたランサムは何をしに日本に来たの?
評価できるのは応援歌の謎の中毒性だけだな
もう帰っていいよ。

kusukusukua at 02:05│コメント(0)トラックバック(0)試合の感想 │

2014年04月24日






 楽天の黄金ルーキーである松井裕樹プロ入り初勝利を目指した一戦だったんですが、5回5安打8四球5失点の乱調で初勝利はお預けとなりました
今季は他球団の草刈場と化している西武戦だっただけに大いに期待がかかったんですが、さすがに相手に8四球も許してしまうとなると自分で自分の首を絞めているのと同然なので厳しいですよね・・・・。

貧打の西武打線が相手だから5失点ですみましたが、他球団だったら最序盤でKOは必至、試合開始早々に試合を壊してしまうところだったでしょう。
どうやらこの投球結果を受けて2軍落ちとなるようですが、将来が楽しみな選手なので、もう一度2軍でしっかりと勉強をして戻ってきてほしいものです



 ・・・・・ということで他球団のルーキーにエールを送ったところで西武の話題に移りますが、楽天投手陣が先発全員安打ならぬ先発全員四球をプレゼントしてくれるなど、こっちに勝ちを譲ってくれるような投球をしてくれたにもかかわらず、なんでこんなにも辛勝なんだよ・・・・。
なんたって先発全員四球だぞ。もしかしてプロ野球史上初の珍事じゃないの?
そんなプレゼントを貰っておいて仮に負けていたらと想像すると震えがくるわ

本来であれば一方的な大勝でスカッとした爽快感を感じることが出来るはずの試合だったのに、打線は9安打13四死球も放っておいて7得点しか奪えずに残塁の山を築くし、先発の野上貧打の打線が必死こいて得点した直後に失点を繰り返すなど、テレビで観戦をしていて大いにストレスが溜まりました

まあ、こんな試合しか出来ないから最下位に低迷しているんだろと言われればそれまでなんですが、そうは言っても数少ない勝利の日くらいは素直に気分良くさせてほしいものですよ




 古巣相手に3打数3安打猛打賞2四球3打点という全打席で出塁する大活躍を見せた渡辺はお見事です
さすがに今日は出来すぎだとは思いますが、今後とも攻守での渋い活躍を期待します。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ 
埼玉西武ブログ村

 松井くん、理由は言えないけれども楽天の2軍にいる某指導者には気をつけろよ

kusukusukua at 02:18│コメント(0)トラックバック(0)試合の感想 │