和歌山紀の川市

March 29, 2024

紀の川市の物産展「きのかわマルシェ」

すみません。
もう終わったイベントで恐縮でございますが・・・

和歌山県紀の川市の名産を取り扱ったイベント
「きのかわマルシェ」
が先日大阪ディアモールで開催されました。

この時期の紀の川市の旬のフルーツ、
地元ブランドいちご『まりひめ』
紀の川市が生産全国一を誇る「はっさく」
や、他にも紀の川市名産品を販売。

わたくしも紀の川フルーツ大使として参加させていただきまして、
「へぃ、らっしゃい、らっしゃい、安いよ!安いよぉ!」
「そこのねーちゃん、買ってきなよ!」と呼び込みし、
販売をお手伝いさせていただきました。

いちごっぷるちゃん

真ん中はぷるぷる娘「いちごっぷるちゃん」です。
カワユイ♪
めちゃ華あるなぁ〜。
完全に負けてるな、私。


なんと紀の川市長も御来場され、ご挨拶させていただきました。

きのかわマルシェ

「市長、起きて。朝ですよ」
寝てませんよね。おめめが細いだけですよね。

kusumic at 09:00コメント(1) 

December 01, 2023

柿の季節ですねー

柿は紀の川市の名産のひとつ。
紀ノ川産の柿、美味しいですよ!
是非食べてみてください。

あんぽ柿

「あんぽ柿」
トロトロめちゃ甘!
甘いもの好きさんに超オススメ♪

和歌山ラーメン

和歌山には、こんな名物もございます♪

kusumic at 09:00コメント(1) 

November 29, 2023

紀の川市「青洲まつり」へ行ってきました

行ってきました、と言っても1ヶ月前のことなんですが。。。

「写真がなかなか手元に来なくてぇ〜」
いうのを言い訳にしておきます。
「写真なくても書けるやろ!」と思っている
そこのアナタ、おっしゃる通りです。すみません。

青洲・加恵と記念撮影

「青洲まつり」とは!!
紀の川市が世界に誇る医聖・華岡青洲に由来する
地域おこしのおまつりだ!
青洲が結婚した日の花嫁行列を再現し、
街中を当時の装束で練り歩くのだ!(楠見調べ)

新郎新婦、両親、親戚、町娘、と
いろんなお役の方が参加されていて、
それぞれの装束やお化粧、カツラなど見るだけでも楽しい。
行列の中に伊勢音頭(多分)を唄う方がいらっしゃって、
花嫁行列の雰囲気たっぷり!良い喉でした。

コロナ禍を経て四年ぶりの開催ということで、
たくさんの人が来られていて盛況でした。
地元食材を使った屋台がたくさん。
舞台上では、お歌、演奏、ダンスなどなど。

どんなお店がどのくらい出てるのか、
面白い出し物をやってるのか、も大事ですけど、
地域の人たちが、力を合わせて、時間をかけて準備して、当日動き回ってという
そのテンションと空気感がとても良いなぁ、好きだなぁと思いました。

ステージの様子

で、おまつりでの楠見の役割は、
市外から来られた方への紀の川市のPRだったんですが、
一切それをやることなく一日が終わってしまいました。

「一緒に写真撮って」
「もちろんです」
これを一日中やってました。
『ブギウギ』放送中だからかな。

うん。そんな一日も面白いもんです。

もちまき
はじめて「餅まき」しました!

遠投には割と自信あるんですが、
久しぶりなので肩が外れないように(どんな用心⁉︎)
恐る恐るお餅を投げました。

「青洲まつり」
ご興味持たれた方は、来年ぜひご来場くださいませ♪♪



岸本市長と記念撮影
弟の同級生・岸本くんです。
現・紀の川市長さんです。
どうぞ紀の川市を盛り上げてください!

kusumic at 16:35コメント(4) 

September 09, 2023

NHK「えぇトコ」次は紀の川市だよ!

NHK「えぇトコ」、次は紀の川市だよ!

いちじく農家としてクスミの従兄弟が登場するそうな。
いちじくは紀の川市が誇る果物のひとつなのです。
他には桃農家さん、パラグライダー、鮎の養殖場などが紹介されるそうですよ。

NHK 総合『えぇトコ』
「実りをもたらす 愛され川 〜和歌山 紀の川市〜」

関西ローカル放送:
2023年9月14日(木)19:30〜(放送予定)

全国放送:
2023年9月29日(金)14:05〜(放送予定)

「実りをもたらす 愛され川 〜和歌山 紀の川市〜」 - えぇトコ - NHK


ちなみに、9/10(日)のNHKのど自慢も紀の川市だそうです!!!
全国に紀の川市の良さを知っていただきたいです♪

kusumic at 12:45コメント(3) 

April 15, 2023

ディープな紀の川市

紀の川市で有名なものって、なんだろう?

・江戸時代に世界初の全身麻酔手術をした華岡青洲。
・桃のトップブランド「あらかわの桃」。
・貴志川駅。駅長が猫「ニタマ」、駅舎が猫の形。
・パラグライダー
・粉河寺

そういう場所は、紀の川市HPでも紹介しているので、
紀の川市観光協会

今日は少し角度を変えてディープなところを
取り上げてみたいと思います。

--------------------

◆You Tube「麻生津チャンネル」

母の実家のある紀の川市麻生津地区は、とーっても田舎です。
でも山から見る紀の川の景色は涙出るくらい綺麗です。

そんな紀の川市麻生津地区の地元の人たちが
自分たちで作ったYou Tubeチャンネル。
「麻生津チャンネル」

めちゃ手作り感満載なんですけど、親近感持って見ると面白い?
従兄弟がこれに関わってました。
さて、どれが私の従兄弟でしょうか???

麻沼津チャンネル
https://youtu.be/5nHDlhiIwkE

--------------------

◆「アカプルコ」
多分、私の町内の人間しか知らない地名。
命知らずの子供たちが危険を覚悟で飛び込む場所。
先生に知られると絶対怒られる場所。
けど、なんで外国の地名?

弟に聞いてみました。
由来は、当時の「アデランス」のCMから。
https://youtu.be/n68KnhbZ5ME
アカプルコに飛び込んでもカツラが取れないという内容で、
めちゃ高い崖から金髪のカッチョいい男性が胸毛を晒して飛び込むというもの。
「飛び込みする場所」=「アカプルコ」
・・・安易だね。

IIDE06
※写真は「アカプルコ」ではありません。イメージです。

--------------------

◆はっさく

先日「紀の川はっさくエール」というクラフトビールが発売されましたが。

実は紀の川市、八朔生産日本一なんです!

私はめちゃめちゃすごいことだと思うんですが、
地元の人に話しても「ふぅーん」といまいち盛り上がらない。
「そんなん知ってるしー、今さら当たり前のこと言うなや」的反応なのか、
そのすごさがいまいちピンと来ないのか、
私にはとても物足りなく思います。

紀の川市の人たちにとっては取るに足らないことなのかな。
そしてそんなことで虚勢を張らない穏やかな人が多いのかな。
鷹揚というか、欲がないというか、人が良いというか。
和歌山の人ってそんな人が多い気がします。

地元を褒めすぎ?

kusumic at 09:00コメント(0) 

April 05, 2023

ロケに使うべき!山崎邸

フルーツ大使で紀の川市を訪問した際、
ランチをいただいた古民家カフェ「創」さん。

ジビエカレー

有形文化財「旧山崎家住宅」の土間、座敷を
利用して営業されています。

この「旧山崎家住宅」、大正時代に建てられた建物。
テーブルや食器は大正時代のものが
そのままカフェに使用されています。

山崎邸天井

カフェエリア以外のお部屋も見せていただいたのですが、
普通のお宅じゃない!

どんな金持ちだっただんだーぃ?
天井や窓枠、凝りすぎやろぃ!
トイレ漆(うるし)塗りってどないやねん!
意匠がお洒落過ぎるにもほどがある!

と、テンション上がり過ぎて文章も変になるほどです。

山崎邸

今、二階はどなたも使用していないとのこと。
紙芝居とか読み聞かせとか、
落語、浪曲のイベントにピッタリの場所だと思いました。

二階からは、川向かいの「紀州富士」龍門山(りゅうもんざん)が
一望でき、もはや有難さすら感じる建物。

故郷にこんな素晴らしい文化財があったことに
心から驚いた次第です。

※「創カフェ」さんは、
社会福祉法人一麦会ハートフルハウスさんが運営。
ひきこもりの若者がカフェで働くことで、
社会とつながり、生活の幅を拡げられる、
そんなコンセプトを持った場所です。


kusumic at 09:00コメント(0) 

March 18, 2023

豪華パフェを満喫しました

”桃農家にしかできない!そんなジェラートを作りたい”

という「藤桃庵」さんにて
2種類のパフェを堪能させていただきました♪

パフェ2種

「いちごショコラピスタチオ」
「柚子抹茶とホワイトチョコ」

濃厚なジェラートだけでなく
いろんな素材が何層も入っていて
次々と新しい味が登場する
食べすすんでも飽きることのない
楽しいパフェです。

オーナーさんが詳しく中身を説明してくださり、
ひと匙ひと匙、美味しくいただきました♪

藤桃庵・藪本畑下農園さん
お邪魔いたしました!

kusumic at 16:00コメント(1) 

March 02, 2023

超書きやすい!ぷるぷる娘のボールペン。

紀の川市観光協会のゆるキャラ!
紀の川「ぷるぷる娘」
フルーツのまち紀の川市をPRする為に日夜頑張っています。

八朔「さくぷる」
苺「いちごっぷる」
キウイ「きうぷる」
イチジク「じくぷる」
柿「かきぷる」
桃「ももぷる」

この「ぷるぷる娘」グッズが色々販売されているのですが、
フルーツ大使に就任したときに所属事務所にも沢山いただきまして、
スタッフが「めちゃ使いやすいっ!」と日々愛用しています。

滑らかな書き味でスラスラ書ける。クオリティ高し!
仕事捗ること間違いなしの優れモノなんです。

ぷるぷる娘グッズ

グッズは市役所商工観光課内の同協会事務局で販売。
道の駅・青洲の里でも販売しています。

ぷるぷる娘グッズ | 紀の川市観光協会



kusumic at 09:00コメント(0) 

February 21, 2023

紀の川市が世界に誇る華岡青洲!

華岡青洲。
我が紀の川市が世界に誇る医聖。
世界で初めて麻酔薬を用いた外科手術を成功させたお医者様です。


私、華岡青洲先生とはなーんも関係ない人ですけど、
近所ってだけでちょっと自慢。
弟の同級生が、子孫の「華岡くん」ってだけでちょっと自慢。
・・・そんなしょーもない話はおいといて。


青洲先生のスゴイところをご紹介(パンフから抜粋)
【スゴイところ 其の一!】
 苦心の末、全身麻酔薬の開発に成功
 世界初の全身麻酔による乳がん摘出手術に成功

【スゴイところ 其の二!】
 春林軒は江戸時代最大の医塾
 2000名以上の医師を育てあげた
 ※全国から門下生を受け入れ行進の育成に努めたそうです。

【スゴイところ 其の三!】
 インフォームドコンセントや感染予防など
 江戸時代に近代医学の思想を持っていた
 ※微生物や雑菌の存在が発表される以前から、
 青洲は手洗いで雑菌の予防をしていました。

春林軒
「華岡青洲のスゴさ」を真剣に聞き入るクスミ

そんなすごい方がいたという事で、
紀の川市 道の駅は、
「青洲の里フラワーヒルミュージアム」という名前。
 設計は建築家・黒川紀章氏。
 建物はマンダラゲの花をモチーフとした独特の形。

中には、
◆花岡青洲記念館「春林軒」
 自宅・診療所・医塾を復元。医療や生活の様子が再現されています。
◆華岡青洲展示室
 無料。
◆青洲の里 農産物直売所「那賀ふれあい市場」
 地元の新鮮な野菜やフルーツ、ジャムや加工品などを直売。
◆レストラン「華」
 地元野菜メインの料理をランチバイキングで楽しめる
その他、ハーブ園やふれあい公園も併設されています。

道の駅「青洲の里」

駅からは少し遠いですが、
広い駐車場があるのでお車で遊びに行ってみてください。
レンタサイクルを活用してみてもいいかも♪

青洲の里展示室
道の駅駅長の神徳政幸さんに詳しくご説明いただきました!


閑話休題。

華岡青洲先生は、
有吉佐和子さんの小説『華岡青洲の妻』で有名。

以前、この『華岡青洲の妻』を下敷きにした『秋茄子のススメ』
というラジオドラマに出演させていただきました。

その後、朗読劇として改作。
大阪や和歌山市民会館でも上演。
私はすべてに出演させていただきました。

朗読劇『秋茄子のススメ』
紀の川市内の古民家カフェなんかでやれば雰囲気もピッタリ!
やりたいなあ。
どなたか呼んでくださいませんか?

kusumic at 09:00コメント(1) 

February 17, 2023

紀の川市は苺の生産量が県内一位よ!

苺、県内1位の生産量を誇る紀の川市。

生まれて初めていちご狩りをしました〜!
小さい頃、おばあちゃん家の畑に成ってるのを
バクバク食べてた。それもいちご狩り、か?

「貴志川いちご狩り園」さんでは、
『まりひめ』
『べにほっぺ』
『さちのか』
『紀の香』
4種類の苺を栽培されています。

ビニールハウスに入った瞬間、
あまーい香がブワッと全身を包んでくれます。
あの圧倒的幸福感ったらない!
幸せエキスが瞬時に体内に充満しました。
落ち込んでるひと、今すぐいちご狩りに行きましょう!

ちなみに「まりひめ」は、和歌山県オリジナル品種です。
甘くてとても美味しかったです。イチオシ♪

いちご狩り

苺を食べながら、マネージャーに
「練乳持参すれば良かったねー?」って冗談言ったら
本当に出してきてくれた「貴志川いちご狩り園」さん
どうもありがとうございました。

苺はもちろん練乳なしで美味しくいただきましたよ♪♪

kusumic at 09:00コメント(1) 
プロフィール

楠見 薫

KUSUMI KAORU

俳優
和歌山県 紀の川市フルーツ大使
趣味:刺繍、読書、爆睡

直近の活動:舞台「トンカツロック」4/19(金)/大阪松竹座〜全国公演start
詳しくは→https://www.shochiku.co.jp/play/schedules/detail/2024_tonkatsu/

月別アーカイブ
最新コメント
QRコード
QRコード