楠木新(くすのき あらた)
楠木新の自己紹介

*講演・セミナー・研修および取材などの
お問い合わせは、kusunoki224アットマークnifty.comまでお願いいたします。
※アットマークを@に代えてください

2022年10月01日

生い立ちや自身のキャリアを否定しない(夕刊フジ22.09.30)

6月に出版した『転身力』(中公新書)に対する書評を基に
考えたことを、夕刊フジに書きました。

焦って自分を変えようとするよりも自分のペースでコツコツと
積み上げることが転身の近道になるような気がします。

紙媒体で書いているのですが、ネットで読むと、ちょっと違った
感じがするのは私だけでしょうか。
よろしければ、お目通しください。

自分を変えようと思っても生い立ちや自身のキャリアを否定しない 『転身力』に対する書評で自分を見直す


mixiチェック
kusunoki224 at 09:30|PermalinkComments(0)夕刊フジの連載 | 転身力

2022年09月30日

「ヤギさん」は、今では仕事ができない

クレジットカードの支払い口座が残高不足に陥った。こんなことは初めて。
調子に乗ってカードでお金を使っていたので気づかなかった。

再度引き去られるのかと思っていたが、0120-の電話が入った。初めは、
「0120-なんて出ないよ」と思っていたら、またかかってきた。
「もしや」と思って出ると、残高不足の連絡だった。そこから驚いたのは、
本人確認も全て電話の機械音声(ナマの声は一切なく)の指示だけ。
それに従って振り込まないとカードが使えない(らしい)。

借金の督促に人や紙が絡まないことに驚いた。子どもの頃、借用書をいきなり
食べる「ヤギさん」というあだ名のおじさんがいた。今なら彼は仕事ができない。

その日に、久しぶりに近所の美味しい町中華に行くと、スマホでメニュー画面
を写し取って注文する形に変わっていて飛び上がった。「あのおじさんの店が」
と思って厨房を見ると、息子さんの代に変わったのか若い人が中華鍋を握っていた。

帰りに立ち寄った100円ショップはすべて自動精算になっていた。
以前は1レーンは人がいた。

「ICOCA」があれば全部大丈夫かと思っていたのに。でもカードの残高不足は、
ネット口座からの振り込み手数料ゼロで一矢を報いた?

エライ世の中になってきたが、やっぱり東山市場か、水道筋商店街に行こ。
下記のメニューはすべてスマホで注文。(家人がやってくれた)。
お金の使い過ぎには注意しましょう。

308822037_5580775381982292_533257325854775547_n


mixiチェック
kusunoki224 at 22:48|PermalinkComments(0)神戸新開地 | 日々の雑感

2022年09月28日

「しっかりやります、時間まで」

最近は、企業からのお話のほかに、このような機会も増えてきました。
私も年齢がいってきたからでしょう。多くの人が来られるので、
「毎度〜、しっかりやります、時間まで」

令和041001 長岡京市講演ビラ

mixiチェック
kusunoki224 at 10:30|PermalinkComments(0)上方演芸 | 講演

新著の記事が「東洋経済オンライン」にアップされました

新著『自分が喜ぶように、働けばいい。: 二つの本業のすすめ』
に関する記事が「東洋経済オンライン」に紹介されています。

寿命の延びからも、働く環境からも、いきなり会社を辞めずに、
「もう一つの本業」をもって対応することを主張しています。

唯一の働き方だとまでいうつもりはありませんが、多くの会社員
にとってフィットした働き方だと取材から感じてきました。

冒頭は、大道芸人に転身した人から2時間の説教を受けたことから
始まっています。私にとってありがたい経験でした。

「辞めない」「我慢しない」副業解禁時代の正解!

306025230_5531280693598428_1608235953720714900_n

mixiチェック

2022年09月27日

弘兼憲史×楠木 新 60歳からは身軽で新しい自分へ

「中央公論」10月号に掲載された、弘兼さんとの対談が
ヤフーにアップされていました。
少し長い文になりますが、よろしければ、ご覧ください。

60歳からは身軽で新しい自分へ――「人生の仕上げ」の秘訣を語る


mixiチェック

2022年09月26日

「女芸人キャバレーナイト」(9/26)に行ってきました。

エリザベス女王に扮した桂あやめさんと写真を撮ってもらいました。
リスペクトする中学校の後輩と色々とお話ができて感激でした。

メーガン妃をはじめ出演した他の芸人さんもノビノビと演じていて、
こちらも元気をもらえます。NGKや繁昌亭や喜楽館とは違ったテイ
ストで、とても楽しい夜になりました。

女芸人の皆さんありがとうございました。

308074672_5570741032985727_150387121216652559_n


mixiチェック
kusunoki224 at 23:30|PermalinkComments(0)神戸新開地 | 上方演芸

2022年09月22日

『自分が喜ぶように、働けばいい。』は明日発売です。

明日、9月23日(金)に、『自分が喜ぶように、働けばいい。:
二つの本業のすすめ』(東洋経済新報社)が発売になります。

私が解決策として掲げるのは、これまでどおり勤め続けるのでも
なく、会社を飛び出すのでもない、第三の道です。
(それは何かと尋ねたら)
会社に勤めつつ、自分が気持ちよく過ごせる「第二の本業」を
見つけることです。
第二の本業といっても、必ずしもお金になる仕事である必要は
ありません。趣味に没頭することでも、ボランティアでも、学び直し
でもいい。とにかく自分が楽しめる、喜ぶことに取り組むのです。

会社員を続けるのであれば、第二の本業からの収入で生活をすべて
賄う必要はないわけですから、取り組める範囲も広がります。

ぜひ、一度お目通しください。よろしくお願い申し上げます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
10月からNHK文化センター梅田で、少人数のゼミを半年間行います。
ご興味がある方はぜひ受講ください。
ベストセラー作家と考える 50歳からの生き方
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

306025230_5531280693598428_1608235953720714900_n

mixiチェック

2022年09月21日

50年前の「何もしなかった」後悔は消えない(夕刊フジ22.09/梅棹

KT会(京都テクテク会)で、8月に民族学者、文化人類学者で、
国立民族学博物館の創設に尽力した梅棹忠夫氏(1920〜2010年)
の生家のあった西陣の千本通り界隈(かいわい)と自宅のあった
北白川を歩いたことを書きました。

50年前に行動しなかった後悔が甦りましたが、過ぎ去った時間は
取り戻せません。

306864615_5554364971290000_6145556629835287847_n

mixiチェック
kusunoki224 at 22:04|PermalinkComments(1)夕刊フジの連載 | 新観光

2022年09月20日

喜楽館の高座に上がらせてもらいました

将来のために喜楽館の高座に上がって予行演習をさせて
もらっています。
ネタは?新作「往生しまっせ!」でいきましょうか。

307697739_5550522948340869_2081351725967954392_n



mixiチェック
kusunoki224 at 20:24|PermalinkComments(0)上方演芸 | 神戸新開地

2022年09月17日

『龍起伝 〜楠木正成と久子〜』を観劇

宝塚市の東公民館で、新作歴史ミュージカル『龍起伝 〜楠木正成と
久子〜』を観劇。かつて新聞社で私の連載の編集を担当してもらった
橋本正人さんが原作・脚本を書いています。会社員を退職してから
10年かけて準備をして公演にこぎつけたとのことです。

自分も遅れずに舞台に立たねばと背中を押されました(ナニスンノ?)。

テーマの楠木正成は、源義経と並んでも良い存在だと思うのですが、
比較的地味な扱いだと従来から思っていました。私は神戸の新開地、
福原界隈で生まれて育ちましたので以前から関心がありました。
単なる軍略家だけではなく、幅広い能力を持っていた人だと考えています。

橘小学校、多聞小学校、湊川小学校、楠中学など、正成にちなんだ
学校名がありました(今はすべてなくなりましたが)。
湊川神社の正門の東側に水戸光圀の銅像があります。祭りの時も人は
少なく、小さい頃から一人で過ごすお気に入りの場所でした。
芸名も中学校と新開地から取りました。
306634424_5543545072371990_6086609674291205786_n





mixiチェック
kusunoki224 at 22:20|PermalinkComments(0)神戸新開地 | 上方演芸

2022年09月16日

【神戸新開地・福原という歓楽街】(「週刊新潮」の「掲示板」)

今週号の「週刊新潮」の「掲示板」に、「歓楽街の思い出・
面白い人たちの話を聞かせてください」という依頼を出しました。

6月に『転身力』(中公新書)を書いたときに、「生い立ち」も
大切だと気がついたからです。
私にとっては、神戸新開地・福原の思い出になります。
果たして、どれくらいのお話をいただけるでしょうか?

306920077_5540493406010490_1050457236790069434_n



mixiチェック

2022年09月15日

「勝手弟子になる」(夕刊フジ22.09.06)

上方落語の定席「神戸新開地・喜楽館」では、8月1日〜7日に
「水木しげる生誕100周年記念ウイーク」と銘打った興業が行われた。

活動弁士(無声映画の弁士)坂本頼光さんは小学4年生の時に水木さんの
自宅までいって、弟子入りをお願いした。それくらい慕っていたと舞台で
話していた。

坂本頼光さんは自らのツイートで、「(水木)先生は亡くなられてからも、
作品で、思い出で、御縁で、お仕事で、私を救ってくださいます。先生は
私の師匠ではないですが、私は先生の弟子です」と述べている。

彼のように勝手弟子になることが自分を成長させることにつながると思った
ことを夕刊フジに書いた。

306924912_5538089839584180_4532791870712416650_n


mixiチェック

2022年09月14日

岡本太郎は、やはり絵画。

岡本太郎は、やはり奇才。
でも絵画と書籍と映画では伝わってくる熱量が異なる。
人それぞれ得意な表現がありそう。
博物館と映画を観ると、やはり岡本太郎は絵画だ。

音楽は歌と楽器では違うし、小説とエッセイも異なる。
自分に合った表現法を知ることが大事だと感じた。

306158236_5535237206536110_3725341775064335978_n

mixiチェック
kusunoki224 at 22:41|PermalinkComments(0)日々の雑感 | 新観光

2022年09月13日

『自分が喜ぶように、働けばいい。: 二つの本業のすすめ』(9/23発売)

9月23日に発刊予定の本の見本がやって来てくれました。
東洋経済新報社から『自分が喜ぶように、働けばいい。:
二つの本業のすすめ』です。

リスクをとっていきなり起業するのではなく、自分の大切な
ものをあきらめて現状維持に甘んずるのでもない、新たな
働き方の実例として参考にしてほしいと思っています。

新たな人の取材だけではなく、10数年前にお話を聞いた人に
再びインタビューもしています。よろしくお願いいたします。

306025230_5531280693598428_1608235953720714900_n



mixiチェック

2022年09月12日

「中央公論」に弘兼憲史さんとの対談が掲載されました

「中央公論」10月号の第2特集「人生後半戦の作法」で、
弘兼憲史さんとの対談が掲載されました。
「60歳からは身軽で新しい自分へ」と題し、リタイア後に
関するよくある誤解などを互いに語りました。
先輩の弘兼さんの話に学ぶことが多かった対談でした。

亡くなる前1ヵ月に食べる昼食ランキングの話はやはりして
しまいました。眠眠のお酢で一旦死んでみる体験は、ウケそう
でしたが、エライさんもいたので封印しました。

対談はいつも楽しくて私向きです。8ページに及びますが、
読みやすいと思うのでぜひお目通しください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
10月からNHK文化センター梅田で、少人数のゼミを半年間行います。
ご興味がある方はぜひ受講ください。
ベストセラー作家と考える 50歳からの生き方
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

306043348_5528971453829352_4251612104922827556_n

mixiチェック

2022年09月11日

京阪神のビジネスホテルを散策

京阪神の安くて、旅行サイトの顧客評価が老舗ホテルと変わらない
ビジネスホテルをいくつか宿泊。感じるポイントは、
・新築
・洗い場のあるバスタブ、または大浴場。
・ラウンジが使えるかどうか
・夜食があるかどうか
・朝食の充実度合い  あたりです。
皆さんどうですか?

今の対象は、
*ホテルビスタプレミオ京都 和邸
https://www.ikyu.com/biz/00081526/
*ホテルブライトンシティ大阪北浜
https://www.ikyu.com/biz/00080466/
*天然温泉 浪漫湯 ドーミーイン神戸元町
https://www.ikyu.com/biz/00082018/?lc=1&ppc=2&rc=1&st=1

今週は、地域割りで、実質1000円(税込み 1300円)で一泊
できましたが、行きすぎだと感じました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
10月からNHK文化センター梅田で、少人数のゼミを半年間行います。
ご興味がある方はぜひ受講ください。
ベストセラー作家と考える 50歳からの生き方
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

mixiチェック
kusunoki224 at 08:07|PermalinkComments(0)新観光 | 日々の雑感

2022年09月10日

若い人に「働かないおじさん」との対話を勧めたい(夕刊フジ22.08.30)

中国新聞から「働かないオジサン」の取材を受けたことを
契機に夕刊フジに書いてみた。
かつて若い社員の話に耳を傾けていた時に、彼らも十数年もすれば、
「働かないオジサン」になると直感した場面が何度かあった。

中高年になって戸惑っている社員の若い頃の面影をそこに見たから
である。逆に、主体的に取り組んでイキイキと働いている社員は、
中高年のことをほとんど気にしていなかった。

「働かないオジサン」というのは、いろいろな人が集まって議論する
ためのプラットホームとして2013年に提示したが、結構「働かない
オジサン」自体の議論になっている。

そこからあまり生まれるものはないので、オジサンと話した方が良いと
いうことも取材で述べた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
10月からNHK文化センター梅田で、少人数のゼミを半年間行います。
ご興味がある方はぜひ受講ください。
ベストセラー作家と考える 50歳からの生き方
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
305477827_5517943744932123_3246298804919245445_n


mixiチェック

2022年09月08日

阪神勝利で爆睡

昨夜、甲子園でホルモンカレーを食べ始めると、いきなりヒットが
続き、満塁から3点先取!梅野選手が三遊間を抜くのが予見できた。
ほんとうに。その後、近本が走者一掃の3塁打で繋ぐ。

昨夜は、夜の10時から翌日8時まで爆睡。睡眠には甲子園が一番。
でも負けた時にも熟睡できるかは疑問。

305578015_5515831461810018_3795051878078632890_n


mixiチェック
kusunoki224 at 13:49|PermalinkComments(0)日々の雑感 | スポーツ

2022年09月06日

稲盛和夫氏と吉野家と接待と私

「経営の神様」と呼ばれた稲盛和夫氏の訃報がニュースで流れた。
私は今まで謦咳に接したこともなく、ビジネス誌などで知っていた
レベルだった。
ところがネット記事では吉野家の牛丼で接待していたことが大々的に
報じられた。この内容を読んで一気に親近感がわいた。

私は死ぬ前に食べる1か月間の昼食ランキングでは吉野家の牛丼は常に
上位を確保している。
・神戸新開地でパチプロのような生活を送っていた時に、オリンピア
(スマートボールの専門店)の隣にあった吉野家に毎日のように通った。
・その時からファンで、今でも冷凍庫に牛丼が常時入っている
・入店して椅子に座る前に「並、つくだく」と注文を終えるのが
 ルール?で無駄な時間がない。
・新任の若い女性医長(医師資格を持った社員)に、初めての吉野家を
 案内したこともあった(私も接待していた!)注文するのに時間が
 かかったので、椅子に座る前に注文するのが通(つう)だと説明した。
・会社を休職して、給与が半分以下になったときに、「毎日、吉野家で、
 朝、昼、晩食べれば、一日1000円以内で過ごせる!」と考えて勇気づけられた。

 稲盛氏の吉野家の牛丼好きから学ぶべきは、日本における接待の在り方
ではないか。高額な和食のコースを2時間半もかけて、おっさん同士が
オモロナイ話を続けていることに我慢ならない時があった。おまけにお土産
を用意して、帰りのタクシーも手配する。本当に無駄だと考えていた。

・大手商社の課長とバブル期の英会話学校を調査したり、有楽町のワイルド
ワンズのライブに行ったり、後楽園ホールのボクシングの試合を観戦、
吉本のNGKに一緒に行っていたが、小さな抵抗に過ぎなかった。
稲盛さんはノーマルだったのだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
10月からNHK文化センター梅田で、少人数のゼミを半年間行います。
ご興味がある方はぜひ受講ください。
ベストセラー作家と考える 50歳からの生き方
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
305399103_5510720075654490_2049031250048331175_n



mixiチェック
kusunoki224 at 08:47|PermalinkComments(0)B級グルメ | 神戸新開地

2022年09月04日

10月からNHK文化センターで、大学のゼミのような講座をやります

10月から梅田で月に一回金曜日の夜、互いの名前と顔が確認できる
少人数で、受講者自身の課題の整理と発表を組み合わせた大学の
ゼミナールのような講座を新たにやります。半年間の長丁場になります。

充実した人生を送るためには、中高年以降に会社の仕事以外に
「もう一つの本業(小商い、資格獲得、趣味、地域活動、学び直しなど)」
を持つことが有効です。
リモートの推進、兼業・副業の拡大によりチャンスは広がっています。

基本的には、キャリア理論ではなく、楠木が取材で得た会社員の具体事例、
受講者のキャリアおよびその課題を共有しながら互いに学べるように議論を
進めます。

一回2時間で、今のところ90分のゼミと、その後の30分は受講者全員のフリー
トーク。私の「もう一つの本業」の裏ワザ?紹介なども行っていく予定です。

申し込みは、下記のNHK文化センターにお願いいたします。
ご興味がある方はぜひ受講ください。

ベストセラー作家と考える 50歳からの生き方




mixiチェック

2022年09月03日

「一日一歩、3日で3歩、3歩進んで2歩さがる」

これ以上はないと思われるくらいの豪雨に遭遇。
警報も出ていたそうだ。

100分の講演で、後半は新ネタを話す。
「皆さんにも教えを請いながら、これから考える」とか
言っていたら、来年も同じ日に話す機会をいただいた。

自分でバーを上げすぎ。でも「満足〜」を届けられるように、
「一日一歩、3日で3歩、3歩進んで2歩下がる」
(いつになったら、着くんじゃい〜!)

304793834_5503521906374307_4631109638542025337_n

mixiチェック
kusunoki224 at 07:26|PermalinkComments(0)70年代ヒット歌謡 | 講演

2022年09月02日

大学入試問題の小論文は嬉しい(夕刊フジ22.8.23)

過去の著作が大学の入試問題に使われた連絡がありました。
今までの4回は、選択回答が多かったのですが 今回は、
国立大学の小論文に取り上げられました。

それが嬉しかったのですが、なぜ嬉しいと感じたのかを
書いてみました。

毎週月曜日に掲載されているのですが、少し前の記事を
にアップしています。

302098239_5498500793543085_4150407327272157872_n





mixiチェック
kusunoki224 at 07:00|PermalinkComments(0)夕刊フジの連載 | 執筆

2022年09月01日

懐かしの福仙楼へ

梅田で充実した打ち合わせの後に、中之島図書館で資料と格闘。
その後、淀屋橋で、大々天ぷら入りの蕎麦を食すつもりが臨時休業。

それならばと、懐かしの福仙楼へ。カレーやきそばを頼むと、
容赦のない大盛。でも定番の 美味しさで完食。値段を聞くと、
「530円です」とお馴染みの兄ちゃんが言う。
「やっぱり、この店は、おかしい」と思いながらも満足〜。

301981402_5495906610469170_1405186837558837134_n

mixiチェック
kusunoki224 at 16:53|PermalinkComments(0)B級グルメ 

2022年08月31日

京都の川床料理に舌鼓をうちました

初めて、京都の川床料理に舌鼓をうちました。
家庭料理的な感じもあって美味しかったので来年も行きたいと
思っています。雨が降ると室内での飲食になるので天気にも
左右されます。

今は夕刻になると涼しい風が吹いているので心地よく過ごせます。
9月くらいがベストな時期ではないかとお店の人は言っていました。

私はなぜか、若い頃に行ったビアガーデンの思い出が甦りました。
外での飲食はやはり気持ちがいいのでしょう。

302240857_5493244620735369_8973392004990346698_n



mixiチェック
kusunoki224 at 19:54|PermalinkComments(0)新観光 | B級グルメ

2022年08月30日

京都の腕利きの料理人は一度は食べる鳳凰蛋

京都の腕利きの料理人は誰もが食べていると噂されている鳳凰蛋を食す。
卵と玉ねぎが絶妙。スブタも春巻きもチャアハンも昔を思い出す味。
昼は2部制という珍しいバターン。芙蓉園は、昭和30年創業の町中華。

301680368_5492033904189774_1612819969127899153_n


mixiチェック
kusunoki224 at 20:05|PermalinkComments(0)B級グルメ | 新観光

2022年08月27日

「お前、アサヒ芸能で書いてんのか」

「週刊アサヒ芸能 最新号」(8月23日発売)の「著者に聞いてみた!」に
拙著『転身力』(中公新書)が取り上げられました。

子どもの頃、家の前にある酒屋さんで働く「ぼんさん」(当時そう呼ばれ
ていた)たちが寝泊まりする場所によく遊びに行った。

その時に、部屋にあった週刊誌は、「週刊アサヒ芸能」 と「週刊大衆」だった。
朝日新聞で連載をもらっていた15年ほど前に、「アサヒで連載」というと、
「お前、アサヒ芸能で書いてんのか」と言われたことが懐かしい。
ここで連載をもらう方がむつかしいだろう。

「山口組「4派乱立」 分裂抗争「8年目」に突入!」、「ピカレスク人生
指南 村西とおる 全裸で出直せ!」、「井筒監督の毒舌ストレート時評 
アホか、お前ら!」、「真説 新日本プロレスVS全日本プロレス「仁義なき」
50年闘争史」、「葬られたダークサイド〜プロ野球秘聞裏面史」などの目次が
並んでいます。

この項目には、2回目の登場ですが、本の内容というよりも子どもの頃の私の興味
で取り上げられているような気もします。

300832931_5483686441691187_4601859126780355763_n


mixiチェック
kusunoki224 at 12:10|PermalinkComments(0)転身力 | マスコミ出演

2022年08月26日

大学のゼミ生が百貨店でカレーを販売

この3月までいた大学のゼミのメンバーが、宝塚の阪急百貨店で、
作ったカレーを販売しているとのメールが入ったので、
早速購入に走る。

久しぶりに会ったが皆さん元気そう。オープンのブースで不特定の
顧客に販売しているのだから大したものだ。

家に戻って完食。肉の柔らか味も感じられる美味しいカレーでした。
また呼んでくれれば、どこにでも行きます。ありがとう。

301631015_5482063951853436_6038021213399669050_n


mixiチェック
kusunoki224 at 20:21|PermalinkComments(0)大学 | 定年後の居場所

2022年08月25日

年金の繰り上げ受給も検討に値する(夕刊フジ22.08.16)

先日、年金事務所で公的年金を受け取る手続きを行ったことを
夕刊フジに書いた。受け取り方には、多様な選択がある。
私のケースでは、仝什澆裡僑減个ら年金額を終身にわたって受け取る
■僑戯仍点にさかのぼって年金をもらう。70歳以降まで繰り下げる。

そのままもらうのと繰り下げ受給と、どちらが得かの議論で80歳過ぎて
からが損益分岐点になるなどという議論を一生懸命している人が多い。

私はお金のことを客観的に損益だけで考えない方が良いと思っている。
あまり先の約束を信じるのもどうかという方だ。80才以降におカネを
有効に使える自信もない。

「なるようになる」と考えれば、評判の悪い繰り上げ受給も十分検討に
値する(低額でも終身にわたってもらえる)。

自分に引き直すことがポイントで、65歳時点で決断するよりも、自分の
タイミングを組み入れるべきだ。私は、68歳時点で考え、かつ大学を
退職した3月ではなくて、半年待ってプータロー生活を実感してから判断した。
また年金事務所で実際の試算額を見て決断することは必須である。
担当者の説明は素晴らしかった。

いろいろ理屈をつけても、イヤシイから早くもらったに過ぎないのかも
しれない。Y賭博で一夜にして顔つきが一変したオジサンもいれば、
いくら多額の借金をしていても平気の平左の人も見てきた。

お金の価値は人によって変化する。客観的に論じるのはむつかしい。
ただお金はまとまったロットで手にするとエネルギーが増す。
そのため冗談で担当の人に「全部一時金で欲しいんだけど」と言って笑ってもらった。
301782652_5478059372253894_2537396954430912441_n

mixiチェック

2022年08月22日

レコード音の方が思い出につながる?

ナンバにある、かつてのヒット曲を聞かせてくれる店に
行ってきました。梅田にあった店「歌うヤンヤン」は、
レーザーディスク中心だったが、こちらはレコード。

リクエスト曲を紙に書いて渡すのは同じ。
頼んだ飲み物は、「青い珊瑚礁」(あおいさんごしょう)。
私のリクエストは、「きみの朝」(岸田智史)と、
「セクシャルバイオレット NO.1」(桑名正博)の2曲。

レコード音の方が思い出につながるような気がする。
300410101_5471289786264186_857747902709453171_n

mixiチェック

2022年08月21日

「キャリアに理論は似合わない」

「月刊 人事マネジメント」の書評欄(2022.08)に、
拙著『転身力』を紹介いただきました。
「若い頃にやり残したり諦めたりした世界は,実は貯金で
もあると独特の解釈を示し,道草を楽しむ余裕に注目するなど,
キャリア理論に縛られない随筆風の論考が何とも味わい深い」。

ありがとうございます。人の生き方のようなものに理論は似合
わないと強く思っています。
月刊 人事マネジメント 編集部


mixiチェック