楠木新(くすのき あらた)
楠木新の自己紹介

*講演・セミナー・研修および取材などの
お問い合わせは、kusunoki224アットマークnifty.comまでお願いいたします。
※アットマークを@に代えてください

2018年05月18日

『定年準備』(中公新書)が発売になりました

ながらく取り組んできました『定年準備』が出来上がりました。
見本が数日前に届き、本日から書店に並び始めました。

今回の『定年準備』も具体的な実例や個人的体験を基にしている点では
いつも通りですが、前作の『定年後』が定年に絡む課題の枠組みや定年
前後のギャップの実態を主な対象にしていたのに対して、
『定年準備』では、どのように助走を行い、実践的な行動に結び付けるかに
力点を置いています。(エピローグ)には「定年後」のための行動六か条」
も入れました。
そのためどちらから読んでいただいても十分理解できるようになっています。

ぜひ一度手に取ってみてください。

IMG_20180518_081251























mixiチェック
kusunoki224 at 13:26|PermalinkComments(4)定年準備 | 執筆

2018年05月16日

5月19日(土)のNHKラジオ深夜便に登場します(再放送)

先月、家の近くを歩いていると、会社当時の先輩が「昨年のラジオ深夜便を聞いたよ」と
声をかけてくれました。今回は、その時の再放送です。
5月19日(土)のラジオ深夜便に登場します。
ネットの番組表には、下記の通り書かれています。
午前4時05分 
▽明日へのことば・アンコール
「定年後をイキイキと」
人事・キャリアコンサルタント…楠木新
(平成29年11月4日放送)
私のお相手をしていただくのは、中村宏アナウンサーです。

「えっ〜、午前4時台なんて!!!」と飛び上る方もおられるかもしれませんが、心配には及びません。
HPには、「聴き逃しサービス」があるので、1週間程度はこちらで聞くことができるようです。
ラジオ深夜便  聴き逃しサービス
ぜひ耳を傾けてください。お願いいたします。

なお、冒頭の先輩に、「いつも深夜便を聞いているのですか?」とその時尋ねると、
「いつもは音楽を聴いているのだが、突然君が出てきてびっくりした」そうです。
今回の私の前の〔にっぽんの歌こころの歌〕を見ると、
『真夜中の夢の競演
三田明&西郷輝彦 第2弾』

とあります。あの先輩はまた聞いてくれるかもしれません。

C-bEWchUIAEMXdV

mixiチェック

2018年05月14日

『まんがでわかる 定年後』が産経新聞に紹介されました

今朝の産経新聞の読書面で、『まんがでわかる 定年後 黄金の7法則』
が紹介されました。この本には私は監修者として関わっています。
書店で一度手に取ってみてください。

記事の内容は下記の通りです。

『昨年25万部超のベストセラーになった中公新書『定年後』のエッセンスを
まんが化、再編集したもの。60歳の定年後の現実や、健康でいられる
「黄金の15年」、平均余命までにある「8万時間の自由」などの考え方、
対策までをストーリーまんがでわかりやすく伝える。

まんがには定年前後のキャラクターも登場するが、主人公は40代で、中堅
社員も意識した働き方のスタンス「黄金の7法則」を伝授する。「身近なロー
ルモデル探し」「子どもの頃を振り返る」など、第二の人生に向けたヒントが満載だ。
(楠木新監修、坂元輝弥作画、中央公論新社・1200円+税)

61l5UBKYHCL__SX338_BO1,204,203,200_














mixiチェック

2018年05月13日

第18回神戸新開地音楽祭で、瞳みのるさんが登場

昨日、12日(土)に、神戸最大の野外音楽祭である第18回神戸新開地音楽祭に行ってきた。
この日の19時からのメインステージは、「ザ・タイガース」のドラマーとして活躍した瞳みのるさん。
「昭和のグループサウンズナンバーでノリノリ!」というタイトルだ。

私が中学に入った頃が、ザ・タイガースの全盛期だったと思う。
「君だけに愛を」、「花の首飾り/銀河のロマンス」(これはどちらもA面だった)が
1967年1月、3月なので中学一年生だ。

この会場のほんの近くのYクンんちで、「銀河のロマンス」を聞いた時に、
「なんていい歌なんだ」と感じたことを思い出した。
この歌は、タイガース主演の東宝映画「世界はボクらを待っている」の
主題歌でもあった。新開地の東宝で見たような記憶がある。
ジュリーの相手役は、久美かおりという新人アイドルだった。

また一年生で同じクラスだったそのYクンんちは、大きなステレオがあって、その音の
迫力にも驚いたのだ。当時、私んちは、小さなレコードプレイヤーしかなかった。
こんなことは、地元でこの音楽を聞いたから記憶がよみがえったのだろう。

会場の一番前は、妙齢のご婦人方が手を打ったり、うちわを振ったり。
きっと、「私は、ジュリーでもトッポでもなくて、ピーが一番とか」言っていたに違いない。
男性陣も昔の曲になればだれもが口ずさむ。
私と同様、かつての何かを思い出しているようだ。

瞳さんは、1971年にザ・タイガース解散以後は芸能界をスパッと引退して、一年間の
猛勉強を経て慶應義塾大学に合格。中国文学の研究のために、大学院に進学し、
さらに北京大学にも留学。大学院終了後は慶應義塾高校で33年間教鞭を執る。
昨日の歌でも中国語に訳した詩や、中国の曲も披露していた。
そして60代半ばになって、再び音楽活動を再開している。
この戻り方が何とも言えず素晴らしいと私なんかは思うのだ。

アンコールでの曲は、「シーサイド・バウンド」。
瞳さんの指導よろしく、音感もリズム感もない私でも何とかステップが踏めたのが嬉しかった。

IMG_20180513_103229DSC_0933





mixiチェック

2018年05月09日

夕刊フジで連載(毎週月曜日)が始まりました

今週の月曜日(5月7日)から夕刊フジで連載が始まりました。
タイトルは、「定年後の居場所」です。
週に一本、毎週月曜日掲載になります。

かつてサラリーマン時代には、梅田駅で夕刊フジをよく買って
いましたが最近はご無沙汰になっていました。

もっと若い時は、地下鉄御堂筋線と阪神梅田駅の間の改札の近く
の壁に、各夕刊紙が壁に貼られていたことを思い出します。
記憶では、大阪日日、新関西、新大阪、大阪、大スポなどがあったような。
細かいことはもう忘れてしまいました。
でも昔から関心があったのは間違いないところです。

新入社員ときは、名古屋にいたので、各営業所に配布する営業成績表
の表紙の見出しを書くのに、喫茶店でモーニングを食しながら夕刊紙や
スポーツ紙の見出しを参考にしていました。
「鮮血ドロドロ坂口」とか、
「〇〇投手火ダルマ」
「〇〇投手肩の出来は6分留まり」
などを参考にして書いていたわけです。
はじめは、尖っていたので評判をとったようでしたが、しばらくして
「担当を変えろ」との当時の支社長からの指示で外されたという
記憶があります。それはまったく正しい判断だと当時も思っていました。

またバブル期に東京に転勤した時には、「ゲンダイ」が良く売れて
いたことに驚きました。関西では、夕刊フジを買うサラリーマンの方
が圧倒的に多いと思っていたからです。
また新大阪のような夕刊紙がないことにも物足りなさを覚えていました。

いずれにしても、連載の機会をいただいたことは私にとっても大変
ありがたいことです。読者に喜んでいただける記事を目指します。
第一回は、『定年退職は人生の区切り』です。
よろしくお願い申し上げます。

夕刊フジ報道部のツイッターを下記に紹介します。
有料の電子版の案内もあります。
夕刊フジ報道部

DckRzNZU0AI0CE7


mixiチェック
kusunoki224 at 23:00|PermalinkComments(1)マスコミ出演 | 執筆

2018年05月08日

6/12(火) 慶應丸の内シティキャンパスで話します

6/12(火) の夜に、慶應義塾の社会人教育機関である慶應丸の内シティ
キャンパスが主催する講演会『夕学五十講』でお話しする機会をいただきました。

テーマは、 「定年後も見据えた働き方改革」です。
「人生100年時代」といわれるなかでは、会社員という立場だけで一生を
過ごせるわけではありません。現役の時から定年後も視野に入れた生き方、
働き方を考慮にいれる必要があります。

今回の講座では、どうすれば人生の後半戦をイキイキと「いい顔」で過ごせる
のかについて、『定年後』(中公新書)で書いた数多くの取材例や、5月に発売
される『定年準備』(中公新書)の内容も盛り込んで参加者の皆さんと一緒に
考えてみたいと思っています。

『夕学五十講』の内容や申し込みは下記のサイトを参照ください。
多くの方の参加をお待ちしております。

慶應丸の内シティキャンパス『夕学五十講』

(写真は先月の神戸市での講演会のものです)
P1100295


mixiチェック
kusunoki224 at 10:00|PermalinkComments(1)ホンマの定年 | 講演

2018年05月05日

「神戸新開地・喜楽館」のこけら落とし公演

今年の7月11日に神戸市兵庫区の新開地商店街に開場する上方落語の定席
「神戸新開地・喜楽館」のこけら落とし公演の番組が発表された。

NPO法人「新開地まちづくりNPO」が、先月末25日に発表した。
内容を見るとびっくり。
上方落語協会会長の桂文枝師匠をはじめ、桂福団治、桂文珍、笑福亭鶴瓶、
桂春団治の各師匠がずらっと並んでいる。
将来を期待される若手から中堅までが続々と登場する。

かつての神戸松竹座では、桂福団治師匠の落語を聞いた記憶がぼんやりとある。
松竹座の閉館から考えると、もう40年以上前のことだ。

姉様キングスも楽しみだ。
あまり関係がないが、浪人していた時に、新開地のパチンコ店で、殿様キングスの
「なみだの操」(なみだのみさお)をいやと言うほど聞いたことを思い出す。
「殿様」と「キングス」という命名も凄いと思ったものだ。
夜席も江戸落語や漫才のほか、将棋、音楽などのラインアップも予定されているそうだ。

小さい頃、神戸松竹座や新開地本通りでいろいろ刺激を受けた身からすれば本当に嬉しい。

b_11199443


mixiチェック
kusunoki224 at 11:00|PermalinkComments(1)上方演芸 | 神戸新開地

2018年04月30日

作家の加藤廣さんが亡くなられました

歴史小説「信長の棺」(日本経済新聞出版社)などで知られる作家の加藤廣
(かとう・ひろし)さんが7日、東京都内の病院で亡くなられた。87歳。

以前に、大阪で講演をされる前に、当時の朝日新聞beの「こころの定年」という
コラムの執筆で、インタビューに応じていただいたことがある。
平成2007年5月なので、もう10年少し前のことだ。

加藤先生は、中小企業金融公庫(現日本政策金融公庫)に勤務後、山一証券
経済研究所の顧問などを務め、経営コンサルタントに。
70代半ばだった2005年、「信長の棺」で作家デビュー。織田信長や豊臣秀吉ら
歴史上の人物を新たな視点で捉え直して人気を博した。

「秀吉の枷」「明智左馬助の恋」などの小説のほか、「昭和からの伝言」「黄金の
日本史」などのノンフィクションも発表されて、最近まで週刊誌の連載も持たれていた。

70代後半の先生は、「まだまだ書くことがいっぱいある。上からいろいろ降りてくるのだ」
という趣旨のお話をされた。そのことが今も印象に残っている。またその取材で、先生と
同行していた日本経済新聞出版社の編集者と出会い、『人事部は見ている。』などの
数冊の書籍でお世話になった。二つの意味で私にとっては大きなエポックだった。

心から感謝するとともに、ご冥福をお祈り申し上げます。
朝日新聞のコラム内容を下記に紹介させていただきます。

       *人生は「三毛作」時代に
「信長の棺」「秀吉の枷(かせ)」「明智左馬助の恋」。爆発的なヒットになった本能寺3部作
の著者である加藤廣さん(77)の小説デビューは75歳である。

これまでに二度大きな転機があったと加藤さんはいう。大卒後、中小企業金融公庫に入った。
当時は、中小企業の資金需要が旺盛で、審査が遅れがちだった。それに対応するため、
企画課長だった加藤さんは審査の迅速化案を作成した。
しかし、伝統的な審査方法を否定するものだと、上司や同僚から批判され、加藤さんは
四面楚歌に陥った。ところが半年後にトップが変わると、加藤さんの案はすんなり採用された。
 
この時、加藤さんは一つの組織に依存していてはいけないと思った。10年後に公庫を辞める
と決意した。38歳の時である。
退職後も通用するスキルを身につけるため、ゴルフやマージャンを控え、会計学や語学を学んだ。
意識して人脈を広げ、貯金もした。計画より、少し遅れたものの、51歳で辞表を提出。経営コン
サルタントに転身した。

それなりに楽しい日々だったが、加藤さんの中で積年の夢が頭をもたげた。小説家になる夢だ。
60歳を超えて「こんなことはしていられない」と思い、歴史小説を書き始めた。
それから10年かけ「信長の棺」を出版した。
今後の執筆予定を尋ねると、「書きたいことはエンドレスですね」という。70代後半にして
ますます意気軒高である。
 
人生80年時代を考えれば、2度の転身もあり得る。加藤さんは、51歳の時の転身がなければ、
次の作家への途も開かれなかっただろう。人生は「三毛作」時代に突入している。

加藤51NX2p+qmLL__AC_UL160_


mixiチェック
kusunoki224 at 10:00|PermalinkComments(1)訃報 | 朝日新聞beの連載

2018年04月27日

本は多くの人が作っている

今週の初めに、次回作の校正が終了。
いわゆる「校了」である。

新書の表紙には、「楠木新著」という著者の名前だけが出ているが、
奥付(おくづけ)という最後のページになると、著者名のほかに、
発行者(出版社の社長)、出版社、本文印刷所、カバー印刷所、
製本所などが書かれていて、本が著者だけで作られていないことがわかる。

いつも不思議に思っているのだが、奥付には著者と二人三脚で本を作る
編集者の名前は出ていない。発行者(出版社の社長)が代表しているという
趣旨だろうが、多くの著者にとって編集者は、一番の伴走者であり、初めに
原稿を読む読者の代表でもある。

また実際に会うことはないが、校閲者もなくてはならない存在だ。
一冊の分量だと、どんなに推敲しても見落としや、思い違い、思い込みが
ゼロにはならない。いろいろなことを気づかせてくれる。

また、帯のデザイナー、出版社の営業さんがいろいろ工夫をして販促に注力してくれる。
本の取次会社が書店に配本してくれるし、それを運ぶ運転手さんもいるわけだ。

毎日書籍を棚に並べてくれる書店員さんは言うまでもない。本も重なると驚くほど重い。
一冊の本に多くの人が絡んでいる。私が見えていない中で支えてくれている人もいるはずだ。

この校了がほっとできて一番好きなタイミングだが、多くの人の協力によって成り立って
いることを毎度感じている。本は多くの人が作っている。

DSC_0905

mixiチェック
kusunoki224 at 08:30|PermalinkComments(1)出版 | 定年準備

2018年04月24日

『まんがでわかる定年後』が発売されました

今月の18日に、『まんがでわかる定年後 - 黄金の7法則』(中央公論新社)が
発売になりました。
日曜日には、朝日新聞の下段に広告も掲載いただきました。

今回は新書ではなくて一般書籍ですが、私がまんがを書けるはずもなく
私は著者ではなくて監修者です。
まんが以外にも説明を入れているくだりがたくさんありますが、そこの記載を
責任をもって記載、監修をしています。

週末に本屋を廻ったのですが、配下の場所が、「「シニアコーナー」におかれている
書店もあれば、新刊・話題書の棚にある書店もありました。
横に、新書『定年後』(中公新書)を並べておいてもらっている書店もあります。

いずれにしても、ご興味ある方はぜひ一度手に取ってみてください。
(下記は、朝日新聞の広告です。私も横に並んでいます)

IMG_20180424_152411

mixiチェック

2018年04月19日

600人の前で話すことができました

一昨日、4月17日(火曜)18時30分から、神戸文化ホール(中ホール)で、
「楠木 新氏講演会」が実施されました。

神戸市と(公財)神戸いきいき勤労財団さんが主催いただいたおかげで
600人という大勢の前で、お話しすることができました。

はじめに久元神戸市長が、中高年以降の働き方のお話をされたのですが、
私が主張していることにも近かったので、そのあとが話しやすく感じました。

以前のブログでも触れたのですが、実は、会場である神戸文化ホールの場所は、
私が中学3年間野球部で練習していたグランドだったのです。
中学を卒業した後に、大きな工事が行われていたので、どんなすごい
グランドになるのかと思っていたら、立派な文化ホールができたわけです。

私の芸名の「楠木 新」は、その楠中学からとりました。また「新」は神戸新開地
方からです。小学校時代から公園で遊び、中学時代野球の練習をやっていた
愛着のある場所で講演する機会をいただいたことは本当に感謝に堪えません。

講演会のテーマは、「50歳からの生き方、働き方-人生は後半戦が勝負!」です。
600人の方々の前でも、やはり「ピンク・レディ効果」と「山本リンダ状態」の説明
は入れてしまいました。私の中ではもはや定番になってきました。
話の運び方など、まだまだ反省すべき点が数多くあるのでこれからも研鑽を
積みながら一歩一歩進んでいきたいと考えています。

P1100295

mixiチェック
kusunoki224 at 10:19|PermalinkComments(1)講演 | ホンマの定年

2018年04月16日

大谷選手と山口百恵さんは似ている?

エンゼルスの大谷翔平投手が3試合目の先発予定だったロイヤルズ戦
は寒さのため試合が中止となった。
今日はその姿をゆっくり見たいと思っていたので残念だった。

大谷選手は、身体能力が非常に高く、野球以外の競技に進んでも実績を
残せるだろうとの意見があり、角界でも十分通用するだろうという見解もあった。

最近の彼のインタビューをテレビで見ていて、なぜか山口百恵に似ているなぁ、
という直感があった。よく見ると、夫の三浦友和に似てなくはない。
しかしそれよりも、受け答えや立ち振る舞いになにか共通項を感じるのだ。

そう思って、ユチューブで、「夜のヒットスタジオ」で歌う彼女の画面を見ていると
昔の思い出が浮かび上がってくるし、なぜか温かい気分になる。

大谷投手との共通項は、自分の軸足で立つスター性ではないかと思った次第だ。
自分を持っていると言ったらいいかもしれない。
大谷投手は、芸能界に入っても間違いなく大スターになる素材だと感じている。

IMG_20180416_120250



mixiチェック
kusunoki224 at 11:03|PermalinkComments(1)スポーツ | 日々の雑感

2018年04月03日

神戸松蔭女子学院大学の教授に就任しました

4月1日から、神戸松蔭女子学院大学人間科学部の教授に
就任しました。15/3からのプータロー生活が終了しました。

昨日の入学式では、私個人としても一年生の気分で緊張して
迎えました。授業だけではなく、ゼミも持ちますので学生さんの
成長に何とか支援できる存在であるように努力する所存です。

今までもなぜか大学とは縁があって、最初は、2001年に高校
時代の友人の紹介で、関西大学で非常勤講師をやりました。
テーマは、「医療保障、リスク管理」、土曜日の授業で当時は
夜間の学生さんも在籍していて、いろいろ刺激を受けました。

その後は、会社員からほかの仕事に転身した人たちのインタ
ビューを円滑に進めるために大阪府立大学の大学院に入学しました。

勉学に励みたいというよりも、サラリーマンがインタビューする
というのが不自然だったので、苦肉の策として「キャリアの研究と
いうことにすれば」と踏んで願書を書きました。
たまたま地下鉄の御堂筋線で、社会人大学院の学生募集のつり広告を
見て閃いたのでした。結果としてMBA(経営学修士)になりました。

その後は、「就活の勘違い」(朝日新書)を出版したこともあって、
多くの大学で就活講座や父母会向けの「就活は最後の子育て」
などの講演も依頼されました。

また2009年からは再び関西大学商学部で3年間の非常勤講師の
機会も得ました。この時も、阪急電車の車両で教授に出会ったことが
きっかけでした。これも電車と偶然のつながりです。
そして昨日の入学式につながるという流れです。

地下鉄の御堂筋線で、つり広告を見つけなければ、今回の教授就任は
なかったことを思うと、偶然の配剤に驚かざるを得ません。

また面白いのは、一番初めの関西大学の非常勤講師の当日、
2001年4月6日に、日本人野手初のメジャーリーガーになったイチローが
延長戦で2ランホームランを打って延長戦の決勝打となり、Seattleが勝った
ことが強く印象に残りました。神戸から行ったイチローの活躍に喜びながら
大学に向かったことを覚えています。

そして昨日は、大谷投手の大リーグ初勝利です。何か共通したものを
感じます。

いずれにしても多くの人の手助けと、偶然によっていただいた機会なので
そのお返しができる様に、63歳からのハローワークを意味あるものにしたいと
思っています。まずは学生さんのお役立ちに注力しなければなりません。

DSC_0899


mixiチェック
kusunoki224 at 07:52|PermalinkComments(2)ライフサイクル | 大学

2018年03月30日

週刊文春(4月5日号)に掲載されました

週刊文春の最新号(4月5日号)に、
「定年後」の安心マネー管理術
が掲載されています。

定年後に関しては、お金のことをあまり書いていなかったのですが、
今回オファーがあってまとまった原稿を執筆しました。

実際には、私自身がこの30年間やってきた、ズボラなやり方を
公開したというところです。

私は家計簿など細かいことはできないタイプなので、要領よく
お金を管理するには、簡便法を考えていました。
企業のBS(バランスシート)もどきのものを作成するのが一番楽で、
かつ必要十分だという私の体験に基づいている内容です。

週刊誌のキャッチには、

◆楠木新氏が教える
◆まずはノートと鉛筆を用意
◆キーワードはざっくり「見える化」
◆年2回預金 株式 住宅 自動車の資産と負債を手書きで整理 ほか
という言葉が並び、小見出しなどには、

◎簡単に老後破産はしないが、、、、、
◎どんぶり勘定から ざっくり「見える化」へ
◎物欲あるタイプ、ないタイプ
◎家計版バランスシートの勧め
◎収入も資産もノート一冊に
◎どんぶり勘定の人は効果大
◎家計のタイプ別で考えてみると
◎親の介護費用も目安がつく
が並んでいます。
6ページと文字数も多いので、小見出しなども多くなっています。

いかがですか、面白そうですか?
関心のある方は本誌をお読みください。

また週刊誌は、書籍に比べるとスピード感があって、
書籍がマラソンだとすれば、100メートル走のイメージです。
違う競技に出るのは刺激になります。
私がもし陸上をするなら10種競技にエントリーします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
4月17日(火曜) 18時30分〜から講演会があります(無料、要申し込み)。
神戸市のHPにある案内は下記の通りです。
『定年後』著者「楠木 新(くすのき あらた) 氏講演会」の開催
ご興味のある方はぜひお越しください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【週刊文春4月5日号】
IMG_20180330_195721

mixiチェック

2018年03月28日

ここで講演をするの!? 地元の中の地元です。

神戸市・(公財)神戸いきいき勤労財団の主催で、4月17日(火曜)18時30分から、
神戸文化ホール(中ホール)で、講演会が実施されます。
テーマは、「人生は後半戦が勝負!」です。

実は、この神戸文化ホールの場所は、私が中学3年間野球部で練習していたグランド
だったのです。中学を卒業した後に、大きな工事が行われていたので、どんなすごい
グランドになるのかと思っていたら、立派な文化ホールができたわけです。

当時大倉山公園と呼んでいた、この辺りはいつも遊びまわっていた地域で
いろいろな思い出もあります。

文化ホールの住所は、神戸市中央区楠町4丁目2−2。
私の芸名の由来の場所でもあります。
ちなみにすぐ横にあった楠中学の卒業なのです。
(現在は、湊中学と統合になって「湊翔楠中学校」)

小学校時代から公園で遊び、中学時代野球の練習をやっていた愛着のある場所で、
講演する機会をいただいたことは本当に感謝に堪えません。

ただ、今回の神戸文化ホールは中ホールとはいえ、定員は900人です。900人。
どれだけ大きいのかという会場です。
地元への凱旋で、ガラガラ、ガラガラ、閑古鳥はなんとしても避けたいところ。
(無料ですが、事前の申し込みが必要です)

かつて昭和49年6月に「ひと夏の経験」でブレイクを始めた山口百恵さんの
コンサートもここで聞きました(これは全く関係のない話です)。

講演は、全身全霊、絶対、おもろい、役立つ内容でやります!
ぜひとも多くの方のご来場をお待ちしております。

神戸市のHPにある案内は下記の通りです。
『定年後』著者「楠木 新(くすのき あらた) 氏講演会」の開催
よろしくお願い申し上げます。

00360002

mixiチェック
kusunoki224 at 22:42|PermalinkComments(1)ホンマの定年 | 講演

2018年03月25日

朝日新聞に3冊の書評を書きました

本日の朝日新聞の読書欄に、3冊の書評を書きました。
(ひもとく)という時事的なテーマを取り上げて、問題を深く読み解く
本を紹介するコーナーです。

今回は、「定年後に向けて」というテーマで、
‐觧鎧囲困痢慄萋が日曜日』
遠藤周作の『生き上手 死に上手』
9井良典『コミュニティを問いなおす』
の3冊を取り上げました。

文章は流れで書いていますが、本について書いた記述の
ポイントは下記のところです。

 慄萋が日曜日』は、ベストセラーにもなった本で年配の方だと読んだ人も
  多いでしょう。綿密な取材によるリアリティーある経済小説であるが、
  同時に日本の生活になじめない子どもを持つ家族の物語でもある。
  48歳の主人公に交差させる形で定年退職した彼の先輩が何度も登場
  しているのが興味深い。城山氏は会社の内と外にいる2人の対比のなかで
  働く意味を問うている。

◆慇犬上手 死に上手』の中にある、(老人たちが神の面影を持つ翁(おきな)
  になれなくなったのは、)「我々がこの世を包み、この世につながるもうひとつ
  の世界をまったく否定してしまったことからはじまった」という部分を抜き出した。

『コミュニティを問いなおす』は、都市、福祉、環境、公共政策などの多様な観点
  や領域から「コミュニティ」を論じている。高度成長期においては「生産のコミュ
  ニティ」であるカイシャが圧倒的な優位を占めたが、経済が成熟化する中で、
  かつての「生活のコミュニティ」は回復しうるかという問いを立てている。
  退職者個人から見れば、会社から地域や家族への居場所の転換に符合する。

これらの三冊を、定年後の取材に絡めて紹介しています。

ぜひ一度お読みください。
(ひもとく)定年後に向けて 個人的な体験、集めて共有を

41RPZ9GVNPL__SX331_BO1,204,203,200_



mixiチェック

2018年03月19日

『定年後』(中公新書)が新書大賞5位になりました

2018新書大賞で、『定年後』(中公新書)がベスト5に滑り込みました。

「新書大賞」は、中央公論新社が主催していて、1年間に刊行された
すべての新書から、その年「最高の一冊」を選ぶ賞です。

今回の「新書大賞2018」では、1600点以上の新書を対象に、審査は、
書店員、書評家、各社新書編集部、新聞記者にオススメの新書を
挙げてもらって、各自の順位を得点化して、1位から20位まで
の順番を決めて、1位の作品がその年の新書大賞になります。
今年も、『中央公論』本誌3月号で発表されています。

大賞には、前野ウルド浩太郎『バッタを倒しにアフリカへ』(光文社新書)
が選ばれています。
その後は、
第2位!河合雅司『未来の年表 人口減少日本でこれから起きること』(講談社現代新書)
第3位 三谷太一郎『日本の近代とは何であったか―問題史的考察』(岩波新書)
第4位 水島治郎『ポピュリズムとは何か – 民主主義の敵か、改革の希望か』(中公新書)
第5位 楠木新『定年後ー50歳からの生き方、終わり方』(中公新書) となっています。

また『定年後』の内容紹介は下記の通りです。
「自営業などを除けば誰もがいつか迎える定年。社会と密接に関わってきた人も、
組織を離れてしまうと、仕事や仲間を失って孤立しかねない。お金や健康、時間の
ゆとりだけでは問題は解決しない。家族や地域社会との良好な関係も重要だ。
第二の人生をどう充実させたらよいか。シニア社員、定年退職者、地域で活動する
人たちへの取材を通じ、定年後に待ち受ける「現実」を明らかにし、真に豊かに生きる
ためのヒントを提示する」

大変光栄なことです。以前に、『人事部は見ている。』(日経プレミアシリーズ)が、2011年に
18位に入ったことがありましたが、今回の反響の方が遥かに大きかったのです。

また下記のサイトでは、新書編集者の座談会が掲載されているので興味ある方は
ぜひお読みください。
新書大賞2018 編集者座談会

次は、レコード大賞とあんたが大将を狙います。

DSC_0656











mixiチェック

2018年03月11日

大阪弁護士会でのインタビューがネットで読めます。

大阪弁護士会での先日のインタビューがネットで読めます。
阿川佐和子さんと、プロレスラーくいしんぼう仮面さんの
インタビューの間にあるのが嬉しいところです。

今回の『定年後』(中公新書)のおかげで、会社員やマスコミの人以外の
人と出会えることは本当にありがたいことです。

この時も5人の弁護士先生といろいろと話すことができました。
世界は広いということを感じます。

興味のある方は、ぜひご覧ください。
オピニオンスライス

C-bEWchUIAEMXdV



mixiチェック

2018年03月07日

想いでぼろぼろ、身体もぼろぼろ

先週、東京で会社員当時の同期会に久しぶりに出席した。
3年前に定年退職してから、同期に会うのは初めてだった。

関西で何人かで集まることはあったが、なにしろ40人以上が
一堂に集まるとエネルギーも大きい。

このメンバーが、大学を卒業して全国各地から集まったのが
ほぼ40年前だ。
「あれから40年」。でも誰もがほとんど変わっていない。
もちろん歳はとっているのだが。

完全にリタイヤしている人もいれば、まだまだ現役で働いている
人もいる。60代前半では、リタイヤ組は少数派だ。

この4月から釣り三昧に入る人もいる。
「いい顔してやってくれよ。取材に行くからな」と言っている。
過去から知っている人を取材すれば、自然と全体感が把握できる
のがありがたいところだ。

「今度、あの時の君の話を書くからな」と確認したり、
「僕に話すことは「書かれる」と思ってしゃべってくれ」
とか冗談を交えて話し続けることができる。
これは私が現在自由な場にいるからかもしれない。

「思い出がぼろぼろ出てくるなぁ」と内藤やす子の歌に絡めていうと、
「想いでぼろぼろ、身体もぼろぼろ」と返してくれた。

やはり同期はいいものだ。

DSC_0686












(この小説は面白い)

mixiチェック

2018年02月28日

NHK文化センター梅田教室(3/10(土)14:00〜)で話します 

NHK文化センター梅田教室で
『定年後』〜人生は後半戦が勝負〜
というタイトルでお話しする機会をいただきました。

カルチャーセンターは本当に久しぶりです。
最近いろいろ考えていることも織り込みながら
お話ししていきたいと思っています。
益々「人生は後半戦が勝負」と日々実感しています。

団塊の世代の方と会っていると、突然、
「なぜヒトは地獄、極楽を考え出したのか」が
気になってきたりします。

また資料を読んでいて、PPK(ピンピンコロリ)の
割合は、全体の5%程度だと分かってきました。

また充実した定年後を進めるには、インフラ的なものが
必要であることも気づきました。

明日から東京ですが、頭にあるものをいろいろな人に
ぶつけて、また当日の新たなネタを仕込むつもりです。

多くの方のご参加をお待ちしております。
詳細は下記のサイトをご覧ください。

『定年後』 〜人生は後半戦が勝負〜


5c2657ca94cbd2e9a12b98f2090f6d067b749e5e-thumb-1000xauto-8730


mixiチェック
kusunoki224 at 17:52|PermalinkComments(1)ホンマの定年 | 講演

2018年02月26日

えぇ!なんで『定年後』(中公新書)が?

著作権の団体から手紙が来た。

何かなと思って封を切ると、ある大学の入試問題に『定年後』(中公新書)
の一部の文章を使用したとの連絡だった。

なぜ、『定年後』が大学の入試問題に使われるのか?
不思議に思って書類を見ると、外国人留学生の受験問題だった。

もちろん受験前には誰にも公表できないだろうから、試験後に
大学の学長から「著作物使用のご報告」という文書を受け取ったのである。
そしてその問題を翌年の入試要項に入れるので、著作物利用申請書が
送られてきて、OKをすれば著作権料が発生するという仕組みだ。

問題を見てみると、漢字の読みを平仮名に変える問題(10問) と、平仮名を
漢字に変える問題(4問)、文言の記入(1問)と最後に150字の記述式の問題がある。

最後の問題は、うまく書けるかちょっと不安にもなった。文章の書き手だから
うまく解けるとは限らない。
いずれにしても自分が書いた文章が大学の入試に使用されるなんて
初めての体験でとてもうれしいところだ。

そう考えると、多くの大学で入試が行われているので、今回受け取ったような文書は
頻繁に飛び交っているのかもしれない。

二度とないかもしれないが、次に備えてさらにきめ細かく校正をやらなくっちゃ。

DSC_0656







mixiチェック
kusunoki224 at 17:34|PermalinkComments(2)ホンマの定年 | 執筆

2018年02月24日

関西出版懇談会で講演しました

2月22日に大阪市内のホテルで開催された
「読売新聞 関西出版懇談会」で講演する機会をいただきました。

関西の個性豊かな出版文化を発信していくため、関係者が意見を
交わす機会で、出版社や取次、書店など135人が出席されていました。

講演のタイトルは、「新書『定年後』、ヒットの秘密」。
いつもは『定年後』(中公新書)の内容や、書くに到った動機や経緯を
聞かれたり、話すことが多いのですが、今回は著者が「ヒットの秘密」
を語るということで、違った切り口の話になりました。

とはいえ、語るのは同じ人間。何とか伝えたい、喜んでほしい、
ちょっとは笑ってほしい、というスタンスは同じなのであまり変わり映え
しなかったかもしれません。

その後のパーティーで、関西の出版社、書店などの方々とお話しする
ことができたのもありがたい機会でした。

翌日の読売新聞の記事では、
『楠木さんは、生命保険会社に勤務していた50代の頃からこのテーマを
温めていたことや、喫茶店で実際に定年後の人らの取材を重ねたことを
振り返り、「50〜65歳の男性をターゲットにしていたが、40代や女性の
読者も多い。いい顔で過ごすにはどうしたらいいか考えようというメッセージが
読者に届いたのだと思う」と話した』と上手にまとめていただいています。

記事は下記のオンラインでも紹介されています。
関西出版懇談会で楠木新さんが講演

IMG_20180224_105648


mixiチェック

2018年02月08日

大阪弁護士会の会報にインタビューが載りました

普段は、あまりご縁のない大阪弁護士会の会報(オピニオン・スライス)
に私のインタビュー記事が載りました。

女性3人、男性一人の4人の先生といろいろなお話ができました。
マスコミの方とは違う切り口の質問が多かったという印象です。
「弁護士の定年とは」といった興味あるやりとりもありました。

学生時代一緒のクラスだった女性弁護士からもメールをもらいました。
懐かしいとともに、試験の時によくノートを借りたので彼女の筆跡までが
頭に浮かびました。

また保険会社当時、法人の営業で大阪弁護士協同組合さんを担当して
いたので、当時お世話になった方からも連絡をもらいました。

やはり異なる分野の人との対話は刺激があると再認識した次第です。
こういう機会をいただけて感謝しております。

DSC_0875

mixiチェック

2018年01月31日

文春オンラインに掲載されました

文春オンラインに、「ベストセラー『定年後』著者・楠木新が教える「定年後」に輝くための7カ条」
が掲載されました。

昨年9月の週刊文春(9月14日号)の特集記事がアップされています。
週刊文春で6ページのボリュームなので、かなり長い内容になっています。

ベストセラー『定年後』著者・楠木新が教える「定年後」に輝くための7カ条

ご興味のある方は、どうぞご覧ください。

IMG_20170908_090144







mixiチェック

2018年01月26日

日経Wアカデミー(3/17)で話します

今週、24日の日経新聞に広告が掲載されましたが、
3月17日(土)の午後に、日経Wアカデミー「お金の学校in大阪 定年後の生き方編」
で話します。

セミナー案内のリード文は下記の通りです。
「セカンドライフを豊かに過ごすためには、どんな準備が必要なのか――。
新書「定年後 50歳からの生き方、終わり方」の著者である楠木新氏が、
老後を楽しむためのプランづくりを解説します。ファイナンシャルプランナー
らも資産形成術を指南しますので、ぜひ足をお運びください。」

日経Wアカデミー「お金の学校in大阪 定年後の生き方編」

今回は、定年後の生き方編の講演者ですが、「お金の学校」でもあるので、
定年前後に取り組むべきお金の話も冒頭にちょっとだけ入れようかと考えています。
3人の講師が登場して、私は、16時からの講演になります

講演の詳細や申し込みなどは、上記のネットの案内をご覧ください。

IMG_20180126_204806

mixiチェック
kusunoki224 at 22:00|PermalinkComments(1)講演 | ホンマの定年

2018年01月11日

定年後の生き方に迷ったら「子どもの頃の自分」がヒントになる

本日、1月11日(水)のダイヤモンド・オンラインに、
『定年後』に関係する原稿が掲載されました。

定年後の生き方に迷ったら「子どもの頃の自分」がヒントになる

内容の見出しは、
1.過去の自分も友達
2.70年代ヒット曲で過去に戻る
3. 小学校の校区を歩く
4.子どもの頃の自分を取り戻した人たち
になっています。

昨日のこころの定年研究会も同様なテーマでやってみましたが、
現在の仕事にプラスして、過去の自分を取り戻すと新たな自分が
見えてくることがあるというのが私の実感です。

なお、正月に、NHKのドキュメント72時間で、
「駄菓子屋・子どもたちの小さな宇宙」が再放送されていました。
私が生まれ育った、神戸市兵庫区にある駄菓子屋さんを取り上げています。
この画面の中に、小さい頃を私を見つけてしまいました。

この13日(土)の午前11時25分〜 午前11時50分 に再放送があるようなので
ご興味のある方は、こちらのほうもぜひご覧ください。
なにか、感じられる人が多いのではないかと思います。

C-bEWchUIAEMXdV














^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
2018年2月19日(月)19:00〜に東京で講演の機会があります。
具体的なお申し込みなどは、下記のFacebookをご参照ください。
中高年社員の活性化と人生100年時代のキャリアデザインを考える



mixiチェック

2018年01月05日

「子どもの頃の自分を呼び戻す」をやります(再案内:1/10実施の研究会)

第74回「こころの定年/研究会(IN大阪)」では、引き続き
「定年後」について考えてみたいと思っています。
(昨年12月19日で案内済。現在21人お申込み)

19日の案内では、
「子どもの頃の自分」を呼び戻す
ロールモデルに重ね合わせる
挫折や不遇の体験が活きる
の3点について、お話しする予定でしたが、散漫になることを
危惧して、「子どもの頃の自分を呼び戻す」に絞ってやります。

参加者にも「子どもの頃の自分を呼び戻して」もらおうと
思っています。

関心のある方の参加をお待ちしております。
出席の連絡は、下記メールにお願いいたします。
*******************************************
楠木新(くすのき あらた)
kusunoki224@nifty.com
******************************************

<研究会内容>
話題提供 : 楠木新

1.日時:1月10日(水) 18:30〜20:30(今回から20:30終了にします)

2.場所:大阪産業創造館 6F C会議室
  http://www.sansokan.jp/map/

3.内容(楠木新から話材提供した上で、参加者にも話してもらう予定です)
  「子どもの頃の自分」を呼び戻す

4.参加人数:30人限度(先着順)

5.参加費:1000円
※参加希望者【自由参加】があれば喫茶店でのダベリ(20:30〜)
                                          以 上
6f_c

mixiチェック

2018年01月02日

楠木新の自己紹介

勉笑写真楠木新楠木新2











*事務所
〒541-0044
大阪市中央区伏見町4-4-9
淀屋橋東洋ビル3F

*プロフィール
1954年神戸市兵庫区生まれ
1979年、京都大学法学部卒業後、生命保険会社に入社。
人事・労務関係をはじめ総合企画、支社長などを経験。
会社に勤務のかたわら、「働く意味」「個人と組織」をテーマに取材を続け、
執筆、大学の非常勤講師、講演などに取り組む。
朝日新聞be(土曜版)キャリア欄で「こころの定年」を1年余り連載。
2015年3月に定年退職。
MBA(大阪府立大学大学院)、産業カウンセラー、キャリアコンサルタント、
現在、神戸松蔭女子学院大学人間科学部教授(2018年4月〜)

*書籍
『定年準備-人生後半戦の助走と実践』(中央公論新社 2018年5月)
『まんがでわかる 定年後 - 黄金の7法則』(監修),(中央公論新社 2018年4月)
『良い定年後と悪い定年後』(文春e-Books Kindle版 2017年10月)
『定年後ー50歳からの生き方、終わり方』 (中央公論新社 2017年4月)
<中央公論新社主催、新書大賞 5位>
『経理部は見ている。』(日本経済新聞出版社 2016年9月)
『左遷論ー組織の論理、個人の心理』(中央公論新社 2016年2月)
『「こころの定年」を乗り越えろ 40歳からの「複業」のススメ』 (朝日新聞出版社  2015年10月)
『知らないと危ない、会社の裏のルール』(日本経済新聞出版社 2015年2月)
『人事のプロが教える 働かないオジサンになる人、ならない人』(東洋経済新報社 2014年6月)
『働かないオジサンの給料はなぜ高いのか− 人事評価の真実』(新潮社 2014年4月)
『会社の「仕組み」を知っている人だけが、上手くいく』(大和書房 2013年10月)
『サラリーマンは、二度会社を辞める。』(日本経済新聞出版社 2012年11月)
『人事部は見ている。』(日本経済新聞出版社 2011年6月)
<中央公論新社主催、新書大賞 19位>
『就活の勘違い 採用責任者の本音を明かす』(朝日新聞出版社 2010年9月)
『会社が嫌いになっても大丈夫』(日経ビジネス人文庫 2010年6月)
『会社が嫌いになったら読む本』(日本経済新聞出版社 2009年8月)
『就職に勝つ! わが子を失敗させない「会社選び」』(ダイヤモンド社 2009年3月)
『ビジネスマン「うつ」からの脱出』(創元社 2003年4月)   ほか。

*マスコミ・講演・セミナー実績
・(マスコミ)
 NHK Eテレ 「めざせ!会社の星」出演、
 「週刊BS-TBS報道部」の特集「こころの定年」出演、
 「日経プラス10」(BSジャパン)出演、
 BS-日テレ「深層NEWS」出演
 NHKテレビ「かんさい熱視線」の「定年後 輝くために」
NHKラジオ第一放送「ラジオ深夜便」
 ABCラジオ「おはようパーソナリティ道上洋三です」 ほか。

・(メディア掲載)
 東洋経済オンライン連載、ダイヤモンドオンライン連載、夕刊フジ連載、日本経済新聞、
 朝日新聞、毎日新聞、サンケイ新聞、AERA、週刊ダイヤモンド、週刊東洋経済、
 プレジデント、月刊「文芸春秋」、週刊文春、週刊現代、週刊ポスト、週刊SPA、
 日刊ゲンダイ、日本の論点、など多数

・(講演・セミナー)
 NHKハートフル講演会、日本能率協会、日本マンパワー、慶応MCC,明治大学、
 関西大学、大阪府立大学、玉川大学、龍谷大学、神戸松蔭女子学院大学、
 社会保険労務士会、朝日新聞Re-life座談会、読売新聞 関西出版懇談会,
 日本経済新聞社セミナー、 朝日カルチャーセンター、NHKカルチャーセンター
 秋田市、神戸市、埼玉県などの地方公共団体、各企業、各労働組合 など多数

*講演テーマ(例)
・「定年を見据えた働き方改革」
・「定年後」
・「中高年社員の活性化」(5年後、10年後の働き方)
・「新書『定年後』、ヒットの秘密」。
・「こころの定年を乗り越えろーもう一人の自分のススメ」
・「管理職、人事担当者向けメンタルヘルス研修」
・「ビジネスマンうつからの脱出」
・「働かないオジサンにならない4つの働き方」
・「定年前後の自分革命」
・「ライフワークの見つけ方、目指せ!生涯現役」
・「サラリーマンとフリーランスのハーフハーフ」
・「サラリーマン、一冊本を書こうよ!」
・「就活は、最後の子育て」
・「採用面接の4つのフェーズ」
・「あなたが、もし志望する会社の人事課長だったら?」
・「経理部は見ている。」


mixiチェック
kusunoki224 at 13:39|PermalinkComments(7)

2018年01月01日

2018年 年末年始漫才事始め

新年事始
あけましておめでとうごいざいます。

みなさんのお顔が、いとしこいし、
外は、サブロー・シロー、さゆりかつみ、
少し風邪気味で、はな寛太・いま寛大、でも顔は、スマイル

大晦日に行った百貨店は、ダイマルラケット、
ダイマルは、たかしひろし、タカアンドトシ
横のヨドバシカメラは、やすしきよし、やすこけいこ、やすよともこ
藤崎マーケットに行き、買ったのは、カウス・ボタン、ハイヒール、
とWコロン、アイロンヘッド、せんたくばさみ、かまいたち、トータルテンボス
♪眼鏡は、ミキ
西宮の、どんきほ〜ては、本当に、安田ダイサーカス、ナイツ。

代金は、テンダーラー、未知やすえやすよ、ビルは綺麗で、
非常階段、あり,でも問題は、外側ではなくて、中川家、
蕎麦屋は、てんやわんや、スタバのコーヒー、ブラックマヨネーズ、
街を歩くは、サンドイッチマン、警察官の腰には、二丁拳銃、

我が家、に帰って風呂に入って、シャンプーハット、
家に帰っての食事は、銀シャリ、クリムシチュー、アメリカザリガニ
、 とろサーモン、レモンティー、ティーアップ、ソーセージ、和牛、ワッフル共和国
タンドリーチキン、はみだしパンプキン、紅しょうが、ササミストリート
で、ハライチ、からし蓮根、ショウショウ、まんぷくアカデミー、
昨年の反省は中途半端で、チャランポラン、

紅白の総合司会は、お笑い芸人の内村光良さん。
今年で30回目の出場となる郷ひろみさんは、「バブリーダンス」で話題の
大阪府立登美丘高校のダンス部と組み、曲は「2億4千万の瞳」。
同世代だが、どこの同窓会に行っても郷ひろみさんのような人はいない。
欅坂46のメンバーは大丈夫?

今年の紅白の鳳(おおとり)啓介・京唄子は、ゆず。
勝敗は、白組が、かつみ、さゆり

時計が、チックタック、除夜の鐘が、ぼん・はやと、ひびき・こだま
街の明かりは、レイザーラモン

流れるテンポは、ツービート、変ホ長調、ダンシングヒーロー
空には、 流れ星、三日月マンハッタン

昨年は、三球・照代、嫌なことは今日で、捨丸・春代、
時刻は、シンデレラ・エクスプレス、タイムマシーン2号もいらない

新年の敏江・令二で、気分は、ちゃっきり娘、 周囲は紳助・竜介
服装は、ノンスタイル、天気も、雨上がり決死隊で、Hi-Hi
凧が、はるかかなた、大空テント、ひこーき雲、大自然、も感じる

この気持ちを、南都裕二・ミヤコ蝶々、今年も、のりおよしお、
テレビ番組は、コメディNo.1、フットボールアワー、オリエンタルラジオ
観た映画の女優は、オドーリー、ヘップザ・パンチ,キングコング、
サッカーは、スーパーマラドーナ

雑煮は、やはり日本の、アジアン、
年をとっても、Wヤング、ゆーとぴあ、をみたい。
よゐこは、コタツを囲んで、トミーズの、オセロ、ゲーム、囲碁将棋、

友達の三四郎が、今喜多代、一緒に初詣に、いくよくるよ、オール阪神
電車で、レッツゴー3匹、行ってき、ますだ・おかだ、
神社の前は、人が、くにおとおるで、かしまし娘、ウーマンラッシュアワー、

モンスターエンジンの車は、トレンディエンジェル、尼神インターを
トップリード、スバル、スピードワゴンだが、とんねるずで、ヘッドライト、
パンクブーブー、道は、U字工事、東京ダイナマイト、通る犬もキャイ〜ン

メイプル超合金の鈴を鳴らすと、ジャルジャルと、こだまひびき、
えんにち、の参道で食べた、こん松・せいべい 、おぎやはぎ、ざぼんち、あげ、
なすなかにし、天津、あまぐり、ビタミンSがいっぱい
三四郎と相席スタート、ハムは、プリマドンナ、銀シャリ
横山プリン、笑い飯、〆さば、チキチキジョニー、コーヒールンバ、

これではハライチで、無理だよスリムクラブ

引いたおみくじ、今年の、メッセンジャー、
ダイアン吉日、華丸・大吉道、爆笑問題の解答はB&B、
カンニングでも無理、えんにち、で売っている
アメリカザリガニ、ハリセンボン、へびいちご

リアルキッズは、かける・めぐる、公園の前はヒロシです。
時々コロンビアトップライト、前のオジンオズボーンの
次長課長は、千鳥あし、で歩く,ダウンタウン、手には、
麒麟ビール、路で、ダイノジ、歌うは、大阪、ベイブルース、
馬鹿よ貴方は、歩くは、おしどり、夫婦やサンドイッチマン、

今年もこんなしょうもないことを、南海キャンディーズ、
チュートリヤル、もうこのへんで、エンタツアチャコ。
新年も、人生幸朗・生恵幸子、幸助・福助、スマイルでいきたい。

今年は、「芸人一本」から脱却して、4月から地元神戸で大学専任教員に。
「もう一人の自分」にチャレンジします。
また引き続き十八番の芸を磨きます。
よろしくお願い申し上げます。

DSC_0533












^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
2018年2月19日(月)19:00〜に東京で講演の機会があります。
具体的なお申し込みなどは、下記のFacebookをご参照ください。
中高年社員の活性化と人生100年時代のキャリアデザインを考える





mixiチェック
kusunoki224 at 09:00|PermalinkComments(1)神戸新開地 | 大学

2017年12月29日

2月19日(月)の夜に東京で講演します。

来年、2月19日(月)の夜に、
『中高年社員の活性化と人生100年時代のキャリアデザインを考える』
というタイトルの講演会(東京)に登壇します。

私が執筆を始めた頃の10年以上前からお付き合いをいただいている田代英治さん
の「人事労務塾」でお話をさせていただきます。

「人事労務塾」の実施概要は下記の通りです。
東京でのオープンな人事関係の講演は久しぶりになります。
よろしければ是非ご参加ください。

なお具体的なお申し込みなどは、下記のFacebookをご参照ください。
中高年社員の活性化と人生100年時代のキャリアデザインを考える

●実施概要
【日 時】
2018年2月19日(月)19:00〜21:00(18:30受付)

【場 所】
パレスホテル 2階「萩」の間
http://www.palacehoteltokyo.com/
地下鉄大手町駅直結、東京駅からは徒歩8分

【参加費】
5,000円(税込)/回
※当日受付でのお支払い
※領収書発行致します
※終了後に新年会を兼ねた懇親会を開催(会費5,000円、参加任意)

_YG23904










(東京での別の講演の写真です)


mixiチェック
kusunoki224 at 09:00|PermalinkComments(1)講演 | ホンマの定年