楠木新(くすのき あらた)
楠木新の自己紹介

*講演・セミナー・研修および取材などの
お問い合わせは、kusunoki224アットマークnifty.comまでお願いいたします。
※アットマークを@に代えてください
第62回「こころの定年/研究会(IN大阪)」のご案内(再連絡)やっぱり「冬眠」だった。

2016年03月03日

「一冊の本にまでしてくるとは思わなかった」

昨日(3/2)のプレジデントオンラインに、『理不尽な人事「左遷」のメカニズムを解明する』
というタイトルで、今回の拙著「左遷論」の紹介をさせていただきました。

下記のプレジデントオンラインの「人材・キャリア」欄の「人事」の項目に入っています。
プレジデントオンライン

内容は、『「左遷」意識を生む「自己評価3割増し」社員』と、
『左遷は社員にとって本当にチャンスなのか?』に分けて、
左遷の生じる理由と、左遷への対応策をダイジェストにして書きました。

副題は、『なぜ「左遷」は社員と組織の矛盾をあぶりだすのか』です。

最初の頃に取材した先輩に最近お会いすると、
「一冊の本にまでしてくるとは思わなかった」と言われました。

プレジデントオンラインの文章にも書いたように、「左遷と言えば、なぜ
皆が菅原道真を思い浮かべるのか?」といった程度のことしか頭に
浮かばなかったのです。

自分でも初めの頃の手探り状態のことを考えると、「よく最後まで書けたなぁ」
という感慨もあります。
ほめ言葉だと受けとっておこうと思っています。

ぜひご一読ください。

img_71d12938d3321b4f616b18606947240f14987



mixiチェック
kusunoki224 at 16:30│Comments(0)TrackBack(0)マスコミ出演 | 左遷

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
第62回「こころの定年/研究会(IN大阪)」のご案内(再連絡)やっぱり「冬眠」だった。