藤枝界隈 お散歩日記帳

藤枝在住のおじさんがぶらりとしたり、写真撮ったり、懐かしんだりします。

2015年10月


博物館の近くです

ハトがたくさんいました


おこさまたちみんなで餌をやりまくっていました

ハトにえさやらないでってどこかに書いてあったような気がします


DSC_0027






めずらしいのかよくわかりませんが
栽培しているようです

DSC_0031

鬼蓮?スイレン?

天然記念物だそうです







DSC_0042

むかしは手漕ぎボートがあったのですが
なくなりましたね

なんででしょう?事故あったのかな?

手漕ぎの良さもあったんですが








DSC_0051



夕方なので太陽が入ってしまいました



ここが滝です

もちろん人造


わたしが子供のころできたので
20年ぐらいは経っているのかな

暑い日はお子様たちが水遊びしたりします


こういうとこって入っていいのか悪いのかよくわかりませんね

また事故とか起きたら大々的に禁止になりそうですが







 
先日
滑り台で尻を痛めた話をかきました


 
もうすっかり良くなりまして
いたくありません



滑る部分が板でなくてローラーなので痛いのです

ローラーの間の乗り移りの時に衝撃がくるんですね

ガガガガガーって音がしてドドドドドっておしりに振動がきます



DSC_0036



これがローラーの滑り台です
結構高低差があるのがわかるでしょうか



丘の一番上から丘の中腹まで下りてくることができます


中腹あたりから撮影しています



そこから下まで
以前はローラーの滑り台でした

いまは新しいものに変わっています



そこら辺にいたおじーさんがこうおっしゃっていました

「ローラーんのは痛てぇからやめちゃったんだ
ホレあたらしいのんになってるだろ?」

お孫さんでしょうかね
ふーん
って聞いてました


ちなみにわたしこのローラーの隙間に
カメラのレンズのふたを落としてパニクリました・・・


ローラーの隙間には
お菓子の袋やペットボトルのふたなどいろいろ落ちています

水はけはよさそうですが
隙間があるのはあまりいことではないかもしれないですね




DSC_0037



中腹からは赤い滑り台があります
赤い部分は鉄のフレームだけです


すべるところの板が樹脂製なので滑りがいいです
ただし色が黒なのでピーカンだと日が当たっているところは
アチチです


写真はその中腹の
赤い滑り台の滑るとこへの上り階段です

奥にレンガ壁の博物館の屋根が見えます
そうみるとこの中腹も結構小高いとこにあるのがわかると思います



ローラーで痛くないのでこの滑り台
人気があります

この日は天気も良く子供が多くて
階段の下まで列ができていました
もちろん順番に並びます


うちのおちびが早く滑りたくてうずうずしちゃいますが
備え付けの看板に「順番を守ろうね」と
イラストとともにかいてあるので
そう諭します








DSC_0034

これが中腹以降にある滑り台の写真です

赤が奥にあります

手前に黄色の滑り台があります

黄色は赤のものより短いので初級用というかんじでしょうか
滑り口が中腹よりも手前にあります



おちびな子はこれをずっとやっています

うちの子もおちびなクセに
すぐ終わってしまうので赤がいい!と主張します



ここを中腹まで何度も登るのは結構しんどいです

まあトレーニングだと思えばいいのですよ


DSC_0719



脱線して落っこちてもこまるので
わたしが足で挟むようにしてすべります

本人は邪魔だといいますが・・・

一人で滑れるのは6歳からと看板に書かれていますので
コンプライアンスを遵守します



日曜の藤枝駅前

ていしゃばストリートをやっていました

ほこてんです


自転車のイベントやハロウィンの仮装のイベントなどをやっていました

オーレ藤枝(駐車場)とホテルオーレの外観も映っています

DSC_0001




とれだか少ないのでこれだけです

結構人が写ってしまっているので・・・

このページのトップヘ