▲2六歩△8四歩▲7六歩△8五歩▲7七角△3四歩
▲8八銀△3二金▲7八金△7七角成▲同銀△2二銀
▲3八銀△7二銀▲3六歩△6四歩▲4六歩△6三銀
▲3七桂△3三銀▲6八玉△4二玉▲4七銀△7四歩
▲2九飛△7三桂▲4八金△8一飛▲1六歩△1四歩
▲9六歩△9四歩▲2五歩△6二金▲5六銀△5四銀
▲6六歩△6五歩(下図)
無題
前回に引き続き、同型からの▲6六歩を調べている。
今回検討する△6五歩は▲6六歩を最も積極的に咎めようという手だ。

▲同歩に対して△同銀と△同桂は両方あるところ。
△同桂の考察は以下のDimensional Sniperさんの記事が詳しい。
千田流△6二金~△8一飛 08
上の記事の結論だけ簡単に示すと、△6五同桂▲6六銀△6四歩▲4五桂△4四銀と進めば後手千日手以上、少なくとも一局には持ち込めるとのこと。
ただし▲4五桂では▲4五歩(下図)はあるのではないかと考えている。無題
上図で(1)△8六歩▲同歩△同飛は▲9七角があるのでやりにくい。
▲4六角と▲9七角の筋に備える(2)△7三角には▲6七歩△8六歩▲同歩△同飛▲7五歩と角を目標にしていく。
(3)△3一玉には▲4六角と打ち、(A)△6三金なら▲2四歩△同銀▲5五銀左、 (B)△7三角なら▲5五銀左△同銀(△6三銀には▲4四歩△同歩▲4五歩)▲同角と攻めが続く。

後手がこれらの変化を嫌うなら△6五同桂に代えて△6五同銀を選択することになる。
△6五同銀以下は▲5八玉△5六銀▲同歩△5四銀(下図)と進む。
無題
▲5八玉
▲6九飛の転回を見せつつ△4七銀を防いだ手。
代えて▲6五同銀とすると△同桂▲6六銀△4七銀で後手良しとなってしまう。
▲5六同歩の局面で先手は次に▲6三銀を狙っているので、後手は△5四銀でその狙いを消す。

上図以下
▲6四歩△3一玉▲4五桂△4四銀▲6三銀△同金▲7二角(下図) 
無題
▲6四歩では▲6九飛も見えるが△6三歩と受けられると効果が薄い。 
△3一玉では△9三角や△8四角で攻めていく手もあるが▲4五銀以下攻め合いで来られ後手自信なし。
▲4五桂で▲4五銀は△5一飛▲6六銀△6五銀▲同銀△同桂や△6五角とされ先手不満。
△4四銀では△4五同銀や△7五歩、△8六歩、△8四角、△9三角もありそれぞれ難解。
本譜は▲7二角を打たせて反撃する方針。 

上図以下
△4五銀直▲2四歩△同歩▲4五歩△7一飛▲6三歩成△6五桂▲6六銀△4五銀(下図) 
無題
△4五銀直では(1)△8二飛▲6三歩成△6五桂が自然だが▲2四歩△同歩▲6六銀で後手攻め切れない。
以下△9三角は▲7五歩、△4五銀直▲同歩△4六桂▲6八玉△3八銀も▲2四飛△2三歩▲3四飛△3三歩▲5三とで先手が良い。
途中▲2四歩△同歩の突き捨てが重要で、これを怠ると△3八銀のとき飛車の適当な逃げ場所がなく先手不利となる。 
また(2)△7一飛▲6三歩成△6五桂は今度は2筋の突き捨てを省略して▲6六銀が成立する。
以下、△4五銀直▲同歩△4六桂▲6八玉△3八銀▲7九飛△3九角▲同飛△同銀不成▲4九金△4七飛▲5九金打(下図)と進んだときに、後手の飛車が8二に居れば△8六歩▲同歩△同飛▲8七歩△7六飛が、△6六飛と△4九飛成▲同金△6八金を見て厳しい攻めになる。
無題
しかし上図△7一飛の形では後手に有効な攻めがなく先手も戦える。
つまり後手は△8二飛と△7一飛の選択肢を持っているが、形を決めてしまうと、先手に▲2四歩の突き捨てを入れるかどうかを選択されてしまう。
本譜は手順を尽くして先手に2筋の突き捨てを強要した格好だ。
本譜▲2四歩に代えて▲4五同歩△8二飛▲6三歩成△6五桂のときに▲2四歩は手抜きが成立し、△5七銀▲同金△同桂成▲同玉△6五桂以下後手有利。
したがって先手は▲2四歩を入れるならば△4五銀直とされたタイミングしかないということになる。 

なお、▲2四歩に代えて▲8一角成は△5六銀▲6三歩成△6五桂で先手不利。
▲6六銀や▲6八金打と受けても△5七銀から清算して△6五桂が厳しい。

▲4五歩
に対して後手は△7一飛
△8二飛も考えられるが、▲6三歩成△6五桂▲6六銀△4五銀のときに▲4一銀(△同玉には▲5二と~▲4五角成)が生じる。
△7一飛はこの筋を消すための逃げ場所である。 

最終手△4五銀まで進めた局面は、▲5五金には△3八銀、▲6五銀には△6六桂、▲6二と△7二飛▲同とには△5四桂があり後手有望。
▲2四歩△同歩の交換がなければ、▲6二と△7二飛▲同と△5四桂▲6五銀△6六桂▲6七玉△7八桂成▲6一飛△2二玉▲7八玉△6六角▲2四桂(下図)で先手良しになるのだが、突き捨てを入れさせることでこの変化を消している。 
無題

今回は▲6六歩に△6五歩とすぐ仕掛ける手を調べたが、後手有望の分かれが得られた。
ここまで▲4八金・2九飛△6二金・8一飛の同型を基本図として検討してきたが、先手有利には導けなかった。
次回は先手が駒組みを工夫した形を検討する。