▲2六歩△8四歩▲7六歩△3二金▲7八金△8五歩
▲7七角△3四歩▲6八銀△7七角成▲同銀△2二銀
▲3八銀△7二銀(基本図)
▲4六歩△4二玉▲4七銀△3三銀▲3六歩△7四歩
▲9六歩
(図①)
1

前回▲9六歩に代えて▲6八玉と▲4八金とを調べたが、△7三銀と△7三桂とを使い分けられると苦戦に陥った。

今回は▲9六歩と様子を見る手を検討する。
まずは素直に端を受けるとどうなるか見てみよう。

図①(=▲9六歩)以下
△1四歩▲1六歩△9四歩▲5六銀△6四歩▲3七桂
△7三桂▲6六歩△6三銀▲4八金△5四銀
(図②)
2
△1四歩▲1六歩の交換は難しいが、先手は突かれたら受けることを前提に検討している。
ここでは、わかりやすく端歩を突き合った形で進めたい。

△9四歩には▲5六銀と上がり、△7三銀▲6六歩△6四銀には▲6五歩を用意する。
△6四歩以下は、9筋の交換がない場合に以前検討した手順(角換わり腰掛け銀 駒組みの手順②)。
その場合は形勢難解だったが、今回はどうだろうか。

図②(=△5四銀)以下
▲4五桂△4四銀▲2五歩△6五歩▲7五歩△6四角
▲5三桂成△同銀▲7四歩△4六角▲2九飛△8六歩
▲同歩△7六歩▲6八銀△7五桂▲4七歩△8六飛
▲8八歩△5五歩▲4六歩△5六歩▲9七角
(結果図)
5
解説が前後するが、△7三桂では△6三銀も考えられるので後述する。

また、△5四銀に代えて△6二飛には▲2五歩(下図)と突く。
3
以下、①△5四銀には▲4五桂△4四銀(△2二銀には▲7五歩で先手十分)▲2四歩△同歩▲同飛△2三歩▲2九飛で次に▲7五歩を狙って先手良し。

よって、②△7二金だが▲2九飛△6一飛(△5四銀は▲4五桂と跳ね、△2二銀には▲5一角、△4四銀には▲2四歩△同歩▲同飛△2三歩▲2九飛△5四歩▲7五歩)▲6九玉△8一飛(△5四銀は▲7九玉とし、△6五歩には▲同歩△同銀▲6九飛、△8一飛には▲4五桂△4四銀▲2四歩△同歩▲同飛△2三歩▲2九飛~▲7五歩)▲6八玉△6二金▲7九玉(下図)で、目標図から△6三銀▲2五歩の変化(角換わり腰掛け銀▲4八金・2九飛△6二金・8一飛型)に合流する。
4
目標図へ辿り着くことができるので、これは先手不満なしである。

▲4五桂以下は9筋の交換がない場合の手順を踏襲している。

▲7五歩に△同歩は▲2四歩△同歩▲同飛△2三歩▲2九飛△7四角(▲7四歩を受ける意味、△9二角は▲9三角)▲2七飛(下図)で先手十分。
6
以下①△8一飛は▲3五歩△同歩(△同銀は▲2二歩△同金▲5三桂成△同玉▲3一角)▲1五歩△同歩▲同香△同香▲1二角△3三桂▲3四歩△4五桂▲同歩△5五銀左▲2三角成で先手良し。
▲3五歩には、まだしも△6六歩や△6二金かもしれないが、この歩を取れなくては後手が厳しい。

また2一桂に紐をつける②△3一玉は、▲1五歩△同歩▲1四歩で△同香には▲2五角を狙い先手指せる。

△7五桂に代えて△6六歩は▲4七歩△6四角▲7三歩成△同角(△8六飛には▲▲8七歩△8四飛▲4六桂)▲4六桂△8六飛▲8七歩△8五飛▲9七角で先手十分。

▲4七歩以下は先後ともに一歩も引けないためこうなる、という手順。

▲9六歩が入っていないと後手良しとなるのだが、今回は▲9七角が打てるため先手優勢だ。
結果図以下、△8五飛▲7三歩成△6七銀▲同銀△同桂成▲同金となったときに△8八飛成と成れないのが▲9七角の効果である。

次に△7三桂に代えて△6三銀から△5四銀を急ぐ順を調べよう。

図①(=▲9六歩)以下
△1四歩▲1六歩△9四歩▲5六銀△6四歩▲3七桂
△6三銀▲4八金△5四銀▲2九飛△7三桂▲6八玉
△6五歩(図③)
7
先手は図②を目指すなら▲2九飛に代えて▲6六歩とする必要があるが、この場合は△4四銀(下図)と変化され先手不満。
8
以下▲2五歩には△5五銀左とぶつけ、▲4七銀には△2二角、▲同銀△同銀▲4七銀には△4四角で後手が有望だ。

したがって先手は▲6六歩とは突けず、▲2九飛~▲6八玉と構える。

なお、△7三桂に代えて△6五歩には▲6六歩△同歩(△7三桂は図②以下に合流し先手指せる)▲同銀△8六歩▲同歩△同飛▲5八玉△8二飛▲7七桂(下図)で先手十分。
9
以下は▲8五歩~▲8九飛の含みがある。

▲6八玉に△6五桂には▲6六銀もあるし、この場合は▲7三角と打ってしまっても良い。
▲7三角以下は△7七桂成▲同桂△8一飛▲6四角で▲7三桂が残り先手優勢だ。

後手は▲6六歩不突を咎めたいが、△6五桂の筋ではうまくいかない。
本譜は△6五歩と位を取って▲6六歩を突かせない考え方だ。

ここ△6五歩に代えて△6二金では▲6六歩と突かれ、△6五歩と仕掛けても▲同歩①△同桂▲6六銀△6四歩▲4五歩△6三金(△8六歩▲同歩△同飛は▲9七角で先手良し)▲6五銀直△同銀▲同銀△同歩▲6四歩△7三金▲4六桂(下図)で次に▲3四桂△5二玉▲6三銀△同金▲同歩成△同玉▲4一角を狙って先手良し。
10

また②△同銀も▲6九飛△5六銀▲同歩△6五桂▲5八玉△7七桂成▲同桂(下図)が好手順で、▲7一銀が残っては後手戦えない。
11

図③(=△6五歩)以下
▲4五銀△6三銀▲2五桂△2二銀▲3四銀(結果図)
12
▲4五銀に①△同銀は▲同桂△4四銀▲6四銀△7二金▲2五歩(下図)で先手十分。
13
途中▲6四銀は必要な手で、単に▲2五歩は△5五角が厭らしい。

また、②△5五銀も▲2五桂△2二銀▲3四銀△6二金(△2四歩は▲6三角△8四飛▲4五角成)▲1五歩△同歩▲1三歩(下図)で先手十分。
14
以下△同香には▲同桂成△同銀▲2五歩で良い。

本譜△6三銀にも▲2五桂~▲3四銀で先手十分。
結果図以下、①△2四歩には▲1三桂成△同桂(△同香には▲2五歩△同歩▲同飛△2三歩▲1二角、△同銀には▲5五角)▲1五歩△同歩▲1四歩△5五桂▲5六角。
②△6二金には▲1五歩△同歩▲1三歩△同香▲同桂成△同銀▲1五香△1四歩▲1二歩で、どちらも先手が十分である。

後手は▲9六歩に対して端歩を受けてしまうと、先手の目標図を回避できないことがわかった。
よって、次は△9四歩と受けずに戦う指し方を調べよう。

図①(=▲9六歩)以下
△1四歩▲1六歩△7三銀▲6六歩△6四銀▲5六銀
△4四銀▲5八金
(図④)
15
△7三銀は速攻狙いの手。
持久戦になっては端歩が活きてくるので自然な発想の手と言える。

▲6六歩~▲5六銀に対しては、やはり△4四銀がこの際の形。
代えて△7五歩は▲6五歩△7六歩▲同銀(▲6四歩△7七歩成▲6三歩成△7八と▲6四角△7三歩▲5三角成△4一玉▲6二歩△5二銀▲6一歩成△5三銀▲同と△3一玉の展開は△1四歩▲1六歩がなければ考えられるが、この場合は後手がやや厚そう)△7三銀▲7七角(下図)で先手指せる。
17
上図以下△7二飛には▲6六角でも十分だし、▲6八飛~▲7五歩~▲3八金~▲3七桂のように構えても先手の模様が良い。

さて、▲5八金以下は①△5二金、②△3一玉、③△7五歩、④△5五銀右、⑤△5五銀左が候補手となる。
ただし③△7五歩は、▲同歩△同銀▲4五歩△4六角▲1八飛△5五銀▲4七銀△8六歩▲同歩△2四角(△同銀は▲同銀△同飛▲8七歩△8四飛▲4六銀で先手良し)▲3七角△3三角▲5六歩△6四銀左▲6五歩△8六銀▲同銀△同飛▲8七銀△8三飛▲6四歩△8六歩▲8四歩△7三飛(△同飛は▲7六銀△9九角成▲6三歩成△8九馬▲6七金左△8七歩成▲5五角)▲6三歩成△8七歩成▲7三と△7八と▲4四歩△同角▲5五銀(下図)で先手良し。
18

また、④△5五銀右は▲4五歩△5六銀(△4六角は▲4八飛△1九角成▲4四歩△同銀▲2八角△同馬▲同飛で先手十分)▲4四歩△7三角▲1八飛△4五銀▲7五歩(下図)で先手指せる。
19

⑤△5五銀左も▲6五歩△5六銀▲6四歩△3九角▲2七飛△5七銀成▲同金△4八銀▲6九玉△5七銀不成▲6三歩成(下図)で先手が良くなる。
20

図④(=▲5八金)以下
△5二金▲6五歩△5五銀右▲4七銀△7三桂▲5六歩
△6五桂▲5六歩△7七桂成▲同桂△3九角▲3八飛
△8四角成
(図⑤)
22
まずは①△5二金から見ていこう。
△5二金には、▲6五歩~▲5六歩で銀を殺しにいくのが良い。
△7七桂成で△8四角は▲6八銀△3九角成▲2七飛で先手良し。
よって△8四角成までは一本道の進行だが、ここで先手から良い切り返しがある。

図⑤(=△8四角成)以下
▲5四歩△同歩▲9七角△6四銀▲3五歩△同銀
▲5六桂
(結果図)
21
▲5四歩~▲9七角が好手順。
▲9六歩型を活かした組み立てで、△4一玉▲6五桂△6四銀には▲同角△同歩▲7三銀があるため、これは後手受け切れない。

△6四銀には▲3五歩△同銀を利かしてから▲5六桂として先手十分。
結果図以下は△5三金(△7五歩は▲6四桂△同歩▲7五角)▲4五銀△7五歩▲6七金左△3一玉▲7五歩△2二玉▲3四銀△3三歩▲2五銀△2四歩▲3五飛△2五歩▲同歩(下図)が一例だが、駒得が大きく先手が指せるだろう。
26

なお、3筋を突き捨てずに▲5六桂では△5五銀左▲6四桂(▲3五歩は△5六銀▲同銀△6六桂)△同歩(下図)とされ、△6六桂が残り先手不利となる。
23

▲3五歩に△同歩ならば▲5六桂でなく▲6五桂とし、△7五歩▲同歩△6五銀▲7四歩△7五歩▲7三銀△7四馬▲8二銀不成(下図)で先手良し。
24

また、△6四銀にいきなりの▲6五桂は、上図までの手順中▲7四歩に△3三玉と変化され▲2五桂△2二玉▲7三銀△6六桂▲8二銀不成△5八桂成▲同銀△2七金(下図)で後手が良くなる。
27

しかし上図で▲3五歩△同歩が入っていれば、▲3四桂△1二玉▲3一飛△同金▲同角成が必至で逆に先手が勝勢となる。
この変化に備えるために▲3五歩△同歩の突き捨てが必要なのだ。

①△5二金の変化は、以上のように手順を尽くせば先手が指せることがわかった。

図④(=▲5八金)以下
△3一玉▲4八飛△7三桂▲6八玉△6二金▲6七銀
△8一飛▲2五歩△9四歩▲2八飛
(結果図)
1
△3一玉に▲6五歩は成立せず、△5五銀右▲4七銀△7三桂▲5六歩△6五桂▲5五歩△7七桂成▲同桂△3九角▲3八飛△8四角成(下図)と進んだ際、▲5四歩△同歩▲9七角に△2二玉と逃げられ失敗する。
2
よって先手は▲4八飛が正しい。

なお、①△5二金に▲4八飛だと、△5五銀左▲6五歩△5六銀▲6四歩△4七銀打▲同金△同銀成▲同飛△3八角▲1七飛△6四歩▲5五角△4四歩▲6四角△7三金(下図)で後手が指せる。
3

しかし、▲4八飛に△5五銀左だと、▲6五歩△5六銀▲6四歩△4七銀打▲同金△同銀成▲同飛△3八角▲1七飛△6四歩▲5五角(下図)のときに、▲5三角成があるため上手い受け方がない。
4
したがって、▲4八飛に△5五銀左は無理筋。
代えて△7五歩も▲6五歩△7六歩▲同銀△7三銀▲4五歩△3三銀▲4六角(下図)で先手良しなので、△7三桂は仕方がない。
5

▲6七銀~△8一飛は自然な駒組み。
なお△3一玉が△9四歩に代わっている場合は、▲2五歩に△3五歩(下図)と動いて後手十分だったが今回は成立しない(角換わり腰掛け銀 駒組みの手順③)。
6
上図からは▲4五歩△3三銀▲3五歩△2七角▲4七金△4五角成▲4六金△2七馬▲3六角△同馬▲同金△3八歩▲同飛△9五歩▲同歩△同香▲同香△4七角▲3九飛△3八歩(下図)という狙いがある。
7
しかし、今回は△9四歩が入っていないのでこの筋が使えないという仕組みになっている。

△9四歩
は、次にこの狙い筋を敢行しようという手だが▲2八飛がちょうど間に合った。
結果図以下は△3三銀▲3七桂△4四歩(▲4五歩を突いていないので、後の▲4五桂を受けてこの手が必要になる)▲4七金△5四歩▲7九玉が一例で、▲4五歩から先手が打開できる。
この変化は先手が十分戦える。

△9四歩省略型の早繰り銀には、正確に対応すれば先手がやれそうだ。

図①(=▲9六歩)以下
△1四歩▲1六歩△7三桂▲6八玉△6四歩▲3七桂
△6三銀▲4八金△6二金▲2九飛△6五歩
(図⑥)
8
最後に、後手が△9四歩と受けずに腰掛け銀を目指す順を調べよう。

△7三桂に▲5六銀は△6四歩▲6六歩△6三銀▲3七桂△5四銀▲4八金△4四銀(下図)と組まれ先手不満。
12
上図は最終手で△9四歩ならば▲4五桂△4四銀▲2五歩以下先手十分になるところだが、△4四銀が好手。
上図以下、▲2五歩には△5五銀左とぶつけて後手十分の形勢だ。
先手は上図に持ち込まれないように、▲6六歩不突で駒組みを進めなければならない。

そこで先手は▲6八玉。
対して①△6五桂は▲8八銀△8六歩▲同歩△同飛▲6六歩(下図)で先手良し。
10
また、②△7五歩▲同歩△6五桂も▲6六銀△6四歩▲7四歩(下図)で先手が良い。
9
よって、先手は▲6六歩とすぐに受ける必要はない。

▲3七桂のタイミングでの動きも無理筋で、①△6五桂には▲8八銀△8六歩▲同歩△同飛▲6六歩、②△7五歩▲同歩△6五桂には▲6六銀△8六歩▲同歩△同飛▲8七歩△8一飛▲2九飛△9四歩(△6二金には▲4八金の後、▲8六歩△同飛▲9五角の筋がある。▲8六歩を取らなければ▲8七金)▲7四歩△6二金▲4八金△6三銀▲7三角(下図)で先手十分。
11
したがって先手はここでも▲6六歩を突く必要はない。
後手も△6五桂を絡めた動きは諦め、△6三銀から駒組みを進める。

△6二金で△6二飛の筋が消えたのを見て▲6六歩と突くのは、△5四銀▲2九飛△6五歩(下図)と仕掛けられて先手不利。
13
以下▲同歩△7五歩で▲同歩には△6五桂が厳しく先手受け切れない。

また上図に至る手順中、▲2九飛に代えて▲5六銀でも△6五歩▲同歩△同銀▲同銀△同桂▲6六銀△8六歩(下図)で後手良し。
14
以下、▲同歩には△3九銀▲3八飛△4八銀成▲同飛△6七歩▲同玉(▲同金は△8六飛)△5九角▲3八飛△4七金、▲6四角には△8一飛▲8二銀(▲8六角は△3九銀▲3八飛△4八銀成▲同飛△6七歩が厳しく▲同金には△8八角、▲同玉には△8六飛▲同歩△5九角)△6一飛▲8六角(▲6五銀には△8七歩成▲同金△6三金、▲8六歩には△3九銀▲3八飛△4八銀成▲同飛△3一玉で後手十分)△3一玉▲6五銀△5五角で後手が良い。

しかし▲2九飛に△8一飛だと、▲6六歩と突くことができる。
以下△5四銀▲5六銀△6五歩▲同歩△同銀▲5八玉△5六銀▲同歩△5四銀▲6四歩△3一玉に▲2五桂(下図)と跳ねられるのがポイント。
15
以下①△2四銀には▲6三銀△同金▲同歩成△同銀▲6九飛△6五歩▲5五角で先手良し。

また、②△4四銀では跳んだ桂が質駒にならないため、先手十分だ。
なお、参考下図は▲2五歩と△9四歩の交換が入っている場合の局面である(角換わり腰掛け銀▲4八金・2九飛△6二金・8一飛型⑤)。
16
上図は△4四銀と上がった後△4五銀直と食いちぎる筋があるため後手十分だったが、今回は2五に桂がいるのでその心配がない。
そのため先手が指せるという理屈だ。

したがって後手は△8一飛と引くことはできない。
次に▲6六歩と突かれてはいけないので、△6五歩と位を取る。

図⑥(=△6五歩)以下
▲5六銀△9四歩▲6六歩△同歩▲同銀△8六歩
▲同歩△同飛▲5五銀左
(結果図)
2
△6五歩は△6四角の筋を含みに、先手の仕掛けを封じる狙い。
△8一飛~△5四歩~△6四角のように形を整えられると、打開が難しくなるので先手はすぐに動いていく。

▲5六銀に①△6四角は▲6六歩△同歩▲同銀(下図)で先手良し。
3
これは6四角が負担になってしまう。

また、②△5四銀は▲7一角△7二飛▲6二角成△同飛▲8四金△7二飛▲7四金(下図)で先手十分。
1
上図は次の▲7五歩~▲8三金~▲7四歩が受けにくい。

③△8一飛には▲6六歩△同歩▲同銀(下図)とする。
4
上図から(一)△6四歩には▲7七銀と引き、以下△9四歩でも、△3一玉でも、△5四銀でも▲6六歩と打てば目標図に持ち込むことができる。

(二)△5四銀には▲6四歩や▲7五歩、(三)△3一玉には▲7七銀△5四銀▲7九玉(下図)で先手が十分。
5
上図から△6五桂には▲6六銀△6四歩▲6七歩△9四歩(△8六歩▲同歩△同飛には▲9七角がある)▲4五歩で先手十分。
この形は▲2五桂と跳ねられるので、▲4五歩を突いてしまっても打開に困らない。

なお(四)△8六歩▲同歩△同飛は△9四歩が入っていない分だけ後手が損だ。

本譜△9四歩には▲6六歩から反発し、▲5五銀左と出てどうか。
結果図以下は、①△6四歩には▲4五桂、②△4四銀には▲7七角で難解だが先手も戦える。

今回まで、下記の目標図を目指す場合の駒組み手順を検討してきた。
無題
先手は▲9六歩(再掲図①)が駒組みの急所。
1
難解な変化が多いので、あくまで現時点での暫定的な結論にはなるが、先手はなんとか目標図まで持ち込めそうだ。