○メニュー○

・くたくた製作所について
・リリースCD情報
メールアドレスが変更になりました。
kutakuta_seisaku▼yahoo.co.jp
(▼を@に変えて下さい。)

2018年12月01日

最近の製作所

最近のくたくた製作所は、新曲を作らないでケーブルばかり作っていると揶揄されますが、
その通りです。
反論の余地もありません。むしろ開き直ってもいいんじゃないですかね。イベントに出ては、メインはケーブルで、CDはおまけだと自称しております。
むしろ最近は曲の方よりもKTFケーブルを求める方の方が多いんじゃないかと。

と、いうことで今回は、最近さらにケーブルの研究に凝っていますのでその報告をさせていただきます。
KTFスペシャルケーブルを作りましたので。




・KTFスペシャルケーブル001
NCM_0774

ケーブル:オヤイデ QAC-222
プラグ:VIABLUE
ハンダ:ケスター44
※長さ4m

むらっつ君の発注で制作したとんでもないプレミアムで実験的なケーブル。ケーブルはオヤイデさんを使用し、プラグにはVIABLUEというドイツのメーカーで高級オーディオプラグを使用。ハンダはケスター44。むらっつ君に先日、アンプとプリアンプをつなぐ、オヤイデQAC-222で作ったバランス変換ケーブルを作ってほしいと頼まれて作って、それが気に入ってくれたらしく、それでベース用のケーブルを作ってほしいというオーダーで制作。その時のケーブルのプラグはノイトリックで作ったのだが、むらっつ君と相談の中、PRO AUDITIONやらアンフェノールやらライブラインやら検討したが、秋葉原で見つけたVIABLUEを使用。秋葉原で手に入らない電子パーツはないのではないかな…。まさかVIABLUEの標準モノラルプラグがあるとは思わなかったので。値段はなかなかの値段ですよ。輸入品かつレアものなんで。そう量産されるものではないので、1点もの。
音の傾向は、ギターで試すと、元気な音ですよね。かつ、きらびやかにハイの音がでますね。また、ケーブルの特性なのか、ローがしっかり出てくれます。そして素直に音がしゃりっと出てくる感じ。(くたーのギターで試奏)
さっそくむらっつ君のところに送りまして、試奏してもらったところ、「エフェクターの後に使ったときにエフェクト音(特に歪み)にかなり影響を与えている気がする」「アンプ直の場合は、変化の仕方が今までのケーブルと違うのでもうちょい待って!」だ、そうです。未だに返事はありません(笑)。むらっつ君のレビューに期待しましょう。


・KTFスペシャルケーブル002
NCM_0792

ケーブル:MOGAMI3368
プラグ:オヤイデ
ハンダ:ケスター44
※長さ2.5m

くたくた製作所としてはいかに原音忠実の音を伝えるかといことで開発したのが、KTFケーブルmodel002(mogami2549、トモカプラグ使用)ですが、これはあくまで素直な音を伝え、音を太くしつつ、まとめつつというケーブル。さらに原音忠実となるとやはりモガミの3368に立代ざるを得ない。で、プラグに関してもかなりのキャラクターが出てくる。ケーブル程ほどではないが最近はこちらにも凝っている。で、選び出したのがオヤイデさんですよ。MOGAMI3368は8mmという、普通が6mmだとすると少し太いケーブル。こいつが入るプラグというところでもオヤイデという選択をした。モガミもオヤイデもくたくた製作所も日本ということで、まさにメイドインジャパン。ギター録音をする自分からすると、レコーディングではこいつが一番素直な奴だと思う。ストラトのハイをとにかく素直に伝えやがる。下手に弾くと下手さも伝わっちゃうけれどね(笑)。


・KTFスペシャルケーブル003
NCM_0793

ケーブル:SOMMER spirrit XXL
プラグ:オヤイデ
ハンダ:ケスター44
※長さ3m

製作所お気に入りのゾマーで、自分でオーダーメイド。実はゾマーと出会って、こいつをメインで使うことはあまりなかった。くたー自身のメインケーブルはKTFケーブルmodel002か、ベルデン9395だったのだが、今回、むらっつ君や、皆さんの評判がいいゾマーを自分流にアレンジ。とは言ってもアレンジポイントはプラグ。オヤイデのストレートプラグと、今回はL字プラグを使用。オヤイデのプラグは銀プラグなのに暖かさも持っている音を出してくれる。で、ゾマーのもつローの力強さと相まって狙った音が出てくれる。今後主力になるかも。



・SRH840リケーブル(ヘッドホンケーブル)
NCM_0795

ケーブル:オヤイデ HPC-26QUAD
プラグ1:オヤイデ P-3.5 AP
プラグ2:SRH840用ロック式2.5mmプラグ(メーカー不明)
ハンダ:ケスター44
※長さ1.5m

くたくた製作所のブースにきて試聴をしたことがある人にはおなじみのシュア―のモニターヘッドホンSRH840。くたー愛用のヘッドホンで、こいつで作曲、レコーディングなどなどこなしております。こいつはケーブルが着脱式なのでケーブルを変えてみたかった。しかし、このロック式のプラグがどうにもできず、ずっと純正品だった。が、ついに先日、秋葉原にてこのロック式のプラグを発見!思わず2つ買いましたよ。1つはこのリケーブルで使用。制作にあたっては、オヤイデのお店で店員さんとケーブル談義。とても有意義な時間でしたよ。マニアックな会話でね。で、使用したのがHPC-26QUADなんですけど、こいつのケーブル原価やばい値段ですよ(笑)。が、迷いながらも、原音忠実という店員さんの話をいただき、購入!プラグもいろいろ迷いましたが、金+パラジウムメッキという珍しい構造のプラグをチョイス。で、制作は細かい作業で気が滅入りそうになりながら、うまくハンダが乗らないというところと戦いながら、3日かけて完成。
音は原音忠実というのは評判通り。それよりも解像度が高い。どこでどの楽器がなっているかがよくわかる。そして音の広がりがリアルで、空間系のエフェクトがよくわかる。また、ベース音、バスドラムの音鳴りがとても心地よい。まあ、ケーブルとプラグの特性だけでなく、ヘッドホンの特性もあるのだが、純正ケーブルはペタッとした音だったのに対して、このリケーブルは温かみが出た気がする。
もしもこれを聴きたい!という人は、次回のイベントにて持っていきますので、試聴してください。曲でなく、ケーブルを(笑)。





…実は、他にもミュージックケーブルをいくつか作ったのだが、それを全部紹介しているととんでもない文量になるので今回はここまで。
ちなみに、製作所ではオーダーメイドやってますので、上記で紹介したケーブルの制作とか、「こんな感じのケーブルが欲しい!」とか、「このケーブルにこのプラグを組み合わせてほしい!」とか、制作承ります。完成次第、イベントとか郵送にて、お渡しできますので。制作料は時価ですが(笑)。

以下おまけで、KTFスペシャルケーブル001を楽器にさすとこんな感じです写真。
くたー使用ギター
NCM_0778

むらっつ使用ベース
1542838362156




kutakuta_seisaku at 18:24|PermalinkComments(0) kutakuta Factory | 活動報告

2018年11月10日

冬コミでます!

コミックマーケット95
2018年12月30日(日)
10:00〜16:00
東京ビックサイト
東地区 "ヒ"−18b

詳しい頒布物は今度お知らせしますが、CDは、
新作を出せたらな、と、むらっつくんと話していた記憶があります。


KTFブランドの新作は出します。
製作所でしか作れない、提案できないケーブル新作から、
製作所オリジナルのエフェクターを復活まで、
何とかやって見せましょう!


またそのうち連絡します。

kutakuta_seisaku at 13:46|PermalinkComments(0) くたくた製作所案内板 | 活動報告

2018年11月02日

KTFブランドとは

さて、M3はお疲れ様でした。
約10年、この製作所をやって気づいたのは、音楽をどう発信していくかということで、どんな音を作っていくかということです。
で、今のところ行き着いた答えが、どうやらケーブルらしいです(笑)。ここ数年はケーブルを研究し、どのように音を出していくかというのを研究しました。いろんな人にそれが伝わったのではないでしょうか。いい音が出るケーブルなんてありません。どんな音を出したいのか、どんな音を狙っているのか次第で選択するケーブルは違うはず。確かにチープな作りのケーブルはそれなりの音しか出ないけれど、むしろそれを狙って出すのだってありだと思う。まあ、多くの人は好まない音だろうけど。
ケーブルに関しては、ケーブル・ジャック・ハンダで音が変わると思うので、このセットは何万通りとあるのでしょう。モガミ、ベルデン、カナレ、ワールウィンドウ、ゾマー、オヤイデ、トモカ、プロオーディオ、スイッチクラフト、ノイトリック、アンフェノール、ケスターなどなど…。たくさんのメーカーのいろんな品番を試して、だいぶ多くの種類の提案ができるようになってきましたし、おすすめともいえる自信作をいくつか持つこともできました。


まだまだケーブルも新作を提案していこうと思いますが、KTFブランド、他のものも復活させようともいます。
KTFエフェクト
エフェクターやらなんやら、提案します!
実は、最初はこっちでした。色んなエフェクターを作成してました。ファズ、ディストーション、コンプレッサー、プリアンプ、ポータブルミニアンプなどなど。復活させようと思います。
なので、うちの倉庫から、KTF秘伝書を引っ張り出してきました。読み直してみたが、当時の自分はすごい(笑)。さまざまな回路図があって、意味が分からない(笑)。自分で書いたんだけどね。
まずは、ギターでもベースでも使えるプリアンプを作成しようかなと思ってます。

まあ、またそのうちの詳細を報告します。

kutakuta_seisaku at 23:16|PermalinkComments(0) kutakuta Factory | 活動報告

2018年10月28日

M3お疲れ様です!

NCM_0768そんなわけで、くたー単身で臨んだイベントですが、何とか終わりました。まあ、いつも通り、ケーブルが注目されましたね。CDをそこそこの枚数をもって行ったのですが、こちらはまあ、って感じで(笑)。ケーブルの方は結構皆さんの手に渡っていきました。まさかの取材を受けるという展開も初めてでしたね。はたしてオンエアで使われるのか否か…。こちらもケーブルで注目していただいた縁で。いよいよ製作所はケーブル製作所となってきましたね。

良い音を作るっていうのは命題として残りますが、良い音を作るっているのはちょっと違う気がするんですよ。自分が目指す良い音にどのように近づけるかがポイントなんです。今回、ケーブルを大量頒布するということで、ギターでサンプル音源集を作って、聴き比べてみると全然違うので、色々と思うところが出てきた。
例えばKTF-model002(MOGAMI2549)をうちの主力としていますが、個人的に素直に音を伝えてくれて、ある程度の音をまとめてくれて、音を太くしてくれるのが自分の好みであり、自分が目指す音を出せるからで。ギターはこれまたオリジナルに改造しまくって原型をとどめていないストラトのギターをかき鳴らしてみると、model002は、きちんとこのギターのもつチャキチャキ感を出してくれて、ミュートのチャカチャカする音もしっかり出てくる。KTF-model-SP(SOMMER)はキャラクターが出て、モガミに比べると低音がしっかり出てくる。ギターでやっても面白いが、製作所ベーシストのむらっつ君が言うにはとてもベースにあうみたいだ。
つまり、良い音の出るケーブルなんてなく、ケーブルそれぞれにキャラクターがある。ただ、一般的に大衆が好む音というものはあって、逆に嫌う音もあるわけで、その嫌う音を出さないのがまず最低限の条件になる。世の中にはそういうペラペラな音を出す初心者用ケーブルもあるわけで、それと比べれば、単純にいい音が出るケーブルっていうものになるかもしれないが、そのペラペラな音が良いという人もいるわけで、ここまでいうときりがないかな。

で、製作所の目指すコンセプトは第一に素直に音を伝えるということ。モガミやら、ワールウィンドやら、ベルデンやら、ゾマーやら、オヤイデやら、いろんなケーブル、また、トモカやら、プロオーディションやら、スイッチクラフトやら、ノイトリックやら、いろんなプラグを使ったが、結局モガミに帰ってくるというのが個人的な感想。


また製作所は新たな可能性を提案していきます!お楽しみに!
あ、新作CDも冬には出したい…。
あと、新作プリアンプとか作りたい…。


kutakuta_seisaku at 22:44|PermalinkComments(0) 活動報告 

2018年10月26日

M3直前!

M3-2018秋
2018年10月28日(日)
11:00〜15:30
東京流通センター
第二展示場2階
サ-17b

今回持っていくものの紹介をしておきます。

ReFactory4.5
製作所のベストアルバム…に向けてのアップデート。
「4」と比べて4曲追加!



もちろんメインはケーブルです。
以下、ラインナップ。

☆KTFシリーズ☆ 主にケーブル

○KTFケーブルmodel-O222G
オヤイデケーブル、スイッチクラフトと、製作所にしてはかなりプレミアな素材を使用して制作。音の広がりとタッチレスポンスが良い仕上がりに。2芯構造から音圧がでる感じになっております。
ケーブル:オヤイデQAC222G
ジャック:スイッチクラフト
価格:オープンプライス(予価3500円/3m)

○KTFケーブルmodel-SP2
ドイツからやってきた、ゾマーケーブルspirit XXLを使用し、ジャックもプレミアムで使っているものを使用。なかなか図太い音が出る。ミッドとローの間が太くなる。ギターだけでなく、ベースにも相性がいい。むしろベースとの相性がいい。
今回は「2」ということで、ジャックを違うメーカーで制作。L字も用意しました。
ケーブル:SOMMER spirrit XXL
ジャック:Amphenol
価格:オープンプライス(予価3000円/3m)

○KTFケーブルmodel002
製作所一番お勧めの安定型ケーブル。音を太くしながらも、イコライジングはされず素直に音を伝える。くたーも使用してます。
今回、L字やら色違いやら用意してます。
ケーブル:MOGAMI2549
ジャック:トモカ
価格:オープンプライス(予価1500円/5m、1200円/3m、1100円/2.5m)

○KTFケーブルmodel003
モガミが楽器ケーブル用にと開発したケーブルを使用。噂通り、素直な音を忠実に伝えてくれる上、ノイズに強い。ケーブルがちょいと太い。
ケーブル:MOGAMI3368
ジャック:PRO AUDITION
価格:オープンプライス(※2.4mを特価で1500円で出します)

○KTFケーブルmodel-W-speaker
model-Wのスピーカーケーブルバージョン。用途としてはヘッドアンプからスピーカーにつなぐなど。ギターアンプでもベースアンプでも。ベルデンに近い音のような雰囲気。音の抜けは良い。
ケーブル:whirlwind 16/2 speaker
ジャック:トモカ(両端子ともモノラル2極標準プラグ)
価格:オープンプライス(予想価格800円/0.5m)

○KTFケーブルmodel002-music
製作所おすすめのmodel002をミュージックプレイヤーからアンプなどにつなぐためのケーブルに改造。両端子がステレオ3極のミニプラグとなっている。いい音で音楽を聴きたい人におすすめ。
今回はおまけで、ステレオ―ステレオ変換をつけます。
ケーブル:MOGAMI2549
ジャック:トモカ(両端子ともステレオ3極ミニプラグ)
価格:オープンプライス(予想価格:1200円/1m)



今回は、10周年記念ということで、オヤイデ&スイッチクラフトのプレミアケーブルやら、色違いやら、おまけやらを用意してます。
しかしながら今回も限定生産ので、売り切れの際はあしからず。一応、予約受け付けます。この記事にコメントするか、メールください。


相変わらず、ブースはケーブル祭りになると思うので、見かけたらお声かけください。
今回はくたー単独参加になりそうなのでさびしがってます…。

kutakuta_seisaku at 00:27|PermalinkComments(2) 活動報告 | くたくた製作所案内板

2018年10月25日

もうすぐM3

もうすぐM3が開催されますね。
M3-2018秋
2018年10月28日(日)
11:00〜15:30
東京流通センター
第二展示場2階
サ-17b

2008年の秋、製作所がサンクリ、M3とイベントに参加して、あれから10年。インストをメインにやるかと思いきや、VOCALOIDが参入し、いつの間にかケーブル製作所になってました(笑)。音楽研究という点は変わらないかなと。

さて、M3での頒布予定は、ReFactory4.5か4.6にバージョンアップするかのCD。
ケーブルはたくさんの予定で、いつものKTF-model002(モガミ)の色違い、ストレートやらL字やらのジャック違い、
KTF-model-SP2(ゾマーケーブルで、ジャックを違うものにしてみた)、一番の目玉は、製作所10周年で制作するオヤイデの222ケーブル、スイッチクラフトジャックを使用した新モデルを出す予定です。

詳しい発表は後日します。


kutakuta_seisaku at 07:04|PermalinkComments(0) 活動報告 | くたくた製作所案内板

2018年08月26日

早めに秋の連絡を

秋にはM3が開催されますね。
M3-2018秋
2018年10月28日(日)
11:00〜15:30
東京流通センター
第二展示場2階
サ-17b

M3出ます。秋は久しぶりの参加なんです。毎年諸般の事情で出られなかったのですが、今回は秋出場できそうです。
で、実はですね、この2018年参加で、製作所のイベント参加が10年目という節目を迎えます。製作所が初めて出たのが2008年の秋、M3とサンシャインクリエイションに出たんですよ。それから始まった製作所。なんかできたらなーと考えています。

記念ケーブルでも作りますかね(笑)。


kutakuta_seisaku at 14:11|PermalinkComments(2) 活動報告 | くたくた製作所案内板

2018年08月10日

夏コミありがとう!たくさんのありがとうをこめて

1533880519070
夏コミありがとうございました!
新作ReFactory4.5は、
完売
です。

ケーブルもほぼ売り切れです。
今回は、いろんな人たちに会えたなあという印象です。いろんなところで、いろんな音楽に触れてもらえてよかったと思います。まさかの初めてサインとか書きましたよ(苦笑)。
いまさらですが、我々は、売れっ子になろうとしてるわけではありません。あくまでマニアックなことを研究して発表して、こんな世界もあるんですよ、と伝えるのが役割だと思ってます。
ケーブルにしても、自分が作りたい音にするために自作していて、それを皆さんにも提供しようということで初めて、それに乗ってきてくれる人が増えて、こちらも新作を研究して、みたいな、相互関係のもとに成り立っているのがこの製作所です。
儲けようとも思っていないので、ほぼ原価で出させていただいてます。むしろ赤字です(苦笑)。

しかし、我々の音楽研究のため、皆さんへその成果を届けるために続けます。
なぜ、こんな話をしているかというと…、

製作所は10周年を迎えています。


確か、2008年の春あたりにくたー単身でぼちぼち初めて、むらっつくんと初めてイベントに出たのが2008年秋のM3なんですよ。と、いうことで、10年もやってますよ、この製作所。
実は、今度の秋に行われるM3に受かってますので、出ます。そのうち情報を更新します。
新作で10周年記念やりたいですね。10周年記念CDとか、ラジオとか、ケーブルとか…。

そんな感じのくたくた製作所。
CDの感想とか、ケーブルのレビューとか、コメント、メールいただけると幸いです。
今後ともよろしくお願いいたします。


kutakuta_seisaku at 23:12|PermalinkComments(0) 活動報告 

2018年08月09日

まさかの新作祭りの夏!

コミックマーケット94
2018年8月10日(金)
10:00〜16:00
東京ビックサイト
西地区 "な"−03b


まさかの新作CD出しますよ。


ReFactory4.5
製作所のベストアルバム…に向けてのアップデート。
「4」と比べて4曲追加!

しかし、もちろん、
メインはケーブルです。
以下、ラインナップです。

☆KTFシリーズ☆ 主にケーブル

○KTFケーブルmodel-OF
今回新作!オヤイデのケーブルの中でもフラットな音づくりなケーブル。とにかくノイズやら静電気やら外敵に強い。
ケーブル:OYAIDE Force'77G
ジャック:PRO AUDITION
価格:オープンプライス(予価3500円/5m)

○KTFケーブルmodel-B
今回新作!ついにベルデン9395でKTF参戦!ベルデンの中で唯一くたーが長年使っているケーブル。とにかくシャキシャキな一本。攻撃的な音づくりが可能。
ケーブル:BELDEN9395
ジャック:PRO AUDITION
価格:オープンプライス(予価2000円/3m)

○KTFケーブルmodel-SP
ドイツからやってきた、ゾマーケーブルspirit XXLを使用し、ジャックもプレミアムで使っているものを使用。なかなか図太い音が出る。ミッドとローの間が太くなる。ギターだけでなく、ベースにも相性がいい。
今回はL型ジャックで用意。
ケーブル:SOMMER spirrit XXL
ジャック:PRO AUDITION
価格:オープンプライス(予価3000円/3m)

○KTFケーブルmodel002
製作所一番お勧めの安定型ケーブル。音を太くしながらも、イコライジングはされず素直に音を伝える。くたーも使用してます。
ケーブル:MOGAMI2549
ジャック:トモカ
価格:オープンプライス(予価1500円/5m、1200円/3m、1000円/2m)

○KTFケーブルmodel003
モガミが楽器ケーブル用にと開発したケーブルを使用。噂通り、素直な音を忠実に伝えてくれる上、ノイズに強い。ケーブルがちょいと太い。
ケーブル:MOGAMI3368
ジャック:PRO AUDITION
価格:オープンプライス(※2.4mを特価で1500円で出します)

○KTFケーブルmodel-W-speaker
model-Wのスピーカーケーブルバージョン。用途としてはヘッドアンプからスピーカーにつなぐなど。ギターアンプでもベースアンプでも。ベルデンに近い音のような雰囲気。音の抜けは良い。
ケーブル:whirlwind 16/2 speaker
ジャック:トモカ(両端子ともモノラル2極標準プラグ)
価格:オープンプライス(予想価格1500円/2m、1200円/1.5m、1000円/1m、800円/0.5m)

○KTFケーブルmodel002-music
製作所おすすめのmodel002をミュージックプレイヤーからアンプなどにつなぐためのケーブルに改造。両端子がステレオ3極のミニプラグとなっている。いい音で音楽を聴きたい人におすすめ。
ケーブル:MOGAMI2549
ジャック:トモカ(両端子ともステレオ3極ミニプラグ)
価格:オープンプライス(予想価格:1200円/1m)




今回は新作CDと新作ケーブル出します。
本気出しました。ただ、CDもケーブルも限定生産ので、売り切れの際はあしからず。一応、予約受け付けます。この記事にコメントするか、メールください。

だけど、机の上はほとんどケーブルになるでしょう。
ケーブルを見たら製作所です。


kutakuta_seisaku at 01:27|PermalinkComments(2) 活動報告 | くたくた製作所案内板

2018年08月08日

アップデート作品!「ReFactory4.5」

■タイトル
『ReFactory4.5』
VOCALOIDアルバムCD
テーマ:製作所の作品を新たに生み出す。
     もうデモとは呼ばせない!ベースソロ曲も3曲収録!!
     ReFactory4に加えて、独断で選んだ4曲追加!

■ジャケット(レーベル面)




※イラスト;サカノウエ
http://melancholia.skr.jp/


■トラックリスト
1、fullmoon
2、END
3、夢幻郷
4、Paradox
5、ice
6、雪上のシンデレラ
7、イデア 〜再構築〜
8、青の桜
9、takane no hana @ shinjuku tower
10、Sorrows
11、ta
12、かんとりいまあむ(チョコ味)
13、予定調和
14、くたくたらじお161225

…tr.1〜6→Remaster版!

■試聴
ピアプロプレイヤーでfullmoonをフル試聴!

【IA】fullmoon(remaster.ver) powered by ピアプロ

■CD頒布情報
頒布価格200円
限定少数生産!

〜イベント参加情報〜
コミックマーケット94
2018年8月10日(金)
10:00〜16:00
東京ビックサイト
西地区 "な"−03b

■製作クレジット
くたー:作曲・編曲(全曲)、ギター(Paradox、ice、雪上のシンデレラ、イデア 〜再構築〜、青の桜、takane no hana @ shinjuku tower、Sorrows)、プログラミング(全曲)、ラジオ
むらっつ:ベース(fullmoon、END、Paradox、ice、イデア 〜再構築〜、ta、かんとりいまあむ、予定調和)、ギター(Paradox)、ラジオ
しょーり:ベース(夢幻郷、雪上のシンデレラ)
あっきー:ベース(青の桜)
雪:作詞(fullmoon、END、Paradox、ice、雪上のシンデレラ)
S:ギター(fullmoon、END、夢幻郷、takane no hana @ shinjuku tower)

☆ゲスト
サカノウエ:作詞(夢幻郷、イデア 〜再構築〜、Sorrows)イラスト・デザイン
OYAKI:ラジオ


--------解説----------
1〜6はリマスターしたボーカロイドロック曲を収録!
7〜10は製作所の今までの曲からくたーが厳選した曲を再収録!
11〜13はむらっつによるベースソロを、くたーがマスタリングしてみた。
14は2015年冬時点での解説。ゲストでOYAKI氏が参加しております。

ReFactory4に4曲を加えたアップデート版!
せっかくなので作ってみた!


kutakuta_seisaku at 20:55|PermalinkComments(0) リリースCD情報 | 活動報告