2017年11月08日

下期、同文、写真提示

3ce7b87b.jpg下期、同文、コーヒカップ写真提示しました。

吉臣窯謹製

kutaniyoshimi at 12:09|PermalinkComments(0)ショールーム案内 

創作ブランド吉臣窯、高級色素ラスータ彩オリジナルコーヒカップ提示

af275bc5.jpgこの度、顧客様より御注文頂きました。ブランド吉臣窯(ヨシミカマ)「吉臣ラスター彩」使用しました限定コーヒカップを提示しました。

KUTANI吉臣窯謹製
合掌


kutaniyoshimi at 12:02|PermalinkComments(0)ショールーム案内 

2017年05月03日

医師、西村元一設立「元ちゃんハウス」に勾玉寄贈写真提示

b1890534.jpgこの度、5月9日(午後機腺柑)掛けて、出雲の勾玉1セット、長年友人、西村元一医師が設立「元ちゃんハウス」自社オリジナルで昨年の初頭に出雲大社の兼ね合い方から天皇家収蔵の勾玉現物写真を基本に模写、台付60セット限定でご注文頂きました。
実は私自身、昨年の中ごろ、出帳中に体調を崩し、金沢大学付属病院に肝臓癌として入院、昨年9月頃に手術、今年1月に退院し現在は通院中です。御存かと思いますが西村様も胃癌として現在治療中です。お互いに治療身ですが今後に於いては協力及び支援をと思っています。取りあえず、平素、お付き合いさせて頂いています多くの方々様にこの機会に「元ちゃんハウス」ご協力、ご支援を改めてお願い申し上げます。

創作ブランドKUTANI吉臣窯
工房主 徳田吉臣
合掌


kutaniyoshimi at 12:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)最新デザイン公開 

2017年04月27日

下期、記載同文「勾玉」各種色彩提示。

66931260.jpg下期、出雲大社「天皇家」所蔵「勾玉」見本に制作しました。

工房主 徳田吉臣

合掌

kutaniyoshimi at 18:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)最新デザイン公開 

下期記載同文 写真追加

fcee8597.jpg出雲大社「勾玉」各種器色彩見本を提示しました。

工房主 合掌

kutaniyoshimi at 17:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)最新デザイン公開 

2017年04月23日

高藤博士様より「出雲大社、勾玉」デザイン…鷦┝命

ead74e60.jpgこの度、要約、勾玉試作品写真 銑い鯆鷦┐靴泙靴拭お気に召すか分かりませんが作品試作に大変苦労しました。取りあえず御観覧、御鑑賞頂ければ幸いです。

昨年は病気治療中、何かとご協力、ご支援、誠に有難う御座います。現在、通院中ですが、高藤様には多大な無理を御掛けし切に感謝しています。
御恩はあと、何年(2年?〜)生きてるか?分かりませんが必ず報いるよう頑張りますので
宜しくお願い申し上げます。

取り急ぎにて御連絡まで。

3代工房主  合掌


kutaniyoshimi at 20:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)最新デザイン公開 

2017年03月28日

勾玉複数試作品等及び自身の工房主引退の件のお願い、下記同文

55a42703.jpg 高藤様へ御連絡とお願い
地域活性化としての「九谷焼」提言
平成29年3月28日付
謹啓
初春の候、春の足音は、あと僅かです。皆様方に於かれましては如何お過ごしでしょうか。

さて、昨年には何かと御迷惑をお掛けし、尚、御協力、御支援を頂きまして誠に有難う御座います。
切に感謝しています。

実はその後、昨年の3月〜4月頃に桝田さんは体調不良及び家庭の事情  
(家族)で工房を退社しました。
私自身も御存知のように、昨年に出帳中に体調を崩して約半年間、金大病院に入院、要約、今年に入り、退院、現在は通院中です。詳細はネット参照
その事が切っ掛けで、家族、親戚共、相談の上で、この度、引退を決意しました。
今後、早急に工房の跡目(全権)を委託させる事の出来る、
若手の方を早急に県内外男女問(出来れば女性)わずに
募集することにしました。  
(詳細は別紙記載)
又、この度、長年のお付き合いさせて頂いています、能美市の井出新市長に御願いして市として唯一伝統産業ある九谷焼を「特別的に市長直轄の戦略室」を設ける構想をもっているそうですので病気回復次第、近々に市長に相談に行く予定てす。

この度、高藤様に御協力の御願いを是非共したいのですが、自身、通院の身で度々体調が変化しその都度高熱がでる危  
険性があり大変、申し訳ありませんが出歩く事を控えるよう担当医師及び家族注意されている現状です。

引退の件を前提に即戦力として技術力が有れば申し分ないのですか問題はやる気、意欲、この仕事で諦めずに一生(人生)掛ける程の精神力のある知り合い方で私の思い(別紙資料記載)に同調(思考)して頂ける方を御紹介して貰えれば大変有難く幸いです。是非とも、心よりお願い申し上げます。

高藤博士様初め螢侫蝓璽瀬爐粒様には今後共、末永い、お付き合いさせて頂くと共に皆々様の御活躍、御多幸、御健 
勝を心よりお祈り申し上げます。

まずは略儀ながら、取り急ぎにて、御願いと御連絡まで。

謹白

 下記、全国の陶芸産地に提案しました文と1部、直接、手紙等で提案済しました。

Kutani吉臣窯より、お願いと御連絡の件
 平成29年3月9日付でネット&ブログ提示しました

謹啓
春寒の候、皆々様には如何お過ごしでしようか。

突然のお手紙、大変、失礼いたします。
まずは略儀ながら自己紹介をさせて頂きます。

石川県能美市佐野町ヲ127-1にて、(有)九谷吉臣窯3代目を18才で継承しました、徳田修(本名)現在、73才です。

詳細は自社ホームページ及びブログ、各ネット、「吉臣窯」等で検索、御観覧頂ければ大変有難く幸いです。

さて、私の九谷陶芸業界は長年(バブル崩壊、)から今日まで業界の現実は過去には想像も付かない不況に見舞われ、又、急激な環境の変化等にさらされているのが現状です。

上記、記載によって、年を重ねる事に業界全体の売上が徐々に落ち、現在はバブル前の3分の気某箘椶靴討い泙后

当然、廃業が多く製造業、販売業(商社)を合わせ全盛期の約600社が現状約200社が生き残り掛けて頑張っています。

世界的なグローバル化が進んでいる時代、私自身が行政の関係で欧州、欧米の視察を得て分かった事は世界的に顧客ニーズの変化(好み) が把握し難い市場に於いては今後、国内市場だけで新商品(デザイン)考えているのでは顧客ニーズを捉えられないので無いかと思います。

又、IT化の急速な進展の結果、顧客の好みが多様化、高度化が急速に進んでいるのが現状です。
私事で恐織ですが昨年、体調を崩して約半年間、入院を余儀なくしました。

先代の跡を引き継いで50余年、この機会に引退を考え決断しました。

然しながら、これまで(先代)の取引先との関係及び現在、お付き合いさせて頂いています、多くの取引先の方々は自社、工房「吉臣窯」の各種オリジナル商品との関係もあり各商社としては死活問題で心より存続を願っています。

工房の責任者としては大変、有難く感謝しています。

その為にも全面的に引き継いで頂く方を募集させて頂く事に致しました。
陶芸に興味があり、その他等(技術面)が豊富な方、出来れば若い方(女性含む20才〜40才前後)を御紹介して頂ければ大変有難く光栄で幸いです。
又、九谷焼画風に拘らない新たなアート的感性を持ち合わせ方なら尚、幸いです。「詳細等は下記、別紙にて記載させて頂きました」
今後共宜しく御協力、御支援程を宜しくお願い申し上げます。

まずは御観覧上で、御連絡を切にお願い申し上げます。
謹白

 全国の陶芸産地及び伝統産業ある地域の方々へ、吉臣窯広報担当より下記、記載のご提案させて頂きました。

 九谷吉臣窯  http://www.kutaniyoshimi.co.jp/
 九谷焼窯元【九谷吉臣窯】ブログ
 http://blog.livedoor.jp/kutaniyoshimi/
 徳田 吉臣FB
 https://www.facebook.com/yoshimi.tokuda

 審査対象
々房主としては陶芸を基本に経験豊富な方
吉臣窯専属会計士、税理士が経営の面を査定
5反値匱莪先金融機関「北陸銀行、鶴来信用金  
  庫」金銭面の査定(アドバイス面接)よる審査
 補足、◆銑、重要項目として、「経済面、生活面」に関連、特に金銭面の厳しさを持ち合わせいる方を各担当役員が求めています。
 ブランド吉臣窯(看板、のれん)代として金融機関査定
金額「\20,000,000」及び工房土地取得経費「\1,000,000」

 以上、金融機関が貸付金(上記記載金額等)毎月、年間、
売上高(利益)中で経営者(複数)が責任を持つ事が条件です。
上記審査を得て複数後継を選出させて頂く予定です。

 審査合格された方々の経済面、生活面に関しては保障を条件としています。
 責任役員(オーナ)として吉臣窯専属「会計、税務、金融機関2行」計3名方で審査します。

 吉臣窯工房としては技術力のある方(男女問わず)を
特に女性の方を歓迎致します。(尚、現在、女性常勤1名)

又、工房内には(3名〜5名~)宿泊施設完備済です。

まずは略儀ながら、上記参考に御紹介して頂ければ大変有難く幸いです。御連絡をお待ちしています。
3代工房主として、皆々様の御協力、御支援を心よりお願い申し上げます。                
合 掌






kutaniyoshimi at 17:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)最新デザイン公開