本日のブログへ応援ポチ

借金返済・クレジット・ローン・キャッシング大百科辞典

無料レポートプレゼント!詳しくは一番下までスクロールしてね

2009年10月06日

【疲労回復】と睡眠

【疲労回復】といえば、やはり睡眠をとるのが一番効果的なのではないでしょうか。
睡眠は人間が疲れをとるために必要不可欠なものであり、【疲労回復】だけでなく「成長」「休息」のために無くてはならないものです。
しかし、【疲労回復】のための睡眠というのは「ただ寝る」だけでは駄目だという事をご存知でしょうか。
ここでは、「確実に【疲労回復】をする事ができる睡眠」についてお話をしてみたいと思います。
【疲労回復】のための睡眠には「眠りの質」が大切です。
深く疲れを取ることができる様な眠りが必要なのです。
しかし【疲労回復】のために深い眠りが欲しいと思っても、思う様に眠ることができないというのが睡眠の難しさです。
では、【疲労回復】のための睡眠をとるにはどうしたら良いのでしょう。
効果的に睡眠で【疲労回復】をするためには、ちょっとした工夫が必要です。
まず、寝る前に食事を採らないこと。
食事を採ることで消化が活発になるので、【疲労回復】のための睡眠をとりにくくなってしまうためです。
このせいで、【疲労回復】のための睡眠ができなくなるのです。

【疲労回復】のための睡眠をとるには、「規則正しい生活」も大切です。
とにかく、毎日同じ時間帯に寝ることが大事なのです。
それだけでなく、自分にとって心地いい【疲労回復】のための睡眠時間を知っておくことも大事です。
人によって「心地良い【疲労回復】のための時間」は異なります。
その人にとって足りなくても、別な人にとっては多いという事もあるのです。
自分にぴったりの睡眠時間を見つけることは、心地いい睡眠をとる上で大切な事なのです。
では、何を基準に「自分にぴったりの睡眠時間」を見つけたら良いのでしょうか。
【疲労回復】のための睡眠時間は、快適な一日を送れた時の睡眠時間です。

【疲労回復】のための睡眠をとるには、「お酒」「カフェイン」も禁物です。
それから「睡眠薬」もできれば避けておきたいところです。
睡眠薬を飲むとよく眠れるので「【疲労回復】ができた」と思う事も多いのですが、これが続くと不眠症になってしまう可能性もあります。
一時的に【疲労回復】ができたとしても、その後もっと不眠に悩まされる事も考えられますので、睡眠薬に頼りすぎるのはやめましょう。
お酒やカフェインも、寝つきが悪くなるために【疲労回復】ができにくくなってしまう可能性があります。
【疲労回復】をしっかりしたい場合は、「お酒」「カフェイン」の摂取は避けましょう。
疲労を残さない睡眠はちょっとした工夫で実現できます。
【疲労回復】をしたい時は生活習慣を見直してみましょう。



kutikomi777 at 21:00│Comments(0)TrackBack(0)clip!疲労回復 | 健康

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔