口臭、臭いとは…その原因と改善は?

口臭、臭いの原因をつきとめ、改善することは、とても大切です。
口臭、臭いは、不快は思いを自分はもちろん、他人に与えてしまいます。
胃や舌による口臭の臭い、子供の口臭の臭い、また、病気による口臭の臭い…いずれもその原因をはっきりとさせ、一刻も早く改善させることが必要です。
当サイト「口臭:臭いの原因と改善〜胃・舌・子供・病気などの対策について」は、そのためのいろいろなお役立ち情報を提供します。

■口臭・臭いとはどんなもの?

口は、食物をたべるところです。
したがって、必然のこととして、ものを食べた後には、歯垢として食べカスが残ってしまいます。
そして、口の中の細菌(口腔細菌)の働きにより、この食べカスは、腐敗発酵を引き起こし培養されることになります。
これが要因となって、口臭・臭いをもたらすのです。
口臭・臭いの主な成分は、揮発性硫黄化合物(VSC)です。主なものは、メチルメルカプタン、硫化水素、ジメチルサルファイドなどがあります。

ここで、人が悪臭と感じる口臭・臭いについて述べると以下のようになります。
1)スカトール ・・・ 屎尿(しにょう)の臭い。アンモニア、アミン類などの窒素化合物。
2)イソ吉草酸 ・・・ 靴下のムレたような臭いや油の腐ったような臭い。
3)メチルシクトペンテノロン ・・・ 砂糖が焦げたような臭いやたまごが腐ったような臭い。口臭の原因となる揮発性硫黄化合物は、これに該当します。

●口が臭う…口臭・臭いの原因をみてみます?
原因として、大きく分けて3つあげられます。

■(その1)生理的な口臭・臭い
共通してだれもが持っている口臭の臭いです。
基本的には普段は気にならない臭いですが、清潔さがなくなると、その口臭の臭いが悪臭へと変わることになります。
その特徴をあげると、次のようになります。

歯垢(プラーク)の80%は、細菌です。
口内細菌は、食べカスから口臭の臭いをつくりだします。また、緊張などして口が乾くことにより、口臭はきつくなります。
また、朝起きた時と食後3時間経過した頃、ピ−クになります。
生理的な口臭の臭いは、解消する方法があります。けっして、悩む必要はないといえます。

■(その2)病気が原因の口臭の臭い
病気が原因の口臭の臭いは、その要因により「口の中の病気」と「その他の病気」に分けることができます。
しかし、実際のところ割合としては、「口の中の病気」である場合が多いといえます。

●知ってますか?(病気が原因の口臭の臭い)
(1)口の中の病気

1)虫歯や歯垢によるもの
食べカスが歯に付着し溜まったままだと虫歯になりやすい。
この虫歯が悪臭を放つことになる。特に、神経が腐った歯があると口臭の臭いは酷くなる。

2)歯槽膿漏(しそうのうろう)・歯肉炎(歯周病)などによるもの
歯肉が炎症を起こしており、それが酷くなっていく。
特に、初期症状の歯肉炎の場合、小学生でもかかる危険性がある。

3)義歯や金属冠ブリッジなどの義歯垢
義歯にも歯垢はつきやすい。
人工のものでも安心してはいけない。きちんとした手入れが必要である。

4)舌苔
慢性胃炎にかかると、厚い汚れた灰白色の舌苔になる。
熱性疾患の場合は、厚い褐色の舌苔になる。このように健康状態により舌の様子が変わる。
舌苔は、悪臭を放つことが多い。

5)その他の病気

(ア)代謝系疾患
甘酸っぱい臭いがする時は、糖尿病を患っている危険性がある。
他方ねずみの口臭の臭いがする時は、肝臓の病気を疑ってみる必要がある。

(イ)消化器系疾患
胃腸の働きが悪い場合、げっぷのようにして口臭の臭いがもどってくることがある。
胃腸が爛れている時は、腐敗臭がすることもある。

(ウ)呼吸器系疾患
気管支炎や肺化膿症などを患っている場合でも、口臭の臭いが発生することもある。

(エ)その他の疾患
だ液が分泌されにくくなる病気(こう原病やシェグレン症候群など)や鼻・咽頭などの病気にかかった場合でも、口臭の臭いが発生することもある。

■(その3)食べ物による口臭
生理的な口臭や、病的な口臭でない場合に起こる口臭の臭いとして、食べ物が原因となる口臭の臭いがあります。

臭いの強い食べ物(ニンニク、ニラ、ネギ、ラッキョウなど)、沢庵や納豆などを食した後は、口臭の臭いが酷くなることがあります。

また、たばこやアルコールやでも口臭の要因となることがあります。
これらは、単に口の中に残り臭うだけではありません。
これらの口臭の臭いの元になる成分は、一度体内に吸収されたます。そして、この成分が胃で消化され血液を介して全身を循環し肺を通って、口臭の臭いとして吐き出されるのです。
したがって、口内だけを清潔にしていても臭うことがあります。
注意が必要です。

関連サイト:赤ひげ薬局 通販 オンラインショップ


sponsored link

kutinioi at 22:45口臭の知識… 


猫(ねこ・ネコ)の口臭の原因はヒトと同じ…

口臭、臭いの原因をつきとめ、改善することは、とても大切です。
口臭、臭いは、不快は思いを自分はもちろん、他人に与えてしまいます。
胃や舌による口臭の臭い、子供の口臭の臭い、また、病気による口臭の臭い…いずれもその原因をはっきりとさせ、一刻も早く改善させることが必要です。
当サイト「口臭:臭いの原因と改善〜胃・舌・子供・病気などの対策について」は、そのためのいろいろなお役立ち情報を提供します。

猫(ねこ・ネコ)の口臭…猫(ねこ・ネコ)を飼っている方には気になるものです。
この猫(ねこ・ネコ)の口臭にも、ちゃんとした理由があります。
人間と同じ様に、猫(ねこ・ネコ)の口臭の原因も、口腔(口の中)の病気と胃や腸など(内臓系)の病気に原因があります。

しかし、一般的に口腔の病気であることが殆どのケースです。
歯周病、虫歯、歯肉炎、歯根膿腫などを具体的に挙げることができます。
そして、重要なことは、細菌の繁殖が全ての共通する要因だということです。
管理が行き届かず不衛生な状態によって細菌が繁殖するためです。
いくら猫(ねこ・ネコ)といっても自由に放任でするのではなく、歯磨きを定期的にする必要があります。

●猫(ねこ・ネコ)の口臭予防は歯磨き…

歯磨きが、やっぱり、猫(ねこ・ネコ)の口臭予防の第一です。
しかし、放任の状態で、猫(ねこ・ネコ)の歯のケアを全く行わない飼い主もけっこう多いです。
そのため、歯石や歯垢がこびりつき、専門家(獣医など)に見てもらわないと除去できない場合が多いといえます。
硬く付着して歯石化してしまった場合、市販されている口臭対策グッズではもはや手におえません。
獣医に早めに見てもらい、歯石を除去してもらう必要があります。
超音波スケーラーによる除去治療がポピュラーです。(医院により方法は異なります)


●猫(ねこ・ネコ)の口臭対策はグッズを使う

猫(ねこ・ネコ)の口臭対策グッズ…これは、たくさん市販されています。
その主なものを挙げると、以下の商品となります。
★スナック菓子タイプの「デタミント」「ブレスアリシャス」
★ゼリーを塗布するタイプの「ソフトゼリー」
理想は、その時の体調や猫(ねこ・ネコ)の性格から判断してグッズを選ぶことです。
これらの口臭予防グッズを使ってのメリットは、以下のようになります。

☆ 胃の調子を整えると同時に消化を助ける
☆ クロロフィルなどの効果で血液が洗浄され、その結果として口臭が抑制される
☆ 程よい硬さであるため、直接歯垢を落とす効果がある
☆ スナック系の口臭予防グッズであれば、床を汚すことはない



●猫(ねこ・ネコ)の口臭予防のポイントは

人間の歯と同じ様に、猫(ねこ・ネコ)の歯も、虫歯になりやすいのは幼い時期の方といわれています。
特に猫(ねこ・ネコ)の場合は、柔らかい食べ物を好みます。このため、歯や舌の表面に細菌が付着しやすく、そのため歯垢や歯石になったりします。
口腔内のケアを怠っていると、猫(ねこ・ネコ)の場合もただの歯垢がどんどん悪化していきます。
虫歯→歯石→歯肉炎→歯周炎→歯槽膿漏となっていきます。
後悔する前に、一度、猫(ねこ・ネコ)の口の中をくまなくチェックすることをお薦めします。


sponsored link

kutinioi at 22:40動物(犬、猫)の口臭… 


子供の口臭は口呼吸で唾液が少なくなることが原因…

口臭、臭いの原因をつきとめ、改善することは、とても大切です。
口臭、臭いは、不快は思いを自分はもちろん、他人に与えてしまいます。
胃や舌による口臭の臭い、子供の口臭の臭い、また、病気による口臭の臭い…いずれもその原因をはっきりとさせ、一刻も早く改善させることが必要です。
当サイト「口臭:臭いの原因と改善〜胃・舌・子供・病気などの対策について」は、そのためのいろいろなお役立ち情報を提供します。

子供の口臭について取り上げてみます。
ある保健センターで母子の歯科指導をしている歯科衛生士さんから、いろいろとお話を伺いました。
とても参考になると思いますので、紹介します。

1.6歳児健診、3歳児健診での質問で、口臭が気になるという質問が多いことに気づきました。
特に男の子の口臭の質問が多いような気がします。
しかし、口内を診察しても別に問題はありません。
考えられる原因は何なのでしょうか。
また、それに対する指導はなにかあるのでしょうか?

こういった質問が、あるホームページで公開されていました。

口臭の原因には、いろいろあります。
医学の上での口臭の取り組みもまだ始まったばかりであり、現在は手探り状態で治療に取り組んでいるのが現状です。

指摘されている子供の口臭の原因の中の一つに、"口呼吸"があります。
ある外国において、子供の歯科検診や治療をしている時、歯科医のミラーがよく曇りました。
これは、診察している患者が口で呼吸していることを指します。
「口で呼吸する子供がこの国では多いなぁー。」という印象を持っていました。
その時は、単に「口呼吸が多い」と思っただけでしたが、ある先生の書籍の中で、口呼吸と花粉症やアトピーなどのアレルギーとの関係があることを知りました。その後は、口呼吸の問題を指摘させていただいております。

しかし、ある先生によれば、"口臭"の大きな原因でもあると指摘されていらっしゃいます。
あらためて、もう一度、その危険性について述べてみたいと思います。

口で呼吸をすると、自ずと口内が乾燥して渇きます。
口腔内乾燥の状態となります。
ところで、唾液はPHを中性に保とうとするはたらきがあります。
その唾液の免疫力に助けられ、歯周病や虫歯を防いでいるのです。
また、口内の自浄作用も低下してきます。

食事の後に、歯を磨く習慣はとても良いとされています。
しかし、唾液の少ない人の場合は、必ずしも良いとも考えられません。食事の後に、歯磨きやうがいをすると、普通の状態でも唾液が少ないのに、そのことによって口の中にあった唾液を洗い流してしまうことになります。
その結果、口腔が乾燥します。そして、虫歯予防のため行ったはずの歯磨きが、虫歯や口臭を作りやすい状態を招くことになります。

食事の後すぐの歯磨きは、最大の虫歯予防の方策のはずです。
しかし反面、歯磨きによって唾液が失われるという盲点があるという結果を招くことになります。
歯磨きした後は、それで安心することなく、唾液を発生させる対策が必要になります。

その歯磨きの後の、唾液発生の対策は、以下のとおりです。

(ステップー1)36回カチカチと噛み合わせること
(ステップ−2)舌を右に12回グルグルと回す。
(ステップ−3)左に12回回す

この運動をすると、確かに、口内に唾液が出てきます。

唾液の少ない人も多い人にもお勧めです。

要するに、歯磨きの最終の段階は、唾液分泌の対策で終わらせるべきであると考えられます。
この対策を、子供たちに教えて習慣化できれば、口臭予防、虫歯、歯周病、アトピーなどのアレルギー問題の予防になると考えられます。
この習慣をぜひ子供たちに教えて習慣化してください。

口臭が原因となって、学校での"いじめ"に悩んでいる子どもたちも少なくないようです。
また、これが"鬱"や自閉の問題にも発展することも指摘されています。
口呼吸や唾液分泌(口腔内乾燥)を子育ての上で大事な項目に入れていただくことが望ましいと考えます。

人の前で大きな口を開けて笑い、キレイな歯を見せる…。
そんな健康的なイメージを多くの人に与えて、大勢の人と理想的な交流が持てるようになれば、それはどんなに素晴らしいことでしょう。
子供たちと、日本の明るい未来にも関係すると思いませんか?


sponsored link

kutinioi at 23:28口臭の原因…