正しい口臭ケア…唾液,歯磨き,分泌

口臭を気にする人が、近頃、増えてきています。。
それに伴って、口臭に関する商品が次々と発売されています。
反対に、日頃の間違った口臭ケアの方法で、逆に事態を悪化させるケースも発生しています。
それでは、正しい口臭ケアは、どんな風にしたら良いのでしょうか?

■いつも口臭を気にしてしまう

◆唾液で細菌抑制

口臭の種類は、大きく二つに分けられます。
(1)歯周病や虫歯、胃腸などの病気が原因の「病的口臭」
(2)大抵の人が持っている「生理的口臭」
に分類できます。
(1)の病的口臭のケースの解消は、その病気を治療しなければいけません。

他方(2)の生理的口臭は、唾液(だえき)が大きく影響しています。
揮発性硫黄化合物が臭いの原因です。これは細菌がタンパク質を分解する際に発生する物質です。

口臭外来の診療科目がある「ほんだ歯科」(東大阪市)。ここの本田俊一院長は、以下のように指摘しています。

「緊張状態が続いたり空腹時や睡眠中においては、唾液の分泌量が減少します。
口内細菌が増殖し口臭を引き起こしやすい環境になります。
そこで気にし過ぎて、口を閉じ続けたり、または歯磨きを過度に行うと『ドライマウス』状態になり、より悪化するケースもあります」。
「タンパク質を多く含む汚れの場合、歯間より舌の上に残るケースが多いです。
この場合、息をさわやかに保つためには舌の役割が重要となります」。
舌は健康のバロメーター…。これはよくいわれる言葉です。
舌の表面にうっすらと白い「舌苔(ぜったい)」が見られる…これが、健康時の状態です。
これが、汚れが蓄積していった場合や病気にかかった場合にはどうなるか?舌苔が分厚くなって、口臭は酷くなる傾向にあります。

最近、舌苔を除去するためのグッズ…「舌磨きグッズ」が巷で販売されるようになりました。
しかし、磨き過ぎて舌苔がはがれ落ちてしまい、ピンク色の状態になるケースがあります。このような場合、唾液の分泌がうまくできなくなって口臭を悪化させることも考えられます。

本田院長は、次のようなケアを推奨しています。

食後に、水を口に含んで、舌を口の天井にこすりながら十分にすすぐ…。
この方法でケアする場合、歯磨き剤を使用すると、唾液が減ってかえって逆効果になります。
起床直後と就寝前に重点的に実施する…歯磨きは、この方法が効果的です。
これで、効率よく細菌の増殖を抑えられると考えられます。

●臭うかな?

◆対策商品続々と
口臭市場では、口臭を気にする人口が増えているのを背景に、新商品が次々と発売されています。
昨年の市場規模は、130億円を超えています。
睡眠中の対策として、就寝前用の洗口液「G・U・Mデンタルリンス ナイトケア」を、サンスター(大阪府高槻市)が今年2月に売り出しました。
これが、とても好評です。

舌苔の汚れを除くというラムネ菓子風の「ブレオ」を、菓子メーカーのグリコ(大阪市)が7月に発売いたしました。
関東地区限定で発売。キウイフルーツに含まれるタンパク質分解酵素(アクチニジン)入りの商品です。「予想以上の売れ行き」(同社)だそうです。


kutinioi at 14:20コメント(0)トラックバック(0)口臭ケア…  

sponsored link

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星