2017年04月21日

ここまできました。

4月21日 高知、宇佐町 明徳高校がある。 国民宿舎土佐さんのパソコンからの書き込み。 毎日ふふう言って歩いています。 よくここまで来れたと自分をほめています。 やっと一日20キロ以上歩けるようになりました。 朝7時出発、4時ごろで打ち止めにしています。 無理をしない、欲張らない。 あと十年くらいであの世に行くのだから。

kutunotorasan at 15:52|PermalinkComments(0)clip!

2017年03月26日

おへんろに出ます。

4月3日(月)より四国へおへんろにでます。

77才にて最後の歩き遍路です。

長女 望より餞別をいただきました。
P1150531 

















































1200キロ、50日ちょっと歩けるかどうか 、

日ごろ毎日運転ばかりで自信がない。

最初の10日間は一日10キロまで、次の10日間は

一日15キロを厳守、それを確実にこなせれば

一日20キロでも30キロでも40キロでも行くことが

できると思います。

有明からオーシャン 東急フェリー航路で徳島へ。

四国の懐かしい人や新しい出会いが沢山あると思います。 


kutunotorasan at 22:04|PermalinkComments(11)clip!

2017年03月02日

小は大に勝てない2

その中に「小は大に勝てない」

(土俵に上がらない)とあります。

そのようなことがあるのにそれなのに

巨大なイオンと勝負した。自分たちの今までの

経験や実績とお客様の支持を過大評価して、

なんとかなる、負けない だろうと過大な費用を

かけ改装をし、品揃えも強化した。

テキストに書かれている原理原則を忘れてしまっていた。

P1150527 


kutunotorasan at 10:51|PermalinkComments(0)clip!

小は大に勝てない

昔々、ワープロで作成したテキストです。

毎日、朝9時30分から開店の10時まで全員で

勉強しました。一人一冊づつ。 ボーナス時にはテキストのテストをして査定にしました。
P1150524
 


kutunotorasan at 10:33|PermalinkComments(0)clip!

2017年02月18日

彼に会いに行きました

今から35年前ある日突然にマギー羽生店に

千葉県香取市佐原の靴店社長が訪問しました。

マギーシューズチェーン店のメンバー店です。

若いころ靴卸kkマギーシューズの営業部で

佐原や関東をわたくしが担当していました。

・・社長、遠い所から羽生まできていただいて

ありがとうございます、なにかあったんですか・・

「家の息子に靴店を継がせたいのですがお宅で

預かって修行させてくれませんか、マギーさんは

厳しく育ててくれると聞いたものですから、しかし

息子は少々やんちゃなので」そのようなことで

19才の彼を5年の約束で預かり自社社員とともに

働きました。そのころは靴流通センターという名前の

大きな靴店が郊外に出店が始まったころで小さな靴店

は恐怖や廃業におびえていました。

24坪の小さなマギー加須店のある加須市郊外にも出店

してきました。生きるか死ぬかの問題です。

小さな24坪の店でどうしたら90坪から勝てるか。

〇社員の数を相手より多く投入する。なんと

経験豊富な若い店長(男)と若い社員24才(男)と

彼23才、女子社員3名。

〇小さな24坪の店に90坪に入る商品を持とう。

〇セールの回数を相手の開店の数か月前から

 数倍に増やし、相手が一回の宣伝ならばこちらは

 その三倍に回数を増やす。

小さな店に商品を詰め込む、従業員も詰め込む、

セールの回数は増やす。

そのころはお客様の反応もよくその意気込みを

ひいきしてくれました。毎日毎日本当によく売れました。

売れるから忙しい男子三人は明日の準備や次の企画で

何か月も夜なべの日々でした。若いからできたのでしょう。

おかげで24坪の店が90坪駐車場多い店に勝ったのです。

彼は身長190cm弱、色白で姿勢がよく端正な顔、

歩く姿、身のこなし、洋服のセンスと着こなし抜群で

やさしいしゃべり方、今でいうイケメン、

剣道三段、小学生高学年で世界ジュニアー剣道大会の優勝者、

その父は剣道七段。店には彼目当ての女性が多く来ていました。

神戸、新長田には靴のメーカーや問屋が多数あります。

仕入れで彼をよく連れて行きました。帰りは神戸唯一の

ファッション街サンチカ(三宮地下街)見学しました。

にぎあい歩く通路ですれ違うおばちゃんたちに

「いい男だね」と何回も言われました。並んで歩く

おいらはチビでつまらな男だからなお目立つのでしょう。

佐原にはユネスコ文化遺産になった佐原祭り、山車が

あります。彼はそのお祭りには幼少から参加して

佐原のお祭りには彼はなくてはならない一人です。

もう彼も54才。彼は祭囃子がよく似あう男でした。


P1150522

kutunotorasan at 22:57|PermalinkComments(0)clip!

2017年02月03日

ボヤの小屋をきれいにしました。

ボヤのため真っ黒にすすけた小屋を

三日かけてきれいに磨きなおしました 。

ガラスも素通しにして中にも物を置かずこれで安心。

P1150519

P1150520 


kutunotorasan at 21:14|PermalinkComments(0)clip!

2017年01月28日

おおごと

1月27日午後3時頃行田市のお客様宅で

お茶を飲み色々お話をして車に戻りました。

携帯に着信が沢山入っていました。

「〇〇さんなにか用ですか」と返事しました。

「マギーさんお店が火事だよ早く帰ってきてください」と

急いで帰ると消防車が4,5台とパトカーがいました。

P1150515P1150516

 すでに火は消えていましたが建物全体が排煙のため

全てシャッターも扉もあけられていました。

P1150518 
建物の最後部にテントで作られた作業小屋部分が

燃えた。ここにある台車に載せていた店内整理したゴミに

不審者が入り火をつけ暖を取ったようだとなりました。

消防の方も警察の方も「マギーさんに以前お世話になりました」

と言われ「単なる建物外のボヤということで面倒な書類は

無しにします」と言うことで一件落着になりました。

本体の建物に延焼しなくて大変に良かった。幸い。

一番の幸いは火災報知器が作動し近所に鳴り響き

近所の人が音と煙で119番通報したそうです。

消防の方が「火災報知器の設置は初期費用がかかるが

こんな時に助かる」と言ってました。

使われなくなった空き店舗や空き家でも戸締まりや

整理、整頓、掃除はキチンとやっておくべきとわかりました。

生涯初めての経験と今後の改めでした。


 


kutunotorasan at 12:56|PermalinkComments(0)clip!