くつしたブログ

パンクロッカーでプログラマ、くつしたのお粥生活とよもやまブログです。

26日は蒔田のアビームさんで、弾き語りライブでした。皆さんありがとうございます。
久しぶりに全編弾き語りでやろう!と、珍しく普通のサイズのアコギで挑みました。エピフォンのテキサン氏です。復刻版。安いよ。
これ、偶然時間が余った日に、楽器屋で軽い気持ちで片っ端から店にあるテキサンを試奏してたら、一本だけ異様に鳴りがよいのを発見してしまい、即購入決断。アコギは量産品でも個体差があるので、ほんとに良いのに巡り会えた。
まさに、当たりを引いた感じです。
普段のベイビーテイラーは、オケとかに合わせると独特の「音圧がそこそこある綺麗なキラキラ感」が出るので、それはそれで重宝してたんですけど
なんとなくあれ一本だと、曲によっては低音が足りない、などといった問題はやはり発生しており
まぁ、ちかちゃんとヘクトパスカルやる時はあれは浮遊感もキーワードなので、
無事にライブデビューさせてあげられてよかったです。
IMG_7549
しかしなんというか、私自体が寸詰まり体型なものでして、あとから写真で見ると縮尺がへんな感じになってました。
うーん、ギター巨大だわ。
IMG_7551
なぜかフランス代表のユニフォームを着ていますが、これはジダンの10番のユニフォームでございます。
衣装にこれを選んだ理由は、実はこの週末でくつしたさんライブ活動15周年を迎えることが発覚しまして
そんでその15年前のファーストライブの時にこの衣装を着ていたため
再現しようと思ったわけです。。。。
なぜジダンの10番の持っていたかというと、元々は父の出張土産だったんだっけな。
大事に15年間保管してました。

IMG_7482

写真は共演の皆様お客様より頂きました、ありがとうございます。
珍しくオール弾き語りなので、時間の感覚がわからないため
ストップウォッチを回しながらやったんですけどね
IMG_7553
なんと、持ち時間の30分を、1秒のオーバーも許さず、わずかコンマ61秒超の精度でおさめるという天才的なミラクルを発生させました。

やった曲は以下になります

なごり雪(カバー)
死とプリン
ナワバリ
欲しいもの(新曲)
今夜の月
素晴らしき世界
ONE
哺乳類

なぜ30分間に9曲もやれたのか意味がわからんのですが、とりあえず9曲やれました。
蒔田(まいた)は、横浜市営地下鉄のマイナーな駅で、すごく若い頃にビミョーに何度か降りたことはあるのですが
まさかこんなにステキなお店があるとは思わなかったです、アビームさんすごい。

で、イベントはとても良かったです。

FullSizeRender
主催のZUMA さんにはマークボランの霊が降臨し

FullSizeRender
たかはしようへい君はアヒル口で可愛い感じで

IMG_7460
カナザワ・タカシ氏は緊張しながらも良い感じで(似てるけど私じゃないです)姉のような気持ちで見守ってしまった。いい曲書くのなぁ

FullSizeRender
初対面のはずの今泉まなちゃんは、実は共通の知り合いがものすごく多いことが判明。
おそらく過去にも会ったことあるっぼかったです。
ライブがとても良かったので全世界に広めたい次第。
私がとっくに起き忘れてしまった衝動が真っ直ぐに飛んできて、グサグサと刺さった。
IMG_7464
かっこいい。
感想書くのがヘタなのでいまいちうまく伝えられないけど、みんなライブ見たほうがいいです絶対に。とにかくかっこいい。久しぶりに「この人の次に出るのしんどい」と思いました。

で、その、まなちゃんと「共通の知り合い」の1人が、前にやってたバンドのメンバーだったため、興奮して連絡してみたら
私がバツイチになったことを知らなかったらしく、まさかのカミングアウトとなりました。
まあ、、、、いいか、、、、
そんなおおっぴらに言うもんでもないし、、、

このところ、ソロでのライブが続いていて、あえてユニットで出なかったのは自分を鍛えたいという思いが少なからずあったからで
で、まぁ、それぞれのライブを精一杯やり、そりゃもう盛り上がったり褒められたりもしていたけど自分の中で「なんか足りない」「もっと成長しないか」と3カ月あまりモヤモヤしていて
そのモヤモヤが吹き飛ぶくらい、自信が持てた夜になりました。
具体的に何がどうとかうまく言えないんだけど
この15年間ずっと進めなかった一歩を進めたような感じです。

呼んでくれたZUMAさん、関わっていただいた皆様、お客様、そしてあの日テキサンを次々と試奏させてくれたあの店員さん、全てにありがとうございます〜

で、ここから先は最近買ってよかったものの話です。

みんな大好きクロックスのサンダル
「ビストロ仕様」になります。
唐辛子の模様という派手なルックスですが、いわゆるビストロなど厨房での使用向けに特化されておりまして、とにかく滑らないんです。
IMG_7552
濡れた地面でも油っこい床でも
絶対にすべりません。
これはマジですべりません。
ちょっと引くレベルなほどに、すべりません。
もともとクロックス新品だと滑りにくいですが、そんなもんじゃない滑らなさです。
滑る心配がないので、ビクビクしながらではなく、ふつうに良い姿勢で歩けるようになりまして下半身は割とシュッとしてる体型になりました。
そう、もう手放せない。どんな日でも安心です。

懸賞運が強く、ものすごいクーポンが当たり、運良く超オフ価格で購入できてしまいました。
通常のクロックスと違って、穴が空いてないため、足の甲に穴の部分だけ日焼け跡が残る、といった心配(そんな人いるのか、、わたしだけか?)とも無縁。

このところ、年に何度か滑って靭帯損傷を繰り返してるわたしには、強い味方となりました。

よかったら皆様もビストロ仕様クロックス、チェックしてみてください!!
ほかにもいろいろ特化したクロックスあるのでぜひぜひ。


くつしたさんなのに靴下履いてないとかアレだけどね!クロックスはやっぱり数多あるコピー商品より、こういう精度の高いオフィシャルのほうが耐久性その他含めて最高だなと思います。だいたい夏はクロックスで押し通す人でありますので。

ライブの集合写真(開演前)
IMG_7471
顔がでかいのをごまかすためにへんなピースしましたが、手が小さいのが強調された感じになりました、、、、みんな、、、、どうして顔が、、、小さいのだ、、、、!


おわりです。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

愛犬、ルークちゃんがこの世を去って、もう9ヶ月になる。

IMG_7283

今ごろ、どこにいるんだろう。
もう引っ越してしまい、一緒に過ごした家にもいないのに、時折孤独な夜に、私の耳には、いないはずのルークちゃんの声が聴こえてきたりする。

ルークちゃんが弱ってきてしまったのは去年の7月だった。ちょっと食欲がない、なんとなくふらついている、ということで緊急入院したのだが、ちょっと前まで元気だった事もあり、しかし急な病気でとても悪く、本当にあっというまに弱ってきて旅立ってしまった。

今でも覚えている、つい一週間ちょっと前には走りまわっていたのに、入院して一時退院となって我が家に帰ってきた時は、もう足腰も弱り、立つのもままならず、絶対にしなかった粗相をしてしまったり、あんなに歩くのが走るのが好きだったのに、自力では立ちあがることすら出来なくなっていて。

12年、あたり前に元気にいてくれたのに、こんなに急激に衰えてしまい、犬の介護が始まるなんて、そんなこと全く心構えが出来ていなく、玄関にしんどそうに横たわりながらも、愛くるしい顔で甘えてくるその姿に
こころが押し潰されそうになってしまった。


どうしても抱えきれず、どうにか、この気持ちを、誰かに・・と思い、わたしは、最初に早川義夫さんに連絡をしたのでした。
何故ならいつだって「ワンちゃん元気?」「ルーク君大人の顔になったね」などど、いつもワンちゃんトークに花が咲いていたのと、早川さんも先代のチャコさんを介護した経験があり、その話を著書などで読んですごく心に刺さっていたからである。
とても優しくて温かい返信を頂いた。

いないはずの犬の声が、今も時々私の耳に届いてくる。

早川義夫さん、というのは、学生時代からの憧れのミュージシャンだった。
入り口は些細なきっかけだったと思う。どんどん夢中になって、ジャックス時代も聴き漁って わたしの音楽のDNA的なものにザクザクと切り刻まれていた。
結婚を機に、自由な上京の夢が叶って(とはいえ横浜戸塚であるが)
初めて観に行った早川さんのライブは鎌倉の歐林洞だった。もう10年以上前の話。

そのときは佐久間正英さんとHONZIさんと3人編成の早川さん。とにかくもう、すごくて。
今でも全編脳内で再生できるくらい全てを覚えているのである。

で、その帰り道に、なんと早川さん本人とお話してしまったのです。
それは帰り道の曲り角。
IMG_7338

この写真の突き当たりくらいですかね。
IMG_7338
(当時の)夫と(いや、まだ結婚前)歩いていたら、前方に早川さんご本人を発見してしまったのだ。
どうにかして感動を伝えよう!と、がんばって駈け寄って話しかけて感動を伝えた、まではよかったものの、もう、緊張しすぎてどうにもならず
一生懸命にライブが良かった!といった挙げ句「私達、これから、うどんをたべにいきます!」と、謎の宣言をして走り去りました。

こんな些細な出来事を早川さんは何年経っても憶えていてくださって。

で、その時のライブのあまりの感動に、その瞬間から、くつしたが音楽をやっていく上での私の目標は

早川義夫さんと共演したい」になりました。

いろんな縁が重なって、奇跡も起こってしまい、その夢は2年後に現実となってしまったのですが。

その後、早川さんとは何度か共演させていただいたり、ライブ観に行ったらいつも喜んでくれて、ハンバーグ一緒に食べたり、もちろん一緒に佐久間さんや、るつこさんといろいろお話したり。
佐久間さんにも随分お世話になったなあ。
重ねてきた思い出の発端が、あの「うどんたべにいきます」というころの自分からすると夢のような出来事なんですけど

とりあえず年に一度の鎌倉のライブは、自分のライブが重なったりしない限りは行くような習慣になっておりまして

もちろん今年もそうでした。チケットも早目に買ってました。

ところが。もう5月に入ってからでしたっけ、早川さんご本人のツイッターで、これが「ラストライブ」になるとの宣言が。

ああ、、なんとなく、、そんな日が来るのかもしれないって

このところそんな気がしていたのだけれども。

とりあえず、ソワソワしながら、あっという間に5月20日がやってきてしまった。

午前中、蒲田で用事を済ませて夕方の鎌倉へ。
良い天気で、すごいにぎわいの小町通りをぬけて歐林洞へ。
IMG_7339
小町通りを抜けて、急にやって来る静謐感、あのときの「あの」うどん屋の前を通るときの甦る思い出。
ちょっとした上り坂。
毎年恒例の歐林洞。いつもと同じ。
そして客席には顔馴染みの人もちらほらいて、チョチョっとあいさつしたりして。

IMG_7340

正直なところを言うと、ラストライブとかいう情報を頭が寄せ付けないくらいに
「いつもの、凄い早川さんのライブ」でした。
おそらく客席の皆さんは本当に(私も含めて)これがラストだという感傷的な場所に居たんだと思うのですが
そしてたぶん早川さんご自身も、そういった思いがあったとも思うのですが。

でも、私が感想をあえて言うならいつもの、いつも通りの、大好きな早川さんのライブでした。切実でした。いつもと変わらず。


早川さんの歌は、いつだって切実なんですよ。

って、まあ、わたしが勝手に思っているだけなんだけど。
本当に切実。なんだろう、歌を歌う人なんて数多居りますし何ならわたしも歌いますが、おそらく早川さんほどに「今、ここで、紡ぎ出している音」全てに切実な人はいないと思うんです。
だから私はいつも泣いてしまうんだな。

本当に不思議なんですが、早川さん一人でピアノを弾いてのライブだったのに
もうここにはいないHONZIさんの音と作久間さんの音が私の耳には聞こえてきてしまいました。
まるで、この世を去った愛犬の声が今でも聞こえて来るその時のように。

IMG_7360

ここまで書きましたが、結局のところ、あまり上手に感想が書けません、とにかく早川さんとは長い間のあこがれと、その後お互いに知り合ってからのステキな思い出も多すぎる。
数日経ったいまも頭の中で早川さんの歌が鳴り響いています。
ずっとずっと忘れるわけないんですから。

早川さん、MCでライブお休みの話をしておりまして、奥様の体調が芳しくないとのことで。
実は鎌倉で会うたびに私は奥様にも挨拶して頂いて、いろいろ楽しいお話もしてたりしておりまして、これまた素敵な奥様で。

色々と心配なところも勿論ありますが、また元気でお会いすることができたら。と。
ただ願うことしかできませんが。

で、ライブ終了後、早川さん、私を見つけたらすんごい笑顔で迎えてくれて、がっちりハグしていただきました。いつもの早川さんだった、本当に。

もう、ただ「ありがとう」。そして「大好きです。」

歐林堂のライブは終了後にケーキとワインと楽しめるオプションがあるですが
実は、この日はその後自分のライブが控えておりましたので、ケーキもパスして挨拶もそこそこに移動。


その「自分のライブ」がものすごい大ホールでございました。マジかよ。
さあ歌うぞ。

IMG_7344


広い!デカイ!凄い!

まあ広い会場は大得意でして、色々胸に抱きながら最高のパフォーマンスはできたかなと。
すっかり楽しい感じでやり遂げました。


早川さんに伝えたいことは、ただひたすらに「ありがとう」「大好きです」しかありません。
ほんとうにもう、いつもの早川さんでいてくれて、すごく良いライブが体感できました。
ほんとうにありがとうございました。
もう、ほんとうに。
ずっとずっと大好きです。好きじゃなくて大好き。

で、そんなラストライブでしたが、早川さんがMCで
以前はホームページにその日の出来事とか書いてたけれど、そういうんじゃなくて、もっと役に立つようなことを書いた方がいいように思う、買ってよかったものとか、などとおもしろいことを言っていたので
私が最近買ってよかったものを書いて終わりにしたいと思います。
ふとん圧縮袋。



布団圧縮袋(ポンプ付き)です。

収納スペースに困っていた冬用の布団と枕を3センチの薄さに圧縮できました。
味をしめてしまったので、使っていないギター用ソフトケースや、モコモコした冬服、色々と圧縮しまくって
かなりの収納上手な人になりました。
何しろわたしマルチプレイヤーなので、ギターベースドラムその他弦楽器キーボードパーカッション、ギリギリまで機材は削りましたが、やはり前のやたら広い家から蒲田に来て、とにかく収納上手にならざるを得ない状況になってまして
この圧縮袋の便利さに心を撃たれた次第です。

圧縮袋を手にするまでは、今更布団って拘らなければニトリで3千円くらいで買えるから、もう暑くなったら1回捨ててみようか、と思ったくらい行き詰っておりましたが
色々スッキリしました。

圧縮未経験のみなさま、ぜひゲットしてみてください。

よっしゃ役に立つこと書いたーーーー!

IMG_7286
終わりです
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

こないだの日曜日は蒲田オッタンタ23周年記念イベントでチョチョっとライブしてきました。
IMG_7162
この蒲田のディープな聖地が23周年って凄い。
おめでとうございます!
いつまでたってもライブチャージがお安いし、割と数々の凄い人も輩出してるのにー。
で、この面白い空間、いろいろありましたが居心地が妙によいのでかれこれ12年お世話になっております。(最初に行った時11周年だった)
チカさんいつもありがとう。
オッタンタのために蒲田に越してきた感もあるし
このへんは映画「シンゴジラ」では蒲田くんに蹂躙されており、ああっ、オッタンタが!という心理的な距離感の近さでシンゴジラ沼にはまったんですね。

さあ、動けるデブが踊ります。
IMG_7210
IMG_7208
IMG_7209
ライブもバッチリおさめました。
33周年の時に「今年で33〜」を歌いたいので、あと10年頑張っていただきたいです。

ところで本当に雨女パワーがすごくて、この日も割とすごい雨でした。
前日バイト中に「明日雨だよ、なぜなら私がライブだから」と言ったら「くつしたさんがライブの日は!雨っ!」と、納得されたので、もう大概すごい雨女でございます。

次のライブは代々木バーバラというお店で19日(土曜日)です。

2018/5/19(Sat)「代々木百鬼夜行」
OPEN/START 17:15/17:30
ADV/DOOR 2400/2900 ※1Drink別\600
Act:山路貴澄with Magic band/スギムラリョウイチレボリューションズ/幽霊会社みちづれ/手賀沼ジュン/Fold Music/くつした/KANGU(O.A)

@ライブハウス代々木Barbara ( http://www.yoyogi-barbara.jp/ )

なんと、蒲田で対バンした幽霊会社みちづれさんがまた対バンです。
IMG_7219
IMG_7222
なんか結構なイケメンさんでして、ライブが凄く良かったので(あともの凄い人気者)
すぐまた会えるのが楽しみです。

ちなみにこの日は手賀沼ジュンが久しぶりに対バンですね。
IMG_7277
手賀沼ジュンとは、それこそ12年前とかの、ずいぶん前に出会って
一時期はたいへんな頻度で対バンしており
同じ日に2人ともライブ中にご飯を炊くとか、あれこれ模索しておりましたが

今や歌ネタ王だし、長いことFMナックファイブで番組続いてるし、たまにテレビにも出てる売れっ子でございます。

とにかく諦めないでやり通している姿が、今の私からすると眩しいくらいの存在になってしまいましたが
去年ラジオの番組で私のOL10年生と、はなわ「佐賀県」を続けて流してくれて、どっちもブルースだ!などと嬉しいこと言ってくれたりしておりまして。

でも、たぶん
私もそうですが彼もまだ多分道の途中。
お互い「あの頃」よりパワーアップしたライブが披露できること間違いなし。
皆さん、見にきてくださいね。
メールとかSNSとか何かで参加表明していただけたら前売りで受付ます。

ちなみに当日の天気予報は「雨」です。。。。

まあ、またしばらく都内らしい都内のライブは無いので、この機会に見に来てくれたら。
楽しいこと保証します。
大きめのステージでやる機会も最近めっきりへってるので、やっぱくつしたさんは広いステージが似合うなぁと感じていただきたい次第。

その後もいろいろ。

IMG_7102
FullSizeRender


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

4/29、幡ヶ谷36°5でライブでございました。

IMG_7001
久しぶりにめろんぱんっのイベントだったのですが
IMG_7003

なんかそういえば、このお店最初に出たときも彼のイベントで、幡ヶ谷と鳩ヶ谷を勘違いしていたのをボンヤリ思い出しました。
IMG_7028
出演者の大半が長い付き合いの人たちだったりして、楽しくて
そしてお店も5月で10周年とのこと。おめでとうございます。
出番がトップだったので、ていうかMCを入れないノンストップ構成にしていたので、10周年云々の話をMCで話せずにおりましたが。
10年前の夏にOL10年生を出したばかりで、なんとかして面白いステージを作ってCD売っていきたいんだけどなかなかうまくいかず試行錯誤してた時期に、ここに呼んでもらえて、その後、ここのステージに何度も立たせてもらって、いろいろ学んで成長できたんですね。
そういえばイベントも何回もやったし、なんか色々思い出はつきないものでして。
そして10年生は20年生になるほどの月日が経ってしまったんだなぁ、というボンヤリした感慨。
ちなみにOL10年生の曲自体はちょうど10年前の今ごろに作ってたんじゃないかなと思います。そのあとレコーディング進めて形になって、今でもフルパワーで歌えていることは誇りに思います。

IMG_7010
IMG_7011
IMG_7012

ちなみに、走り続けるうさぎちゃんを回しながらライブをしました。
名は「めろんちゃん」と言います。
立ち位置的には、ちかちゃんの代わり的な、、

IMG_7004

前ほど家が遠いわけでもないのですが
連休気分を味わいたいので、打ち上げの後は安いホテルに一泊。
東京に来てから毎日が非日常的感にあふれているので、今更外泊してもリフレッシュできるのかなぁと思ってしまいましたが
なかなかやってみたら良かったです。
思えば一人旅もしばらくしていなと思う。
とっくに旅に出ている状態なんだろうけど。

音楽続けてなかったらとっくに死んでた、というのは言い過ぎで、私のアンテナの高さであればおそらく別の趣味で何かに没頭して、それなりにいろんな人と出会ってきた未来があったのかもしれないですが
ほんとにほんとに、出会いにだけは恵まれて多くの人に支えられているんだなと。改めて実感した夜でした。
くつしたを通して出会った方々には愛されて愛されて助けられて、感謝しかありません。

最近はほんとに弱り気味で、精神も薄弱、あまりにも見えている未来が、孤独に襲われる地獄でしかないため
どうにかして生きることよりどうにかして終わらせることばかり考えてしまっていたのですが
まだまだやれることはありそうですね。

まあ、植えつけられた孤独感は消えていかなさそうだけれど
生きた証は残したかなと思えるほどの曲を作って
歌で埋めることができたらなと。

IMG_7046
今夜も月は綺麗です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

もはやブログが遺書と化してますが
おそらく生きようとしている反動です。


まあ
もはや40超えて言う話ではないですが
刺さるダメージがいちいち深すぎる。

こんな顔はいらない。

若い頃に歌にしました。
今でも歌ってます。


いい感じでやれた動画貼っておきます。
ああー、これもだいぶ前か。
このあとに精神病になったので、なんとなく元気だった頃の自分でもある。
もうこの笑顔は見せられないかな。

特にヘクトパスカルの「花」は
良い感じなので
最近のやつ撮らないとですね。

わたしが新型iPadを買ったら
チカちゃんもいつの間にかお揃いの買ってました。
遠隔地でチームワークを発揮しております。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ここ数日、不穏な空が多い
IMG_6931
降るのか降らないのか、いや降らないとは思うけど〜 くらいの曇り空。

不穏な空は不穏な気持ちに妙に優しい。
本当は晴れた空より好きなのかもしれません。

もうすぐ夏になってしまう。
すぎていく毎日が早すぎる。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

IMG_6916
ちょっと久しぶりに秋葉原の川向こうにおりた。
もう10年くらい前になってしまうが、その頃、この川向こうのスタジオでバンド練習をしていたものである。
ちなみに平日21時から23時というすごい時間帯の練習が
週一回。

で、そのスタジオはもう、ない。

当時はついていくのに必死だったのか、それを俯瞰して冷笑していたのか、もはや思い出せないのだけれど
きちんと大きな会社で仕事をした、その時間の後に
ドラムを叩く生活は、そりゃ疲れまくっていたけれど、もはや再現できないのだろうけど
あれだけ好きにドラムを叩いて、いい曲で。

幸福の中に居たんだと思った。

別にこうフラフラふわっと生活しながらも、おそらく明日には放り投げてしまいそうなくらいに自分の命は軽いものだと思い、日々そんな投げ出す瞬間を狙いながら
ゆったり
早くこの世界から消えたいと思っているのだけれど

色々あって、学習塾の先生、のバイトの面接に行きました。

ほんとにもう前世紀の話であるけれど、新卒で仕事したのが塾の先生社員でして。
いろいろ経て復帰ですか?
いやまぁ、そんな簡単な話でない

のですが

将来がキラキラしている若者からすると、40代なんてフィクションの世界だと思いますが
実際なってみると、本当にもう地獄でしかないわけだし、つぎの1秒でもなんとかしてこの生命を止めてほしい、などと思ったりしているのだけれど(そしてその思いはずっとなくならない)
思い続けて長いことになる。

意味のない生命なんてこんなものである。

おそらく歌が歌えなければ絶たれていた生命。

などという深い話はせずに面接はすんなり終わり
まあそりゃそうですが
その後、数学のペーパーテストが、、、、、、、、、ああああっ
解の公式出てこないよっ!

うーん

文系出身者であるがエンジニアでバリバリの理系もできる
的な感じてありましたが。

まあそれなりに
それである

しかし突然の数学は
なんだかな

やはりダメかと思いつつ、つぎの選考的なものに進んだので
解いた答案は正しかった、、のかな?

やはり人と関わっていきたいとは思う。
中でも未来を支える人と。

いつ自分がこの世の中から消えても許されるくらいのものを
残せたらよいかも。
しかしもうそんなものの必要性もわからなくなった。

こうやって早く消えたい、と、長いこと思いつつも
本業でも音楽でも
たいした何かを残してないわけでありまして。

それは別としても

誰からも
直接的な情愛を受けることもなく
このあとふつうに生きると40年くらい

誰からも
愛されず

誰を愛するでもなく

ひとり
ただ生かされていく
孤独の中の40年

子供はいない
孫もいない
遺伝子は絶えていく

そんな人生に意味はない
決してない
あるとかいうやつは頭がおかしい

なので、元気に動けるうちに、得意なテクノロジーと人間力と何かしらのあれで
誰かに還元していければと思った次第。
このブログは歴史が長いので、五年前十年前を見ても希死念慮が貫かれている
感じはあると思いますが

結局全てを通り抜けた今に至ると
そもそも生きることに向いてなかったのに
生きてきてしまった重みを感じます。

ただ歌うことだけでも
誰かに非難され
ひどい言葉で非難され
そしてつぎの瞬間にも
殺されそうなほどに

いっそトドメを刺してくださいよ。

心は脳にあるのですか?
脳もすでにズタズタにされています
おそらく近年に終わるでしょう
そこまでは好きにさせてくれよ

などと

非難されていますが
わたしは歌います。

4/29 はたがや36°5
5/13 蒲田オッタンタ
5/19 代々木バーバラ
5/26 蒔田の、、、どこか、、

六月はヘクトパスカルがなんかするので
みなさま
ご期待ください。

それまでは生きていると
多分思います。
生きてる自信がない。

なんの才能もなく頭も弱く
見た目がとにかく醜悪で
性格もひどく歪んでおり
それでも社会に生かされてきた
ゴミ未満の存在がここにあります

見た目の醜悪さは死ぬまで消えなく
過度のブサイク
どうにもならない
なにか救いの言葉を欲してよいほどの価値が自分にないことも知っており
だから構ってほしいこともないし
とにかく
この
存在は
早く消したい

おそらくみっともなく
生き晒していくとは思いますが
若干のライブを楽しみにしていた人がもしいるとしたら
その日までに
命絶やしているかもしれないので
すみません。
だいたい難しいですが
ちかちゃんがいてくれたら生きれる気がします。

遺書的なものはまったくありませぬが
そして最新の良い感じのライブは全く残してないですが

絶望に酔ってるっぼいでしょ?
そんなのひとかけらもないほどに
年をとってしまいました。

なんとなく同情されるかもしれませぬが
明日の生活費を誰かが負担してくれることがあるでもなく
おそらく
なにも持たずに生きてきた無能なわたしは 
なにも残らないでよいです。

わたしのことは
一瞬たりともなく
忘れてほしいのが本心です。

なんの才能もないし
努力するほどのパワーもない
眠る時
目が覚めなければいいほどに
生きようという思いが少しもない
従って努力の前提にすら立てず
なにもないわたしほ

ただ
いることしかなく
その価値ももう、ありません

ではでは。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

最寄りの駅、矢口渡の居酒屋「侍」が昨日で閉店となったので
ラストツーデイズ飲みに行きました。
IMG_6876
IMG_6879

FullSizeRender
ラスト前日は同居人と行って、なかなか終わらないダーツ勝負したり、20辛のカレーを食べたり
最終日は、お店紹介してくれた玉置標本さんが来てたので、とりとめない話などしながら飲んだり。
まあ、東京に来てから3ヶ月、割と家で飲んでても楽しいので前ほど外の店で食べたり飲んだりしてなかったのですが
侍はすごく好きで、誰か遊びにくれば連れて行ったりとか、一人でふらっと飲みたい夜(そんな時もあった)は行ったりとか、引っ越してきて唯一の行きつけの店だったので、やっぱりさみしいな。

侍店長、おつかれさまでした。
ダーツがうまくてしびれました。
麻婆豆腐も他のなにもかもうまかったっす

なぜか店長さんにワウペダル頂いたので大事に使います。
IMG_6893
これはすごい

平昌オリンピックの開会式を一緒にお店で見たので、2年後とか4年後にも覚えていると思います。


気がついたら四月も終わりそうで
新しい仕事が始まったり、いろいろ肩書きも増えたり、まあいろいろあったのですが
14日は戸塚のロポで野外ライブしてきました。
イカしたバンド、the GURL(ザ ガール)企画のフェスです。
IMG_6766

なんと2年ぶりにロポのテラスで野外で歌うチャンスが。

私が雨女であることは周知の事実ですが、この日も戸塚に到着した瞬間に霧雨が訪れる、という
妖怪アメフラシパワーを発揮しましたが、ライブは外でやれました。

このごろ、夢で見たことが現実になる「予知夢」的なことが頻発しておりまして
その日の朝に見た夢で
私がドアーズの「ハートに火をつけて」に合わせて鍵盤ハーモニカを吹いていたため、本当に同じことやってみました、結果はスベり気味でしたが。
野外には野外の方法論がある、というわけで、おもしろくやかましいライブをしていたのですが、なんとなく雲行きがあやしくて
一曲削って最後に「花」を歌ったら、終わった瞬間に大豪雨が訪れてしまいまして
慌てて外のいろいろ撤収。

そりゃもうほんとに突然の集中豪雨で、次に外で出る予定だった、やのゆりこ先輩は急遽室内、バーライブになってしまいました。
やのさんすいません。すべて私のアメフラシ能力の賜物かと。


IMG_6774

しかし、ロポのバー空間とやのさんは衝撃的に似合っておりまして、かなりよかったです。

最前列で見ていたら、まっすぐ感動してぼろぼろ泣いてしまった。

わたしは
うまいこと独立できて、憧れの都内に引っ越して、それなりに毎日楽しくて、いろんな人に求められて認められて、なんとなく幸せな感じなんだけど
やっぱり刺さっている傷は深いんだろうな。
やのさんの歌はぐっさりえぐらない形で傷跡と向き合わせてくれる。
激しいけれど優しい。
だから泣いてしまうんだろうな。

わたしが削った一曲が「糸」(中島みゆき)だった、と、あとでやのさんに打ち明けたら「くつしたさんが糸歌っちゃダメだよ〜」と爆笑されました。

そりゃそうだ。
ちなみにこんなに「糸」が流行るずーっと前、職場でカラオケに行くと
上司が縦の糸でわたしが横の糸担当でした。
ひたすら「横の糸はあたし」だけの合いの手を入れる、そんな連帯感。
あの上司なにしてるかな、従姉妹の娘があの上司が室長になったとこに通ってて、かなり良い先生だったって話は聞いたんだけど。
それもかなり前か。

もうないだろうと思っていたのに、教育産業的なところに戻ってきた自分の運命が面白い。
今も昔も横の糸なんだろうか。

豪雨は一瞬でおさまってしまって
それでも続いてた屋台飯がうまかった。
IMG_6782
ハイクオリティ。

フェスは夜まで続く。

IMG_6790
IMG_6801
その後のライブもすごく良くて

あと、あえて書いておきますが、the gurlのギターボーカルでおしゃれイケメンなハルヤマくんに「くつしたさんが頭をぐしゃぐしゃ触りながら歌ってたとこが、なんか色っぽいなと思っちゃいました」(言葉は意訳ですが、要はOL10年制の振り付けの困った歌詞のあたりで頭をアレするアレです)と言われて、おばちゃん嬉しかったです。
ハルヤマ何だ、天然でおばちゃん褒める天才か。もちろん音楽もライブも天才であるが。

ちなみにハルヤマ君は一度だけロポでルークさんに会ったときも速攻で仲良くなっていたので、すごいやつだと思います。

IMG_6866
一年前のルークさん


なんとなく、うまく生きているようで、わたしはいつも自分の中で何かが足りていなくて、それが苦しいので病んでしまって
とはいえ本当に沢山の人から「褒められるのではなく愛される」ような感じで生きていて
たしかにこんな生き方は褒められたもんじゃないんだけど
今の生活にしても「くつした」にしても
ダメすぎるわたしをどうにかしてくれる人たちが優しいから
こうやっていられるんだと思います。
そんなことを思った四月でした。

恵まれた環境であれど、壊れた心は簡単に治るわけではなく
私を責め立てる言葉ばかりが飛んできてしまい
それほど強くなれていない自分の
息の根を止めようと追い討ちをかけ
明日こそ目が覚めぬようにと念じながら
薬の力でなんとか眠りに落ちる毎日です

人生に意味はあるかと聞かれると
私の人生に意味はなかったと断言できます
なぜなら自分の意思で人生を開始したわけではないからですと

しかし
みなさんの優しさと期待や信頼、この人望を裏切るわけにはいかない
だから明日も明後日も目が覚めていくのです。
おそらくそれがとても絶望的であるのに
朝の光は平等にまぶしい。

みなさんありがとう。
今夜の月も綺麗です。
IMG_6911

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

特に声を大にしていうことではないけど毎年言ってるのは、葉桜のほうがすきです、ということです。
IMG_6614
IMG_6613
やはりこう、緑と散り際の花とのせめぎ合いが好きだな、わたしは。

ということで、最近はまぁ元気にしています。
個人的トピックですが、わりと都会に時々通勤することになったので、荷物のスリム化を試みています。
財布も二つ折りに戻しました。
IMG_6621
もともと長財布を使わない人だったのですが、何年か前に太りすぎて尻ポケットに入れた二つ折り財布が飛び出る、という悲劇が起こり、長財布デビューしたものの
存在感はあるけどやはり邪魔、ということで、色々考えて戻しました。
戻すにあたって、カード類を整理していたら、もはや行かないであろう病院の診察券がバタバタ出てきて若干へこみましたが、やっぱ小さい財布、楽ですわ。
昼休みも身軽ですし。
で、それに合わせてへんなリュックサックで通勤するのをやめて高機能な薄いやつに乗り換えました。
そして弁当箱も超軽量化を目指しましたが
IMG_6593
カロリーが足りません
体脂肪よ、、燃えろ!


あと結構この頃タイミングが悪くて、電子レンジで作れるゆで卵マシーンが壊れて爆発したり、今日は久しぶりに外でひとりで飲もうかな?というタイミングで家の鍵が壊れたり、楽しみにしていたロボット、マイルームロビが買った瞬間初期不良に陥って交換になったり、触るの皆傷つけています。

そんなくつしたさんですが、最近は代々木でライブしたり高円寺でDJしたり、わりと活動的です。

IMG_6456
まさか髪型のせいで実家に帰れないとは言えない、あと服

IMG_6446
その日に一番ビール飲んだ人に与えられる賞です。
ライブよりもビール飲み過ぎですか。
まさかチャンピオンになるとは。

IMG_6459

セットリスト
Hello World!
ONE
今夜の月
OL10年生
無題ドキュメント

糸を歌ったのは、年度末でお客様いなかったからです_:(´ཀ`」 ∠):

IMG_6396
竹花さん

IMG_6420
ファッションさん

IMG_6442
メリル久保さん

対バンの人がひたすら個性に溢れておりまして、没個性を気にして40年くらいに達するわたしは自分を省みましたが、最後の久保さんが綺麗に締めてくれて尊敬せざるを得ない次第でごさいました。

そして高円寺
DJが久しぶりすぎて、DJらしい衣装を、と思ったら完全にボタンを掛け違えてしまいました。
IMG_6609
なんですかね、この着ぐるみ感

わたくしの写真はお客様のやつ使いました、ありがとうございます😊

DJは、主催丸芽さんの号令で「中二の曲」がテーマだったので、リアル中二の時の発売曲、で絞ったら!大変なカラオケ大会になりました。

ENDRESS RAIN X
寂しい熱帯魚 Wink
とんぼ 長渕剛
TIME ZONE 男闘呼組
TRAIN-TRAIN ブルーハーツ
紅 X
DIAMONDS プリンセスプリンセス
川の流れのように 美空ひばり
Runner 爆風スランプ
デイドリームビリーバー The Timers
限界LOVERS SHOW-YA
Love in AnElevator AEROSMITH
太陽がいっぱい 光GENJI
Get Wild TM NetWork
青空 ブルーハーツ

なかなかの豊作の年なので絞りきれず、勝手に自分内のテーマで「中二の年に発売の曲、なおかつ何らかの形でコピーしたことがある曲」と絞ったらこうなりました。並べるとエアロスミスが浮いてるけど、みんなwinkで踊ってたから良いと思う。
あと、この日も各種ビールを飲みすぎましてグリーンアップルのクールビューティーなお姉さんに「わたしはカロリーの大半をビールから摂取している」という話をしたら、爆笑と「今日はいろんな種類のビールを飲んだからいろんな栄養が得られましたね(大意)」をいただきました!

ということで、まあ毎日は波乱に満ちながらも
生きていればすぎていきます。

以下は今年の桜の写真です。あと月
ランダムですみません。
いい写真あるのでもらってってください

IMG_6565
IMG_6534
IMG_6466
IMG_6202
IMG_6214
IMG_6177
IMG_6234
IMG_6248
IMG_6327
IMG_6304

IMG_6320
IMG_6160
IMG_6148
IMG_6149
IMG_6151
IMG_6156
IMG_6102
IMG_6089
IMG_6032
IMG_6066

次のライブは4/14 戸塚ロポです。
2年ぶりに上のテラスで歌うのですが
おそらく雨が来るので、、、、
IMG_6622
まあ、バーベキューでもしようぜ!


おわり!
IMG_6569



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ホワイトデーですが、シンゴジラみてました
まあ日々そんな感じです
IMG_5944
私はどのデバイスでもシンゴジラがいつでも観れるという状況を整えておりますが
さすがにポスター飾るのはやりすぎかな、、、、と、思いつつ
IMG_5860
安眠できるようになりました。


近況としては、民間資格ですがカウンセラーの資格をとりました、初歩的な初歩ですが。少し仕事に役立つかなぁ。

あと来週からバリバリのプログラマー復帰します。まあコーディングはなによりも楽しいので、これで稼げるってハッピーこの上ない嬉しさありますね。
どうしてもここまで歳を重ねてしまうとガリガリコード書く立場ではなくマネージャー的なところを求められてしまい
結局のところ私はそこでも活躍できてしまうんですが
あと、フルスタックやれるのでフリーになってからも色々やってきましたが

なんていうか、そもそもIT業界に入ってきたときの源流に戻ってみると、脳を沸騰させながらコード書きたいんですよね。エンジニアは手を動かしてないとナンボのもんじゃいって気持ちはおばちゃんになった今もありまして。


次のライブは3/28 代々木バーバラです、ソロでやります。


3/28 (Wed)
kubobon(meril)責任編集企画
「異能の宴第109回」@代々木barbara
19:00open19:30start 1drink代込み2000円
出演:kubobon/くつした/Fashion/竹花英就


くつしたはトップバッターです。

久しぶりに無茶苦茶なことやるので、みなさんきてほしいです。

私はくつしたとヘクトパスカル並行してて、どちらでも同じ曲やったりしてますが
ユニットとソロで曲の解釈がここまで違う人も珍しいって感じありますので
みなさん私のBPMにノリノリしてほしい次第。

まだまだやれる。
IMG_5925

いい春でありますように。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ