-鉄工所日常記録-

   鉄製品の写真ブログです。

溝蓋、階段、水門、産業機械架台、鋼製土木用品、他 
鉄製品の事ならお気軽にお問い合わせ下さい。  
 
 ㈱コスモテック太田 〒427-0018 静岡県島田市旭3-20-7
 mail r.cosmo@tech.email.ne.jp  tel 0547-35-3341 fax 0547-35-1982

ステンレス製 乾燥台

とある官庁で使う乾燥台とハンガーになります。(2016.9)
使用直後のウエットスーツを干しておく台らしい。
8
伸びないように斜めに干しておくのだろう。
海保だったかレスキューだったか… 昔過ぎて忘れた💦
9
移動は自由なキャスター付き
10
11
こちらは乾燥後のハンガー(衣紋掛け)
1
3
4
5
6
7

  にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ   にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
   ↑よろしかったらクリックを ランキング参加していますm(_ _)m






岡部隧道 門扉交換

岡部町に残る隧道の門扉を交換してきました。(2017.2)
1
隧道なので円形の骨となる。
2
車輪取付部
3
上部、左、右、観音扉の5分割
4
ドブメッキ加工
6
ステンレスの丸棒貫抜
7
車輪取付
8
さて、現場に来ると扉が設置してあった。
隧道に合わせて製作されてる。 新しいけどホントに交換すんの⁉ と思ったが、なんでも倉庫として使っていて車両ごと出入りしたいそうだ。
1
9
固定は打ち込みアンカーなので、クレーンで吊りながらネジ部を外していく
10
確かにこのサイズの入口では使い勝手が悪いだろう。
11
12
13
あと二つ
14
よく見ると扁額の跡がうっすらと残っている
15
(;゚д゚)ゴクリ… 
16
行っちゃえ!
17
塩化カルシウムが落ちている(凍結防止)
18
19
すべり止砂
20
反対側も同様の扉が設置してある。 21
下部がしぼってある馬蹄形のアーチだ。
22
折角なので道路側も見に来た。
23
24
ちなみに、岡部隧道はこの切通しにより廃道になってしまった。
27
星印が扉交換地点→→→Googlemap 
1
ついでに過去地図のリンクも貼っておく。 →→→ 地理院地図 
左1979年 右2009年切通し開通後 
2
ナットを外してからネジ部を溶断
28
撤去完了
29
ところで、隧道が気になった(軽度の廃道マニア)ので調べてみると、開通直後の写真を発見した!
(島田建設業協会35年史より)
一見石積みにも見えるがコンクリ―トの装飾らしい。(貝立坂の岡部隧道より) 
30
よく見ると、うっすらだが”道隧部岡”と読める?
31
と言う訳で、私たちが作りました!
33
34
おわり
  にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ   にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
   ↑よろしかったらクリックを ランキング参加していますm(_ _)m



電柱基礎 アンカーボルトその2

電柱基礎となります。(2016.9)
5年前にも製作しているリピート品となります。 
1
M36の巨大J型アンカーボルト ネジ部分のみドブ漬けメッキとなる
2
全20セット完了
3

  にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ   にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
   ↑よろしかったらクリックを ランキング参加していますm(_ _)m

新東名 駒門高架橋 現場編

工場編からの続き
ネクスコが一括架設工事の見学会を行うというので見に行ってきました。(2017.11.27)
写真中央右に写るクレーンが日本最大1350トン 見学はクレーンのほぼ真横でした。
こちらは →→→ 静岡新聞の記事
2
1830 現地到着 
42
そして目に飛び込んできた巨大クレーン!! 
1350㌧を誇る日本最大のクレーンである。
(ドイツの建設機械メーカーLIEBHERR社製)

43
55
夜間作業の流れ 今日は左側の大型クレーン一括架設、エレクションピース添接まで見るつもりだ。
44
工場製作工程
67
1個10トンの重りが25個? 装着してある
45
更にシャフト先の本体にも!
46
橋桁の真上見えるのが天秤である。〔写真中央やや左上〕
何がどうなってるか分からないが凄い!凄い!
48
49
1900 地切り!!
52
地切り後右旋回 目の前に重りが迫ってきた! 
56
見る見るうちに上空へ
57
58
59
右側のターゲット 
60
バランス調整とか言ってたかな? 暫し待機
64
パッと見浮いてるっぽい! まさかね笑
65
天秤に何本ものワイヤーが吊り下がっている。
66
さぁ旋回再開!!
69
70
新東名上空を通過
71
74
73
しかしこのクレーン 
76
惚れ惚れするカッコよさ
77
78
重りのタイヤも巨大だ
80
82
所定の位置に調整しているのだろう。 
83
介錯ロープで手繰り寄せてるように見えるが? えっ、ロープで動くの?
84
上空を見守る地上班
85
90
88
ZOOM! 持ってきて良かった400mm
89
どうやら決まったようだ!
91
92
93
仮締め状況だろうか。
95
暫くすると現場所長が見学者向け挨拶にきた。
しかし、今日の見どころは過ぎたのか、ぞろぞろと帰りはじめていた💦 寒いしね…。
”ここからが見せどころなのにみんな帰っちゃダメよ!”ユニークな挨拶で纏める所長でした。 
94
テレビ静岡はネクスコを取材
96
超巨大クレーンフック
98
芸術的な玉掛け
99
100
2155 目立った動きも無いので帰るとする。
103
104
105
最後にタイムラプスも撮影したので貼っておく。

ちなみに今晩11/29 は上り線の架橋工事が行われる予定です! 
見たい方は急ぎましょう!裾野ICから車で10分ほど。1900~2200頃が見ごろです!

おわり

  にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ   にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
   ↑よろしかったらクリックを ランキング参加していますm(_ _)m






新東名 駒門高架橋 工場編

昨晩、新東名 駒門高架橋の一括架設工事を見学してきました。(2017.11.27)
工事内容は新東名高速道路(新東名御殿場JCTから海老名南JCT間)の整備の一環で、新東名上り線を夜間通行止めにし、その上空に本線とランプ橋を架ける工事である。注目は重さ約291トンの橋桁を、国内最大の1350トンクレーンを使用して一括架設することだろう。
と言う訳で、ネタが新鮮なうちに上げることにした。
1
まずは当社で製作した架設材から
4
様々なプレートがあるがどこにどう使うかは分からない。
5
K開先の部分溶け込み
6
7
ジャッキアップ用の軸穴だそうだ。 φ90
9
15
16
17
とある金物部品 わからない。
12
13
つづいて一括架設時に使う吊天秤
直径35.6センチ12メートルのパイプが20本入荷  
19
型切材も続々入荷
20
21
22

ターニングロールを使い仮止めして行く。

24
あっと言う間に工場内はパイプでいっぱいに。
25
26
ちょうど他物件と重なり工場はフル稼働となった。 
27
28
29
自分も溶接工となりワイヤーを溶かし込んでいく。
30
31
長手方向完成
32
33
色々吊るらしくあちこちに穴が開いている。
34
35
こちらは短手方向 
36
37
38
全35本完成
39
40
現場編へつづく
  にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ   にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
   ↑よろしかったらクリックを ランキング参加していますm(_ _)m




橋梁部品 31

橋梁工事現場で使う部品となります。(2016.8)
1
何に使うか分かりませんが、パッと見ビールジョッキですな
2
長いバージョンも
3
4
こちらはブレース
5
6
パネルに組んで完成
7
8
9


  にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ   にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
   ↑よろしかったらクリックを ランキング参加していますm(_ _)m



コンベアー 搬送機その8 

搬送機となります。(2016.8)
1
予め門型の柱を作っておく。
2
駆動部分
3
4
組み付け本溶接
5
6
下塗り塗装
7
上塗り塗装
8
擬装組立
9
完成
10
11

  にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ   にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
   ↑よろしかったらクリックを ランキング参加していますm(_ _)m



記事検索
カテゴリ別アーカイブ