-廃虚日常記録帳-

 戦跡中心のブログです。

野島 その3 というかおまけ(貝山地下壕と船越のちよだ)

その2からの続き
探索祈願に野島神社をお参り♪
185
近くに波マークの境界石も残っていた 
186
187
掩体壕公園 ここは遊具があるので1.2号連れて再訪もありだな( ̄ー ̄)ニヤリ
188
189
凛々しい奴がいた
193
お昼はバーミヤンで油淋鶏  日吉時代に頼んでいた定番だ(・∀・)つ194
食事を終えると15時を回っていたので、最寄りの貝山へ寄ることに!
195
まずは上部第一
196
相変わらず崩落のない見事な壕だ!
197
そういえば、所々にピンクのリボンが打ってあった、ひょっとして一般公開ある?
198
コウカイカ
199
展示コーナー
200
201
鮮やかな地層もこの壕の見所だ
202
203
入口付近の水がめ
204
続いて斜面を下り第二工区へ向かう
205
72年物の階段 震災を耐えた頑丈な造りだ。
206
面取りしてある踏面、面木を仕込んでいたのだろう
207
時間が無いのでサラッと回る
208
通称廃車壕
209
210
どんどん行く
211
もう一つの階段
212
この壕は枝分かれが多くホント何度来てもワクワクする! 
ちなみにとある人は、壕内中枢で電池が切れてガラケーのライトで脱出したとかε=ε=(;´Д`)
213
テープが打ってある。
17.11.17 (*゚ω゚*)ん? つい最近やんん! 
214
215
続いて工事により消失濃厚の第四工区 
216
便器
217
惚れ惚れするS字カーブ
218
天井に吊りフックが刺さっていた
219
碍子
222
223
壕を出ると日が傾き始めていた
224
展望台からかすかに夏島の格納庫が見える
225
ちなみに、先々週軍港巡りで撮った貝山展望台付近はこんな感じ
285A2143
285A2144
さぁ帰ろう! 明日は大晦日だ♪
226
おまけ 一旦解散したが、船越なら近いから行けるよ~とyakumo氏から連絡きた(´∀`)
坊主覚悟で来たが、”うらが”が居た!! 
227
ちよだも
228
こちらは先々週軍港巡りで撮った”ちよだ”
285A2161
船体中央部にある深海救難艇 (DSRV)が無いが、来月の除籍と関係しているのだろうか…。 
はて…?  思い出したようにHD漁ってみると2006観艦式から”ちはや”のDSRV出てきた! 
いつもはこれが収まっているのだ!
P1000929
潜水具をかぶる若かりし頃の…  
P1000930
タグボート 寒いなか三脚を引っ張り出して良かったぜ!
229
ガントリークレーンの基礎  
自分は見ることが出来なかったが、数年前までは船越の象徴としてここにあったそうだ。
230
詳しくはyakumo氏のブログを見て欲しい、解体の全貌が記録してある。
231
232
233
引き込み線
234
235
手動式のポイントが残っていた。
236
おまけのおまけ 
237
帰省ラッシュに嵌ったので、いつもは寄らない富士川SAで富士山を撮ってみた(^ω^)
肉眼では見えなかったが、三脚でじっくり撮るとこんな感じに写った!!
238
239
おわり
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ ←よろしかったらクリックを m(_ _)m ランキング参加しています!



廃墟写真 ブログランキングへ

野島 その2

その1からのつづき
ウェーダーを持った集団がぞろぞろと往く
120
この辺りに第二工区があるらしい。 
121
ムムム!!
122
yakumo氏が潜入したが ここじゃない!という。 
暫く探したがどうやら土砂崩れによる消失が濃厚とのこと、残念無念
123
さて、かの有名な野島掩体壕が見えてきた! 
圧倒的存在感を放っている!
125
地理院地図を見ると分かりやすいが、この掩体壕は東隣りにあった横須賀海軍航空隊の飛行機を格納する為に構築されたという。画像中央やや上付近を見ると野島と陸続きになっていることが分かる。(クリックで拡大)
今まで見てきた掩体壕は一基につき一機の飛行機を格納するが、ここは山を貫通させた為、数十機格納する予定だったという。(地理院地図1945~1950)
キャプチャ
赤印は現存する格納庫 (クリックで拡大)
エプロンに点在する航空機を格納していたのだろう。
キャプチャ2
これは昭和40年頃(大林組80周年記念より)手前は日産の工場 右奥が夏島
写真 2018-02-01 18 46 54
夏島の掩体壕、格納庫も見える。
写真 2018-02-01 18 47 08
2015年頃(Googlemap
キャプチャ
西門から少し格納庫が見える
109
説明板
126
192
191
断面図 掩体壕というか格納庫ですな!
130
と言う訳で前置きが長くなったが、y氏が長年かけ探し当てた壕へ潜入する。
ちなみにここは掩体壕とは繋がっていない。
131
振り返り
132
暫し下半身に受ける水圧を堪能する(´∀`) 133
こっこれは! ま∪゙?(゚ω゚; 彡 ;゚ω゚)ま∪゙?
134
頭部!!? 一瞬焦ったがどうやら大型動物のものらしい… 警察沙汰は(/ω\)イヤン
135
みんなどんどん先に行ってしまった。
心細かったが基本碁盤目状(詳しくはやまさんの内部図)に掘削されているというので、まぁ何とかなるかw
136
水没を抜けると少しガレてきた。 
しかし広すぎる! 公称8000ルーメンの中華ライトでも先が見えない!
137
とある十字路の右側 束石のようなコンクリが並んでいる、機械が据えて合ったのだろう
140
141
珍しい碍子をハケ━━(σ゚∀゚)σ━━ン!! 
と思ったが、誰かに崎陽軒の醤油瓶やとか言われてテンションdown 
142
裏側に498とある! シュウマイじゃないヽ(#`Д´)ノ
143
どんどん進んで行く
147
こんな掘り込みもあった
148
落ちていた小瓶を並べてみた
149
yakumo氏が何やら見つけたようだ
150
犬釘形状のものが刺さっていた
151
ここはまだ掘削途中のようだ
152
153
154
155
生にんにく球なる瓶が落ちていた。 戦前の物で間違いないだろう
156
一升瓶を輪切りにしたようなコップと歯ブラシ? あっ靴磨きのブラシかも
158
下駄もそこら中に落ちていた
160
まだ先が見えない(´∀`)
161
162
ようやく最深部に着いたようだ! 掩体壕の長さが260メートルなので同程度は歩いただろう。
163
手前に三段の階段があった
164
登った先は小さな部屋でさらに続いている
165
最後は二畳程度の部屋で終わってしまった。
166
続いて北側を攻める
167
水槽がこけていた。
168
いくつか台座と掘り込みの区画があったが、どれも真ん中のラインだった。169
水中を漁っているすじ氏とバッタリ! 流石若手のホープだ♪ 躊躇なく腕を突っこんでいる!
170
壁に六十なる木札が張り付いていた。 
171
碍子を留める下地
172
これは水中にあった木片 第三防火隊 梯子員とある。173
楽しすぎたのか気付くと自分が最後になってしまった(^^)/
174
さて、壕内で拾った瓶たちを紹介する。
左からインク瓶 靴墨 崎陽軒の醤油瓶 生にんにく球 香水?
178
それから航空隊の物と思われる木片 一見旅館のルームキーにも見えるが…
179
昭和18年8月とある!! これ何ぞやとyakumo氏に託されたが、分からなかった🙇
180
掩体壕西側にやってきた。  いつか縦断してみたい…
181
さて、腹も減ったので第四工区は持ち越しとする。
朝からぶっ通しで3本の巨大壕を堪能してるしね(* ̄∇ ̄*)エヘヘ 
182
ほんの一部ですがビデオも撮ってきました!

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ ←よろしかったらクリックを m(_ _)m ランキング参加しています!



廃墟写真 ブログランキングへ
 

野島 その1

野島に残る地下壕に行ってきました。(2017.12)
山をくり抜いた巨大掩体壕で有名な野島だが、周りにもたくさんの地下壕が眠っているという。
静岡県民がおいそれと見つけられる筈もないので、横浜の主に案内してもらった♪
61
まずは駐車場端にある埋められた壕口62
ここは上部が欠けている
64
中は相当広そうだ!!
65
八景島シーパラダイスが見える。 ちなみに今週末、慰安旅行で上陸予定である(^^;)
66
驚くほど狭い隙間に潜っていくyakumo氏 
68
入口こそ狭かったが内部は天井も高く快適だ! 
まずは左から(南)攻めていく。 この壕はyakumo氏に倣って第一工区とする。 
69
枕木の敷いた跡が残っている
70
南端は水没
71
木板とボルト? 
75
なんと枕木が残っている!! 
潜入者向けに一つだけ残してくれたのだろうか、ありがたや( *´艸`)
77
北側も十字路だらけだ
78
79
水没区を過ぎると床全体が一段上がる
80
少しうねっているが、碁盤目状に造られているので迷うことは無い。
81
押印マット?が落ちていた 
83
84
天井に貝化石が埋まっている。 この辺りは大昔海だったようだ。
91
計測中のやまさん この内部図が本当に助かる!!
特にこの日は何箇所も回ってるし一週間も経てばほぼ忘れてるしww
87
88
土かぶりが薄いのか根っ子が垂れている
94
下からも生えていた
92
96
1段下がる
99
おっこれは!!
100
さっき見た欠けですな!
64
本坑に戻ってきた
102
排水溝完備
104
105
壁に木札が打ち付けてある、
107
109
一通り回ったので最後はヤマさんの内部図確認
110
しかし、これが数時間後ブログに上がるんだから凄い!(^^)!
111
さぁ次に向かう!
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ ←よろしかったらクリックを m(_ _)m ランキング参加しています!



廃墟写真 ブログランキングへ
Twitter プロフィール
自衛隊/米軍/戦跡探索/廃墟/隧道/産業遺産等を車中泊しながら巡っています。 基本アウトドア系ですが雨の日はホムセン行ってDIYとかもしてます。 あとサバゲーと撮影も好きです\(^o^)/
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
使用機材
EOS40D(2008年1月)
EOS 7D(2013年5月)
EOS X7(2016年6月)
EOS 5D4(2017年2月)
HDR-AS100(2014年3月)
HDR-CX535(2015年5月)
レンズ
EF-S17-55mmF2.8 IS 
EF-S10-22mm F3.5-4.5 
EF-S60mm F2.8 マクロ 
EF100-400mm F4.5-5.6L IS
EF24-70mm F2.8L II

当ブログには崩壊危機のある場所も記載しています。訪れる際は自己責任でお願いします。リンクはご自由にどうぞ!※連絡はコメント欄かメッセージまで
非公開メッセージ

管理者にだけ表示するメッセージとなります。

名前
メール
本文