-廃虚日常記録帳-

 戦跡中心のブログです。

日吉に残る艦政本部地下壕に行ってきました。その2

前回からの続き
レジューサーを出て先に進むと素掘り区画にでた! 天井も高く広い空間だ!
44
途中でコンクリになる! 被りが薄いせいか崩落個所も
45
ところでココ(゚Д゚≡゚Д゚)ドコだっけ⁉ (すでに探索は1か月前)
46
何度見返しても分らなくなったので内部図のプロ(祐実総軍さん)から画像を借りる。
前回は北側を攻めたので現在地は赤丸付近だ、このまま南進する。
yokohama_kanseihonbu_20180515202723ec1
みんな大好き円柱接合部。
47
通路中央にヘンテコなコンクリ片が転がっている。 水瓶だと思ったが上部に開口無いし(´ヘ`;)ウーム…
48
横から 
49
下部に5mm程の鉄板が嵌っている
50
トタンを型枠代わりにしたのか形状がそのものだ。
51
悦子とある。  そう言えば悪友の彼女だったなと一人懐かしむ(*´艸`)。o○
52
振り返り
55
退避壕のような窪みだが薄すぎる。 メンバーの考察では戦後石を盗んだんじゃないの⁉とか
56
石積の断面
57
HELP⁉ 落書きだと思うけど、こんな奥までご苦労ざんす。
59
ここも壁面が等間隔で窪んでいる、石が盗まれたのだろうか。
60
端にコンクリ部分もあった
61
今度は本物の水瓶が見えてきた!
62
台座
63
濾過用に砂利が敷き詰めてある。
64
砂利を抜けた水がここを出て行く
65
67
漏斗らしき円錐も転がっていた
68
突き当り(東端)は土砂で封鎖
70
さらに南下すると水瓶発見!
71
今度は稼動中だ!
72
東端の封鎖近くには、戦後持ち込まれたゴミが残っている
75
気になったのはアルミの弁当箱、小島祐三君のものだ。 惜しい!! 祐二君なら持ち帰って届けたぜ!(悪友) ちなみに自分の時代はキャラクタープリントかプラスチックだった。
76
古いカルピスの瓶 カルピス自体は戦前から流通しているが、調べてみるとこれは昭和40年代の物らしい。(中央に廃止されたクロ〇ボマークのロゴがある)
77
落盤している所もあった
78
砂のグラデーション
79
ここで2時間経過! 大分予定をオーバーしてしまった(^-^; 次があるので出るとする。
80
一個だけ落ちてた大谷石 
81
OKN氏のルートは大変そうなんで、自分は逆サイドにした(;^ω^)
82
83
ここの天井は型枠というか下地?が残っていた。
84
ファントム地区まできた。もう少しで退役だ
85
86
87
88
帰還! 急いで次の現場へ向かう。
89
おわり
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ ←よろしかったらクリックを m(_ _)m ランキング参加しています!



廃墟写真 ブログランキングへ




日吉に残る艦政本部地下壕に行ってきました。その1

ゴールデンウイークに日吉の艦政本部地下壕へ行ってきました。(2018.5)
ことの始まりは4月、戦跡LINEに地下壕の写真がバンバン上がってきたのだ! 
明日の夜集合ね♪ とか誘ってくれたけど、流石に静岡から平日夜は厳しいぜよ… 
指をくわえて見ていると、ナント5月に再訪計画をしてくれた('▽'*)ニパッ♪

さて、前夜は比与宇の上部を探索予定だったが大雨のため中止に。 
車中泊も寂しいのでY氏に頼みこんで泊めてもらった!(^^)!  部屋中に転がってる戦跡コレクションを肴に楽しい宴だった♪   
1
ちなみに自分にとって日吉は第2の故郷である。 20年振りの景色が懐かしく少し寄らせてもらった。 西口メインストリート  
2
馴染みの中華屋、良く通ったスロット屋は無かった。(4号機時代)
3
0900集合なので慶応周りを軽く案内して貰う。
5
中腹にある遺構 水道関連の気もするが海軍時代の物かは不明だ。 
6
昭和9年竣工の第1校舎 (1944年3月 軍令部第三部が入り後敗戦は米軍が接収)
7
近くで見ると型枠痕が分かる
8
9
壁面のレリーフには竣工時の西暦1934と皇紀2594
10
時間が無いので足早に耐弾式竪穴抗へ 天井はキノコ型の防弾構造になっている。
11
次は連合艦隊司令部壕へ向かう
マリアナ沖海戦で主要艦艇を失った1944年6月 指揮を取るべく連合艦隊司令部は地上に上がったのだ。
12
残念ながら今日は入れないが、「日吉台地下壕保存の会」が月一公開しているので機会を見てこようと思う。
13
0920 メンバーと合流 住宅街からウェーダーを履いていくww
今回は有名な連合艦隊司令部の方でなく艦政本部地下壕である。 
戦跡仲間の繋がりにより潜入が今叶う! 

14
なんと全面コンクリ巻きだった!
コンクリ好きも穴好きも纏めて解決する素晴らしい眺めである!
ちなみに、昨日の大雨の影響か水位が高いらしい、確実にウェーダー案件だ。
20
バシャバシャと進んでいくと丁字路に
22
振り返り
23
分かるだろうか! この絞られ具合が堪らん♪ 
24
この先は行き止まりらしいので引き返す。
25
閉鎖された区画もあった。
26
内側から土砂を押し固めた感じだ。 埋込管やらケーブルが刺さっている。
27
端末処理されたケーブル 
28
この地下壕は真ん中に排水溝のような溝がある。 
実際歩き難くてしょうがなかったのだが、当時は蓋でもしてあったのかも。
29
30
集水桝にシジミ発見! 
31
32
排水溝の無い区間 ここは枕木の跡を思わせる凹みが等間隔に残っている。
33
直交する円柱部 これは萌えるポイントだ(´∀`)
34
最後は行き止まり
35
PC枕木のようなコンクリートがあった。
36
木片が埋まっているが、高さ調整用位しか思いつかない。37
メンバーが直交する円柱部に集まっている。
41
なんと絞りだった! 急激に絞られて良い感じだ! 
配管で言うレジューサーって奴だな!
42
振り返り
43
つづく
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ ←よろしかったらクリックを m(_ _)m ランキング参加しています!



廃墟写真 ブログランキングへ

静浜基地航空祭2018 その2

静浜航空祭2018に行ってきました!(2018.5)
今年は1040からと遅いスタートだったが、のんびりしてるとアレコレ使われそうなので
早々に家を出た( ´艸`) 
0945 スカイクリア!富士山が見えてきた。
1
最近は会場側から見ていたので久しぶりの富士山バック
4
1040 小松より2基のイーグル
5
う~ん、もっと会場側を航過すると思っていたが真上だった
6
2パス目も同じく真上
7
A/B無しでお帰りとか寂しいですな~
2015年はブリブリの機動だったのに… 

9
1100 小牧からKC-767
10
巨体の尻振りはお見事!
11
1117 百里からRF-4
13
洋上迷彩とでダブル飛来
14
まさかの1パス終了… とまぁ予行もそうだったらしいけどね。
15
1135 浜松よりT4は本日唯一の展示飛行
17
19
 1200 岐阜からF2
20
こちらも洋上迷彩
21
しかし静浜機種こそ多いが機動飛行無しは寂しすぎるぜよ!今年は60周年記念でしょ💦
と言うわけで、今年の静浜は県警ヘリが優勝でした( ^ω^ )
22
静岡県警が誇るふじ2号
23
24
その昔は浜松の救難の展示なんかもあったんだよな~
25
26
27
28
地元T7の編隊飛行が始まった
29
槍型隊形
30
/^o^\フッジッサーン
31
32
33
いよいよブルーが始まる♪ 
そうそう、今年は変則プログラムで昼休みなしでブルーという初の試み
36
ファンブレイク 
ちなみに、今年も静岡空港の離陸待ちで上空ホールド少々でした♪
37
38
レターエイト
39
フォーシップインバート
40
41
フェニックスロール
44
45
そう言えば今年も”ストップミッション!!” が聞けたぞい!
静岡空港近すぎなのね。
47.1
47
スタークロス
48
49
50
51
52
最後はデルタローパスでRTB
53
なにわ友あれ天気も良くて楽しめました! 来年も行きますよ♪
54
おわり
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ ←よろしかったらクリックを m(_ _)m ランキング参加しています!



廃墟写真 ブログランキングへ


Twitter プロフィール
自衛隊/米軍/戦跡探索/廃墟/隧道/産業遺産等を車中泊しながら巡っています。 基本アウトドア系ですが雨の日はホムセン行ってDIYとかもしてます。 あとサバゲーと撮影も好きです\(^o^)/
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
使用機材
EOS40D(2008年1月)
EOS 7D(2013年5月)
EOS X7(2016年6月)
EOS 5D4(2017年2月)
HDR-AS100(2014年3月)
HDR-CX535(2015年5月)
レンズ
EF-S17-55mmF2.8 IS 
EF-S10-22mm F3.5-4.5 
EF-S60mm F2.8 マクロ 
EF100-400mm F4.5-5.6L IS
EF24-70mm F2.8L II

当ブログは崩壊危機のある場所も記載しております。 訪れる際は自己責任にてお願いします。 リンクはご自由に!(画像使用した際はリンクを貼って頂けると幸いです。) 連絡はコメント欄かメッセージまで↓↓↓
非公開メッセージ

管理者にだけ表示するメッセージとなります。

名前
メール
本文