-廃虚日常記録帳-

 戦跡中心のブログです。

油壷に残る地下壕を見てきました!

前回からの続き
油壷に残る地下壕を見てきました!(2021.12)
江の島を後にしコンビニ飯を食べながら三浦半島を南下する
130
渋滞にはまり江ノ電鎌倉駅をパシャリ
132
踏切を撮影している人が多い? 何だっけ(´ε`;)ウーン…
133
目的地の油壷湾に到着 海岸沿いに震洋と海龍の壕が残っているという
136
138
ヨットハーバーの脇から山に入っていく
139
一つ目は遊歩道に近いせいかコンクリ封鎖
140
奥まった壕は放置
141
長靴越えなんで諦めたが、先ほどのコンクリ封鎖壕と繋がっているという
142
すぐ隣にもY字の壕があった
143
まずは右側、長い一本壕のようだが掘りかけで終了
147
148
左側はすぐ終わっている
149
さぁさぁハヨ次イクヨとyakumo氏 ゆっくり展開したいところだが日が暮れそうなんで付いていく
150
イナバ的物置がハマっている壕口
151
隣にも同様の壕がある
152
こちらは戦後資材置き場に使われていたようだ
153
壕床に残るコンクリート台座 サイズからして大型機械が据えてあったのだろう
154
隣にも壕があるが、こちらは今でも使っているようだ
157
海岸線を歩いていくと壕口が見えてきた。 ここは内陸側にあるので倉庫の類と思われる
158
159
160
161
内部は単純なコノ字型と思ったが様子がおかしい
163
正面は石積で閉鎖?にしては手間のかかる造りだ、何らかの形で再利用していたのかもしれない。右側は出入り口のようで開口している。
164
振り返り📷
168
周辺に転がっていたホーロー食器 海軍色だがイカリマークは無かった
169
ここも再利用していたのか木枠が残っている
170
171
さて、ウロウロしていると今までとは一風変わった景色が見えてきた!
高さといい要塞感がスゴイ!あふれ出てきたアドレナリン(*'ω'*)
176
十数年前に発見したyakumo氏も脳汁が溢れたそうだ!
175
さっそく内部へとお邪魔する
178
モルタル成型された入り口部分 当時は何らかの扉があったようだ
179
左側に机のような掘り込みがある
180
右側も同様
182
注目すべきは下に向かって傾斜させている細工だ、つま先が当たらないための掘り込みだろうか?
階段でいう蹴込み的な。こんな細工がしてある遺構は初めて見た。183
歪んでいるが360カメラにて
184
足元は排水溝が切ってある
186
奥の部屋 
187
189
謎の踏み台?無くても覗ける高さだから良くわからない
191
192
左の壕
194
すぐ左に曲がった後は20メートルを超える一本壕 
195
2段掘りの途中だとは思うがあまりに平らなんでステージかと思った🎸
196
199
次に向かう
201
またこんな傾斜を行くってさ🦀
202
海へドボンに注意しながら行くとボラードを発見! 当時物かは不明だ
203
橋らしき鋼材が辛うじて残っているが、こちらも同時期に架けられたものだろう
205
震洋壕
207
物置に使われていたようでゴミとまでは言えない資材が放置されていた 
209
210
さっき見た橋の対面
212.3
海に向かって桟橋が見える
212
214
125のH鋼だが錆びが酷く内部はスカスカな感じだ…危ない危ない
217
て、yakumo氏はスコスコ行ってしまったw 今日は12/30よマジで無理w
218
最後に旧油壺験潮場を見に行く!
(1984年に竣工したこの建物の中には、海面の上がり下がりを自動的に精密に記録する験潮儀が設置されています。この記録は高さの基準をきめたり土地の変動を調べるために非常に大切な資料となります。 国土地理院)
220
221
なんと2018土木遺産に認定されたようだ!つい最近か
222
いわゆるイギリス積
223
224
225
すぐ隣に震洋壕も残っていた
227
228
229
まだまだ、残っているが目ぼしい壕は無いそうだ、と言う訳で朝から遊び回っていた一日が終わる
230
今夜は横須賀PAに泊まるんでスパ銭に立ち寄る
231
大都会は値が張りますな~ 自分の近所は土日700円だもんね~w
232
2130 tonotama氏と合流、明日も合同探索だ🍺
234
235
さぁさぁtonotamaBARにて酒盛り🍺
237
238
明日に続く
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ ←よろしかったらクリックを m(_ _)m ランキング参加しています!



廃墟写真 ブログランキングへ

江の島砲台を見てきました! その2

前回からの続き
入り江を回り込んで行くと穴が見えてきた。
50
不法投棄が多いのかネットが貼られている。
51
未完だが形は砲室だ
52
奥の穴は分岐、右から向かう
53
54
56
このまま観測所かと期待したが掘りかけで終わってしまった
57
58
戻って左側
59
こちらも掘りかけ終了
60
61.1
砲室からは湘南海岸が見える、上陸部隊への攻撃目的だったのだろう。
61
海沿いを進んで行くと、またしても見えてきた!
63
入るまでもなく終わっている
64
海側には砲座風の掘り込みがある、生簀だとは思うが露天風呂かもしれない⁉ 夏なら是非入ってみたい♨
66
3つ目
67
こちらも先ほど同様入り口は広く、中心部から内部へ続いている
68
69
うねうねした後最後は終わってしまった。
71
73
朝より水位が下がったのでこのまま帰れそうだ!
75
76
波間を待ち一気に駆け抜ける!
79
無事帰還
81
飯時もあってかどえらい混んでる!さっきまで誰も居なかったのにヘ(゚д゚)ノ ナニコレ?
82
人込みを避け裏道から第一砲台を目指す!朝一見つけられず後回しにしていたのだ。
83
山側から斜面を横移動して第一砲台に到着 今度は入り口から潜入する!
85
入り口こそ狭かったが内部は難なく進める
87
88
左側に小部屋
89
削孔が残っている、もう少し上部を掘り下げる予定だったのだろうか
90
分岐を左に向かう 
107
うぉ!壕内階段や!
91
昔からコンクリ遺構が好きで探索しているが、岩を削って造られた階段は別枠だ!堪らん(*'ω'*)
93
94
お目当ての観測に到着!これこれコンクリ!
96
厚みは30センチ以上
97
岩盤とのつなぎ目
98
スリットから這い出て外から
99
人物比
101
103
分岐に戻る
106
107
108
109
しばらく進んで行くと砲室が見えてきた!
110
第二砲台よりもゴミが多いのは住民がいたからだそうだ。
111
112
お目当てのコンクリート巻部分は当時のまま残っている
113
砲口は湘南海岸を狙っている
114
115
117
海側から見るとこんな感じ
120
最後に内部を360撮影
123
124
125
次に向かう
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ ←よろしかったらクリックを m(_ _)m ランキング参加しています!



廃墟写真 ブログランキングへ

江の島砲台を見てきました! その1

江の島砲台を見てきました。(2021.12)
毎年恒例?となった年末探索ですが今年はyakumo氏案内のもと三浦半島を巡ることに!
1
0900 待ち合せの江の島に到着 
2
3
大東亜戦争末期、相模湾から上陸する艦船に備え東西に洞窟砲台が設置されたという。
まずは東砲台を見にきたが、木々が生い茂って良く分からない。
yakumo氏によると数年前はコンクリートの砲室が見えていたそうだ。
5
商店街を通り抜け島の西側に向かう。 日中は混雑するようだが朝早いので空いている
6
7
少し満ちているが長靴なんでOkだ
8
yakumo氏の記憶を頼りに崖を登って行く
9
景色は良いがお目当てが見つからない
10
反対側から攻略してみる
12
13
ありゃりゃ立ち入り禁止💦
14
仕方ないので再び山登りをして転げ落ちてきた
15
落ちたところがバッチリで砲室が見えた!!テンション爆上がり(*'ω'*)
16
先人の虎ロープをつかみ駆け上がる!
18
19
戦跡巡りを始めておよそ20年 憧れていた砲室が目の前に! 
20
大部分は消えてしまっているが、うっすらと迷彩模様が残っている
21
潮風にさらされ爆裂したコンクリート 小径ではあるが鉄筋配列は現在の設計でも十分ありそうだ。
22
23
砲室後部には石積された円形の段差がある。
24
旋回範囲のようだが詳しいことは分らない
27
28
右奥の小部屋は砲側弾薬庫だろうか
29
本来の入り口31
33
最後に360カメラで記念ショット📷 実物より歪んでいるが海側から撮れないんでショウガナイ
36
次のポイントに向かい落ちていく
37
38
崩落と海風に運ばれた土砂のせいか天井が低い
39
10メートルほど進むと平行のY字路がみえてきた
40
左側は少し登り傾斜だ
41
43
最後は掘りかけで終わってしまった
44
振り返り
45
右側
46
こちらも最後は掘りかけで終わってしまった。
このまま掘り進めば海側に到達するはずだ、やはり砲室を建設する計画だったのだろう。
47
48

つづく
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ ←よろしかったらクリックを m(_ _)m ランキング参加しています!



廃墟写真 ブログランキングへ


Twitter プロフィール
戦跡/自衛隊/米軍/ミリイベ/廃墟/隧道/を車中泊しながら巡っています。基本アウトドア系ですが雨の日はホムセン漁ってハイエース改造してます。溶接メインの鉄工所\(^o^)/ ※撮影場所についてはトラブル防止の為、お答え出来ないところもあります。m(__)m
最新記事(画像付)
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
使用機材
EOS40D(2008年1月)
EOS 7D(2013年5月)
EOS X7(2016年6月)
EOS 5D4(2017年2月)
HDR-AS100(2014年3月)
HDR-CX535(2015年5月)
insta360GO(2019年11月)
insta360OneX2(2021年6月)
レンズ
EF-S17-55mmF2.8 IS 
EF-S10-22mm F3.5-4.5 
EF-S60mm F2.8 マクロ 
EF100-400mm F4.5-5.6L IS
EF100-400mm F4.5-5.6L ISⅡ
EF24-70mm F2.8LⅡ
EF16-35mm F4.0L IS USM

当ブログは崩壊危機のある場所も記載しております。 訪れる際は自己責任でお願いします。 リンクフリー  画像使用した際は転載元を記載するよう願います。   情報大歓迎です! 連絡はコメント欄かメッセージまで↓↓↓
非公開メッセージ

管理者にだけ表示するメッセージとなります。

名前
メール
本文