年内目安に行ってきます! 
なんて書いたものの、近いが故に引っ張りまくってまさかの12月29日になってしまった。
暮れに何してんだよ! とか言わないでね♪

大井海軍航空隊の地下壕は、基地中心に向かい、三方面から掘り進んだとされる。
過去に沢水加、大沢原と探索してきたが、残る三栗原と言われる場所が特定出来ずにいた。
広範囲過ぎて、躊躇していたところだが、グーグルで目星をつけたのでやってきた。(2014.12) 
2
怪しい藪を、30メートルほど下ると池が見えてきた!!
3

池というかダム湖か!砂防えん堤と言うらしい。
4
何故か金魚がいる! どこから来たんだろ?
5
暫く、登って下りての探索をしていると、くぼみを発見
6
急傾斜に30センチ程の隙間、うっかり滑って、こんな中で年越しも嫌なので断念する。
7
と思ったら、すぐ横にもあいてた(^∀^)8
内部は土砂の流入が激しい9
右は直ぐに行き止まり10
左に進んでいく。 天井が低い上に土砂も多いから歩きにくい。 
ちょいちょい頭をぶつける1112
右に続くと思いきや閉塞。 掘りかけな感じだ13
左は光が漏れる14
そう、さっき断念した穴だった。  どうやら落ちても年越しは家で出来たみたい(´∀`)15
さらに道無き山肌を探索していく。17
竹やぶになってきた。18
!!!!19
昔なら絶対に入らないが、慣れてしまったのか、好奇心が勝利v( ̄∇ ̄)v20
スルリと滑り込むも、行き止まりだった。21
小森君
22
錆びた不明な鉄23
シルバーの粉末もあるしペンキ缶かな。24
次を探す
25
26
谷底まで来るとなかなかの絶景!  
今にも崩れそうだけど、一人でこんなところにいるのも好きだったりする(^ω^)27
最深部には、ウォータースライダーがあった!
子どもの頃見つけてたら、ソリ持ち込んで遊んでた気がする(^ω^)

玉石で組まれているが、海軍時代の施工だろうか?28
!!!?!! もう一つ発見29
しかし狭いなあ (;´Д`)30
とか言いながらも入壕。
直ぐに十字路になっている。 内部は湿度が高く不快。31
右は行き止まり32
そして左も行き止まり33
変わった形の金属片が落ちていた。 
厚さ0.5ミリほどで、アルミでもステンレスでもないけど、錆びてない。
銅板かな? 近年捨てられたものかもしれないけど。34
かすがい
35
碍子 
37
直進すると左に折れているが、
36
行き止まり。38
今日見てきた壕は、どれも小さいし、民間の防空壕では? とも思ったけど、
残留物がこういう物だし、良く考えたら、当時は海軍の敷地だったし、民間な訳ないか…。
左から犬釘、アルミ片、銅線3940
さて出よう!
41
42
43
一応今回で、大井海軍関連はコンプリート! 
という事にするが、恐らく三栗原、大沢原、沢水加とも、
探索範囲を広げれば、一つや二つは出てくるだろう。 
ただ、沢水加は自分にとって初地下壕だったので、
ドキドキし過ぎてしっかり見れてなかったりもするのだ。
地図も記録したいし、また行こう。
2016.5 再調査してきました。16に続く
 

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ ←よろしかったらクリックを m(_ _)m ランキング参加しています!