前回からの続き
念願の128高地を出ると既に1630を回っていた、雨も止まないので最後はすぐ近くにある要塞帯を示す石標を見て終えることにした。
80
道中、洲ノ崎海軍航空隊によるコンクリート製の退避壕があった。
81
82
壊れているところから覗いて見る
83
雨だし無理はしない
84
つづいて二子山に登っていく yakumo氏によると見張り所の痕跡が残っているという
86
山頂付近で階段を発見! 複雑な周り階段にする必要性は分からないがカッコ!!(゚∀゚≡゚∀゚)イイ!!
88
山頂からは海上自衛隊館山航空基地が一望できる。 
90
毎年ヘリコプターフェスティバルが開催され、抽選でSH-60Kの体験搭乗も出来るという。
91
92
つづいて二子山の片割れの山に来た 
ここに館空の高角砲台が4門設置されていたという。暗くて分かり難いが円形の砲座が残っていた。
93
下山すると麓にコンクリート構造物があった。 御真影奉安所だそうだ。
94
95
さぁ最後に東京湾要塞第一区地帯標にやってきた
96
98
反対側は、海軍省、昭和十六年七月三十日99
100
さて、これで終わりかと思っていたが、すぐ横に地下壕があるという( *´艸`)
101
と言うわけで入壕 
102
入るなり分岐があったので右に向かう、そしてすぐまた分岐 (; ̄Д ̄)今度は左に向かう
103
104
勝手に単純壕を予測していたが、分岐はあるわグネグネしてるし(・_・;) さらに左に曲がって
105
右にクランク 
106
107
右側は雑木で封鎖されていた
108
直進すると左に曲がっている、このままいくと入坑方向だ
109
110
ギザギザの煉瓦が落ちていた
112
一周して一つ目の分岐に戻ってきた
114
今度は右に向かう
115
116
一見閉塞だが、土砂を越えると外だった
117
出にくいので来た道を戻る
118
内部図を作成中の祐実総軍三等兵さん 活き活きしている!(^^)! 
119
毎回そうだがブログを書く上でこの地図が本当に助かる!!
120
121
さて、楽しんだ探索もいよいよ終わってしまった。 昨晩は寝れてないから、眠いはずだったのに、巨大な燃料壕に戦闘指揮所と興奮しすぎてパッチリ 。゚+.(・∀・)゚+.゚ でした♪ 
まだまだ房総半島には色々あるようです! さらば館山、また来るぜ!
122
やはり眠すぎたようで、気づいたら朝でしたw 
133
スタバのコーヒーをぶち込んで急いで帰る(;´Д`)
144
おわり
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ ←よろしかったらクリックを m(_ _)m ランキング参加しています!



廃墟写真 ブログランキングへ