前回からの続き
朝から降ったり止んだりで沈んでいたが、昼食のラーメン(第一旭)で再始動\(^^) /
そう言えば、地元に第二旭なるラーメン屋があったな、久々に食べたくなってきた🍜
さて、いわゆるロシア病院と呼ばれる遺構にやってきた。元々廃墟好きが高じて初めたブログなので、有名どころの一つとして知っていた。
時は流れ、戦跡メインとなった今は海軍第三火薬廠跡の方がしっくりくる。
ちなみに、第一火薬廠は宮城県の船岡支廠、第二は神奈川県の平塚本廠である
1
海軍のマークの入った消火栓が残っていた!
2
軽い藪を進んで行くと砲炸薬整形工場が見えてきた。(昭和17年完成) 
4
6
採光が幻想的な雰囲気を醸し出す 
7
やっぱ廃墟好きだわと再認識、浸食する木々がたまらん(・∀・)ウン!!  
8
10
はてさて、日本地図のパズル風だがこんな県あったか
11
天井から吊り下がるなにか
12
13
15
まだまだあるが次もあるので退散する この先が気になる方は→yakumo氏のブログ
14
つづいて、 祐実総軍三等兵氏案内のもと弾薬庫へやってきた。
16
90年代のトヨタ車だろうか
17
いつかはクラウンだった! 初代マジェスタで有名な140系だろうか、3本スポークのステアリングは前期のロイヤルサルーン?
18
草ヒロにしては早いだろ!って思ったけど1994年生まれとして25年前か💦ありえるなw
19
いつかはクラウンの脇を進むと、巨大な弾薬庫が見えてきた。
20
奈良在住のO氏によると、ここで映画”日本の一番長い日”(平成27年公開)
の撮影が行われたという。自分は昭和42年公開の方しか見ていないので気になるところだ
21
22
撮影用のセットがそのまま残っている。 
23
扉を開けると前室があり、その向こうが弾薬庫となっているようだ。
24
25
なにか書いてあるが読めない
27
29
最深部には開いた鉄扉が
30
31
床下換気口
32
関ケ原よりはるかに大きい
33
前室から側面に行くと、一人通れるほどの通路が周遊している、弾薬庫特有の二重構造だ。
34
35
36
37
流石に登ることはしなかったが、登った人もいるとか
38
鉄扉の裏側には建具も残っている
39
さて、日も暮れてきたがまだまだ遺構はある(^ω^)
40
41
防火水槽
42
yakumo氏が消火栓を発見!
43
万が一の誘爆に備えた土塁だが、それを潜るための隧道があちこちにある。
44
46
47
48
さらに山奥へ進んで行くとコンクリートの建屋が見えてきた!
50
正面に411の文字がくっきりと残っている、接収時の管理番号らしい。 
51
ところで、フォーワンワンと言えばスケボーのビデオを思い出したので漁ってみるw
あった! 高校時代擦り切れるまで見てたやつだw
IMG_1928
IMG_1932
まだまだあるが闇も出てきそうなのでそっと閉じる(´・ω・`)
IMG_1933
さて、見難いが壁には迷彩の跡も残っていた
52
53
恐る恐る内部を覗く 高照度ライトのおかげでそれほど怖く感じないが、一人では到底無理な案件だ。昼間ならまだしも外は真っ暗
今更だが、自分は閉所恐怖症の小心者なんですね。肝が据わっておりませんw
54
当時の天井下地も残っている。
55
56
出入り口の鉄扉 斜めに入った補強アングルに萌える
57
動物霊園まで戻ると隧道を発見
58
奥には切通しも残っていた。
59
最後に舞鶴高専の裏手にある隧道式火薬庫に案内してもらった。
60
入れないので裏側に回り込む、も、疲れ果て車中よりパシャ📷 いかんですね、情けない…
61
と言う訳で、長くなりましたが今回の第三火薬廠遠征終了です!未探索部分が多いのでそのうち再訪したいです!
コンビニで補給して戦跡談議宴会🌸🍶🍺⚓♪
62
明日へとつづく
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ ←よろしかったらクリックを m(_ _)m ランキング参加しています!



廃墟写真 ブログランキングへ