前前回からの続き
天神社の裏山にも陣地があるというのでやって来ました。(2019.2)
公民館の横からヤマノボリ開始!
1
藪をかき分け登って行くと、北側の斜面で壕口発見!
3
4
ちと狭いが潜入してみる
5
苦労して潜ったのに数メートルで終わっていた💦 四角く整えてあることから掘りかけでは無さそうだ、倉庫の類だろうか? 
6
7
同じ高さを西周りで進んで行くと塹壕らしき凹みがあちこちで見られる
8
やがて平場が現れた
9
壕口を探しながら歩いていると、西端でわずかに開いた入り口を見つける。
しかし捨てられた枝が落とし穴のようで近寄れない
10
すぐ近くに二つ目、コチラは丸太が突っ込んである… 
引っこ抜いて潜入したい所だが単独なんで無理はしない
11
さて、いったん車に乗り、平次ヶ谷公園から南東に600メートル程の山中にやって来ました。
14
お目当てのポイントに向かう途中で謎のコンクリート基礎を見つけた
15
退避壕とも思ったが、コンクリートは薄いし単に砂防目的かも知れない
18
20
人工的な平場が見えてきた
21
やはりあった!
22
23
ここも貯蔵庫だろうか、すぐに終わっている。
24
周辺には不自然な窪みは多数あるがハッキリとした遺構は見つけられなかった。
27
尾根付近には交通壕が残っていた。 
29
太平洋側も窪んでいるし地下で繋がっていたのだろう。
30
尾根から谷筋を降りると壕口を発見!
31
入り口部分がコンクリートで巻かれていたので砲室を期待したが、小さな部屋で終わっていた。
ここも、倉庫の類だろうか
32
つづいて内陸側へ足を運んでみたが残念ながら住宅地となり消滅してしまったようだ
34
太平洋側を見るとまだまだ削られそうな予感、先ほどの遺構も消滅してしまうのだろうか… 
33
次に向かう
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ ←よろしかったらクリックを m(_ _)m ランキング参加しています!



廃墟写真 ブログランキングへ